※当サイトは広告を利用しています。

食洗機はどこで買うとビルトインタイプがお得?買い替えや交換方法も!

食洗機はどこで買うとビルトインタイプをお得に購入できるのか、価格の比較やおすすめ、自分で交換する方法をご説明します。

食洗器を買おうと思ったとき、こんな悩みはありませんか?

  • ビルトイン食洗器はどこで買うのがいいの?
  • どのメーカーがおすすめ?
  • ビルトイン食洗機を自分で交換できるの?

食洗器は手間が減って、とても便利ですよね!

でもよりお得に買うにはどうしたらいいか迷ってしまいます。

そこで、ビルトイン食洗器をどこで買うとよりお得なのか調べてみました!

この記事を読んでわかること
  • ビルトイン食洗機は、ネットで買うとよりお得
  • ビルトイン食洗機はパナソニックがラインナップや機能が豊富で人気
  • ビルトイン食洗機の交換は自分でできるが、失敗のリスクが大きい

それでは、ビルトイン食洗器をお得に買う方法を詳しくお伝えします。

シンプルな機能のビルトイン食洗機を探しているあなたに、こちらの商品をおすすめします!

ストリーム除菌洗浄機能付きで、食器が少ないときに電気・水・時間を節約してくれる少量コースが搭載されています。

ポイントUP期間に購入すれば、高価な食洗機もお得に購入できますよ♪

食洗機はどこで買うとビルトインタイプがお得なのか検証!

食洗機はどこで買うのがいいの?

失敗したくないなら家電量販店や工務店!安く買いたいならネットですね!

ビルトイン食洗機はネットが一番安く・お得に買うことができます

食洗機を買う方法は、3つあります。

  • 家電量販店
  • 工務店・リフォーム業者
  • ネット

ビルトイン食洗機は最初に導入するときはハウスメーカーに任せてしまうことが多いです。

そのため、故障や買い替え、後付けしたいときにどうしたらいいのか分からなくなってしまいますよね。

高価な買い物なので、選ぶのも一苦労です。

どこで買うとお得になるのか、それぞれメリット・デメリットを併せてご説明します!

家電量販店はプロに話を聞けるから失敗しない!

家電量販店はプロの店員さんがいて、商品の説明を聞けるので実際に使ったときとのギャップが少なくてすみます

実際に家電をどこで買うか迷ったとき、最初に思いつくのは家電量販店ではないでしょうか?

メリットデメリット
・実物を見ることができる
・商品説明のプロがいる
・値引き交渉ができる
・修理・交換保証がつく
・同時に工事の依頼ができる
・店頭に商品が少ない
・工事まで時間がかかる
・全体的に費用は高め

最大のメリットは実物を目で見て、プロの説明を受けられることです。

私はネットで空気清浄機を購入して、想像より大きく存在感があって失敗したなと思った経験があります。

量販店の店員は各商品のネガティブな部分も丁寧に説明して、より良い商品を紹介してくれるので失敗は少ないですね!

また、取り付け工事をそのまま依頼できるので手間を省くことができます

しかし、その反面全体的に費用が高いです。

工事は協力会社に委託することが多いので、その分高くなっています。

費用(円)
取り替え工事1万~4万
新規取り付け工事5万~8万
本体価格15万~18万

総額は取り替えの場合だと20万円弱。

新規取り付けの場合は20万円を超えてしまいます。

一度現地調査をしてからの見積もりとなるので、工事まで期間が空くこともあります。

それでも失敗したくない・自分で探す手間を省きたい人にはおすすめです!

工務店やリフォーム業者はキッチンに最適な提案をしてくれる!

家全体のリフォームをしてくれる工務店やリフォーム業者は、現在使っているキッチンに併せた最適なビルトイン食洗機を提案してくれます

メリットデメリット
・地域密着で安心感がある
・ピッタリの商品を紹介してくれる
・工事費が安い可能性がある
・施工実績が少ない場合がある
・直接見て選ぶことができない
・値引きしにくい

家を建てるときにお世話になった工務店さんならとても安心ですね。

初めて依頼する場合でも、今後リフォームなどで再依頼してくれる可能性があるため、親切に対応してくれるでしょう。

家電量販店では工事は外部委託する場合が多いですが、工務店なら直接施工してくれるので、中間マージンがない分、安くすむ可能性もあります。

相場は家電量販店と同じくらいです。

費用(円)
取り替え工事1万~4万
新規取り付け工事5万~8万
本体価格10万~18万

安心感を大事にしたい人にはこちらがおすすめです!

ネットは品ぞろえ豊富で安い!でも工事業者を探す手間が面倒!?

ネットなら品ぞろえが豊富で安く買えるビルトイン食洗機があります。

店頭に置く商品は今期モデルか1つ前のモデルくらいしかありません。

しかし、ネットなら古いモデルなど掘り出し物まで販売されています。

実物を見られず、買ったあとにイメージと違って後悔してしまうこともあるので、口コミなど読んで検討してみてくださいね!

メリットデメリット
・品ぞろえが豊富
・店頭よりも安い
・ゆっくり商品を検索できる
・ポイントが貯まる
・工事込みのところもある
・実物を見られない
・保証がついてない場合がある
・工事は別で依頼する場合もある

ネットで購入した場合でも、取り付け工事までしてくれるところもあります

費用(円)
本体価格4万~10万
工事費込みの価格8万~

新規取り付け工事は追加料金や対応していないと書かれている所もあるのでよく読んでください。

保証期間も追加購入で家電量販店と同様10年まで伸ばせる場合もあります。

説明をきちんと読んで、購入したあとに、工事なし!保証も短い!なんてことがないように、注意してくださいね。

自分で取り付け業者を探す場合は、住宅設備修理業者や水道修理業者を探すと良いでしょう。

費用(円)
新規取り付け工事1万~7万
交換工事5000~3万

調べてみると安くて実績を公表している事業者もありました!

安くすませたいならネットで商品を購入して、工事は業者を探して依頼する方法がおすすめです!

ビルトイン食洗機の買い替えはパナソニックが人気!?

パナソニックは国内シェア6割をしめており、買い替えにはおすすめです。

人気の理由はこちらです。

  • ラインナップが豊富
  • エコナビ搭載で節電
  • 液体自動投入
  • 除菌性能が高い

パナソニックは、ビルトイン食洗機のラインナップが豊富で、多くの機種でエコナビを導入しています。

食洗機は電気代が心配…

パナソニックはエコナビで勝手に節電してくれるんです!

節電効果が高いと安心ですね。

また、9Plusシリーズでは業界初の液体自動投入機能を搭載し、ちょっと面倒なひと手間も省いてくれます。

ストリーム除菌や「ナノイーX」による除菌で庫内を清潔に保つので、安心感が高いところが人気の理由ですね。

パナソニックでは今使っている食洗機から買い替え可能な機種を簡単に検索できるシステムを公開しています。(ビルトイン食洗機買い替え対応機種検索システム)

間違えて取り付けられない商品を買ってしまう心配がないですね!

そのほか、人気のメーカーもご紹介します。

<リンナイ>

国内唯一のフロントオープンタイプを採用しています。

(パナソニックより2023年12月からフロントオープンタイプの食洗機が受注開始しますが、システムキッチンとセットでの販売のみです。

そのため、2023年現在は単品販売をしているのはリンナイだけです。)

たくさんの食器や鍋、フライパンも一気に洗えるので、家族が多い家庭や、まとめ洗いをしたい家庭におすすめです。

国内メーカーなので部品交換、対応がスムーズなので、フロントオープンタイプが欲しいけど、海外製より費用を抑えたい人にもピッタリですね!

スライドオープンタイプには、「プラズマクラスター」搭載や銀イオンで庫内の菌や匂いを抑える機種も販売しています。

<三菱電機>

三菱電機のビルトイン食洗機は、運転の静かさが特徴なので、夜の使用が多い家庭や赤ちゃんがいる家庭におすすめです。

「タッチDEラクドア」を搭載しており、その名の通り食洗機をタッチするだけで自動で開けることができます。

お皿をもったままでもラクラクですね♪

節水・節電機能がついている機種もあり、光熱費の心配もありません。

<海外メーカー>

海外メーカーはミーレやボッシュが人気ですね。

こちら簡単にメリット・デメリットのご紹介をします。

メリットデメリット
・耐久年数が15~20年と長い
・フロントオープンで大容量洗える
・高温で洗うので洗浄力が高い
・日本製よりサイズが大きいので既存のシステムキッチンには組み込めない場合がある
・乾燥機能がない
・価格が高い

ビルトイン食洗機の国内製品は寿命が10年程度と言われているので、比べると長いですね。

価格が25万円~と国内メーカーと比べるとやはり高いです。

家族の人数や生活リズム、キッチンの雰囲気に合わせてピッタリの食洗機を見つけましょう。

光熱費が上がって悩んでいるあなたにこちらの記事がおすすめです!

光熱費が高くなる原因や節約方法を解説していますよ♪

ビルトイン食洗機の交換は自分でできる!?

ビルトイン食洗機の交換は、難しいですが自分でできます

しかし、リスクが伴うのでおすすめはしません

費用を抑えたいからDIYに挑戦したいけどできるかな?

大前提として、ビルトインタイプ食洗機の取り付け工事は、資格保有者であることが推奨されています。

資格は、給水装置設置技術主任者・排水設備工事責任技術者・第一種電気工事士・第二種電気工事士などです。

さまざまな道具や経験も必要になってくるため、プロ向けの工事です。

まずは自分でDIYをした場合のリスクについて確認しましょう!

ビルトインタイプの食洗器を自分で交換するときのリスク

自分で交換すると失敗したときのリスクがかなり大きいです。

途中で失敗した場合、修復する分の手間が増えるので、最初からプロに頼むよりも割高になってしまいます。

排水ホースや給水ホースを正しく取り付けないと水漏れが発生し、マンションなどでは下の階まで漏水してしまう可能性もあります。

修理費用や賠償責任が発生してしまうので金銭的負担が大変なことになってしまうかも…。

また、新しい食洗機を取り付けるときに、ホースや電源コードを食洗機でつぶしてしまうことがあります。

そうなるとホースやコードの修理が必要になるので作業には細かいところまで注意が必要です。

設置後に何か問題が発生した場合も、保障の対象外になってしまうので注意してください。

私は、本棚の組み立てさえ間違えた人間なので、食洗機の交換は怖くてできません。

私のように少しでも自信がない方は、最初からプロに依頼することをおすすめします!

ビルトイン食洗機の交換方法とポイント解説

ビルトイン食洗機を自分で交換する手順を紹介します。

まずは道具の準備からしっかり行いましょう。

<必要な道具>

養生テープ・スポンジ・いらない毛布やシーツ・プラスドライバー・マイナスドライバー・モンキーレンチ・ペンチ・カッターやハサミ・絶縁テープ・メジャー・キリ・ボウルやバケツ 

<ビルトイン食洗機の交換手順>

①食洗機前を養生する

床を傷つけないように、いらない毛布やシーツを食洗機前に敷いて養生します。

②食洗機庫内の確認

排水が溜まっていると食洗機を撤去するときにこぼれる可能性があるので、コップやスポンジなどで水をある程度抜いておきます。

③給水と電気を止める

ビルトイン食洗機専用の止水栓で給水を止め、コンセントを抜いて電源を落とします。アース線も抜きましょう。

(食洗機下のキャビネットの奥、または底にあります。

食洗機本体下にコンセントがないときは、コンロ下の奥にある点検口を開けると裏側にあるかもしれません。)

④ホースの撤去

給水ホース、排水ホースを抜きます。このとき、排水ホースは臭うのでラップでくるんで蓋をしておきましょう。

⑤食洗機の撤去

食洗機を固定している金具のビスを外し、食洗機を引き出して撤去します。このとき、ななめにすると水が垂れることがあるので水平にしてください。

⑥台枠を取り外す

⑦食洗機があった場所の汚れをきれいにふきとる

⑧新しい食洗機を固定する台枠を組み立てる

施工説明書を読みながら台枠を組み立て、設置箇所に合わせて寸法を調整してください。

しっかり水平が保てているか、確認してくださいね。

⑨台枠を固定して新しい食洗機を取り付ける

食洗機本体が転倒防止金具にはまるまで押し込みます。

前ズレ防止金具(固定金具)を取り付けてください。

⑩給水・電源の接続

給水ホースを止水栓に、排水ホースを排水管に接続、電源をコンセントに接続します。

このときアース線の接続も忘れないようにしてください。

ドアパネルを取り付けたら設置完了です。

⑪試運転を行う

止水栓を開き、試運転で水漏れがないかチェックします。

試運転は念のため2回行ってください。

問題がなければ、食洗機下のキャビネットを戻し、終了です。

https://twitter.com/hrsnpn/statuses/1623303557188562944

以上が取り付け手順ですが、難しそうですね…

もともと水道管や電気工事に詳しい人は可能ですが、全くの素人が挑戦するのはおすすめしません。

食洗機は20㎏ほどあり、作業は重労働なので大人2人は必要です。

思わぬケガや食洗機の破損があると大変なので、1人では行わないでくださいね。

自分で交換に挑戦する方は、YouTubeで解説しながら作業している動画もあるので、下調べを万全にしてから望んでください。

自分で交換ができたら、いっそう愛着がわいて大切に使いたくなりますね!

不要になったビルトイン食洗機の処分に困ったらこちらの記事をご参考にして下さい。

リサイクル業者の料金比較や受け渡し方法など細かく説明されていますよ。

まとめ

  • ビルトイン食洗機は、家電量販店・工務店・ネットで購入でき、どこで買うのもそれぞれ良さがある
  • パナソニックがラインナップや機能が豊富で人気
  • ビルトイン食洗機の交換は自分でできるが、失敗のリスクが大きい

食洗機は、忙しいあなたに余裕を与えてくれる相棒です。

買って後悔がないようにお店や商品選びは慎重にしたいですよね。

どこで買うか迷ったらまずはネットで探してみるといいかもしれません。

あなたにピッタリなビルトイン食洗機が見つかり、少しでも余裕をもって自分の時間を楽しめますように。

自分で交換に挑戦されたいあなたには、こちらの商品をおすすめします!

本体の位置調整が簡単にできるイージーアジャスト機構なので、ドライバー1本で調整可能です。

もちろん工事込みの注文も可能なので、どこで買うか迷っているなら、のぞいてみてください♪



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA