※当サイトは広告を利用しています。

ロールスクリーンはどこで買う?おしゃれな生地と付け方の比較も必見!

ロールスクリーンはどこで買うといいか、おしゃれな生地や付け方についてもご紹介します。

ロールスクリーンを買いたいあなたには、こんなお悩みがありませんか?

  • ロールスクリーンはどこで買うといいの?
  • ロールスクリーンのおしゃれな生地にはどんなものがある?
  • どんな取り付け方があるのか知りたい

インテリアアイテムとして人気のロールスクリーンが欲しくても、どこで買えばいいか分からないと困ってしまいますよね。

私も詳しく分からなかったので、これを機に調べてみました!

この記事から分かること
  • ロールスクリーンは実店舗とネット通販で買える
  • ロールスクリーンのおしゃれな生地は「遮光しゃこうタイプ」や「調光タイプ」など3つ
  • 取り付け方は「正面付け」と「天井付け」の2つ

それではロールスクリーンはどこで買うといいか、次の章からご紹介していきます。

ロールスクリーンをお探しのあなたは、こちらから人気商品を購入できますよ♪

遮光性と遮熱性がしっかりしていると口コミでも評価の高い商品です!

取り付け作業も簡単で、カーテンレールにも取り付けができるため賃貸でも安心ですよ。

ロールスクリーンはどこで買う?実店舗とネットを比較!

ロールスクリーンはどこで買うのがいいのかな?

実店舗とネット通販で買えますよ♪

ロールスクリーンはどこで買うのがいいかというと、実店舗とネット通販で購入できます!

ロールスクリーンとは「ロールカーテン」「ロールブラインド」とも呼ばれる、とても人気の高いインテリアアイテムです。

お部屋の窓に設置してカーテンやブラインドの代わりとして使うのはもちろん、ほかにも使い道があるのです♪

たとえばパーテーションのように部屋を仕切るのに使ったり、収納の目隠しとして使ったりできます。

プロジェクターを投影するスクリーンの代わりとして使うこともできますよ。

私は先日レストランで食事をしたとき、ボックス席にロールスクリーンがついており、周りを気にせず食事を楽しめたのでとても便利だと感じました!

そんなロールスクリーンはどこで買うといいのか、実店舗とネット通販に分けてご紹介しますね♪

実店舗なら実物を確認して購入できる

実店舗なら、デザインや生地の実物を見て確認してから購入できます!

実物を目で見て確認できると「なんだかイメージとちがった!」ということもないため、安心感がありますよね。

実店舗でロールスクリーンを購入できるお店はこちらです♪

ロールスクリーンを購入できる実店舗
  • インテリアショップ
  • 総合スーパー
  • ホームセンター
  • カーテン専門店

インテリアショップなら、たとえばイケアやニトリなどですね。

イオンなどの総合スーパーなら、日々のお買い物ついでにロールスクリーンもチェックできて便利です!

カインズや島忠などのホームセンターでも購入できますよ。

ホームセンターの場合、オリジナル商品でない限りカーテン専門店で売っているものと同じアイテムが売られており、値段もほぼ変わりません。

どうせならカーテン専門店で買うと、プロからコーディネートや使い勝手のアドバイスを受けられるので安心ですよ♪

ネット通販なら豊富な品ぞろえから選べる

豊富な品ぞろえから自由に選べて、自宅まで配達してもらえるのがネット通販です!

自宅近くのお店で気に入ったロールスクリーンが見つからないときは、品ぞろえ豊富なネット通販を活用するのもいいですね。

ネット通販でおすすめのお店はこちらです♪

ロールスクリーンを購入できるネット通販のお店
  • Resta(リスタ)
  • TERI×TERI(テリテリ)
  • びっくりカーペット

リスタはDIY商品を取り扱うお店で、ロールスクリーンも国内最大級の品ぞろえです!

なんといつでも600点以上のアイテムから選べますよ♪

テリテリはカーテン・インテリアの専門店で「タチカワブラインド」「ニチベイ」「TOSO」の国内大手メーカー3社のアイテムを取りそろえています。

テリテリは全てオーダーでの制作となっているため、ぴったりサイズのロールスクリーンをゲットできますよ♪

びっくりカーペットはカーペット&ラグの専門店ですが、ロールスクリーンやカーテンの種類も豊富です。

一部の規格サイズなら当日出荷も可能という数少ないお店なので、お急ぎのあなたにもぴったりですよ!

ロールスクリーンが届くまでの間、カーテンで代用することもありますよね。

こちらの記事ではカーテンの幅が足りない時の対処法についてまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください♪

ロールスクリーンのおしゃれな生地3つ

ロールスクリーンのおしゃれな生地にはどんなタイプがあるかな?

遮光しゃこうタイプ」や「調光タイプ」など3つありますよ♪

ロールスクリーンのおしゃれな生地には「遮光タイプ」や「調光タイプ」など、大まかに3つあります。

ロールスクリーンの生地タイプ
  • 遮光タイプ
  • 調光タイプ
  • その他(コットン、リネン、デニムなど)

ロールスクリーンは部屋の雰囲気にも大きく影響するので、なるべくおしゃれなものを選びたいですよね。

「好きなデザインは自分で見つけられても、おしゃれにできる生地選びが分からない…。」というあなたに向けて、生地の特徴を順番にご紹介しますね♪

遮光タイプは光の侵入をさえぎる

外から光の侵入をさえぎってくれるのが「遮光しゃこうタイプ」です。

どれくらいのレベルで暗くしたいかによって、好みで選ぶといいですね♪

<遮光タイプの3種類>

  • 完全遮光タイプ
  • 1級遮光タイプ
  • 採光タイプ

外からの光を全く通さないのが「完全遮光タイプ」です。

完全遮光タイプのホワイト系を選べば、プロジェクターを投影するスクリーンの代わりにもぴったりですよ♪

完全遮光よりは少し明るく、見た目に軽さを出したいなら「1級遮光タイプ」もおすすめです!

