※当サイトは広告を利用しています。

冷蔵庫はどこで買うのが安い?おすすめの時期や商品も徹底リサーチ!

冷蔵庫はどこで買うのが安いのかなどについてご紹介していきます。

冷蔵庫の購入を検討されているあなた、こんなお悩みはありませんか?

  • 冷蔵庫はどこで買うのが安いのかな?
  • 冷蔵庫が安く買える時期はあるのかな?
  • 安い冷蔵庫のおすすめは何があるのかな?

冷蔵庫は高額な家電なので、少しでも安く買えたら嬉しいですよね。

そこで今回は冷蔵庫をできるだけ安く買える場所などについて調べてきました!

この記事でわかること
  • 冷蔵庫は家電量販店など4箇所で安く買える
  • 冷蔵庫が安く買えるタイミングは「決算セールの時期(2〜3月)」など1年に3回ほどある
  • 安い冷蔵庫のおすすめは、アイリスオーヤマやハイアールの商品など用途別に9選ある

ではさっそく、冷蔵庫が安く買える場所について詳しく紹介していきますね♪

冷蔵庫はどこで買うのが安いのか気になっているあなた。

こちらの冷蔵庫は見た目もスリムでかわいらしく、かつシンプルなデザインなので男女問わず使えますよ。

冷蔵庫は重たいので1人では運びにくいですが、ネットで注文すると家まで届けてくれるのがうれしいですよね♪

冷蔵庫はどこで買うのが安い?家電量販店など4箇所を紹介

冷蔵庫はどこで買うのが安いのかな?

それなら家電量販店などで安く買えますよ!

冷蔵庫は、家電量販店やリサイクルショップなど4箇所で安く買えます。

冷蔵庫が安く買える場所
  • 家電量販店
  • リサイクルショップ
  • フリマアプリ
  • ネット通販

2024年現在では、フリマアプリなどでも冷蔵庫が販売されており、安く買えるようになっていますよ!

私は家電量販店でしか購入したことがないので、今回どこで買うのが安いのかを調べていて、想像よりも多くの場所で買えることに驚きました。

また、ネット通販でも家電が買えるのなら、家に居ながらお気に入りの冷蔵庫を探せるので見ているだけでも楽しそうですよね♪

今回、冷蔵庫はどこで買うのが安いのか、実際にそれぞれの購入場所の特徴について詳しく調べてきました!

家電量販店は価格交渉ができるので安く買える

家電量販店では、価格交渉ができるため本来の表示されている価格よりかなりお得に買えるようになります!

また、実際に冷蔵庫を見ることで、家へ置くときのイメージもできますし、大きさの確認もできますよ♪

さらに、アフターサービスも充実していることが多いため、仮に購入後に不具合が見つかった場合でも、返金対応や修理対応をしてくれますよ。

なんといっても家電のプロであるスタッフに詳しくおすすめの商品について聞けるのはうれしいですよね♪

リサイクルショップでは現物の中古品が見られる

冷蔵庫の中古品を検討しているあなたは、安く買えるリサイクルショップがおすすめです!

中古品だと、「何か傷がないかな?故障していないかな?」と、現物を見ないと少し不安になりますよね。

自分で見て確認できるうえに、リーズナブルな価格というのがメリットです。

しっかりと自分の目で確かめられるので安心できますよ♪

また、新品に比べると価格が圧倒的に安いので、どうしても費用を抑えたい方にはおすすめです。

ただし、店舗によって置いている商品が大きく異なってしまうため、気にいるものがすぐに見つからない可能性もあります。

フリマアプリは掘り出し物が見つかる可能性がある

フリマアプリでは、出品者が自由に価格を決められるので、安い価格の掘り出し物が見つかるかもしれません。

2024年現在では、フリマアプリを使用している人数も増えてきているので、さまざまな商品が出品されています。

フリマアプリに冷蔵庫が出品されているなんて知らなかったな。

出品者と直接交渉することで、さらに安くしてもらえる可能性もありますよ♪

ただ、個人間でのやり取りとなってしまうため、トラブルに発展してしまうこともあるので注意しましょう。

ネット通販は忙しくて店舗に行けなくても買える

ネット通販は、人件費などがかからないため店舗よりも新品を安く買えます。

忙しくてなかなか店舗に行けなくても携帯があればすぐに注文できるところも魅力ですね。

また、冷蔵庫の価格自体が高いため、送料無料で家まで届けてくれますよ。

特に女性の一人暮らしだと、家まで無料で届けてもらえるのはうれしいですよね♪

ネット通販だと大幅にポイントもゲットできるチャンスが多いので、セール期間を狙ってお得にゲットしましょう!

