生活費が足りないストレスを解消する方法!自宅でできる副業も紹介!

いま、生活費が足りないというストレスを抱えているあなた。そのつらいお気持ち、とてもよくわかります。

なぜなら私も生活費が足りずに悩んだ経験があるからです。生活費が足りない状況が続くとストレスが溜まってしまいますよね。

ですが、あることをきっかけにこのストレスを解消することができたんです!

それは固定費を見直して家計簿を付け、支出がどれくらいなのか把握をすることで生活費を抑えるということ。

そして周りと比べず自分のペースで頑張ることで、支出を抑えて貯金もできるようになりました。

今回は、そんな生活費が足りないストレスから解放されるために、固定費の見直し方法と、家計簿を付けるメリットをご紹介いたします!

後半ではおすすめの副業や生活費が足りないときに見直したい習慣などもご紹介していきますので、是非参考にしてみてくださいね。

 

 

生活費が足りないストレスを解消する方法3つ紹介!

普段から贅沢をしているわけではないのに、毎月生活費が足りずにストレスを抱えているあなた。

生活費が足りないと将来的にも不安になりますし、早くこのストレスを解消したいですよね。

早くこのギリギリな生活をなんとかしたい!

今回は、そんなあなたにおすすめしたい、生活費が足りないストレスを解消する方法を3つご紹介いたします!

分かりやすくご紹介していきますので、是非参考にしてみてくださいね。

 

まずは固定費の見直しをして支出を抑えることから

まず、生活費が足りないストレスを解消するためにおすすめしたい方法の1つ目は、効率的かつ即効性のある固定費の見直しです。

生活費を節約するためにスーパーを何軒もハシゴしたり、交通費を浮かせるために歩いたりしたことが一度はあるのではないでしょうか。

ですが食費や交通費というのは、固定費ではなく変動費というもの。変動費とは、簡単にいうと支払いの金額が月によって変動する費用のこと。

突然まとまったお金が必要になるという費用も、変動費に含まれます。

もちろん変動費を抑えることも大切ですが、変動費ばかりを気にしていて固定費を見直さずにいるというのは、とても勿体ないんです。

この見直さないと勿体ないという固定費とは、毎月決まった支出が発生する費用のこと。

固定費を見直すだけで、大幅に生活費を節約をすることができるんです。見直したほうがいい固定費は、主に5つあります。

見直したい固定費5つ
  • 住居費
  • 光熱費
  • 通信費
  • 保険料
  • 車の維持費

上記5つの固定費を見直して支出を減らすことで、大幅に生活費を抑えることができます。それぞれ詳しく説明していきますね。

  • 住居費を抑えて固定費を減らす

賃貸でも持ち家でも、住居費は固定費のなかで大きな割合を占めています。この住居費を抑えることで固定費全体を減らすことができます。

まず賃貸で家賃の支払いがある場合は、今住んでいる物件の家賃交渉を行うか、家賃の安い物件へ引っ越しを検討することをおすすめします。

家賃交渉を行う場合は、いま住んでいる物件の契約更新の時期が最適。

あらかじめ周辺物件の家賃や環境を調査しておき、こういった調査結果により引っ越しを検討しているが、○○円なら契約更新をしたいと交渉しましょう。

また、隣にマンションなどの新しい建物が建ち、日当たりが悪くなってしまったなどの生活面で条件が悪化した場合も交渉が成功しやすくなります。

家賃の安い物件へ引っ越しをする場合は学校や職場からの距離や、駅から徒歩15分以内などの絶対に譲れない条件以外は妥協することで安い物件を見つけやすくなります。

今よりも2万円安い物件へ引っ越しすることができれば、生活費が足りない場合にとても助かる金額になりますし、年間で24万円貯金することもできます。

次に持ち家で住宅ローンの支払いがある場合は、繰り上げ返済や借り換えで住宅ローンを抑えることができます。

繰り上げ返済には返済期間短縮と毎月の返済額削減の2種類ありますが、返済期間短縮のほうが大きく節約することができます。

そして住宅ローンの借り換えは、あなたのローンの返済残額が1,000万円以上かつ返済期間が10年間あり、借り換え後の金利が1%以上低くなる場合に節約が期待できます。

ただ借り換えは手間と時間以外にも数十万円ほどの諸費用が必要となりますので、アドバイスをしてくれるファイナンシャル・プランナーへ相談してみることをおすすめします。

  • 光熱費を抑えて固定費を減らす

光熱費の見直しは、電気・ガス・水道の3つです。それぞれ使用料を減らすこともとても大切ですが、契約プランや契約会社を見直すことで生活費の節約が期待できます。

契約プランや契約会社を見直すと、以前と同様に使用しているのにも関わらず金額が安くなる場合が多いです。

私も電気の契約会社を変更したことがありますが、生活スタイルは変えていないのに二人暮らしで年間約2万円ほど安くなりました。

また、電気とガスをセットにすることでお得になる契約プランのある会社もありますので、是非検討してみてくださいね。

  • 通信費を抑えて固定費を減らす

通信費とは、主にスマホやインターネットにかかる費用のことです。

特にスマホ代は、料金プランを見直したり格安SIMに乗り換えることで生活費の節約が期待できます。

まず料金プランを見直す際に大切なのは、あなたが利用するデータ通信量やサービスに合ったプランかどうかということ。

普段ほとんど電話をしないのに通話料金が定額のプランに入っている場合は、その分無駄になってしまいますよね。

そして、スマホ代を大幅に抑えられるおすすめの方法が、格安SIMへの乗り換えです。

色々なプランがありますが、実は月3,000円以下に抑えることもできるんです。

私も半年ほど前に格安SIMへ乗り換えたのですが、高いときで月15,000円だったスマホ代が、なんと月2,000円~2,500円になりました!

ただ、格安SIMへ変更すると地下鉄などで回線が繋がりにくくなったり、実店舗が少ないというデメリットもあります。

ですが基本的にはメールやSNSなど問題なく利用できますので、ここまで料金を抑えられる格安SIMへの乗り換えはとてもおすすめです。

  • 保険料を抑えて固定費を減らす

実は保険というのは、マイホームの次に大きな買い物といわれています。

将来の不安に備えて保険に加入をすることはとても大切ですが、生活費を抑えるために契約内容を定期的に見直すようにしましょう。

なぜかというと、複数の保険に加入している場合、保障内容が重複していることがあるからです。

また、ライフステージによって必要となる保険は変化しますので定期的な見直しは必須。

見直しをすることで支払う保険料を減らせる可能性が高いため、今すぐ確認してみましょう。

  • 車の維持費を抑えて固定費を減らす

車の維持費のなかで主な固定費は自動車保険と駐車場代です。

特に自動車保険のうち、任意加入の自動車保険は不要な補償が含まれていないか見直してみましょう。

あなた以外に運転をしないのにも関わらず家族運転の保障が含まれている場合、その分の保障の支払いは勿体ないですよね。

駐車場代も月極駐車場を利用している場合は、より安い駐車場を探してみることで費用の節約が期待できます。

このように、固定費を見直すだけでも大幅に生活費を抑えることができますので、生活費が足りないストレスも解消されること間違いなしです。是非実践してみてくださいね。

 

家計簿を付けて支出を把握すればストレスも解消!