室内や空間の奥にあるものをしっかり目隠ししつつ、快適に過ごせますよ。

ほどよく日差しを通す「採光タイプ」なら外からの光がやわらぎ、生地のおしゃれなデザインは透き通るように優しく映ります。

調光タイプは光の量と視線をコントロールできる

光の量と視線を自由にコントロールできるのが調光タイプです!

全面同じ色柄ではなく、通常の生地とレース生地を組みあわせておしゃれなボーダー柄に見えるのが特徴です。

とってもおしゃれな雰囲気にしてくれる、少し上級者向けのロールスクリーンですよ♪

生地の重なり具合を調整して光を取り入れたり、逆に遮光性を高めて外からの視線をシャットアウトしたり、自由に調整できます。

Xで検索してみたところ、色はホワイト系とブラウン系が人気のようでした!

私は全面同じ柄のロールスクリーンしか知らなかったため「こんなおしゃれなアイテムがあるのか!」と驚きました。

コットンやリネンで部屋のテイストにあわせる

コットンやリネン、デニムなど、部屋のテイストにあわせて生地を選べば一気におしゃれ空間になっちゃいます!

<部屋のテイストにあわせて生地を選ぶ>

  • コットン
  • リネン
  • デニム など

コットンはとても優しい風合いで、ナチュラルスタイルが好みのあなたにぴったりです。

生地を通った太陽の光がやわらかく、ふんわりと明るい空間にしてくれます♪

リネンは一般的な生地では感じないオーガニック感を味わえると、人気が高まっている生地なのです。

私はナチュラルな雰囲気と上品さをあわせ持つ、リネン生地を選ぼうかな♪

デニム好きのあなたは、ロールスクリーンにもデニム生地を選んでみると、カジュアルでおしゃれな空間になりますよ。

自分好みのロールスクリーンに新調してご自宅でリラックスしたいあなたは、ヨギボーでもくつろきませんか?

「人をダメにするソファ」として有名なヨギボーで、至福のリラックスタイムをお過ごしください♪

ロールスクリーンは正面付けと天井付けのどちらがいい?

ロールスクリーンは正面付けと天井付けのどちらがいいかな?

スッキリ見せたいなら天井付け、遮光しゃこう性を高めるなら正面付けがいいですよ♪

ロールスクリーンは正面付けと天井付けのどちらがいいかというと、スッキリ見せたいなら天井付け、遮光性を高めるなら正面付けをおすすめします。

実は取り付け方によって部屋の雰囲気がガラッと変わるため、よく検討してから決めると安心です♪

ロールスクリーンをどこに取り付けたらいいか迷っているあなたに向けて、順番に取り付け方をご紹介しますね。

正面付けなら遮光性が高く光漏れの心配なし

正面付けは窓枠を覆うおおうように取り付けるため遮光性が高く、光漏れの心配はありません。

寝室に取り付ける場合は正面付けが最適ですよ♪

実際の窓より大きく見せられるため、デザイン性の高い生地でインテリアのアクセントにすることもできます。

正面付けで取り付ける場合は、取り付けか所に家具やエアコンなどの障害物がないかチェックしましょう。

窓枠より大きく取り付けるので周辺の壁やエアコン、家具などの障害物に接触すると設置ができないため、事前によく確認してみてくださいね。

天井付けはスッキリした印象になる

天井付けは製品上部のメカ部分や生地もすべて窓枠のなかにおさまるので、スッキリした印象になります!

ただ生地と窓枠のすき間を無くすことは構造上不可能なため、光が少し漏れてしまいます。

自分で採寸する場合は、窓枠の上下左右の寸法を全て図って窓枠にゆがみがないか確認しましょう!

ゆがみが発生していたら、オーダーサイズは一番小さい数字で注文するといいですよ♪

上部のメカ部分やロールスクリーン下部のバーが納まらないという問題を防げます。

天井付けは窓枠の内側に取り付けるので、採寸さえきちんとできていれば、エアコンや家具など障害物との接触の心配がないこともメリットです。

ロールスクリーンは正面付けと天井付けのどちらがいいのか、あなたのお家の窓に合った取り付け方を検討してみてくださいね♪

まとめ

  • ロールスクリーンはどこで買うのがいいかというと、実店舗とネット通販で買える
  • ロールスクリーンのおしゃれな生地は「遮光しゃこうタイプ」や「調光タイプ」など3つ
  • 取り付け方は「正面付け」と「天井付け」の2つ

ロールスクリーンはどこで買うといいか、おしゃれな生地や取り付け方についてもご紹介しました。

まずはどんなロールスクリーンが自宅のインテリアにあいそうか、イメージを固めてみてくださいね。

この記事が、ロールスクリーンをどこで買うといいか悩んでいたあなたの参考になることを祈っております♪

ロールスクリーンを買うときに、ネットを利用すればゆっくり選べるのでストレスフリーですよ♪

楽天、アマゾン、Yahoo!ショッピングで取り扱いがあるので、あなたの買い慣れたサイトから気軽に購入できます。

ポイントアップの期間に購入すれば、さらにお得にゲットできちゃいます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA