※当サイトは広告を利用しています。

ティッシュはどこで買うのが安い?ドラッグストアがお得!節約術も紹介

ティッシュはどこで買うのが安いのか、箱なしティッシュとボックスティッシュどっちがお得なのかをご紹介します!

「ティッシュを毎日使う」というそこのあなた、こんなお悩みはありませんか?

  • ティッシュはどこで買うのが安いのだろう?
  • 箱なしティッシュとボックスティッシュどっちが安いのだろう?
  • ティッシュを買う頻度ヒンドはどのくらい?

ティッシュは毎日使うものなので、少しでもお得に購入したいですよね。

そこで、ティッシュはどこで買うのが安いのかついて詳しく調べてみました!

この記事でわかること
  • ティッシュはドラッグストアが安い
  • 箱なしティッシュのほうがボックスティッシュより若干安い
  • ティッシュを買う頻度は平均月に1回程度で、一人当たり1ヶ月で2箱使用している

それでは、ティッシュをお得に買えるお店について詳しく紹介していきますね♪

安くてお得なティッシュが欲しいあなたには、コンパクトなのにたっぷり使える「スコッティ」をおすすめします。

ネットで買うとお家にいながらまとめ買いができるので、備蓄品を購入するのに便利です。

さらにポイントを貯められるので、お得にお買い物ができちゃいますよ♪

ティッシュはどこで買うのが安い?

ティッシュはどこで買うのが安いですか?

ドラッグストアで買うと安く買えますよ!

ティッシュはドラッグストアで買うと比較的安く買えます。

ドラッグストアとは医薬品と化粧品を中心に日用品などのさまざまな商品を販売しているお店です。

それではおすすめのドラッグストアを5選紹介しますね。

おすすめなドラッグストア5選
  • ウエルシア
  • マツモトキヨシ
  • ココカラファイン薬局
  • コスモス薬品
  • スギ薬局

そのほかではスーパーやホームセンターなどでも買えますがドラッグストアと比べると高いです。

しかしセール中であれば、ドラッグストアと同じくらい安く買える場合もあります。

もちろんドラッグストアもセールや値引きでさらにお安く買えるときもありますよ。

安くなるときは広告を打ち出しているので、「どこで買うのが安いのだろう。」悩むあなたはお近くのドラッグストアの広告情報を確認してみてください♪

ティッシュ以外の日用品も安いので、ぜひ足を運んでみてください。

ドラッグストアは医薬品や化粧品を販売していますが、毎日たくさん買ってもらえる商品ではありませんよね。

そこでたくさんのお客さんにお店に来てもらうために日用品をスーパーなどより安くしています。

それでは各ドラッグストアのおすすめポイントを紹介していきますね。

〈ウエルシア〉

ウエルシアは「Tポイント」と「WAON POINTポイント」が2重で貯められてお得です。

「ウエル活」という言葉があるくらいお得なシステムで、お買い物金額100円につき2ポイントを貯められるため、ポイント還元率は2%です。

ポイントを貯めるためには、「Tポイント」と「WAON POINTポイント」の2つのカードを作成する必要があります。

カードを作成したうえで、店頭かウエルシア公式アプリからウエルシアメンバーに登録するとポイントを貯められます。

どちらのカードも持っていないという方でも、ウエルシアの店頭で発行できるので安心です。

〈マツモトキヨシ〉

マツモトキヨシはクーポンが豊富でお得にお買い物できます。

マツモトキヨシのアプリをダウンロードするだけで、10%OFFクーポンがもらえます。

そのほかにも不定期に配布されたり、レシートに次回使える割引がついていたり、たくさんのクーポンをもらえます。

クーポンを活用して、お得にお買い物しちゃいましょう♪

〈ココカラファイン〉

ココカラファインのカードとdポイントカードの2重でポイントを貯められます。

毎月5の付く日(5日・15日・25日)にポイント5倍デーを開催しているので、さらにお得にお買い物できますよ!

マツモトキヨシと同じでアプリをダウンロードするだけで、10%OFFクーポンがもらえ、不定期のクーポンも豊富なのでおすすめです。

ココカラファインの公式アプリでできるルーレットでは最大15%OFFのクーポンがもらえます。

毎日2回もチャレンジできるので、ぜひ挑戦してみてくださいね♪

〈コスモス薬品〉

コスコス薬品の商品は特売日のような価格で、お得にお買い物ができます。

ドラッグストアでは珍しく、ポイントカードやキャッシュレス決済がないので、安い価格で商品を購入できます。

基本的に現金払いのみで、一部店舗ではクレジットカードが使えます。

「気づいたらポイントの有効期限が切れていた。」という心配もなくなるので、安心ですね。

ポイントカードを無くす代わりに商品の価格はほかの店舗に比べて安く、セールやクーポンを待たずにお得にお買い物ができますよ♪

〈スギ薬局〉

スギ薬局では頻繁にクーポンの配布があり、お得にお買い物できます。

毎月第2・第4火曜日は「スギともの日」クーポンが配布され、そのほかにも不定期に発行されるので、チラシや公式アプリを要チェックですね!

スギ薬局のポイントは期限が10年とかなり長いので、「いつの間にか失効していた…。」という心配も少ないです。

貯めたポイントは、景品や商品と交換できますよ♪

さらに買い物しなくても、歩くだけでポイントが貯まったり、食事の写真を撮って記録したりしてポイントを貯められます。

ポイントを貯めながら健康管理もできて、さらにお得ですね♪

どこが私に合うお店なのでしょうか?

ティッシュを購入するとき「どこで買うのが安いのか」悩むあなたは、「家から近い!」「このポイントなら貯めやすい!」など検討してみてください。

そしてティッシュは150組(1500枚)や200組(2000枚)などの商品があり、中身の枚数が異なります。

単に値段を見るだけではなく、1枚あたりの価格を計算して購入することもお得にお買い物するコツですよ。

目安としては、1枚あたりの価格が0.5円以下なら安いといえるでしょう。

箱なしティッシュはほとんどの商品が1枚あたり0.5円以下で、ボックスティッシュに比べて安いのでおすすめです。

またネット通販でまとめ買いをしてお得に買う方法もありますが、まずは1枚あたりの価格が0.5円以下の安いティッシュを紹介します。

古紙を原料としているスコッティが圧倒的に安い!

1枚の価格を計算すると古紙を原料としている「スコッティ」が圧倒的に安いです。

ほかにも1枚あたりの価格が0.5円以下の商品を4つ紹介します。

  • スコッティ
  • ネピア
  • エリエール
  • クリネックス

上記の中でも、古紙を原料としている「スコッティ」は最安値で販売されている場合が多いです。

上記のブランドは1枚あたりの価格が0.5円以下でお買い得ですよ。

店頭で最安値になっている商品は上記の5つのブランドである場合が多いので、ドラッグストアに行ったときにチェックしてみてください♪

今回は同じお店という条件で、楽天市場でのティッシュの価格を比較してみました。

ティッシュの価格表

商品名 内容量 価格
スコッティ  200組×5箱 365円
スコッティ フラワーボックス 160組×5箱 346円
エリエール 180組×5箱 451円
クリネックス 180組×5箱 399円

2024年2月現在

楽天市場では価格の変動がありますが、「スコッティ」は基本的に最安値で販売されています。

箱ティッシュで安さを重視して購入したいあなたには「スコッティ」をおすすめします♪

ネット通販でまとめ買いするとポイントが貯まってお得

「楽天市場」などのネット通販でまとめ買いするとポイントを貯められたり、使えたりするのでお得に購入できます。

さらにストックができ、何度もお店に出向く必要もないのでおすすめです。

私もネット通販でまとめ買いしてストックしていますが、お買い物で重たい思いをする必要もなくなり便利ですよ♪

ネット通販でティッシュを買うときにおすすめのネット通販は「楽天市場」と「Amazon」です。

さっそく楽天市場から見ていきましょう。

〈楽天市場〉

楽天市場では「お買い物マラソン」というセールが毎月開催され、購入する店舗数に応じてポイント倍率が上がるので日用品のまとめ買いにおすすめです。

複数ショップを買いまわることで、最大10倍までポイント還元率が上がるとてもお得なイベントですよ♪

「お買い物マラソン」でお得にお買い物がしたいけど、いらないものまで買ってしまうのはもったいないですよね。

そんなときは日用品の購入をおすすめします。

日用品であればいずれは必ず使用するものなので、損することなくショップ買い回りの店舗数を増やせます。

私も店舗数が足りないときは、ティッシュやシャンプーなどの日用品で調整しています♪

〈Amazon〉

Amazonの「プライムデー」や「ブラックフライデー」では日用品の大型値引きが行われるので安くティッシュを買えます。

「プライムデーセール」はプライム会員限定なので注意が必要ですが、非会員の方でも1ヶ月無料トライアルに申し込むことで参加できますよ!

「ブラックフライデー」はプライム会員でなくてもお買い物できます。

一般的なティッシュブランドの商品はもちろん、Amazon独自のプライベートブランドのティッシュなども販売されています。

とくに便利なのが定期配送機能で、いちいち注文することなく定期的に配送してもらうこともできますよ。

私はティッシュをAmazonで買っていて、3ヶ月に1回の定期配送で購入しています。

注文する手間や買い物のときに重いものを運ぶ必要がなくなり、ポイントまで貯まるので、すごく便利です♪

箱なしティッシュとボックスティッシュどっちが安い?

箱なしティッシュとボックスティッシュはどっちが安いですか?

箱なしティッシュの方が安いですよ!

箱なしティッシュはボックスティッシュに比べて、数十円ほど安く買えます。

ティッシュメーカーやドン・キホーテ、イオンなどのプライベートブランドから箱なしティッシュが販売されています。

箱なしティッシュの価格

メーカー名 1枚あたりの価格(円)
ドン・キホーテ 0.15
イオン 0.15
ハロー 0.18
エリエールi:na(イーナ) 0.33
Amazon 0.33

2024年2月現在

とくにショッピングセンターのプライベートブランド商品が安く買えます。

どっちが安いかわかったあなたはメリットとデメリットも気になりますよね。

私も箱なしティッシュを使っているので、実体験にもとづいたメリットデメリットについてご紹介します♪

まずはメリットから詳しく紹介しますね♪

箱なしティッシュのメリットは安いなど4つ!

箱なしティッシュのメリットは「ボックスティッシュに比べて安い」など4つあります。

箱なしティッシュのメリット
  • ボックスティッシュに比べて安い
  • コンパクトサイズで便利
  • すべて使用したあとのゴミ減らせて環境に優しい
  • ティッシュケースをカスタマイズできる

箱なしティッシュはボックスティッシュに比べて数十円ほど安く買えるので、私も箱なしティッシュを使用していますよ。

私は花粉症なので、旅行などの外出時に箱なしティッシュをリュックに入れて持ち運んでいます。

箱なしティッシュのパッケージはビニール製なので、コンパクトでかさばらず便利ですよ♪

すべて使用したあとのゴミはビニールだけなので、ボックスをつぶす手間がないのも嬉しいポイントです。

そして人形型のティッシュケースやおしゃれなティッシュケースに入れる際も、スムーズに入れられ便利ですよ♪

箱なしティッシュのデメリットは安っぽいなど4つ

箱なしティッシュのデメリットは「見た目が安っぽい」など4つあります。

箱なしティッシュのデメリット
  • 見た目が安っぽい
  • ケースに入れない場合、枚数が少なくなると形を保てない
  • ティッシュが取り出しにくい
  • ビニールが破ける場合もある

箱なしティッシュの包装はビニールなので、見た目が安っぽいと感じるかもしれません。

ビニールだと枚数が少なくなると形を保てず見た目がよくなく、取り出しにくいです。

さらに負荷がかかりすぎるとビニールが簡単に破れてしまうので、注意してください。

しかし、これらのデメリットはティッシュケースの使用で解決できるので、お好みのティッシュケースを探してみてください♪

私は編み物が趣味なので、ティッシュケースを編んで作成していますよ!

少しサイズが合わなくても、ビニール素材の箱なしティッシュなら収納できるのも便利なポイントですね。

どっちが安いかも大切ですが、どちらが使いやすいかも検討して購入してください♪

ティッシュケースは100均でも買えて、とくにセリアの商品はおしゃれでかわいい商品が多いので、おすすめです。

以下の記事ではセリアの営業時間と売れ筋を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

ティッシュを買う頻度はどのくらい?

ティッシュを買う頻度ヒンドはどのくらい?

平均月に1回程度です!

個人差があるもののティッシュを買う頻度は平均月に1回程度で、1人当たり1ヶ月で2箱使用しているようです。

私は3ヶ月に1度定期配送で購入し、多い月は1ヶ月に3箱程度消費しています。

私も知りませんでしたが、調べてみると日本人のティッシュ消費量は世界1位でした!

日本には花粉症の人が多く、花粉の時期にティッシュペーパーの使用量が増加することも要因の1つのようです。

日々どのくらいのティッシュを使っているのかを意識するだけでも、節約を心がけるきっかけになりますよ。

「たくさん使うからこそお得に使用したい!」というあなたにおすすめのティッシュを買う頻度を減らせる節約術を2つ紹介します。

ハーフティッシュにすると2倍長持ちしてお得

「ハーフティッシュ」とはその名の通り、ティッシュを半分に切ることで2倍長持ちする節約術です。

テレビでも紹介されたやり方で、節約オタク必見の節約術ですよ♪

ハーフティッシュの作り方
  1. 包丁でティッシュを半分に切る
  2. ボックスに戻す
  3. 取り出し口の左右を4分の1だけ切る

とっても簡単ですよね!

100均などでもハーフティッシュ用のケースが販売されているので、ボックスに戻さず、ケースに入れるのもいいですね。

私が花粉症でありながら1ヶ月で3箱の消費で抑えられているのは「ハーフティッシュ」のおかげかもしれません♪

単価の安いトイレットペーパーで代用するとお得

トイレットペーパーはティッシュに比べて、1平方メートルあたりの価格が2~4円程度安いので代用するとお得です。

私も飲み物をこぼしたときなどは、ティッシュではなくトイレットペーパーを使うようにしています。

しかし鼻水をかむときに使用すると、肌を傷つける可能性があるので注意してください。

単価が安く、ティッシュより30%以上の節約になるので、掃除などではトイレットペーパーで代用するのをおすすめします。

特長を生かしてトイレットペーパーとティッシュを使い分けるといいですね♪

日本のティッシュの消費量世界1位なのも、困ったらティッシュを使用する習慣が関係しているかもしれません。

1ヶ月でどのくらい消費しているか意識するだけでも節約につながるので、ぜひ気にしてみてください。

海外では、トイレットペーパーやタオルで代用するのが多いようですよ。

私はデスクの上やキッチンにティッシュを常備して万が一に備えています。

しかしトイレットペーパーをリビングに常備しておくと生活感が出て、見栄えが悪いですよね。

そんなときはトイレットペーパーケースを使用するのをおすすめします。

以下の記事では100均で買えるトイレットペーパーケースを紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

まとめ

  • ティッシュはドラッグストアが安い
  • 箱なしティッシュのほうがボックスティッシュより若干安い
  • ティッシュを買う頻度ヒンドは平均月に1回程度で、一人当たり1ヶ月で2箱使用している

ティッシュはどこで買うのが安いのか、節約方法などを紹介しました。

毎日消費するものなので、できるだけ安いティッシュを使用したいですよね!

この記事を読んでどこで買うのが安いかを知り、少しでもあなたの節約に役立てば幸いです。

こちらの「スコッティ」はボックスティッシュの中でも安い商品なのでおすすめです。

「ティッシュはどこで買うのが安いのだろう…。」と悩んでいるあなたには、ネット通販からの購入をおすすめします。

ネット通販では定期配送をしてくれ、ポイントも貯められるのでお得にお買い物ができます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA