冷凍できるボトルは100均で買える?知らないと危険なボトルの使用方法

あなたは、マイボトルをお持ちですか?最近は、環境問題や節約の為にマイボトルを使っている人が増えましたね。

100均にもいろいろな種類のボトルが販売されているので、お好みや用途によってもボトルを選ぶことが出来ます。

夏は、冷たい飲み物が飲みたくなりますよね?

しかし氷を入れて出かけてもあっという間に溶けてしまいます…。

それならボトルごと凍らせてしまおう!と考えますよね。

100均に冷凍できるボトルは売っているのかな、と知りたいですよね?

ズバリ!冷凍できるボトルは100均で購入することが可能です!

私が見つけた冷凍できるボトルを紹介いたします。

他にも100均で売っているボトルは、冷凍できるボトルなのかも調べていきたいと思います。

そして、ボトルを使用する際の知らないと危険な注意点も紹介いたします。

 

 

冷凍できるボトルは100均で購入することが可能!

ズバリ!冷凍できるボトルは100均で購入することが可能です。

100均の冷凍できるボトルは2種類あります。

 

冷んやり水筒

1つ目が冷んやり水筒という中に筒が入っていて、それを凍らせることができる商品です。

筒を凍らせることにより、氷を直接飲み物に入れるより溶けにくくなっています。冷たさが長持ちするという便利な商品です。

ボトルには、400ml入れることが出来ます。400mlのボトルを冷凍庫で凍らせようとすると意外にスペースを取ってしまいます。

しかし、こちらの商品は筒のみを凍らせるだけでいいので場所をとりません!

家族分凍らせるのに、場所を取らないのはかなり嬉しいポイントですね♪

デザインも何種類か販売されているので選ぶことが出来ます。

ボトル上部には取手が付いているので持ち運びにも便利です。

 

ソフトウォーターボトル

しかし、冷んやり水筒はボトルごと凍らせることが出来ないので、冷たさは長時間は持ちませんよね?

そこでおすすめなのが、ソフトウォーターボトルです!

ウォーターボトルと聞いて想像するのは、透明で硬いボトルだと思います。

ソフトウォーターボトルはその名の通り、柔らかいポリエチレン製の袋状のボトルです。

こちらは、そのまま冷凍できるボトルとなっています。

袋状になっていますが、マチもついているのでたくさん入れたり、自立させたりすることも可能です。

スリムなのに容量は、400mlと500mlのものがあり、一般的なボトルと同じくらいの量が入ります。

ソフトウォーターボトルごと凍らせても、冷凍庫の場所を取らずたくさん凍らせることが出来ます!

デザインも、ソフトクリームやカセット型のユニークなデザインの物もあります。

ストラップもついているのでバックにつけて持ち運びも出来ます。持っているだけで、注目されそうですね♪

また、空になったボトルがバックの中で場所を取るのは、無駄ですよね…。

このソフトウォーターボトルなら飲み終わったあとは、小さくたたむことが出来るのです♪

災害時に断水した時にも便利なので、私は大容量版のソフトウォーターボトルを災害時用リュックにも入れていますよ。

ちなみに大容量版も100均で購入することが可能です。あなたのご家庭にも準備しておいて損はないと思います!

こちらが100均で購入できる2つの冷凍できるボトルです。

 

冷凍できるボトル以外の100均クリアボトルを紹介!!

冷凍できるボトル以外にも、最近話題になっている100均のクリアボトルはご存知でしょうか?

スタイリッシュな形のボトルで、いろんなデザインが販売されているのでとても人気が出ているそうです。

保温性はないものの、スリムなので持ち運びにも最適な商品です。中蓋もついていますので、一気に中身が出てくることもなくとても飲みやすいです!

このクオリティのボトルが100均で購入できるのは嬉しいですね♪

先日、母にも100均のこのボトルがいいよと勧められました(笑)自宅で使うのにもこぼれる心配がなく、便利だそうです!

人気があるので在庫が少ない店舗も多いようでした!まだお持ちでない方は、ぜひ使ってみてください!

これが冷凍できるボトルだったらさらにいいなと、思いますよね?しかしこのボトルは冷凍には対応しておりません…。

次で冷凍できるボトルの注意点と一緒に、クリアボトルについても詳しく説明いたします!

 

 

冷凍できるボトルを100均で買ったら使用方法に注意!?

冷凍できるボトルを使用する際には、凍らせ方や使用後のお手入れに注意が必要です!

知らないと気づかないうちに、ボトルの中身が漏れてバックの中が濡れてしまったりする恐れがあります。

また先ほどご紹介いたしました、おしゃれで人気の高いクリアボトルはなぜ冷凍できないのかも説明いたします。

 

冷んやり水筒を冷凍する時の注意点

冷んやり水筒のパッケージには、筒の中に入れる水は8分目までと書いてあります。

というのも、水などの液体は凍る時に膨らんで体積が増えます。

最初から満タンに入れてしまうと、膨らんで破裂してしまいます。

ボトルを凍らせる際は、飲み物を満タンには入れないようにしましょう!

割れたボトルで怪我をしてしまう、気づかないうちにヒビが入っていてバックの中にこぼれてしまった…なんてことにならないように注意してください。

 

ソフトウォーターボトルを使用後の注意点

ソフトウォーターボトルを凍らせる際も、もちろん8分目にする必要があります。

またソフトウォーターボトルの使用後には、他にも気をつけないといけない点があります。

本体ごと冷凍できるボトルなのでとても便利ですが、袋状なので開いて中まで洗うことが出来ません…。

水を入れてだけでしたら飲み口はしっかり洗い、中はすすぐだけでいいと思います。

しかし他の飲み物を入れた際は、中まで洗剤を溶いた水でしっかりすすぐ必要があります。そして洗った後はしっかり乾かしましょう!

中が見えないデザインなので、気がついたらカビが生えていたなんて事のないようにしましょう!

便利な冷凍できるボトルですが、使用方法には注意も必要です。

 

クリアボトルはなぜ冷凍できないのか?

クリアボトルを冷凍して使いたいと思いますよね?

結論からいうと、100均のクリアボトルの冷凍はおすすめしません!

おすすめしないというのは、冷凍することは実際可能です。

100均で販売されているほとんどのクリアボトルの耐冷温度は、−20℃になっています。

水が凍り始めるのは0℃から、塩分が多く含まれるスポーツドリンクは−3℃からです。

それなら冷凍できるボトルなんだなと思いますよね?

しかし、使用方法には冷凍での使用はしないでくださいと記入があります。

というのも、多くのクリアボトルにはポリプロピレンというプラスチックが使用されています。

ポリプロピレンなどのプラスチックは、耐冷機能が高くないので冷凍して使うとこわれてしまう可能性があります。

液体が膨らんで破裂するだけでなく、入れる量を8分目にしていても数回冷凍するとプラスチック自体が劣化してヒビがはいってしまうこともあります。

クリアボトルは冷凍せず、冷凍できるボトルを使っていただくのがおすすめです。

どうしても冷凍したい場合は、入れる量は8分目にしてななめに冷凍庫に入れて凍らせればひびが入りにくいそうです。

ちなみに蓋をあけて凍らせるのも良いそうですが、衛生面的にもおすすめはしません。

便利な冷凍できるボトルが100均にたくさん販売されているので、そちらを使ってみてくださいね♪

 

 

まとめ

  • 冷凍できるボトルは100均で購入することが可能
  • 冷んやり水筒という中に筒が入っているタイプは筒のみ冷凍可能
  • ソフトウォーターボトルは本体ごと冷凍可能
  • どちらも冷凍する時に場所を取らずに便利
  • ソフトウォーターボトルは飲み終わった後畳むことができる
  • 冷凍できるボトルに飲み物を入れる際は8分目まで
  • ソフトウォーターボトルはしっかり洗い干してカビには注意
  • クリアボトルは冷たさに弱いので冷凍はおすすめしない

以上が100均の冷凍できるボトルについてです。いかがでしたか?

冷凍できるボトルを100均で買うことができるのは、嬉しいですよね?しかも便利な機能付きで場所も取りません♪

可愛いデザインが多いクリアボトルは、常温の飲み物を入れ季節によって使い分けてみてはいかがでしょうか?

早速100均の冷凍できるボトルを手に入れて、外出先でも冷たい飲み物を飲みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です