そばかすを消す方法に20代なら化粧品や皮膚科を頼るのもアリ!?

「どうして私にはそばかすがあるんだろう?」「どうにかしてなくならないかな…。」

鏡を見るたびに、自分のそばかすをどうにかしたい、なんとか消す方法はないかと悩んでいませんか。

そばかすに悩む20代のあなたに、そばかすを消す方法として、おすすめしたいことは、紫外線対策と化粧品を使うこと、そして余裕があれば、皮膚科の治療です。

私は今40代なんですが、鏡で自分のシミを見るたびに「あーやだやだ」と目をそむけたくなります。

色々対策をしても、20代の頃のようには、効果が出なくなりました。

残念ながら、今よりもひどくならないようにするのが精一杯です。

でも、20代のあなたなら、きちんと対策をすれば、効果が出るに違いありません。

そばかすを消す方法の中で、できるところから取り組んで、悩みも消していきましょう。

 

 

そばかすを消す方法には20代でも紫外線対策が重要!

そばかすを消す方法についてお話する前に、まずはそばかすについて説明します。

そばかすの原因はメラニンです。メラニンは、肌や髪、瞳の色を作る黒色の色素で、紫外線から皮膚の細胞を守る働きがあります。

私たちの髪や瞳が黒いのは、メラニンの働きなんですね。

紫外線を浴びると、表皮の奥でメラニンが作られます。

普段は、肌の代謝(体内で起こる化学反応)によって、肌の表面から自然にメラニンは、はがれ落ちます。

紫外線や肌が受けたダメージによって、メラニンが過剰に作り続けられると、代謝のリズムが乱れ、メラニンがなかなかはがれ落ちなくなって、そばかすになります。

そばかすは、シミの一種ですが、加齢に伴ってできるシミとは違い、遺伝が原因で発生します。肌が白く、乾燥肌の人に多いと言われています。

幼少期から現れ、10代の頃濃くなり、20代になると薄くなることが多いです。

しかし、20代になっても、紫外線や間違った肌のお手入れによって、肌がダメージを受けると、そばかすが増えたり、濃くなったりすることがあります。

そばかすができる人は、メラニンを作る細胞の働きが活発なので、20代になってそばかすが消えたとしても、紫外線の刺激によって、またそばかすができやすいのです。

だから、そばかすを消す方法を知る前に、紫外線対策をしっかり行うことが重要なんです。

 

紫外線対策は1年中行うべき

紫外線には殺菌作用がありますし、私たちが紫外線を浴びると、体内でビタミンDが作られるという良い点もあります。

しかし、ビタミンDは、1日15分間紫外線を浴びるだけで、必要な量を得られます。

それ以上の紫外線は、私たちの肌にダメージを与え、シミやそばかす、日焼けやしわ、たるみの原因となるだけです。

紫外線についてもう少し詳しく説明しましょう。

紫外線にはUVAとUVBの2種類あります。

UVA(生活紫外線)
肌の奥まで届き、時間をかけて肌に蓄積していく

ゆるやかだが確実にダメージを与える

シミ、しわ、たるみなど肌老化の原因となる

なんだか、じわじわと少しずつ…という感じが怖いですね。UVBはどうでしょうか。

UVB(レジャー紫外線)
表皮に短時間でダメージを与える

肌表面に強く作用し、炎症を引き起こす

日焼け、シミ、皮膚がんの原因となる

こちらは、一気に襲いかかる感じで、逃げたくなります。

紫外線は春から夏にかけて多くなりますが、冬でも油断してはいけません。

紫外線は肌に蓄積するので、冬の弱い紫外線でも長時間当たると、真夏の紫外線に短時間当たったのと同じダメージになります。

紫外線は雲も通り抜けるので、曇りの日でも晴れの日の60~80%の紫外線が降り注ぎます。

そして、紫外線は窓も通ります。部屋の中でも紫外線を浴びてしまう危険があります。

「ちょっとの時間だから…」「曇っていて日差しが強くないから…」という考えはやめて、常に紫外線対策をしましょう。

学生時代や20代の頃、私は、真夏に日焼け止めを塗るくらいで、紫外線対策をほとんどしていませんでした。

その結果、30代後半からずっとシミに悩んでいます。

どうにかならないかと、ようやく紫外線対策を始めたり、色々なスキンケアや化粧品を試したり、肌に良い食べ物やサプリを取り入れたり…。

でも、長年のシミはなかなか薄くもならないみたいです。

私のようにシミで悩まないために、そして、そばかすを増やしたり、濃くしたりしないためにも、20代の今から紫外線対策をしっかりとして欲しいと思います。

しっかりとした紫外線対策と、肌に刺激を与えない生活をして、メラニンが過剰に作られる危険を減らしていきましょう。

 

日焼け止めを塗って紫外線対策

紫外線対策と言えば日焼け止めですが、お店には色々な種類があってどれを選べばよいか悩みますね。

自分の肌や好み、生活に合ったものを選ぶことが大切です。

まず、日焼け止めの容器を見ると、必ず「PA」と「SPF」の表示があります。

この2つの違いを説明します。

PA SPF
UVAを防ぐ能力 UVBを防ぐ能力
+から++++の4段階で表す 1~50+の数値で表す
+の数が多いほど効果が高い 数値が大きいほど効果が高い

「PA」と「SPF」の効果が高くなると、肌への負担も増えるので、使う場面によって使い分ける方がいいですね。

使う場面ごとにどれくらいの値がいいかの目安を書いておきます。

日常生活、短時間の外出 SPF20・PA+~++
外出、屋外での活動 SPF20~30・PA+++
強い日差しの下での活動 SPF30~50・PA++++

効果が高い日焼け止めだからと安心して、朝塗ったから大丈夫と思ってはいけません。

汗や摩擦が原因で日焼け止めが、取れてしまうことがあるので、2,3時間おきに塗り直す方が、効果的です。

次に日焼け止めの種類を見ていきましょう。どの種類が良いかは、好みや使う場面によっても違うと思います。

また、敏感肌の方は、敏感肌用の日焼け止めを選んでください。

ジェル 化粧水のようにみずみずしい、さらっとしてべたべたしない、のびが良く塗りやすい
ローション 軽い使用感、落としやすく、肌に優しい
ミルク 広範囲にのばしやすい、化粧下地効果のあるものも多い
クリーム 肌に密着して落ちにくい、水に強いものが多い、しっとりした使用感
スプレー 手を汚さない、手で塗りにくい場所にも使いやすい、髪にも使える
パウダー メイクの上から重ねて使う、メイク直しも兼ねて付け直せる

顔に塗る場合、一度に手の上に乗せる日焼け止めの量は、やや固めのクリームタイプであれば、パール1個分、液状のタイプは、1円玉1枚分を目安にしてください。

使う日焼け止めの容器に、適量の目安が書いてあれば、それに従いましょう。

正しい量を塗らないと、十分な効果が得られません。

 

日焼け止めを正しく塗って紫外線対策

日焼け止めは、ただ塗ればいいわけではありません。

きちんと塗らないと、ムラができたり、塗り残しが出たりして、「日焼け止めを塗っていたのに、日焼けしてしまった!」となるかもしれません、

正しい塗り方で、日焼け止めの効果を高めましょう。

日焼け止めの塗り方

  1. 適量を手のひらに取り、日に当たりやすい両ほお、額、鼻の5か所に置く
  2. 中指と薬指を使って、顔の中心から外側に向かって、面積の広いほお、額の順になじませる
  3. 鼻、口の周り、フェイスライン、耳の周りまでやさしく丁寧にのばしていく
  4. 全体的に塗ったら、手のひらで顔全体を包み込み、日焼け止めをなじませる
  5. もう一度、同じ量を手に取り、同じように重ね付けする
  6. 首にも前後それぞれ3か所ほど置いて、下から上に向かってなじませる

髪の生え際や、まぶた、耳の後ろは塗り残しやすい部分なので、忘れず塗りましょう。

塗り直す場合は、汗や皮脂などを軽くふき取ってから塗ると、ムラができにくいです。

強い摩擦は肌への負担になり、ダメージとなります。優しく丁寧に塗ってくださいね。

日焼け止め以外にも、日傘や帽子、サングラスなどを使って紫外線をさえぎりましょう。

日傘や帽子を使っていても、紫外線は地面などで反射してしまうので、日焼け止めは塗っておいた方がいいです。

そばかすを消す方法を知る前に、紫外線対策の重要性は分かってもらえたでしょうか。

最初は、大変だと感じるかもしれませんが、スキンケアの延長と思って、毎日の習慣にしてしまいましょう。

 

そばかすを消す方法とは化粧品で薄くして隠すこと!!

紫外線対策の重要性を伝えたくて、少し長くなってしまいました。ようやくここからは、そばかすを消す方法を説明しますね。

まず1つめは、元から消してしまうのではなく、美白効果の高い化粧品を使って目立たなくし、さらにメイクで隠して消す方法です。

 

毎日のスキンケアでそばかすを目立たなくする

そばかすは、肌の奥でメラニンが過剰に作られることで、できるとお伝えしました。

そのため、メラニンに働きかける成分(美白有効成分)を配合した美白化粧品が効果的です。

美白有効成分には、メラニンが作られるのを抑制する働きの成分と、肌の代謝を良くして、メラニンを排出する働きの成分があります。

美白化粧品を探す時に、成分の名前を見て「あー、聞いたことある!」となると、ちょっと選びやすいですね。

メラニンが作られるのを抑制する成分
トラネキサム酸・カモミラET・アルブチン・コウジ酸・ハイドロキノン・ニコチン酸アミド・マグノリナン

慣れない名前もありますが、最近よく聞くようになったものもありますね。

メラニンを排出する働き
4MSK・エナジーシグナルAMP

アルファベットばかりで、何のことか分かりません。

メラニン抑制と排出の両方の働きを持つもの
プラセンタエキス・リノール酸S

これら以外には、ビタミンC誘導体もよく目にする美白成分です。ビタミンC誘導体は、メラニンの色を薄くする働きがあります。

美白有効成分を気にしながら、自分に合うスキンケア用品を選んでいきましょう。

スキンケアには色々ありますが、使ってみてほしいスキンケア用品について説明しますね。

クレンジング、洗顔、化粧水、乳液、美容液、日焼け止め、化粧下地、ファンデーション…書いていくとたくさんのものを肌に乗せています。

肌にいいと思って使っていても、力を入れてこすったり、強く塗り込んだりしていては、逆効果です。

摩擦がダメージとなり、メラニンが作られる原因になります。

摩擦をなるべく減らそうと思うなら、フェイスマスクがおすすめです。

顔の形をしたフェイスマスクを、肌に直接乗せるだけでいいので、手軽で摩擦が少なくて済みます。

フェイスマスクには、美容成分がたっぷり含まれているので、保湿効果も得られます。

入浴後の血流が良く、毛穴が開いた状態で使うのが一番です。毛穴から美容成分が浸透して効果が高まります。

更に浸透しやすくするには、フェイスマスクの上からラップをするといいです。もちろん、息ができるようにしてくださいね。

私は、ラップではなく、手のひら全体で押さえています。フェイスマスクの乾き具合も分かるので、いいですよ。

マスクが乾燥すると、逆に肌の水分をマスクに奪われてしまうので、5分~10分位したら、乾く前に取りましょう。

私は、フェイスマスクをつけたまま、いつの間にか寝てしまったことがありました。

目が覚めたら、マスクは乾いてしまい、肌は潤いもなくつっぱっている状態で、大失敗でした。

もう一つおすすめしたいのは、美白美容液です。

美白美容液とは、美白有効成分が含まれていて、紫外線ダメージを浴びた肌に集中的に使うことで、潤いと透明感のある肌を目指せるものです。

美白美容液は、保湿力があるものを選ぶことが重要です。なぜなら、潤いのある肌でなければ、美白ケアをする意味がないからです。

状態の良い潤った肌でなければ、ケアをしても美白の効果は高くなりません。また、潤っていると、紫外線の刺激を受けにくくなります。

さらに、潤いがあることで、透明感がアップし、明るく澄んだ肌に見え、そばかすが目立たなくなります。

美白美容液に含まれていると、透明感が高まる保湿成分です。

おすすめの保湿成分
ヒアルロン酸・アミノ酸・セラミド・コラーゲン・エラスチン

美白美容液は、使ってすぐに効果が表れるものではありません。

代謝により新しい肌に入れ替わるまで、約6週間かかるからです。

そのため、正しい使用量と使用法で、継続して使い続けることが大切です。使い方の注意点を挙げておきます。

  • 顔全体にムラなく塗る

両ほお、額、鼻、あごの5か所にのせ、円を描くように優しく丁寧になじませます。気になる部分に重ね塗りしましょう。

  • 使用量を守る

もったいないからと、少しずつ使うのでは意味がないので、商品に書いてある適正量を使いましょう。

  • 朝も夜も使う

美容液は夜だけでなく、紫外線を浴びる前の朝も使うと、肌が潤い、メラニンを作りにくくしてくれます。

  • 洗顔→化粧水→美白美容液→乳液の順番で使う

化粧水で潤った肌に使うことで、美白有効成分が浸透しやすくなります。

フェイスマスクも美白美容液も、色々な種類の商品があります。手に入れやすいものから始めて、効果を確かめてみてください。

私は、高いフェイスマスクや美容液を買うと、「もったいない」と思って、けちけちと使ってしまうので、毎日使ってもいいと思える値段のものを買っています。

その方が効果的ですし、せっかく使うなら、毎日ワクワクしながらしっかりとお手入れしたいですね。

 

メイクでそばかすを隠して消す

スキンケアでそばかすを目立たなくできたら、次はメイクでそばかすを隠しましょう。

そばかすを消す方法として使って欲しい化粧品は、コントロールカラーとコンシーラーです。

コントロールカラーは、肌の悩みがある部分に塗ることで、顔全体の色むらを少なくしてくれます。

そばかすを隠すのにいいコントロールカラーは、イエローとオレンジです。

化粧下地をした後、そばかすが目立つ部分にコントロールカラーを塗りましょう。

コントロールカラーを塗ることで、ファンデーションの量も少なくて済み、厚塗りを防いで、透明感のある仕上がりになります。

コントロールカラーは、肌なじみがよく、使いやすいですが、完全に隠してくれるわけではありません。

そこで、コンシーラーの出番です。コンシーラーには、一般的に5種類あります。

それぞれタイプによって、カバー力や保湿力に違いがあります。

カバー力の高いものから並べると

スティック→ペンシル→パレット→リキッド→クリーム

保湿力の高いものから並べると、ちょうど逆になります。

クリーム→リキッド→パレット→ペンシル→スティック

範囲が広い場合はクリームやリキッド、パレットを使い、数が少ない場合や、濃い部分がある場合は、ペンシルやスティックを使うと良いでしょう。

色は、自分の肌とそばかすの中間色を選ぶと良いです。

次はコンシーラーの塗り方を説明します。

隠したい範囲が広い場合は、ほおの中心部分から放射線状に伸ばし、スポンジで軽くポンポンとたたくようにして、全体をなじませます。

狭い範囲のそばかすの場合は、コンシーラーをそばかすよりも少し広めに薄く塗り、指でポンポンとたたいてぼかします。

塗った部分の中心ではなく、外側をたたくようにしましょう。

パウダーファンデーションなら、ファンデーションを塗る前に、リキッドファンデーションなら、ファンデーションを塗った後に、コンシーラーを塗ります。

最初はなかなかうまく隠れないかもしれません。でも、やっていくうちに、コツが分かってきれいに隠せるようになりますよ。

そばかすを消すのに効果的な化粧品を使って、メイクも楽しみましょう。

 

 

そばかすを消す方法で確実なのは皮膚科の治療!!

そばかすを確実にもとから消す方法は、皮膚科で治療することです。

美容のための皮膚科治療は、保険が使えないので、費用が高くなります。そばかすを消す方法としては、手軽にできるとは言えません。

でも、もしも「費用がかかってもいいから、どうしてもそばかすを消してしまいたい」と思うのであれば、皮膚科の治療はとても効果的です。

飲み薬や顔に塗る薬での治療もあります。大がかりな治療をせず、自宅で対処できますよね。

費用も3000円~1万円ほどですが、短期間で効果が出るわけではありません。

短期間で効果を出したいなら、フォトフェイシャルとレーザー治療です。どちらも顔に特殊な光を当てることで、メラニンに働きかけます。

 

フォトフェイシャル(光治療)

紫外線をカットした光を顔全体に当てると、そばかすの原因であるメラニン色素に光が吸収されて、メラニンを分解します。

軽い痛みはありますが、肌への負担は少なく、終わってすぐにメイクすることもできます。

1回でそばかすが消えるのではなく、何回か受けることで、少しずつ薄くなっていきます。

フォトフェイシャルには、コラーゲンの生成を促す効果もあるので、肌が潤い、弾力とハリのある肌になれます。

20代~30代のうちにフォトフェイシャルを受けておくと、40代になってから、シミや小じわが少なくて済むという効果もあるそうです。

気になる費用は、皮膚科によって差があります。

調べたところ、初回のみ数千円~1万円で、その後は1回につき1万~3万と、思っていたよりも、差がありました。

 

レーザー治療

レーザー治療も、光を当てるという点はフォトフェイシャルと同じです。違うのは、消したいそばかすだけに集中的に当てて、治療するということです。

そばかすの原因であるメラニンを直接破壊し、そばかすを元からなくします。

針で刺したような痛みがあり、終わった後に、肌を休ませる期間が1週間以上必要となります。

その間は、テープで保護をし、紫外線などのダメージを受けないようにしておかなければなりません。メイクもしばらくできません。

でも、1回で改善されることが、ほとんどなので、そばかすを消す方法としては、一番効果的です。

費用は、こちらも皮膚科によって違います。レーザーにも種類があり、使うレーザーによっても、費用が変わるようです。

そばかす1か所につき、3000円~6000円位のところが多かったです。

フォトフェイシャルとレーザー治療のどちらを選ぶかは、費用や自分の状態、皮膚科で相談して決めるのが良いですね。

フォトフェイシャルをしてみて、なかなか消えないそばかすだけ、レーザー治療をしてみる、というのも考えられますね。

費用もですが、事前のカウンセリングや、アフターケアも皮膚科によって差があるようです。

技術が確かで実績があるところ、カウンセリングが丁寧で、アフターケアや保証がしっかりしているところを選んでください。

治療や費用について詳しく説明してくれて、自分に合った治療を考えてくれるところでないと、安心できませんよね。

 

 

まとめ

  • そばかすを消す方法の基本は、20代でも紫外線対策
  • 日焼け止めを正しく塗って、一年中紫外線対策をする
  • 美白効果の高い化粧品を使って、そばかすを目立たなくする
  • コントロールカラーとコンシーラーを使って、そばかすを隠す
  • そばかすを確実に消す方法は、皮膚科での治療
  • 皮膚科でのそばかすの治療には、フォトフェイシャルとレーザー治療がある

2つのそばかすを消す方法の効果を上げるためには、紫外線対策をしっかりと行わなけれは、意味がありません。

そばかすを消す方法を実践する前に、紫外線対策をしておけば、化粧品の効果も高くなりますし、皮膚科の治療でも、思ったより費用がかからないかもしれません。

そばかすを消す方法を実践した後に、紫外線対策をしなければ、再びそばかすができる可能性があります。

そばかすだけでなく、加齢によってできるシミ対策にもなるので、できるところから、始めてくださいね。

私も20代の時に、知っていたなら、今こんなに悩まなくて良かったのに…。

20代は、これから、就職や結婚、出産など、精神的にも身体的にも環境の変化を控えている時です。

そばかすを消す方法で、そばかすの悩みをなくし、少しでも気分が明るくなって、色んな人生の転機を迎えてもらえたら、私もうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です