※当サイトは広告を利用しています。

レジンの材料はどこで買う?初心者向けのおすすめ材料と作り方も紹介

レジンの材料はどこで買うのがいいかご紹介します。

透明感のあるつやつやした質感が魅力のレジンは、小物やアクセサリー作りが気軽に挑戦出来ると大人気です。

でも、こんなお悩みはありませんか?

  • レジンの材料をどこで買うかわからない
  • 初心者向けの必要な道具と材料が知りたい
  • レジン初心者は何から作ればいいか知りたい

初心者でもうまく作れるのか、わからないことが多いと不安ですよね。

そこで、レジン初心者向けの材料や道具はどこで買うのか、初めてレジン作品に挑戦するなら何を作ればいいか調べてみました。

この記事でわかること
  • レジンの材料は手芸用品店、インターネット通販、100均で買える
  • 必要な道具と材料はレジン液やライト、封入物など
  • レジン初心者向けのおすすめ作品はヘアゴム

レジンの材料の購入方法、初心者におすすめの道具や作品について詳しくご紹介していきます。

はじめからきれいな仕上がりの作品を目指すなら、硬化時間が早く、透明度の高さが人気のこちらがおすすめです。

Amazonは楽天市場とYahooショッピングと販売店が違いますが、セール期間中は安く手に入りますよ。

お近くに購入できる店舗がない場合も安心です。

レジンの材料はどこで買う?3つの方法を紹介

レジンの材料は、手芸用品店、インターネット通販、100均で買えます。

『レジン』とは、本来樹木から取れる樹液が固まったもの=樹脂のことです。

ハンドメイドに使われるレジン液は「合成樹脂」という人工的に作られたもので、液体状の合成樹脂を固めて使います。

では、そのレジン液や材料はどこで買うのでしょうか?

レジングッズをどこで買うか悩んでいるあなたに、3つの購入方法をお伝えします。

手芸用品店なら様々な材料を実際に見て選べる

手芸店では様々な種類のレジン液やパーツがそろっています。

実際に商品を見て選べるので、こだわりのある作品づくりがしたい場合におすすめ!

大容量のレジン液もあるので、たくさん作品を作りたいならお得に購入できます。

ただし、レジン液は使用期限があるため使いきれるか考えて購入した方が良さそうです。

お近くにある手芸店に足を運んで、じっくりと探してみるのも楽しみの一つですね♪

インターネット通販なら初心者向けからプロ向けまで

店舗にない商品や、安いものから本格的なものまでそろうのがインターネット通販です。

店舗よりもっと幅広い商品の中から選びたい場合におすすめです。

実際に商品を見て購入出来ませんが、評価が高く口コミの多いものだと安心ですね。

初心者に便利なスターターキットを購入するのもおすすめです。

1からそろえるのは大変なので、キットなら材料をどこで買うか悩むこともなく手軽に始められますね♪

100均の材料は初心者におすすめ!必要なものがそろいます

初心者におすすめなのが、100均のレジンです。

まずは挑戦してみたい、なるべく低価格で抑えたい場合におすすめです。

300円商品ではありますが、なんとレジンを固めるライトまで売っているんです!

必要な材料やかわいいパーツもそろっていて、100均商品だけで作品が作れます。

100均なら、もし続ける自信がなくても安心ですよ!

まずは自分にも作れるか試してみたいな…

それなら、100均がおすすめですよ!

レジンの材料は初心者向けからそろえよう

レジンの材料で初心者にぴったりのものは、レジン液や硬化用ライトなど主に6つあります。

まずそろえて欲しい最低限の材料は以下の6つです。

  • レジン液
  • レジン硬化用ライト
  • シリコンモールドなどの型
  • お好みのパーツ(封入物)
  • ピンセット
  • つまようじ 

本当にこれだけ!?という声が聞こえてきそうですが、お試しで作るならこの6つがあれば十分です!

それぞれの材料について解説していきます。

すべて100均でそろえることができますよ♪

〈レジン液〉

ハンドメイドに使うレジンは大きく分けて「エポキシレジン」「UVレジン」「LEDレジン」の3種類です。

どのレジン液を使えばいいのでしょうか?

エポキシレジン UVレジン LEDレジン
2つの液を混ぜて硬化する UVライトで硬化する LEDライトで硬化する
1~2日で固まる 約1~3分で固まる 約60秒で固まる
・厚みを出せる
・大きな作品に適している
・臭いが少なく、手軽に使える
・薄いアクセサリーに適している
・透明度が高くきれいに仕上がる
・黄変しづらい

好みもありますが、早く硬化出来ることや経年劣化による「黄変」がしづらいことから、「LEDレジン」がおすすめです

こちらの画像はダイソーで売られているUV-LEDレジン液の「魔法のレジン」です。

UVライトとLEDライトどちらを使ってもレジンを硬化することができます。

従来のものより硬化後のべたつきが改善され、透明感がアップしているようで、初心者におすすめのレジン液です。

〈レジン硬化用ライト〉

LEDライトは以前は高価でしたが、ここ数年でコンパクトで安価なものが販売されるようになり、使う人が増えているようです。

「UV-LEDライト」というUVレジンとLEDレジンどちらも硬化出来るライトもあるので、様々なレジンを使いわけることもできますよ♪

ちなみに、100均で買えるレジン硬化用ライトも「UV-LEDライト」でした!

対応のレジン液も、レジン液に入れて使う着色剤の種類もたくさんありました。

また、こちらのライトがあればセルフジェルネイルにも使用できて一石二鳥です♪

〈シリコンモールドなどの型〉

型取りやアクセサリーのパーツ作りに使うのがモールドです。

モールドにレジン液を入れてLEDライトで硬化し、取り出して使用します。

形や厚みなどさまざまな種類がありますので、お好みのものを探してみましょう♪

また、写真のような「フレーム」という型などもあります。
モールドに慣れたら色々な作品に挑戦してみてくださいね。

お好みのパーツ(封入物)

好きなものをレジンにとじこめて楽しめるのが、レジンのだいごみですよね。

お好みのパーツを入れて、お気に入りの作品を作りましょう。

ドライフラワー、シェル、ビーズ、ラメなどが人気ですが、アイディア次第でオリジナリティあふれるものになります。

生け花、食品、水分を含むものは変質やカビの原因となるのでNGです。

〈ピンセット〉

レジンの中にパーツを入れて、配置するために使用します。

ご家庭にあるピンセットでも作れますが、先が細かい作品づくり用のものを準備すると細かい作業がしやすいのでおすすめですよ♪

こちらも、もちろんダイソーにありました!

〈つまようじ〉

レジンを入れる際に発生する気泡をつぶしたり、表面を整えるために使用します。

気泡を取り除いたり、温風でレジン液をサラサラにして型に入れやすくする「エンボスヒーター」という道具もあります。

こちらは、もっと効率良くじょうずに作りたい!と思い始めたら購入しましょう。

初心者のうちはご家庭にあるつまようじで十分です♪

レジン初心者は何から作ればいいですか?

レジン初心者なのですが、何から作ればいいですか?

簡単にできるヘアゴムがおすすめですよ♪

はじめて作品づくりに挑戦する初心者さんは、ヘアゴムがおすすめです。

アクセサリーやキーホルダーなど、初心者だと何から作ればいいか悩んでしまいますよね。

そんなあなたにおすすめしたいのが、ヘアゴムです。

様々な作り方がありますが、ここではシリコンモールドで作ったレジン作品にヘアゴムをくっつけるだけの簡単な方法をお伝えします。

何から作ればいいか悩むあなたにぴったりの作品ですよ♪

まず、基本的なレジン作品の作り方がこちらです。

レジン作品の基本の作り方は簡単4ステップ

レジン作品の作り方は、レジン液とパーツを型に入れて、ライトで固めます。

①シリコンモールドにUVレジン液を3分の1程度入れます。

気泡があれば、つまようじでつぶします。

②先に大きなパーツを入れます。

飾りの表側を下に向けて、静かに沈めます。

ライトにあて硬化させます。

③レジン液とパーツを追加します。

レジン液を再び3分の1程度入れて追加するパーツを並べていきます。

④レジン液を入れ、硬化させます。

残りのレジン液をシリコン型いっぱいになるように注いで、気泡をつぶします。

表面をなめらかにしたら、ライトに当ててしっかりと硬化させます。

シリコン型からレジンを取り出して完成!
 

こうして作ったレジン作品に、専用のパーツを接着するだけでヘアゴムが完成します。

ハンドメイド用の接着剤で付けても、レジンを硬化させて付けてもOKです。

ダイソーで販売されている専用パーツは、ヘアゴムに丸皿がついていて、レジンを取り付けて使えます。

「ボタン足」というヘアゴムを通すだけのものや、ヘアゴムに付いている型に直接レジンを入れて作ることのできるパーツもありますよ♪

レジン作品を作るときは、必ず薄いビニール手袋やマスク、エプロンを付け、換気しながら行うようにしましょう。

万が一手にレジンが付いたときは、そのままにしておくと危険なので、アルコールなどですぐにふきとります。

また、バッグチャームなどのグッズを作るときにもレジンが大活躍します。

こちらにレジンを使った作品の作り方が紹介されているので、ぜひ世界にひとつしかないオリジナルグッズを作ってみてくださいね。

まとめ

  • レジンの材料は、手芸用品店、インターネット通販、100均で購入できる
  • レジンの材料は初心者向けのレジン液や硬化用ライトなど6つをそろえるのがおすすめ
  • レジン初心者はヘアゴムから挑戦するのがおすすめ

レジンの材料はどこで買えるのか、初心者がはじめにそろえたい材料、初めてのレジンにおすすめの作品についてご紹介しました。

お好みの型にお気に入りのパーツを詰め込んで、好きな色を付けられるレジン作品は、自由度が高くて魅力いっぱいですよね。

アクセサリーやキーホルダー、スマホケースなどのレジン作品は贈り物にもぴったりです。

世界に一つ、あなたらしさあふれるレジン作品づくりを楽しみましょう。

きれいな作品を作ってプレゼントしたいなら、100均よりたくさん入ってお得なこちらのレジン液がおすすめです。

経年劣化による黄変もしづらく、つややかで高級感のある作品になりますよ。

楽天、Amazon、Yahoo!のポイントも貯められてお得です♪



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA