ssdが500gbで足りないかは使い方次第!容量不足の対処法も教えます!

ストレージを購入するとき、ssdの容量で迷ったことはありませんか?

ストレージとはデータの保管場所のことを言い、500gbや1TBなど容量を選ぶことが出来るようになっています。

ssdを500gbで検討しているあなた、本当に500gbで足りるのかどうか悩ましいところですよね。

そもそも500gbってどのくらいの容量なんだろう?

購入したあと、容量が足りないことが分かったらちょっとショックですよね。

パソコンゲームや動画の保存をする場合、500gbのssdでは足りないと感じてしまうかもしれません。

この記事を読めば、500gbで足りるか足りないかを見極めて、あなたに合ったssdを選ぶことができるでしょう。

ちなみにssdは内臓タイプと外付けタイプがありますので、どちらもご紹介しますね。

 

 

ssdが500gbで足りないのはこんな時!容量不足の対処法!

一般的に500gbのssdで足りないと感じるのは、データの容量が大きいゲームをする時や、4Kの動画などを多く保存したい時などです。

最近のパソコンゲームは高画質で、データ容量が大きく平均しても50gb以上のものが増えてきています。

いろんなゲームをしていると、500gbではすぐに足りないと感じるはずです。ゲームをするために選ぶのなら1TB以上のssdが良いでしょう。

あなたの使用目的に合わせて選べるよう、500gbを基準に使い方を分けてみました。

500gbのssdで足りる場合
  • インターネットの閲覧
  • メールチェック
  • プレゼン資料、レポート作成
  • 業務、会計ソフト
  • 文書作成

軽いデータの閲覧や編集で使うなど、デスクワークで利用する場合は500gbで十分足りるでしょう。

メールチェックがメイン利用の営業職や、ライティングの作業に使いたい場合にも最適と言われる容量です。

500gbのssdで足りない場合
  • テレビの録画や動画の保存
  • スマホやデジカメの写真や動画の保存
  • パソコンゲーム
  • Web制作やチラシなどのデザイン
  • 動画編集

デザインや動画編集などをしたい場合です。画像データを取り扱うことが多いと、500gbでは足りない場合があります。

デザイン作業ですと、1ファイルあたりの容量が最低でも250gb程度と、大きくなりがちです。

動画を扱う場合も、500gbではすぐに容量がいっぱいになってしまう可能性があります。

動画を扱ったりデザインをしたい場合は、1TB以上の大きな容量を選ぶのが良いでしょう。

 

容量がいっぱいになってしまった時は外付けssdが簡単

容量がいっぱいになってしまった時は、外付けのssdを利用することで解消できます。

外付けssdとパソコンをUSBケーブルで繋いで、容量を増やす方法です。

物理的に容量を追加して増やすことになるので、簡単にできるのがメリットです。

HDDに比べると、軽くて衝撃に強いため持ち運びにも便利です。

ですが、衝撃が強すぎるとデータが破損してしまうリスクもあります。取り扱いには注意しましょう。

主にバックアップ用として使われ、パソコンの容量がいっぱいになってしまったときに、外付けssdに移動して保存する場合が多いです。

ちなみに外付けssdはPS4の拡張ストレージとしても使えるよ!

PS4で利用すると、ゲームの起動やロード時間が短縮されるのでとても便利です!

ちなみにPS4で利用する場合も250gb以上の容量が推奨されています。購入は500gb以上のssdにしましょう。

 

USBメモリやオンラインストレージも便利

外付けssdの他には、USBメモリやオンラインストレージの利用があります。

USBメモリはその名の通り、USBポートに差し込んで使うメモリースティックです。差し込むだけなのでとても簡単です。

選べる容量も幅広く、1gbの小さいものから、512gbや1TBなどまであります。

ただ、USBメモリは長期保存には向かないと言われています。

一時的な保管としての使い方が向いているので、大きな容量で購入する必要はないでしょう。

私も写真をUSBメモリで保存していたのですが、ちょっとした衝撃でデータが壊れてしまい、一部の写真が見れなくなってしまいました。

子供の写真だったこともあり、これは本当にショックでした…。

オンラインストレージはクラウドと呼ばれるものが多く、オンライン上の保管場所に保存します。

もしssdやUSBメモリが壊れてしまっても、オンライン上には残っているので、データが壊れて見られないということがありません。

オンラインは、そのサービスにより決まっている容量の上限があります。

その上限までは無料で利用でき、それ以上は定額の料金を支払って利用するサービスが一般的です。

Googleやマイクロソフト、アップルなど様々な企業がサービスを提供していますので、利用する際はサービス内容を確認してみて下さい。

 

ssdの内蔵タイプを付け替えるという方法もある

さらにssdには内臓タイプもあります。外付けとは違い、パソコンの中に内蔵するものになります。

内蔵型はパソコンを解体してストレージの部分を入れ替える作業により、容量を大きくできます。

こちらは、あなたのパソコンにあったものを選ぶ必要が出てくるのて、規格サイズをまとめてみました。

《内蔵タイプのssdの種類について》

規格サイズ インターフェース 選び方
1.8インチ 「Micro SATA」ノートパソコンに採用されている 1.8インチのサイズで選ぶ
2.5インチ 「serial ATA」汎用性が高くデスクトップやノーーとパソコンに採用 2.5インチのサイズで選ぶ
mSATA 「mSATA」serial ATAを小型にしたもの ハーフとフルの2種類のサイズがあるので確認が必要。ただし、変換アダプタがあればどちらも利用できる
M.2

「serialATA」と「PCle」の2種類あ理、基盤がむき出しになっている

サイズが細かく違うので、現時点で使われているサイズを確認する必要がある

なんだか少し難しいですよね。ちなみに、1.8インチとmSATAの2つは、旧規格になっていて、少し古いパソコンに利用されています。

旧規格の物は販売されている商品も少ないので、新しいパソコンに買い換えることも検討するべきでしょう。

主な規格サイズは、2.5インチとM.2となっています。これから内蔵タイプのssdを探すあなたは、おそらくこの2種類から選ぶことになりますね。

内蔵タイプの方が価格も安いので、パソコンの解体が得意な人にはおすすめです。

私のように機械の分解はとにかく苦手という方は、外付けのストレージを購入することをおすすめします(笑)

ちなみに、インターフェースとは、コンピュータ本体とストレージを接続して通信する時の規約のことを言います。

コネクターの形状や電気信号の形式などを決めているため、「種類が多すぎて選べない」ということにはならないので安心してください。

 

 

ssd500gbの価格は種類で変わる!外付けは少し高め!

500gbのssdは、内蔵タイプなら5000円代から、外付けタイプは7000円代から販売されている商品が多いようです。

外付けタイプのssdの方が、少し価格が高めですね。大まかな参考価格帯を500gbと1TBで比較してみました。

タイプ 500gb程度の価格帯 1TB程度の価格帯
外付けssd 7000円〜10000円程度 11000円〜16000円程度
内蔵ssd 5000円〜7000円程度 9000円〜15000円程度

あくまで目安の価格になりますので、購入するときに改めて確認してくださいね!

購入するショップによって、セールやポイント還元などのサービスがあれば、うまく利用するのもポイントです!

内蔵タイプは規格サイズもありますので、間違って購入しないように注意してくださいね。

外付けタイプの場合はケーブルで繋ぐだけなので、規格サイズなどは難しく考えずに選ぶことができます。

 

中古で買うときは寿命が不明なので要注意

ssdは中古でも販売されていますが、購入する時に注意してほしいことがあります。それは寿命が不明だということです。

一般的にsddの寿命は5年程度と言われていて、使う頻度が高ければもっと早い寿命になります。

中古の商品は使用頻度がはっきり分からないこともあり、中古で買うことはあまりおすすめできません。

それでも中古で購入したいという場合は、個人から購入するようなフリマアプリなどではなく、信頼できる店舗で購入しましょう。

 

ssdとHDDでは処理速度と容量価格に違いがある

商品や価格を比較すると、HDDも出てくると思います。HDDは容量重視、ssdは書き込み速度重視という違いです。

《HDDのメリットとデメリット》

メリット デメリット
  • 容量単価が安い
  • 大きい容量のストレージを安く買える
  • データの書き込み制限が無い
  • 処理速度が遅い
  • 動作音が大きい
  • 衝撃に弱い
  • 消費電力が大きい

HDDは容量あたりの価格が安く、大きい容量のストレージを低価格で購入することができるのです。ssdとHDDでの参考価格の比較もまとめてみました。

《ssdとHDDの500gbの参考価格》

タイプ ssd HDD
外付けタイプ 7000円~10000円程度 5000円~9000円程度
内蔵タイプ 5000円〜7000円程度 2500円~7000円程度

こちらも目安になります。少しでも費用を押さえたい、速さよりも容量重視という場合はHDDも良いでしょう。

ちなみに、ssdのメリットとデメリットは以下のようになっています。

《ssdのメリットとデメリット》

メリット デメリット
  • HDDよりデータ転送の速度が速い
  • 小型で軽く、消費電力が少ない
  • 動作音が静か
  • 衝撃に強い
  • HDDより容量が少ない
  • 容量単価が高い
  • 書き込み回数に上限がある

速度は早いけど、価格が高いというのがssdの特徴です。速さを求める場合はssdを選びましょう。

 

 

ssdの500gbでおすすめは何!?主なメーカーを紹介します

500gb以上のssdでおすすめのメーカーは、クルーシャルやサンディスク、バッファローなどです。

価格ドットコムで見た売れ筋ランキングでは、500gb内蔵タイプでクルーシャルが上位を占めていました。

Amazonではバッファローやサンディスクが外付けタイプのssdで上位になっています。どちらも2022年1月の情報です。

クルーシャルは半導体メーカーのブランドで、高度な技術を持っているという特徴があります。

クルーシャルの商品は、価格は手頃なのに高パフォーマンスな所が人気を集めているようですね。

逆に、サンディスクやバッファローは、USBメモリやパソコン周辺機器を多く取り扱うメーカーになるので、外付けやポータブルなどの商品に強いことが考えられます。

そして他にも、500gb以上のssdを販売しているおすすめのメーカーはありますよ!

ストレージのおすすめメーカー
  • クルーシャル(crucial)
  • サンディスク(SANDISK)
  • ウエスタンデジタル(WESTERN DIGITAL)
  • サムスン(SAMSUNG)
  • トランセンド(Transcend)
  • エイデータ(ADATA)
  • バッファロー(BUFFALO)

こちらがおすすめのメーカーです。商品を検索していると、必ず上位に名前が入っています。

内蔵タイプも外付けタイプも全種類で作っているわけでは無いんだね

メインで製造している商品が、内蔵タイプか外付けタイプかメーカーごとに違うので、メーカーのホームページを見てみるのも楽しいですよ♪

 

 

まとめ

  • 高画質動画の保存やパソコンゲームをする場合は、500gbのssdでは足りない場合がある
  • 他に容量が500gbで足りないと想定されるのは、動画編集やうwebデザインを行う場合になる
  • 容量がいっぱいで足りないときは、外付けssdを追加することで簡単に解消できる
  • USBメモリやオンラインストレージの利用も便利である
  • 内蔵タイプのssdを付け替えることで、根本的な容量不足を解消できるが、パソコンに合った規格を選ぶ必要がある
  • 500gbのssdは一般的に、外付けで7000円から、内蔵で5000円から買えることが多い
  • ランキング上位のおすすめメーカーは、クルーシャルやサンディスク、バッファローなどである

500gb以上必要かどうか、決めることができそうですか?あなたの参考になったでしょうか。

今使っている容量が足りない場合でも、後から追加できることもわかりましたよね。

私も写真や動画で容量を圧迫し始めたので、外付けssd買いに行こうと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。