生活費が足りないストレスを解消するためにおすすめしたい方法の2つ目は、普段から家計簿を付けて支出を把握するということ。

家計簿は普段の支出がひと目でわかるため、とても便利です。家計簿を付けることで貯金や生活費の見直しにとても役立ちます。

家計簿を付けるメリット5つ
  • 毎月の生活費を把握することができる
  • お金の使い方を意識するようになる
  • 無駄使いがわかるようになるため節約に繋がる
  • 買うものの物価がわかるようになる
  • 今後の生活を見直すヒントになる

私も以前はこのような家計簿を付けるメリットを知らず、家計簿を付けるのは面倒そうだし贅沢をしていなければ大丈夫だろうと思い家計簿を付けていませんでした。

ですがその結果、支出が把握できずに生活費が足りないというストレスを抱える事態に。

これはまずいと思い、いざ家計簿を付け始めてみるとコンビニや外食などの小さな積み重ねが家計を圧迫しているのだと気づいたんです。

その後は過去の家計簿を参考にしながら意識して支出を抑えたところ、だんだんと毎月の生活費に余裕ができ、ストレスも解消されました。

是非この私の経験談も参考にして、家計簿を付けて支出を把握してみてくださいね。

 

周りと比べないことも大切!自分のペースで頑張ろう!

生活費が足りないストレスを解消するためにおすすめしたい方法の3つ目は、周りと比べすぎないということ。

実は、いつも周りにいる知人や友人、そして有名人と自分を比べてしまっている人は、お金が貯まらないという傾向にあるんです。

なぜかというと、日常生活の水準を周りに合わせてしまっていると浪費につながる可能性があるから。

そして周りと比べすぎてしまうことで、自分だって!と思いお金を色々な場面でつぎ込むようになり、お金がいくらあっても足りない状況に陥ります。

例えていうと、ついつい友人と同じブランド品を買ってしまったり、SNS映えする外食へ頻繁に行ったりなど。

周りにいる人のすべてを上回ることなんてできませんし、そうしていることで気持ちも余計に落ち込んでしまいます。

私は私でいいんだと思うことで気持ちが楽になりストレスも解消されていきますので、周りと比べるのをやめてあなたのペースで頑張りましょう。

 

 

生活費が足りないときは自宅でもできる副業がおすすめ!

生活費が足りない場合は、自宅でも簡単にできる副業がおすすめです。

自宅だけでなく、外出先での隙間時間にできるような副業も数多くあります。

自宅にいるときや隙間時間に副業ができるのは嬉しい!

こちらでは、おすすめの副業をご紹介していきますので、是非参考にしてみてくださいね。

 

ポイントサイトやアンケートモニターでお金を稼ぐ

ポイントサイトやアンケートモニターは、ネット環境さえあれば誰でも利用することができます。

まず始めにポイントサイトとは、口コミの投稿や広告の視聴などでポイントが稼げるサイトのこと。サイトに登録をするだけで気軽に始めることができます。

稼げるポイントは1案件あたり1ポイントから10,000ポイントなどさまざまあり、1ポイントは1円相当になる場合がほとんど。

貯まったポイントは現金やアマゾンポイントなどに交換することが可能です。

次にアンケートモニターですが、ポイントサイトと同じくサイトに登録をするだけで始めることができます。

アルバイトを始めようと思ったら履歴書や面接が必要になりますが、アンケートモニターなら履歴書や面接も不要なため気軽に始めることができて嬉しいですよね。

運営会社から自宅に送られてくる商品の感想や評価の回答、WEBアンケートの回答など、自宅でできる仕事内容が数多くあります。

このようにポイントサイトとアンケートモニターは時間に縛られず、あなたの都合のいいときにだけ仕事をすることができます。

生活費が足りないと困っているあなたは是非参考にしてみてくださいね。

 

フリマサイトを利用して不用品を売る

普段生活していると、なにかと不用品が出てきますよね。捨てるのも勿体ないと感じることが多いのではないでしょうか。

そんなときに活用したいのがフリマサイトです。フリマサイトを利用すれば不用品が片付くだけでなく、生活費が足りない悩みも解消されて一石二鳥。

このフリマサイトとは、持っているものを売りたい人と欲しいと思っている人の出会いの場を提供しているサイトのこと。実は、出品も簡単なんです。

出品をして商品が売れたら、あとは商品を発送するだけ。登録料や出品料は無料の場合がほとんどなため、気軽に始めることができます。

 

自信のある知識やスキルをネットで販売する

もしあなたに自信のある知識やスキルがあるのであれば、せっかくなのでその特技をネットで販売してみましょう。

イラストが得意だったりホームページ制作ができたり、インターネットが普及している今、こういったスキルは簡単に売れるようになりました。

プログラミングなどの専門的なスキルはもちろん、写真撮影など趣味の延長でも大丈夫です。おすすめのサイトと詳細を下記に記載いたしますね。

サイト名 手数料 報酬の受取方法 特徴
クラウドワークス 5〜20% 銀行振込(1,000円以上) 利用者数が業界ナンバーワンで案件数も多い
ランサーズ 5~20% 銀行振込(1,000円以上) 認定ランサーになると収入が安定しやすくなる
ココナラ 25%+税 銀行振込(161円以上) 利用者も多く、売れるスキルの種類が豊富にある
スキルクラウド 25% 銀行振込(3,000円以上) 売れるスキルの種類が多い
タイムチケット 10~25%+税 銀行振込(1,000円以上) 時間制のためスキマ時間に稼ぐことができる

このようにスキルのマッチングを行うサービスが今やたくさんありますので、生活費が足りないときは是非あなたの得意な分野でスキルを販売してみてくださいね。

 

 

生活費が足りない一人暮らしの見直したい習慣

今月は付き合いで飲み会も多かったから生活費が足りない!どうしよう!

一人暮らしで生活費が足りず悩んでいるあなたは、本当は行きたくない飲み会やストレス発散のための衝動買いを頻繁にしてしまっていませんか。

いくら固定費を見直したり家計簿を付けたりしても、無駄な浪費は生活費が足りない原因に繋がります。

もちろん、普段の仕事疲れなどを癒すための娯楽は必要不可欠ですが、それで生活が苦しくなっては元も子もないですよね。

こちらでは、一人暮らしをしていて生活費が足りないと悩んでいるあなたの見直したほうがいい習慣についてご紹介いたしますので、是非参考にしてみてください。

 

外食や無駄な飲み会に参加してしまう

外食はご飯を作る手間も省けますし、洗い物もしなくていいのでとても便利で魅力的ですよね。

ですが1回あたりの外食が1,000円とした場合、1日昼と夜の2回×30日でなんと6万円もの食費に。

自炊をすると1回あたりの食費は高くても500円程度に収まりますし、意識して節約をしようと思えば1食あたり200円以下に抑えることもできます。

友人同士の付き合いだけではなく歓送迎会や忘年会、新年会などの飲み会へ行く機会も、1年のうちに何度もあるかと思います。

ですがそれらに毎回出席するとなると、毎月かなり痛い出費ですよね。

お酒の席はコミュニケーションを円滑にするともいわれますが、もしそれが苦痛に感じてしまうようなら逆効果です。

生活費が足りないのであれば断ることが難しくても、せめて2次会にはでないようにしたり3回に1回は休むなど、あなたなりの線引きを作るようにしましょう。

 

つい終電を逃して頻繁にタクシーを利用してしまう

上記でもお伝えした外食や飲み会についてですが、外食や飲み会でつい遅くなってしまい終電を逃しタクシーで帰宅をするという生活が続くと、それだけで莫大な出費になります。

うっかり終電を逃してしまうということを0にするのは難しいかもしれませんが、深夜タクシーの料金メーターの早さには驚かされますよね。

生活費が足りず悩んでいるときには、「終電が○時なので帰ります」と宣言する勇気も大切です。

 

ストレスが原因で衝動買いをしてしまう

会社や人間関係のストレスが溜まって、つい休日に衝動買いをしてしまうというあなた。

衝動買いをしないように心がけても、セールやお買い得といった言葉につられて、つい手に取ってしまうことがよくあるかと思います。

この衝動買いをしてしまう大きな原因のひとつがストレスです。

買い物をしたときに、どこかスッキリしたような感覚になる経験が一度はあるのでないでしょうか。

実は、衝動買いをするとドーパミンなどの脳内物質が分泌されて気持ちがよくなるからなんです。

ストレスがあるとこの気持ちよさを求めて衝動買いがしたくなります。つまり、ストレスから現実逃避をしたくて衝動買いをしてしまうんです。

ですが社会人にありがちな疲れがストレスの原因であれば、十分に睡眠をとったりお風呂にゆっくり浸かったりすることで疲れを解消することができます。

そうすると疲れが解消されたことによって、自然と衝動買いを抑えることができるようになっていきます。

もし会社帰りに疲れてしまいショッピングモールなどに行きたくなっても、生活費が足りないうちはとにかく家に直帰しましょう。

衝動買いをせず本当に欲しいものを見極められるようになれば、購入した物にもっと愛着が湧いてきますよ。

 

規則正しい生活をしておらず体調を崩しやすい

一人暮らしだからといって、自炊をせず普段からジャンクフードばかりを食べて栄養が偏っていたり、運動不足や睡眠不足な毎日が続くと体調を崩しやすくなります。

体調を崩してなにかしらの病気になると、その分医療費がかかってしまいますよね。そうすると、体調も悪いしお金も足りないという悪循環になってしまいます。

そのため、普段からできるだけ自炊をして栄養バランスの良い食事を摂り、適度な運動と十分な睡眠をとり健康な体を維持していきましょう。

そうすることで急に医療費が必要となることも減りますので、是非規則正しい生活を心がけてみてくださいね。

 

 

生活費が足りない主婦のあなたにおすすめの対処法

固定費も定期的に見直しをしているし、家計簿も付けて支出を把握し色々工夫をしているのに生活費が足りない!と悩んでいる主婦のあなた。

子供の教育費もあるし毎月生活費が足りない。このピンチをどう乗り切ろう。

毎日頑張って節約をしても、どうしても生活費が足りないこともあるかと思います。そんなときは、国の制度に頼ってみてはいかがでしょうか。

生活費が足りないことに悩んでいる主婦のあなたへおすすめの対処法をご紹介していきますね。

 

自治体に相談をして国の制度を利用する

自治体では生活困窮者のための制度があります。そのなかでも代表的な制度が緊急小口資金。

融資上限は20万円で据置期間1年のあと2年以内に返済するという内容になります。

こちらは利息の支払いが不要なため、自治体に問い合わせて申込条件に合うようであれば、是非制度の利用を検討してみてくださいね。

 

子どもの教育費で苦しい場合は奨学金を検討する

主婦で生活費が足りずに悩んでいる理由のうち、子どもの養育費が大きなネックとなっている場合が多くあります。

もし子どもの教育費で生活が苦しい場合は、奨学金を検討してみましょう。

子どもの教育費は、大学卒業までに1,000万円以上のお金がかかることも。特に大学では入学費用と学費が大きな負担となります。

日本学生支援機構の奨学金なら、給付型と貸与型に分かれており、成績が優秀であれば家庭の環境次第で給付型の奨学金を受け取れる可能性もあります。

給付型なら借金ではないため返済も不要ですので、是非こちらも検討してみてくださいね。

 

一時的にクレジットカード決済をする

今月はどうしても支払いができない!という場合は、クレジットカードで支払うという方法もあります。

クレジットカード会社への返済は翌月以降になるため、一旦ですが窮地を乗り越えることができます。

ですが、いついくらが引き落とされるのかということを把握しておく必要があります。

利用しすぎてしまうと、クレジットカードの支払いと当月の生活費が一気に必要になるため注意しておきましょう。

 

一時的にカードローンで足りないお金を補う

こちらも上記と同様に、一時的に窮地を乗り越える手段となります。

カードローンを提供しているのは、大きく分けて銀行と消費者金融になります。

消費者金融は最短即日の融資が可能で、25分でキャッシングローンができるものも。そして初めての場合、最大30日間無利息で利用できる場合もあります。

消費者金融を初めて利用する際は、こういった無利息で利用できるものを選び、できるだけ早く返済することをおすすめします。

 

 

生活費が足りない状況でも避けたい借金の種類

生活費がどうしても足りず、借金をせざるを得ないという状況もあるかと思います。

ですが、生活費が足りないからといってすぐにお金を貸してくれる違法な業者と取引をしたり、ギャンブルで生活費を稼ごうとしてしまうと、後にあなたを苦しめることになります。

借金を検討しているあなたには必ず目を通していただきたい内容になっていますので、是非参考にしてくださいね。

 

違法貸金業者は絶対に利用しないようにする

生活費が足りないからと焦り違法貸金業者を利用してしまうと、後に大変なことになってしまいます。

違法貸金業者は簡単な身分確認だけで融資をしてくれるかもしれませんが、違法貸金業者とは正規の貸金業へ登録せずに、違法な融資をする業者です。

法外な利息をとったり、滞納者には法律で禁じられている高圧的な督促行為をしたりします。

違法貸金業者を利用すると一生かかっても返済できないほどの債務を抱える可能性があるため、絶対に利用しないようにしましょう。

最近ではSNSを使った個人間融資や給与ファクタリングなどの巧妙な手段で融資をもちかけてきますので、注意が必要です。

 

ギャンブルで生活費を稼ごうと考えない

ギャンブルはときに大勝ちできることもあります。場合によっては1万円の掛け金が10万円になって戻ってくることもあるでしょう。

ですがギャンブルは確実性にかなり乏しく、毎回大勝ちできるほど甘くはありません。

ギャンブルで生活費を稼ごうとした結果、さらにギャンブルで負けてしまい生活が苦しくなるということはよくあります。

稼げる可能性の少ないギャンブルにお金を費やすのであれば、そのお金を投資や借金返済にまわしたりすることを強くおすすめします。

また、ギャンブルをするだけでも相当な時間を要します。

ギャンブルをする時間を上記でもご紹介した副業の時間に使えば、毎月確実な収入を得ることもできて生活費が足りない悩みの解消に繋がります。

 

借金を返済するために借金をしてはいけない

借金を返済するためにさらなる借金をしてしまうと、どんどん利息が膨らんでいき、さらにお金がない状態を生んでしまいます。

借金の返済期間が延びて一時は不安が解消されるかもしれませんが、借入額が減るわけではありません。

むしろ利息の支払いに追われて返済が難しくなってしまう可能性があるため、多重債務は避けるようにしましょう。

 

 

まとめ

 

  • 生活費が足りないストレスを解消するためには固定費を見直す
  • 生活費が足りないストレスを解消するためには家計簿を付けて支出がどれくらいあるのかを把握する
  • 生活費が足りないストレスを解消するためには周りと比べすぎないことも大切
  • 生活費が足りないときは自宅でもできる副業がおすすめ
  • 生活費が足りず一人暮らしをしている場合は外食や飲み会、タクシー代や衝動買いといった無駄な出費を抑えて規則正しい生活を心がける
  • 生活費が足りない主婦の場合は自治体に相談をして国の制度を利用したり奨学金を検討する
  • 一時的にクレジットカード決済をしたり、カードローンで足りないお金を補う
  • 生活費が足りない状況でも違法貸金業者は利用しない
  • ギャンブルで生活費を稼ごうと考えてはいけない
  • 借金を返済するために借金をしてはいけない

生活費が足りない日々が続くと、毎日気が気ではないですよね。

普段からしっかりと支出を見直して無駄遣いを減らし、楽しい毎日が送れるように頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。