若く見えると言われて嬉しくない人は多い!褒め言葉に変えるには?

「あなた若く見えるね」そう言われてどう感じましたか?

その瞬間は、嬉しい!と思うかもしれません。特に女性は見た目を褒められたと思って嬉しく感じるでしょう。

でも、あれ?今って本当に褒められたのかな?と疑問に思ってしまうこともありませんか?

調べてみると、若く見えると言われて嬉しくないと感じる人も多いようです。

その理由は、「未熟と思われた」「若作りをしていると思われた」など、マイナスに捉える人もいるからです。

私も褒め言葉として若く見えるねという言葉を使ったことがあるので、嬉しくないと感じる人が多いと知って驚きました。

褒め言葉のつもりでも知らないうちに相手を嫌な気持ちにさせてしまっていたのかもしれません。

嬉しくないと感じる人の心理と、どう伝えたら喜ばれるかを考えて対人スキルをアップさせてみましょう。

 

 

若く見えると言われて嬉しくないと思う人がいる!

若く見えると言われて嬉しくない人がいるなんて!と思いましたか?

それとも、若く見えるって言われたけど、なんか嬉しくない…と思いましたか?

「若く見える」という一見褒め言葉に見えるフレーズも、受け取る人の心理や状況によって褒め言葉と捉えられず、「嬉しくない」と思われることも多いようです。

実際に、投稿サイトや質問サイトでは、「若く見えると言われて嬉しくなかった」という書き込みが後を絶ちません。

いったいどのような状況だと嬉しくないと思われてしまうのでしょうか。

実際にこの言葉を言われて「嬉しくない」と思ったあなたのモヤモヤも、これで解決できるかもしれませんね。

 

 

若く見えると言われて嬉しくないと感じる理由

若く見えると言われたときに嬉しくない理由は、その時のシチュエーションや相手の感情が関係しているようです。そのシチュエーションについてありがちな例を挙げてみます。

 

職場や取引先で若く見えると言われると嬉しくない

自分のスキルや能力を発揮できるのは職場、という人が多いのではないでしょうか。

仕事中は年齢関係なくプロとして仕事をしますし、日々経験を重ねるごとにその自信はついてきます。

そんな状況のなかで、「若く見えるね」と言われたらどう感じるでしょうか?

嬉しくないを通り越して、ショックを受けませんか?

仕事上での「若く見える」という一言は、年齢相応の判断力やスキルが足りないと言われているように感じてしまいます。

また、若く見えるという一言には相手を下に見ているというニュアンスに捉えられてしまうこともあります。

そのため、取引先やお客さんに使ってしまうと相手がやりにくさを感じてしまうかもしれません。

職場では男女年齢関わらず、年相応に見られる方が嬉しい人が多いように感じます。

例え褒め言葉のつもりでも、仕事中はなるべく使わないほうが良い言葉かもしれませんね。

 

外見に自信がないときの若く見えるは嬉しくない

女性が若く見えると言われて嬉しく感じるのは、主に外見を褒められたときです。

しかし実はその外見についてさえ「若く見える」と言われると、嬉しくない女性が少なからずいるのです。

その理由の一つがファッションやメイクです。もちろん今流行のファッションを取り入れること自体はとても素敵ですし、お洒落を楽しんでいる証拠です。

ですが、若い人にしか似合わない服装やメイクがあるのも事実です。

無理をして若い人に寄せたメイクや流行の服で固めたファッションが、似合ってないと自覚している場合は「若く見える」という言葉が嫌味に感じるようです。

逆に流行関係なく、学生時代からあまり大きくファッションが変わってない人やノーメイクの人も「若く見える」と言われると嬉しくないと感じるようです。

自分は地味で垢抜けていないから、実年齢より若く見られたと感じるようです。

どちらの場合でも、自分のファッションやメイクに、つまり見た目に自信がない時は「若く見える」という一言はあまり嬉しくない言葉になってしまいます。

嬉しくない理由にも人それぞれの事情があるのですね。

 

悩みがあるときに若く見えると言われると嬉しくない

若い頃は相手がどう思うか、どう感じるかよりも自分がどう思ったかを優先してしまうことがあります。

その結果、友人や恋人とギクシャクしてしまうことも少なくないですが、年を重ねるとそうならないための気持ちのコントロールができるようになってきます。

とはいえ、人間は絶対に失敗しないということはないので、自分のせいで人間関係がこじれてしまうことがあります。

そんなときに、その状況を知っている人に「若く見える」と言われたら嬉しくないですよね。

もう完全に嫌味にしか聞こえなくなってしまいます。

言った方に他意がなかったとしても、若い人のように自己中心的という意味かな?人への配慮がないという意味かな?と悪い方に考えてしまっているかもしれません。

相手が人間関係に悩んでいるとき、それが自分のせいだと感じているときなら尚更「若く見える」という一言はつらく感じさせてしまうかもしれません。

 

 

若く見えると嬉しくない人には褒め言葉を進化させて

若く見えるという褒め言葉はよく使いがちですが、こんなにも喜ばれないものなのかとがっかりしてしまいますね。

そのため、若く見えるという褒め言葉を使わずに「若々しい」などの別の言葉で褒めることはできます。

また、そもそも使わないように気をつけることもできるでしょう。

ですが、実は一言つけるだけでこの嬉しくない褒め言葉が嬉しい褒め言葉へと変化します。

その方法は、「若く見える」の言葉の前にそう思った理由をつけるだけです。

いくつか例を挙げてみるので参考にしてみてください。

〈〇〇さん、いつもイキイキと仕事されているので若く見えるんですよね〉

イキイキと仕事していると言われて嬉しくない人はあまりいないと思います。

業務スキルや判断力のことでなく、仕事に対する取り組み方にフォーカスした褒め方をしたいときにも使えるかもしれません。

〈その(流行りの)メイクや服も、よく似合っているから若く見えるね〉

メイクや服装を褒めたい時は、似合っているという一言を添えれば嫌な気持ちにさせないと思います。

シンプルな服装も派手な服装も本人が自信を持って着こなしていれば似合って見えるのでスッとこの褒め言葉が出てくることでしょう。

このように「若く見える」という言葉を、理由を一言付け加えるだけで、嬉しくない褒め言葉から嬉しい褒め言葉に進化させることができます。

 

 

まとめ

  • 「若く見える」と言われると「嬉しくない」と感じる人は意外に多い
  • 若く見えると言われたときに嬉しくない理由は、その時のシチュエーションや相手の感情が関係する
  • 褒め言葉のつもりでも「若く見える」という一言は、仕事中になるべく使わない
  • 見た目に自信がない時の「若く見える」という一言は嬉しくない
  • 相手が人間関係に悩んでいるときには「若く見える」という言葉は避ける
  • 「若く見える」の言葉の前にそう思った理由をつけるだけで嬉しくない褒め言葉が嬉しい褒め言葉に進化

私達は相手の状況や気持ちをすべて把握することはできません。ですが、この一言を言ったときに相手はどう感じるかを思いやることはできます。

他の褒め言葉を使う時であっても、ただ一言で伝えるのでなくその理由、どうしてそう感じたかを伝えるともっと喜ばれるものになります。

褒め言葉やその使い方をマスターして、人間関係を大切にしていきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。