修学旅行に行きたくないのは中学校でよくある!対処法や理由をご紹介

この記事では中学校の行事の1つである、修学旅行に行きたくない理由と対処法を紹介していきます!

女子生徒
中学校の修学旅行なんて何が何でも行きたくありません!

修学旅行に行きたくないけれどどうしたら良いかわからず、困っている場合もあると思います。

しかしここできちんとあなたが行きたくない理由を見ないまま、その場しのぎの選択をしてしまうと今後の中学校生活で後悔してしまう可能性があります。

あなたが修学旅行に行きたくない理由と対処法だけでなく、親への説得方法も見ていきますよ。

この記事を読めば、あなた自身の気持ちを理解して、修学旅行へ行くか行かないか適切に判断することができます!

中学生のお年頃の皆さんにとってお風呂は気を使いますよね。

この洗い流さないシャンプーを使えば、無理してお風呂に入らなくても髪の毛を洗うことができます♪

このようなアイテムを使えば修学旅行に行きたくない不安要素が減るかもしれませんよ!

修学旅行に行きたくないのは中学校でよくある!理由は?

中学校生活の行事の1つである、修学旅行になぜ行きたくないと思うのでしょうか。

その理由は仲のいい友人がいないといった人間関係などの4つが挙げられます。

修学旅行に行きたくない理由
  • 仲のいい友人がいないといった人間関係
  • 集団行動そのものに苦手意識を持っている
  • 家族以外の人との外泊することに抵抗がある
  • みんなと同じタイミングでお風呂に入りたくない

これらの4つの理由について、詳しくご紹介していきます。

仲のいい友人がいないといった人間関係

苦手な友人と同じグループになってしまった、同じ部屋になってしまった、など人間関係が理由で行きたくないと感じる人が多いと思います。

同じ班に仲のいい友人がいれば、修学旅行はより楽しく充実すると思います。

しかし仲のいい友人がいなかったり、苦手な友人が一人でもいたりすると、学校生活が一気に憂鬱になりやすくなります。

私も学生の頃、人間関係が上手く行っていないときがあり、学校に行くのも嫌で時々休んでしまうこともありました。

頑張って学校に行く時もありましたが、やはり精神的に辛くトイレで泣いていたことを、今でも覚えています。

幸い、上手くいかなかった子と和解することができ、その後は普通に学校に通えるようになりました。

人間関係のちょっとした変化で、学校生活が楽しくもつらくもなると実感した期間でした。

その人間関係が上手く行っていない状態では、修学旅行に行きたくないという心理になりやすくなりますよね。

そういう時は無理に周りと合わせず、1人の時間をこまめに作ることで、少し気持ちが前向きになると思いますよ♪

集団行動そのものに苦手意識を持っている

中学校生活と同様に、修学旅行も集団行動となります。

普段の中学校生活であれば6〜7時間程度我慢して周囲と合わせればよいですが、修学旅行となるとそうはいきません。

修学旅行の場合は宿泊期間にもよりますが、短くて2泊3日、長くても3泊4日となります。

つまり修学旅行期間中は、ある程度周りへの気遣いが必須となります。

当然長時間気を使いすぎると、疲れてしまい人と関わりたくないという気持ちになりやすくなってしまいます。

そうなると行く前から修学旅行が楽しくないと思ってしまい、行きたくないと思い始めるのです。

家族以外の人と外泊することに抵抗がある

家族以外の人と外泊をするということは、自分が思った以上にストレスを多く感じてしまいます。

私も学生の頃は家族以外の人と外泊することが苦手で、特に友達の家に泊まることが苦痛で仕方がありませんでした。

苦痛だと思った理由は、友達のお母さんが作ってくれたご飯を残さず食べないといけないこと。

またお手洗いを使うタイミングも分からなかったり、寝る場所が変わって眠りづらくなったりしてしまうことでした。

私も皆さんと同様に家族以外の人と外泊をすることに対して、多くのストレスを感じていた1人です。

修学旅行に行く前から色々考え込んでストレスが溜まり、最終的に行きたくなくなってしまいます。

みんなと同じタイミングでお風呂に入りたくない

中学生の頃は身体に対して、コンプレックスを持っている子が多いでしょう。

私も体型に対してコンプレックスがあり、友達とお風呂に入ることに対してものすごく抵抗がありました。

それは「きっと私のこと太い体型だと思ってるんだろうな」と思い、周りの目がいつも以上に気になっていたからです。

1人でお風呂に入ることができればよいですが、修学旅行の場合はみんな同じ時間にお風呂へ入ることが多く難しいのが現状です。

そういった状況も分かっているからこそ、修学旅行に行きたくないという気持ちが大きくなってしまうのです。

修学旅行に行きたくないときの対処法3つを公開!

修学旅行に行きたくない場合、きちんと対処法をおさえることによって気持ちに変化が出やすくなります。

今回は修学旅行に行きたくない対処法を3つ公開していきます!

修学旅行へ行きたくないときの対処法
  • ある程度1人の時間を作り無理に足並みをそろえない
  • あえて行ってみると意外に楽しむことができる
  • お風呂は自分が思うほど周りは気にしていない

この3つの対処法を見ていき、あなたの不安を少しでも払拭していきましょう!

ある程度1人の時間を作り無理に足並みをそろえない

修学旅行中は基本的にほぼ集団行動のイメージがありますが、1人の時間を作ることは難しくありません。

例えば班ごとで定番スポットなどに行くからといって、最初から最後まで同じ班の人と行動する必要がありません。

人によって見たいポイントが違うことがあるからです。

せっかく行きたくない気持ちをおさえて修学旅行に来ているため、そこまであなたが周りの足並みをそろえなくても大丈夫です。

ただ指定された場所から離れてしまったり、時間を守らなかったりすることはできません。

もちろん1人で行動できるかどうかも、学校の規則によってできない場合もあります。

その時は細かいタイミングで1人の時間を作り、自分のペースを保ってみましょう。

例えば宿泊先について少し自由時間があれば周りを散策してみたり、移動中は酔いやすいと言って寝てみたりするなどすれば、他人と関わる時間を極力減らすことが可能です。

さらに仲のいい友人がいる班と合流して、一緒に行動をするというのも1つの方法です。

先ほどお伝えしたように、最初から最後まで同じ班の人と行動する必要はありません。

その場合も同じ班の人に一言伝えて、別の班と合流してみましょう。

状況に応じて行動を変えれば、修学旅行に行きやすくなりますよ!

あえて行ってみると意外に楽しむことができる

修学旅行に思いきって行ってみると、想像よりも楽しむことができたというケースが多数あります。

このケースは集団行動が苦手な人や、外泊自体が嫌な人に当てはまることが多いです。

私も修学旅行ではないですが、友達と出かけることや泊まりに行くことがなんとなく嫌だと思う時があります。

そのことを家族に話をするとたいていこう言われます。

お母さん
意外に行ってしまえば楽しめるから大丈夫よ!

聞いた直後はそんな根拠のないことをどうして言えるのだろうと理解できない部分がありました。

しかし実際に行ってみると非日常ということもあり友達もテンションが高く、気がついたら自分も楽しむことができていました。

このように普段行かないようなところに行くと、気分も上がりやすくなり「楽しい」と思う機会が圧倒的に増えていきます。

皆さんも行きたくない度合によると思いますが、もし行きたくない理由をいくつか重ねている場合であれば、あえて行くという選択肢もあると思います。

実際に行ってみると「思ったよりも気にしなくて大丈夫かも」と思うことができますよ。

お風呂は自分が思うほど周りは気にしていない

修学旅行のお風呂は時間が決められていることが多く、あなたが思っているほど周りは気にしていません。

みんな決められた時間内で自宅以外のお風呂に入ることで精一杯だからです。

もしお風呂に入らなくてはいけない場合は、極力友達を避けて1人で入るようにしましょう。

また湯船に入らずにシャワーだけで済ませることができればお風呂の時間も短縮し、脱衣所が空いている状況になりやすいメリットもありますよ。

しかしどうしてもみんなと一緒にお風呂に入りたくないこともあると思います。

その場合は部屋の洗面台でタオルをお湯で絞り、汗をかきやすい箇所を拭いていきましょう。

身体を拭くだけでも思った以上にすっきりすることができますよ♪

他にも今は洗い流さないシャンプーやトリートメント、または汗拭きシートなどさまざまなアイテムもあります。

そういったアイテムを使えば、汗や匂いなどの不快感も軽減しやすくなります。

お風呂に入っても入らなくても、選択肢はたくさんあります。

どんな状況にも対応できるようにすれば、お風呂に対するストレスも減らすことが可能です!

お風呂には入りたくないけど、せめて髪の毛だけでも洗いたいときの強い味方です!

この洗い流さないシャンプーを使って、気持ちもスッキリさせましょう♪

修学旅行に行きたくないとき親や先生に説得する方法

前の章でもお伝えした3つの対処をしたり想像したりしても、どうしても行きたくない気持ちが消えない場合は、親や先生に行かない理由を説明して説得しましょう!

親や先生に修学旅行へ行きたくないことを説得する方法は3つあります。

修学旅行に行きたくないとき親や先生に説得する方法
  • 理由とともに行きたくないことを伝える
  • 手紙を書いて自分の気持ちを伝える
  • 当日仮病を使って修学旅行に行かない

理由とともに行きたくないことを伝える

どうしても行きたくない気持ちが消えない場合は、親や先生に行かない理由を説明していきたくないことを説得しましょう!

女子生徒
やっぱりどうしても修学旅行に行きたくないな

どれだけ努力しても、行きたくないときは行きたくないと思ってしまうことは誰にでもあります。

また修学旅行に行かない選択をしているのは、あなただけではありません。

あなたと同じように修学旅行へ行きたくないと悩み、最終的に行かないという選択をしていた生徒はたくさんいます。

ただ修学旅行は学校行事の1つであるため、基本的には親や先生に行きたくない理由を話す必要があります。

まずは修学旅行に行きたくない理由を改めて整理をしてみてください!

この整理をしっかりすることによって、伝える内容を上手くまとめることができます。

そして親や先生に伝える時は「私は~という理由で修学旅行に行きたくありません」と丁寧に伝えてみましょう。

丁寧に理由を伝えることによって、漠然とではなく真剣に考えて話しているという印象をもたれやすくなりますよ♪

落ち着いて修学旅行に行きたくないことと行きたくない理由を説明し、親や先生に理解してもらいましょう。

手紙を書いて自分の気持ちを伝える

修学旅行に行きたくないことを親や先生に説得する方法として、手紙を使って自分の気持ちを伝えることが挙げられます。

いざ説得しようと思っても、どう親や先生に説得すればよいか難しいと思います。

女子生徒
そうなんです!上手く自分の気持ちを伝えられるか自信がありません。

もし行きたくないと言っても、どうせ「行きなさい」って言われてしまうこともありますよね。

私も学生の頃は嫌なことがあっても「そういうことがあるよ」と言われて終わるパターンが多かったため、その気持ちはよく分かります。

しかしここで伝えることを諦めてしまうと、あなたが嫌な気持ちを抱えたまま修学旅行に行く可能性があります。

上手く親や先生に伝えられる自信がない場合は、ぜひ手紙を使って自分の考えを伝えてみることをおすすめします!

人は相手に自分の考えを伝えるとき、無意識に緊張してしまい、上手く伝えることができなくなります。

私も伝えたいことがあっても、いざその相手を目の前にすると思ったことが全く言えず、後から言えばよかったと、よく後悔していました。

ちなみに私は今でも仕事でこのような状況になることがあり困っています。

そこであなたの気持ちを代弁してくれるアイテムが手紙となります。

手紙を書くことによって、自分の考えを冷静に見ることができます。

また手紙を書いている間は第三者に干渉されることもなく、落ち着いて自分の気持ちをまとめることができます。

同時に親も手紙を読むことによって、感情的にならず冷静にあなたの気持ちを受け止めやすくなります。

その結果、親にもあなたが本気で修学旅行に行きたくないという想いが十分に伝わり、今後の話し合いもあなたの考えを最優先にしてくれるでしょう。

当日仮病を使って修学旅行に行かない

親や先生への説得が厳しい場合は、最終手段として当日に仮病を使う方法もあります。

親や先生に説得しようと思いつつも、なかなか行動にうつせないまま、修学旅行の日が近づいてしまう場合もあるかもしれません。

仮病を使うことによって親や先生に説得ができなくても、自然な流れで修学旅行に行かず休むことができます。

しかし仮病を使うと自分自身が「嘘ついてよかったかな」と気にする可能性があり、罪悪感を持ちやすくなってしまいます。

またそういう時は親のアンテナが張っているのか分かりませんが、たいてい仮病だとすぐバレて行きなさいと言われやすくなります。

私も仮病で部活を休んだときは、ほぼ100%の確率で親にバレて呆れられ、結局部活に行くことが多かったです。

もし本当に仮病を使う場合は「修学旅行に行かない分、有意義に時間を使うぞ」という気持ちで、堂々と使う覚悟が必要だと私は思います!

まとめ

  • 修学旅行に行きたくない中学校の行事を避ける理由は、仲のいい友人がいないといった人間関係や集団行動そのものに苦手意識を持っているなどの4つがある
  • 修学旅行に行かないための対処法としてある程度1人の時間を作り無理に足並みをそろえないなどの3つがある
  • 無理に同じ班の人と行動する必要はなく、1人で行動したり他の班の人と合流する方法がある
  • 学校で行動制限がかなり縛られている場合は、移動時間やちょっとした自由時間を使い1人の時間を作る
  • 修学旅行に思いきって行ってみると、想像よりも楽しむことができたというケースがある
  • 修学旅行のお風呂は時間が決められていることが多く、あなたが思っているほど周りは気にしていない
  • それでもお風呂に入りたくない場合は洗い流さないシャンプーや汗拭きシートやタオルを使って不快感を軽減できる
  • 親や先生に説明をして説得する方法は理由とともに行きたくないことを伝えることなどの3つがある
  • 修学旅行に行きたくない気持ちを整理して、丁寧に理由を伝えると親や先生に理解してもらいやすい
  • 手紙を書いて伝えることによってあなたも親も、お互い冷静に対応することができる
  • 親や先生に説得ができない場合は当日仮病を使って修学旅行に行かない選択肢もある

修学旅行は中学校生活の中でも大きな行事であることは理解しているため、あなたも悩みどころだと思います。

しっかりあなたの中で自分の考えをまとめ、状況によっては親や先生を説得しましょう!

そしてあなたにとってより良い中学校生活になるよう、後悔のない選択をしてくださいね。

お風呂に入らなくても、髪の毛を洗えてしまう素敵なアイテムです♪

このアイテムを持っていけばお風呂に入るかどうか、自由に選択しやすくなりますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。