転職で内定承諾後に不安な40代ができる行動は3つ!原因や解消法も解説

転職で内定承諾後に不安に襲われて、やっぱり就職を取り消してしまおうかお悩みの40代のあなた。

内定承諾後、不安になり就職を迷い始めた40代のあなたができる行動は、「そのまま就職する」「別な転職先を探す」「転職先に相談する」の3つがあります。

不安な気持ちのまま働き始めても「本当にこれでよかったのか」といった心のモヤモヤが残ってしまうため、気持ちよく生活を送ることが難しくなると思います。

せっかく転職して働くのであれば、生き生きのびのびと働きたいものですよね。

この記事ではそれぞれの行動についておすすめできるのか、どういったデメリットがあるのかなども解説します。

また、内定承諾後の不安な気持ちの原因やその解消法、就職を迷い始めた40代のあなたの心理なども併せてご紹介しますので最後までご覧ください♪

「この選択が正しかったのか、したいことがこの転職で本当に叶えられるのか」お悩みのあなたへ。本を読んで自己理解を深めてみてはいかがでしょうか。

紹介されている「自己理解メソッド」を実践すると、やりたいことが明確になるためこの転職も前向きにとらえられるようになると思いますよ。

転職で内定承諾後に不安な40代ができる行動は3つある

転職活動中、内定承諾後に不安な気持ちが押し寄せ就職を迷い始めた40代のあなたができる行動は、主に次の3つがあります。

内定承諾後に不安な気持ちになった40代のあなたができる行動
  • 不安な気持ちを押し切って入社する
  • 思い切って内定を辞退して別な就職先を探す
  • 迷っていることを会社に相談する

それぞれについて調べて分かったことや個人的な見解などを交えて詳しく解説していきます。

正解のない問題ではありますが、読み進めていただくことであなたの不安な気持ちが少しは楽になると思いますよ。

不安な気持ちを押し切って入社する?転職ブルーに注意!

内定承諾後に不安な気持ちがあったとしても押し切って入社するという選択肢ですが、状況によってはありだと思います。

内定承諾後から就職して働き始めるまでのあいだで不安な気持ちに襲われる場合、転職ブルー(内定ブルー)に陥っている可能性が高いです。

転職ブルーについては後程解説しますが、あくまでもこれは一時的なもので、ある程度時間が経ったり実際に就職したりすれば落ち着くことが多いです。

特に、実際に就職した後は会社の雰囲気や同僚がどんな人なのかを肌で感じ取ることができますよね。

そのとき「会社の雰囲気は自分に合っていそうだ」「こんな優しい同僚とならうまくやっていけそう」といったことが分かれば、心が一気に軽くなると思います。

そのため、一時的な感情でせっかくいただいた内定を取り消してしまうのはとてももったいないことといえます。

まずは不安の原因を探ることで「なぜ不安な気持ちになっているのか」が明確になるため、あなたがこれからどんな行動をとるべきかが見えてきますよ。

ただし、「転職活動中に貯金が底をついてしまい、すぐに就職をしなければ生活ができない」などの状況に陥っている場合もあると思います。

この場合はあなたやご家族の生活がかかっていますので、いったん就職してお金を稼ぎある程度落ち着いてからまた改めて転職を考えるのがベターです。

何度も転職活動を繰り返すことは、会社からすれば「またやめるかもしれない」と思われやすいため、あなたにとってはデメリットになる可能性が高いです。

しかし、正当な理由があればその理由をしっかり聞いて状況を判断してくれる会社もあると思います。

私は会計事務所で働いていたことがあるため、ある程度会社の人事や特色について知っています。

そんな私の個人的な意見ですが、理由も聞かず履歴書だけを見て判断するような会社はあまりおすすめできません。

履歴書や数字だけを見て判断するような会社は、あなたが就職した後も表面的なところばかりに注目し、あなた自身の仕事を見てくれない可能性が高いです。

もちろん売り上げを上げていればその数字を評価してくれて、その分給料アップにつながる可能性もあると思います。

ですが、あなたが補助した仕事があったとしても成約は他の社員が行った場合、あなたの売り上げはゼロと判断されることが多いです。

売り上げゼロの評価はとても残念ですよね…。途中のプロセスもしっかりと評価をしてくれる会社に就職したいと思いませんか?

正しい評価をしてくれる会社ほど社員一人一人と向き合ってきちんと話を聞いてくれる傾向にあるため、あなたの努力が無駄にならないことが多いですよ。

そういった会社に出会えた場合、「なぜ40代のあなたが何度も転職をする必要があったのか」についてきちんと向き合ってくれると思います。

不安な気持ちに襲われている中でも就職しなくてはならない状況のあなたへ、このような会社が世の中にはあるということを知っていただきたくお伝えしました。

状況によっては内定を辞退し別な就職先を探してもよい

不安な気持ちから迷いが生まれたことで、いっそのこと内定を辞退して他の転職先を探すという選択肢ですが、こちらも状況によります。

前述した通り、この不安や迷いといったマイナスの心理状況は内定承諾後に一時的にブルーな気持ちになってしまう「転職ブルー」の可能性があります。

この心理状態に流され辞退してしまうことは、せっかくのチャンスが無駄になりまた一から転職活動を再開させなければならなくなります。

ですが、次の2つに該当する場合は内定を辞退してもよい状況といえますよ。

内定の辞退を考えてもよい状況
  • 内定承諾後に新しい業務内容や条件を告げられ、仕事の内容が変わってしまったとき
  • 何度考えても給料や業務時間について妥協したくないという思いが変わらないなど、諦めきれない条件があるとき

上記の2つに該当する場合、あなたが思い描いていたビジネスライフとは異なる未来が待っている可能性が高いです。

そのため仕事に身が入らない状況へ陥りやすく「仕事がつまらない」「思っていたのと違った」といった感想を抱いてしまいがちです。

せっかく働くのなら、楽しくのびのびと働きたいですよね。

時間の許す限り転職活動を頑張ってみることが、将来のあなたやご家族のためになることもあると思います。

あなたにとって一番大切な条件の例などについては後程詳しく解説しますので、そちらも併せて参考にしていただければ幸いです。

迷っている場合は熟考した結果のみを伝えるのがベスト

内定承諾後に不安になり迷い始めて考える時間が欲しいと思っている場合は、熟考した結果のみを転職予定の会社に伝えるのがベストです。

例えば、面接などを通して転職予定の会社としっかり話し合い、その上で内定を承諾したとします。

その状況で「やっぱり迷っています」というのは転職予定の会社に対して失礼にあたりますよね。

そのため、迷っていることを伝えてしまうと立場が悪くなってしまうことがあり、転職後のコミュニケーションに支障をきたす恐れがあります。

特に、他社から内定をもらって迷い始めた場合、転職予定の会社にはどうすることもできません。

あなたが迷っていることを相談しても、解決には至らない可能性が高いですね。

あなた自身がしっかりと考え結論を出し、答えのみを転職予定の会社に伝えましょう。

転職で内定承諾後の不安は解消法が6つある!原因も解説

転職で内定承諾後に不安でやっていけるか心配なあなたへ、ここでは不安の原因をもとに6つの解消法をご紹介します。

解消法を試していただく前に、まずはなぜあなたが不安に感じているのか原因を探る必要があります。

内定承諾後に「この職場でやっていけるか」と不安に感じる主な原因は次の6つがありますよ。

やっていけるか不安に感じる主な原因6選
  • 転職ブルー(内定ブルー)に陥っている
  • 新しい職場で信頼関係がうまく築けるか不安に感じている
  • 社風が自分にあっているか不安に感じている
  • 新しい仕事がきちんとこなせるのか、期待外れと思われないか不安に感じている
  • 内定承諾時に提示された条件と異なっている部分が本当にないかという不安を感じている
  • 本当にこの会社でよかったのか他にいい会社があったのではないかという不安を感じている

なぜ不安に感じているのかを知ることでその解消法を知ることができますので、まずは上記を確認しあなたの不安の原因を見つけてみてください。

次からは不安の原因ごとにそれぞれの解消法を詳しく解説しますね。

転職ブルーに陥っている時は誰かに気持ちを相談しよう

転職ブルーに陥っているときは、その気持ちを誰かに相談することで不安が和らぐため、心を軽くすることができます。

転職ブルーに陥ると、「本当にこのまま転職してもいいのか」という不安や「やっぱり転職しないほうがいいのではないか」といった迷いなどが芽生えます。

「〇〇ブルー」でいうと、結婚したとき感じる「マリッジブルー」がイメージしやすいと思いますが、その転職バージョンということですね。

転職ブルーはずっと続くわけではなく、一時的な感情であることがほとんどです。

そのため、誰かに話を聞いてもらったりあわただしく日常生活を送っていたりするうちに自然と解消されることが多いので、そんなに心配しなくても大丈夫ですよ。

時間が経っても解消しない場合は、不安の原因を詳しく探り対処していく必要があります。

それぞれの不安の対処法については下記で解説していますので、最後までご覧くださいね。

信頼関係がうまく築けるかはあなた次第!人間力がコツ

新しい職場で信頼関係を築いていくためには、まずは「きちんとあいさつをする」などあなたの基本的な人間力がポイントとなります。

40代のあなたが新しく入社する会社には、20代や30代の先輩がいますよね。

「自分より若い人にヘコヘコするなんて…」と思うかもしれませんが、胡麻をするのではなくきちんとあいさつをしようということです。

いくつになってもあいさつは人とのコミュニケーションの基本です。

「新しい職場にどんな人が働いているのか」「うまくやっていけるか」なども大切ですが、それ以上にあなたの基本的な行動が重要になってきます。

あなた行動次第で信頼関係が築けるかが変わってくるということですね。

人生の先輩としてお手本となる行動をとっていれば新しい職場にも早くなじむことができるはずですので、やっていけるか不安に感じる必要はありませんよ。

社風が自分にあっているかはホームページを確認しよう

転職先の社風があっているかは不安なあなたは、会社のホームページを見て確認しておきましょう。

もちろん入社してみないと分からない部分は多いと思いますが、「実際に働く社員の声」などが掲載されているサイトがあると思います。

採用担当者に確認してみるのもよいですが、「わざわざそのために電話するのはちょっと…。」と思う方もいるかもしれませんね。

そんなあなたは転職先のホームページを確認してみると、入社前に会社の雰囲気を知ることができるので不安の解消につながりますよ。

期待外れと思われないかは心配いらない!自信を持とう

40代で即戦力を求められていて「期待外れだった」と思われないか不安なあなたは、「内定をいただいた」という事実を自信に変えてみてください。

新卒や20代の転職とは違って即戦力を求められることが多く、それがプレッシャーとなり不安に思っているのかもしれません。

しかし、採用されたということは転職先が「あなたなら仕事を任せられる」と判断したということです。

社会人として生活してきたあなたの経験を転職先は評価しているということですので、もっと自信を持ってくださいね。

提示された条件と相違ないかは会社の口コミを確認!

提示された条件と就職後の環境に相違がないかは、会社の口コミを確認して情報を集めてみましょう。

転職サイトによっては、匿名で採用に関する情報などを公開しているサービスがあります。

そのサービスを活用し、「内定承諾後に条件変更を求められた」や「就職後に違った条件で再契約をさせられた」といった口コミがないか確認しましょう。

匿名で登録できるため、嘘偽りのない情報が載っていることが多いです。

サービス内であまりいい口コミがない会社に転職してしまうと、あなたも無理な契約変更などを求められ再び転職活動をしなくてはならない可能性が高まります。

口コミが公開されていない会社について、特に地方の会社ですと知人を辿っていけばその会社で働いている人に出会えることがあります。

働き始める前にコンタクトを取り提示された条件と相違がなかったかなどを確認しておくことで、安心して働くことができますね。

他にいい会社がある!?それはあなたの外せない条件次第

本当にこの会社でよかったのか他にいい会社があったのではないかと不安になっているときは、あなたが転職活動で基準にしていた条件を思い出してみましょう。

他にいい会社があったのかどうかは、あなたが転職活動で基準にしていた条件次第といえます。

あなたがこの転職で何を得たかったのか、もう一度考えてみてください。

給料アップなのか、残業時間を減らすことなのか、人間関係をリセットするためなのか、長すぎる通勤時間を削減するためなのか、様々な目的があったと思います。

あなたがどうしても外せないと思っていた条件はクリアできていましたか?

その条件をクリアしていれば、あなたの転職は大成功といえますよね。

ですが、やはりいい条件の会社が他にあったとするならば、転職活動を再開するという手もありますね。

ただ、上を見ればキリがないことですので、「まだ転職活動を続けても生活していけるのか」などを考慮して判断する必要があります。

ご家庭を持っていらっしゃるあなたは、くれぐれもご家族からのSOSを無視して転職活動を続けることがないよう気をつけるとよいでしょう。

不安な気持ちが大きいとつい自分の心にばかり目が行ってしまいますが、ご家族の声にも耳を傾けることでご家庭も仕事も円滑に回るようになると思いますよ。

転職で内定承諾後に迷う40代の心理は5つ!大切な事は?

40代のあなただからこそ内定承諾後に迷う心理は主に次の5つがあります。

40代のあなたが内定承諾後に迷う心理5選
  • 40代を迎えやり直しがきかない年齢に差し掛かってきたので「もしこの転職が間違っていたら…?」と不安に感じ迷っている
  • 今後の生き方について考えたとき、この選択が果たして正しかったのか疑問に思っている
  • 体力や気力の衰えを感じ、若手についていけるか不安に感じている
  • 転職後の明確な目標が見つからないため、このまま就職してもよいのか不安に感じ迷っている
  • この会社で本当に自分のやりたい仕事ができるのか不安に思っている

内定承諾後にこれらの悩みや不安が迷う原因となっている場合、あなたにとって一番大切なものは何かもう一度考えてみましょう。

例えば、下記のような内容が当てはまると思います。

  • 転職して人間関係をリセットしたい
  • 転職して給料アップにつなげたい
  • 転職して働く時間や場所を見直したい
  • 社風が合っている会社に就職したい
  • 自分のやりたいと思っていることができる会社に就職したい

今回の転職で何を得たかったのか明確になりましたか?

個人的に安心して長く働くためには、人間関係が一番大事だと感じています。

どんな人と一緒に働くかによって、仕事に対する姿勢が変わったり仕事そのものが楽しくなったりすることがあるからです。

あなた自身の得たかったものが分かれば、この転職が有意義なものだったのかどうかが見えてくるため答えが出やすくなると思いますよ。

せっかく転職し新しい環境で働くのであれば、素敵な環境で楽しく仕事がしたいですよね。

あなたが気持ちよく働ける会社に出会えることを心から願っています♪

「自分のやりたいことを仕事にしたいけど、本当にやりたいことが分からない…。」とお悩みのあなたへ。本を読んで自己理解を深めてみてはいかがでしょうか。

紹介されている「自己理解メソッド」を実践すると、やりたいことが明確になるためこの転職も前向きにとらえられるようになると思いますよ。

まとめ

  • 内定承諾後に不安な40代のあなたができる行動1つ目は、不安な気持ちを押し切って就職することだが状況によってはおすすめできる
  • 内定承諾後に不安な40代のあなたができる行動2つ目は、思い切って内定を辞退して別な就職先を探すことだが2つの条件に当てはまるならおすすめ
  • 内定承諾後に不安で迷っている40代のあなたができる行動3つ目は、熟考した結果のみを転職予定の会社に伝えることである
  • 転職で内定承諾後の不安の原因は転職ブルーに陥っている、信頼関係が築けるか、社風が合っているかなど6つあるがそれぞれに解消法があるため心配いらない
  • 40代のあなたが内定承諾後に迷ってしまう原因は、この転職が間違っているかもしれないという気持ちや体力の衰えを感じ若手についていけるか不安など5つある
  • 不安などが迷いの原因となる場合、あなたにとって一番大切なものは何かもう一度考えてみると転職で得たかったものが明確になるため答えが出やすくなる

内定承諾後、不安な気持ちになったあなたができる行動や不安の解消法などについて解説しました。

解消法などをぜひ実践していただき、あなたの心が少しでも軽くなることを願っています。

不安な気持ちの原因が「本当にやりたい仕事なのか」疑問に感じているあなたは、本を読んで自己理解を深めてみてはいかがでしょうか。

紹介されている「自己理解メソッド」を実践して本当にやりたいことを見つけることで、きっと前向きな気持ちになれますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。