冷蔵庫はどこで買うのが安いのかをお伝えしましたので、次の章では安く買える時期について詳しく紹介していきますね♪

冷蔵庫は長い期間使用していると、嫌な匂いがついてしまったり汚れてきたりして対処法に困りますよね。

そんなお悩みを抱えているあなたは、こちらの記事を参考にしてみてください♪

冷蔵庫の汚れ防止シートは100均のセリアやダイソーで!霜防止シート冷蔵庫に敷くシート野菜室シートや掃除方法と収納術もご紹介!!

冷蔵庫を安く買える時期はいつですか?

冷蔵庫を安く買いたいのだけれど、時期やタイミングはいつなのかな?

それなら1年に3回ほど冷蔵庫を安く買える時期があるので紹介していきますね。

冷蔵庫を安く買えるタイミングは「決算セールの時期」など、1年に3回ほどあります。

冷蔵庫が安く買える時期
  • 決算セールの時期(2〜3月)
  • モデルチェンジの時期(8〜9月)
  • ボーナス前の時期(6・12月)

私は、冷蔵庫を安く買える時期があることはなんとなく知っていましたが、具体的にいつなのかは調べていて初めて知りました。

せっかくなら安く買いたいですよね♪

それぞれの時期で特徴があるので、詳しく解説していきます!

〈決算セールの時期〉

家電量販店では一年の総決算として、2〜3月に大きな決算セールを行います。

あまり在庫を抱えたくない時期なので、赤字覚悟での値引きもしてくれる可能性が高いですよ!

4月から新生活を始めたい方や、どの時期に買うか迷っている方にはおすすめです。

〈モデルチェンジの時期〉

新製品ではなく、型落ち品を安く買いたいあなたには8〜9月がおすすめです。

冷蔵庫は毎年10〜11月に新製品が発売されることが多いので、新しいものにこだわらないのであればかなり安く買えてお得ですよ♪

1年の違いなので、性能にそこまで大きな差もでないことがほとんどなのに、安く買えるのはうれしいですね。

〈ボーナス前の時期〉

6〜7月と12月はボーナスの時期なので、家電量販店としては売り上げが欲しいため、値下げ交渉に応じてくれやすいそうです。

値下げセールに加えて、ポイント還元イベントなどもたくさん行うようなので、値下げ交渉が苦手な方にもおすすめの時期です。

ただ、ポイントに還元するだけで、値下げはしないという可能性もあるようなので、しっかりと調べておく必要がありますよ。

冷蔵庫が安く買える時期をお伝えしたので、次の章ではおすすめの商品を紹介していきますね♪

冷蔵庫の安いおすすめの商品9選!

安い冷蔵庫でおすすめのものはありますか?

それなら一人暮らし用〜ファミリー用合わせて9選あるので紹介しますね♪

安い冷蔵庫でおすすめの商品は、「アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)  PRR-122D」など用途別に9選ありますよ。

用途別おすすめ冷蔵庫9選
  • 一人暮らし用は「アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)  PRR-122D」など3つ
  • 二人暮らし用は「アクア(AQUA) AQR-36N」など3つ
  • ファミリー用は「日立(ヒタチ)R-H54T」など3つ

何人で暮らしているのかで冷蔵庫の容量なども大きく変わってきますね。

自身のライフスタイルに合わせて冷蔵庫のサイズを選んでいきましょう!

冷蔵庫の容量の選び方は計算式でわかる

冷蔵庫の容量の目安は、「(家族人数×70L)+120L(常備品容量)+100L(予備スペース)」に当てはめると計算できますよ。

たとえば、2人家族なら「(2×70L)+120L+100L」で360Lが目安です。

ただ、こちらの計算で出てきた数字はあくまで目安ですので、買いだめをされる方はこれよりも少し多めに考えておくことをおすすめします。

私の家は1週間に一度の買い物なので、二人暮らしですが400Lの冷蔵庫を使用していますよ!

上記を参考にして、実際に住んでいる人数に合った容量の冷蔵庫を紹介していきますね。

200L前後の一人暮らし用冷蔵庫3選

一人暮らし用の冷蔵庫は、小さめ200L前後の容量である「アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)  PRR-122D」など3つがおすすめです。

あまり幅をとらず、高さがないシンプルなものが人気ですよ。

一人暮らし用おすすめ3選

  • 〈アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)  PRR-122D〉
  • 〈ハイセンス(Hisense)  HR-G16AM〉
  • 〈パナソニック(Panasonic) NR-B17HW〉

ではそれぞれ詳しく紹介していきます。

〈アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) PRR-122D〉

「PRR-122D」はコンパクトなのに大容量で価格も安いところが人気です。

冷蔵室と冷凍室それぞれにたくさん食材が入ります。

私はレトロ感あふれるデザインに、取っ手がハンドルとなっているところがとてもかわいらしくてお気に入りです。

冷蔵室にはドアポケットも多く付いているところが魅力のひとつですよ。

カラー展開も豊富で、ライトグリーン・オフホワイト・ブラックがあり、お部屋の雰囲気に合わせて選べます♪

全体容量114L(冷蔵室87L+冷凍室27L)
横幅48㎝
奥行き53㎝
自動製氷機能×
ドアの開き方右開き

〈ハイセンス(Hisense) HR-G16AM〉

「HR-G16AM」はミラードアを採用しており、部屋の映り込みがかなりおしゃれと評判です。

ミラードアには憧れていたので、一度使ってみたいな♪

引き出し式冷凍室が付いているため、見た目以上にたくさん食材を入れられます。

自動霜取り機能が付いているため、冷凍室のお手入れが楽ですよ♪

さらに、強化ガラス棚となっているので、傷にも強く、たくさん詰め込んでも歪みにくいのもうれしいですね。

全体容量162L(冷蔵室113L+冷凍室49L)
横幅48㎝
奥行き58.6㎝
自動製氷機能×
ドアの開き方右開き

〈パナソニック(Panasonic) NR-B17HW〉

「NR-B17HW」はインテリアになじむマットなデザインが人気です。

こちらも引き出し式冷凍室が付いているため、冷凍室にアイスや食材などたくさん入れられます。

トップテーブルが耐熱性のある素材を使用しているため、冷蔵庫の上に電子レンジを置きたい方にもおすすめです。

全体容量168L(冷蔵室124L+冷凍室44L)
横幅48㎝
奥行き53㎝
自動製氷機能×
ドアの開き方右開き

400L以下の二人暮らし用冷蔵庫3選

二人暮らし用のおすすめの冷蔵庫は、容量400L以下くらいで「アクア(AQUA) AQR-36N」など3つあります

毎日買い物に行くのであればそこまで大きなものは必要ありませんし、買い置きしておく場合は大きめのものを選びましょう。

二人暮らし用おすすめ3選

  • 〈アクア(AQUA) AQR-36N〉
  • 〈ハイアール(Haier) JR-CV29B〉
  • 〈ハイセンス(Hisense) HR-D3602S〉

ではそれぞれ詳しく紹介していきます。

〈アクア(AQUA) AQR-36N〉

「AQR-36N」は冷蔵室にスライド棚が設置されており、手前と奥でうまく使い分けると鍋などの大きものがそのまま入れられます。

4段ある中の、真ん中2つが冷凍室となっており、冷凍食品や食材の出し入れがスムーズに行えますよ。

価格も安いのですが、省エネモデルなのでさらに電気代もお得になるのが魅力ですよ♪

全体容量355L(冷蔵室197L+冷凍室89L+野菜室69L)
横幅600㎝
奥行き66.2㎝
自動製氷機能×
ドアの開き方右開き

〈ハイアール(Haier) JR-CV29B〉

「JR-CV29B」は横幅が狭いスリムボディなので、スペースをあまりとらず、置き場所が限られている方におすすめです。

真ん中が野菜室となっているので、立ったまま楽に出し入れできるのもうれしいポイントですよね。

野菜室の下には「おそうじ栓」があり、野菜くずや土を直接取り出せるので清潔に保てますよ♪

リネンホワイトとチャコールブラック、マットグレーの3色から選べるので、お部屋の雰囲気に合わせやすいですよ。

全体容量286L(冷蔵室143L+冷凍室69L+野菜室74L)
横幅54㎝
奥行き66.6㎝
自動製氷機能×
ドアの開き方右開き

〈ハイセンス(Hisense) HR-D3602S〉

「HR-D3602S」は静音設計となっており、生活空間でも冷蔵庫の音が気にならないところが人気です。

また、野菜室に冷気ガード仕切り板が設置されており、野菜の乾燥を防いでくれますよ。

野菜はすぐに乾燥して傷んでしまうのでこの機能は私からすると、とても魅力的だと感じました♪

さらに、セレクトチルド機能があり、食材に合わせてボタンひとつで冷蔵庫内の温度を切り替えできるのが便利です。

0〜3度のチルドでは食感やおいしさをそのままキープできるので、豆腐や生クリームなどの保存ができます。

-3〜0度の微氷結では、凍る直前でキープできるので、生鮮食品の保存に最適です!

食材によって使い分けてみてくださいね♪

全体容量360L(冷蔵室197L+冷凍室77L+野菜室86L)
横幅59.9㎝
奥行き66.5㎝
自動製氷機能
ドアの開き方右開き

400L以上のファミリー用冷蔵庫3選

ファミリー用の冷蔵庫は、400L以上ある「日立(ヒタチ)R-H54T」など3つがおすすめです。

子供のいざというときのために、食材は常にあるようにする必要があるので、大きめのものを選んでおくと間違いありませんよ。

ファミリー用おすすめ3選 

  • 〈日立(ヒタチ)R-H54T〉
  • 〈アクア(AQUA) AQR-46N2〉
  • 〈ハイアール(Haier) JR-GX47A〉

ではそれぞれ詳しく紹介していきます。

〈日立(ヒタチ)R-H54T〉

「R-H54T」は「まるごとチルド機能」があり、ラップなしでも料理が保存できてしまうのです。

この機能があると、型を崩したくないホールケーキやオードブルなどがそのまま保存でき、ラップする手間も省けます。

野菜室にはたて収納スペースがあり、2Lのペットボトルや長もの野菜を立てて収納できますよ!

人参やきゅうりを立てて保存できるのはうれしいポイントですよね♪

全体容量540L(冷蔵室278L+冷凍室159L+野菜室103L)
横幅65㎝
奥行き70.1㎝
自動製氷機能
ドアの開き方観音開き

〈アクア(AQUA) AQR-46N2〉

「AQR-46N2」は大型冷蔵庫の中では、横幅60センチというスリム設計なところが人気です。

しっかり内容量も多く、ドアポケットもワイドなので、使い勝手抜群ですよ!

冷蔵庫から野菜室が見えるので、野菜の食べ頃をチェックしたり、二重買いを防ぐことができるところも人気のようです。

全体容量458L(冷蔵室239L+冷凍室152L+野菜室67L)
横幅60㎝
奥行き71㎝
自動製氷機能
ドアの開き方左開き

〈ハイアール(Haier) JR-GX47A〉

「JR-GX47A」は冷凍庫にとにかくこだわったモデルです。

2列×3段の収納ができ、なんと驚きの買い物かご5個分の大容量サイズとなっております!

私もお肉や野菜をたくさん買ってきて、食べきれない分は冷凍庫に保存するので、この容量はとてもありがたいサイズ感だと感じました。

また、クリアバスケットなので、前から中身が一目でわかるのも魅力の一つですね♪

全体容量470L(冷蔵室304L+冷凍室166L)
横幅83㎝
奥行き63.5㎝
自動製氷機能
ドアの開き方観音開き

それぞれの家庭の人数に合わせて、冷蔵庫のサイズを検討してみてくださいね♪

冷蔵庫の上のデッドスペースが気になっているあなたには、こちらの記事もおすすめですよ。

100均でそろうアイテムがきっとたくさん見つかります♪

冷蔵庫の上を収納スペースに!?100均グッズをフル活用した方法!!

まとめ

  • 冷蔵庫は家電量販店など4箇所で安く買える
  • 冷蔵庫は「決算セールの時期(2〜3月)」など安く買えるタイミングが1年に3回ほどある
  • 安い冷蔵庫でおすすめの商品は、「アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)  PRR-122D」など用途別に9選ある

今回は冷蔵庫はどこで買うのが安いのかについて紹介してきました。

時期や安く買う方法をうまく活用すると、かなりお得になるということがわかりましたね。

この記事が「冷蔵庫はどこで買うのが安いの?」と気になっているあなたの参考になることを祈っております。

こちらの冷蔵庫は一人暮らし用や、単身赴任先、メインの冷蔵庫とは別にサブとしてなどさまざまな用途で使用しやすくなっていますよ。

発送もかなり早いようなので、急いで冷蔵庫が欲しい方にもおすすめです。

冷蔵庫はどこで買うのが安いのか気になっているあなた、ネットだとポイントもつくのでお得ですよ♪



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA