※当サイトは広告を利用しています。

礼服はどこで買うといいか女性編!選び方や必要なものも徹底解説!

この記事では、女性用の礼服はどこで買うといいかなどをご紹介します。

礼服を買いたいあなたは、こんなお悩みがありませんか?

  • 女性用の礼服はどこで買うといいの?
  • 選び方って決まりはある?
  • 礼服とほかに必要なものはなに?

お葬式はあまりないので、いざ必要になると、なにが必要なのかわからなくて焦りますよね。

私は急に必要になったので近くのイオンに行き、お店の人に助けてもらい購入しました。

そこで女性用の礼服はどこで買うといいのか、徹底的に調べました!

この記事でわかること
  • 女性用の礼服はマルイやしまむら、楽天でも購入できる
  • 選び方はセミフォーマルを意識するといい
  • 黒のバックやパンプス、数珠じゅずなどが必要

それでは、女性用の礼服はどこで買うといいのか、確認していきましょう!

ネット通販だと場所を選ぶことなく、ご希望の価格でお好きな商品が探せます!

こちらの商品は、オールシーズン着ることができて洗濯も可能な商品です。

リボンの取り外しもできるため、年齢関係なく長く使うことができますよ♪ 

礼服はどこで買うといいか女性用を調査

女性用の礼服を前もって準備したいけど
どこで買うといいの?

お店と、それぞれの相場について調べたので、
ご紹介していきますね。

女性用の礼服はマルイやしまむら、楽天でも購入できます。

礼服を着る機会があまりないため、必要になったとき、どこで買うといいのか迷うことってありますよね。

私は、学生のときのお葬式は制服で参加しましたが、社会人になったら礼服での参加なので慌てて購入しました。

そうならないためにも、事前に準備しておくと慌てなくてすむのでいいでしょう。

まずは、どこで購入できるのか、まとめたのでご紹介します。

購入できる場所
  • 百貨店(マルイ・三越など)
  • ショッピングモール(イオン・ゆめタウン・イトーヨーカドー・西友など)
  • ネット通販(楽天・Amazonなど)
  • 紳士服店(青山・AOKI・はるやまなど)
  • ユニクロ
  • しまむら

普段意識して礼服を見る機会がないため、今回調査してみて、たくさんのところで販売していることを知りおどろきました。

こんなにも選択肢があると、どこで買おうか迷いますよね。

そこで、店舗ごとのメリットやデメリット、相場についても調べてみましたのでご紹介します。

マルイや三越など百貨店での相場

百貨店で購入するときの相場は5万円から7万円です。

5万円から!?と高く感じますが、品質がいいので長く使用できるのはいいですよね♪

メリットやデメリットについて一緒に見ていきましょう!

<メリット>

  • 品揃えがたくさんあるため選びやすい
  • 確かな品質で安心
  • 店員さんからアドバイスがもらえる

<デメリット>

  • 相場が高く予算がかかる
  • 店員さんの接客が苦手だと行きにくい

私は店員さんに接客されたら断れない性格なので、そういうお店には近づかないようにしています(笑)

イオンやゆめタウンなどショッピングモールの相場

ショッピングモールで購入するときの相場は2万円から3万円です。

お買い物ついでに礼服もチラッと見に行けそうですね♪

<メリット>

  • お求めやすい価格から、高級なものまで幅広く販売している
  • ブランドや種類もたくさんある
  • いろいろなサイズや種類がある

<デメリット>

  • モールの大きさによって、価格も品数もバラつきがある
  • 店舗によって取り扱いがないことがある

私はイオンで買いましたが、そのときのタイミングによって品数が左右されるので、好きなデザインを必ず買えるわけではないようでした。

楽天やAmazonなどネット通販の相場

ネット通販で購入するときの相場は1万円から2万円です。

携帯で完結するので、スマホを使えば場所を選ぶことなく、商品をご希望の価格で探せますよ!

<メリット>

  • 高品質で価格もお手頃のものが見つかる
  • 好きなブランドやデザインを自由に選べる
  • 翌日配送してくれるショップもあって、急に必要になっても安心
  • 空いた時間を利用して自宅に居ながら買える

<デメリット>

  • 試着できずイメージと違ったり、サイズが合わなかったりする可能性がある
  • 実際に手にして比較できない
  • 種類がありすぎて迷ってしまう

デメリットでも書かれているように、試着ができないところがネット通販の難しい所ですよね。

後ほどご紹介しますが、楽天ではレンタルできる商品もあります。

最初から購入することが不安な場合は、サイズ確認という目的でレンタルしてみるのもいいですね♪

はるやまやAOKIなど紳士服店の相場

紳士服店で購入するときの相場は3万円から4万円です。

自分好みのデザインが欲しいときは紳士服店がおすすめです!

オーダーメイドで作成もできるので、お値段は高くなりましがずっと着れるのはいいですね!

<メリット>

  • いろいろな種類やサイズがある
  • 自分好みのデザインに出会いやすい

<デメリット>

  • 相場が高く予算がかかる

デザインもそうですが、お好きな生地にも出会えるかもしれませんね♪

ユニクロで礼服を購入するときの相場

相場は1万円から2万円ですが、ジャケットだけだと9,900円から買えますよ。

「ズボンのサイズが合わないけど上下セットはいらないな…。」と思うことはありませんか?

ユニクロのアイテムはセットになっていないため、すべて1つずつ単品で購入できますよ。

<メリット>

  • お葬式以外のフォーマルな場や、日々のコーディネートの一部として着れる
  • 単品で購入できるため、安くおさえることができる

<デメリット>

  • カジュアル衣料店であるため、礼服を購入する際は注意が必要
  • お葬式で使用する小物は、取り扱っていないため急ぎの際は向いていない

ユニクロのズボンと手持ちのジャケットでも、ユニクロの商品はシンプルなので、馴染んでくれそうですよね♪

しまむらで購入するときの相場について

相場は7,000円からであり、サイズ展開も豊富です。

お手頃な価格で購入できるため、急に必要になったとき用に1着しまむらで購入しておくのもいいですね♪

<メリット>

  • お手頃でマナーが守られた商品がそろっている
  • 上下セットで購入しても1万円いかないためお得に購入できる
  • 豊富なサイズ展開がある

<デメリット>

  • 安いだけに品質は求められず、長く着るのは期待できない
  • 体に合っていない安価な服は、安っぽく見えてしまうため注意
  • 商品の入れ替えが早く、売り切れることがある

とくにMサイズは売り切れるのが早いので、早いもの勝ちになってしまう印象があります。

あなたはどの店舗で購入したいですか?

私は急に必要になったので近くのイオンでバタバタ買いました。

値段の高さにびっくりしたのですが、ネットで購入すると安く購入できるのを知り、準備しておけばよかったなと今さら思っています(笑)

女性用の礼服はどこで買うといいのか、相場について知ったので次は選び方についてもご紹介します。

礼服の選び方について年代別で徹底調査!

礼服は、体型が少しずつ変化していくことも考えて選ぶと、長く着ることができます。

フォーマルなシーンに着る礼服は、どんなものがいいか選び方がわからずに悩みますよね。

まず礼服には、正礼服・準礼服・略礼服の3種類に分けられています。

お葬式へ参列するとき、一般的な礼服は「準礼服」を意識し購入しますよ。

まず3種類について、ご説明しますね。

<正礼服>

お葬式や告別式の日に喪主・配偶者・遺族・2〜3親等までの近しい親族が着る服装のことを言います。

<準礼服>

一般的なお葬式やお通夜、一周忌までの法事・法要などでも着れる服装です。

準礼服は、幅広いシーンで使えます。

日常会話で「喪服」と言われているのは大抵の場合、準礼服のことを言います。

<略礼服>

急な弔問・お通夜・三回忌以降の法事で着る礼服のことをいいます。

最近では、「お別れの会」や「偲ぶ会しのぶかい」なども増えていますが、 そういった席にも向いています。

正礼服・準礼服・略礼服の3種類についてご紹介しました。

次は、年代別に礼服の選び方についてもご紹介しますね。

年代別おすすめの準礼服について

20代は若々しさのあるボレロタイプのジャケット、30代は少し落ち着いた雰囲気のものを選ぶといいです。

20代ではリボンがついた準礼服でもかわいらしくていいですが、30代になって着ると浮いてしまいます。

あまり着る機会がないので、長く着れるデザインを選ぶのがいいでしょう。

そこで今回は、年代別におすすめのデザインと、ブランドについても調査しましたのでご紹介しますね。

<20代女性>

若々しさのあるボレロタイプのジャケットがおすすめ。

タイトスカートよりもフレアスカートを選べば、スカートが乱れることなく立ち座りがラクですよ。

[おすすめブランド]MICHEL KLEIN Noire(ミッシェル クラン ノアール):9800円から
<30代女性>

少し落ち着いた雰囲気のものを選ぶといいでしょう。

40代に向けて体型が少しずつ変化していく方も多いので、ぴったりとしたデザインよりも少し余裕のあるものを選んでおくと安心ですね。

[おすすめブランド]nina’s(ニナーズ):22,990円から 
<40代女性>

お通夜やお葬式に参列する機会が増えていく世代ですので、きちんとしたブラックフォーマルを1着は持っておくといいでしょう。

体型が気になる方は、体のラインをカバーするワンピースタイプがおすすめです。

[おすすめブランド]東京ソワール:26,500円から
<50代女性>

正礼服としても着られるものを1着準備しておくのもいいでしょう。

シンプルでスカートの丈がより長く、また襟元えりもとの開きがより小さなものを選びましょう。

ご購入の際には、着脱のしやすさもチェックすることをおすすめします。

[おすすめブランド]Callarus(カラルス):10,989円から
<60代女性>

自分が喪主となる場面も想定されるため、より品格が感じられるアイテムを選びたいところです。

お腹まわりをカバーしてくれるデザインは、長い式典の間も窮屈きゅうくつさを軽減してくれるでしょう。

また、体が硬くなったり足腰も弱ったりするため、着脱しやすい前開き仕様やパンツスーツが便利ですよ。

パンツスーツでもストレッチ素材なら窮屈さも少なく、お手入れが簡単なところもポイント高いアイテムです。

[おすすめブランド]マーガレット・ゴールド:13,900円から

年代別で礼服の選び方やおすすめのブランドについてもご紹介しました。

値段は楽天で最安値の商品を紹介しました。

私がイオンで購入したのは、なんのブランドだったんだろうと表示をみたら東京ソワールを購入していました。

どうりでお値段がはずんだわけです(笑)

ちなみに、私は162㎝の普通体系で9号の礼服を購入しました。

参考になればうれしいです♪

下の記事では、おりんを鳴らすときの、マナーについてご紹介してあります。

静かな空間で鳴らすのは結構、勇気がいるので確認しておくのもいいですね。

値段が高くて購入に踏み込めないあなたに、礼服のレンタルもあるのでご紹介します♪

女性用の礼服はレンタルできる!?

マーガレット・ゴールドや東京ソワール楽天でも礼服のレンタルができます。

礼服のレンタルができるブランドを4つご紹介します。

  • <Cariru BLACK FORMAL(カリル ブラック フォーマル)>

    ブラックフォーマルに特化させたフォーマル専門のレンタルサイト
    4日間:7,980円から
  • <マーガレット・ゴールド>

    試着チケット500(税込)を購入すると、同時に3着まで試着できる
  • <東京ソワール>

    3泊4日5,500円から
  • <renca(レンカ)>

    3泊4日:4,800円から

翌日発送してもらえるところもあるので、いきなりの出費がむずかしい場合や、買いに行く時間がないときは、レンタルするのもいいでしょう。

お葬式に参加する際は礼服だけではなく、小物も必要になってきます。

礼服と一緒に必要なものはなにか、次の章でご紹介しますね。

礼服の女性に必要なものは何?不祝儀袋なども

お葬式には礼服だけでなく、マナーを意識したバッグや袱紗ふくさ、パンプスも必要です。

礼服は購入できても、一緒に何が必要なものがわからず不安になりますよね。

もし、手持ちがない場合は、黒一色のデザインを用意しましょう。

黒いデザインであっても、金具があるデザインや派手なもの、ファッション性が強いデザインは避けた方が無難です。

タブーな素材もありますので、ご紹介しますね。

  1. クロコダイルやファーなど、殺生をイメージさせるもの
  2. 光沢感のある素材
  3. エナメルやスエードのバッグ、洋服
  4. 柄が派手なハンカチ

では、礼服の女性に必要なものは何か、5つご紹介します。

<葬儀用の黒バッグ>
黒色のフォーマル用のカバンを選びましょう。
<女性らしくて美しい数珠>
大人の女性らしい、高級感のあるものを選びましょう。
カラーはピンクか、紫がおすすめです。
<上品なパールネックレス・ピアスまたはイヤリング>
おすすめは本貝パールです。

本貝パールは本真珠に比べて汗に強いというメリットがありお手入れも楽ですよ。

真夏のお葬式に出席しないといけない場合もあるので汗に強いのはありがたいですね。

パールネックレスを買うときはセットでイヤリングかピアスがついているものがおすすめです。

購入する際は、2連〜3連ネックレスは「不幸が重なる」と組み取られる可能性もあるので、弔事では厳禁です。
<お葬式用のパンプス>
目立たないことが一番ですので、ヒールの高さは5センチまでが無難でしょう。

安定感のある低め、太めのヒールがいいです。

※ピンヒールは絶対にタブーですので注意しましょう。

お葬式は雨が降ることも多いので、撥水はっすいか防水加工をしているパンプスがおすすめです。

普段パンプスをはかない人は、履き替えの靴を準備しておくと便利ですよ。
<袱紗>
お葬式で使われる袱紗の色は紫、緑、紺、藍、灰色などの寒色系の袱紗を利用するのが一般的です。

袱紗の包み方にもマナーがあるので、一緒に確認しましょう。

  1. 袱紗中央か右寄りに不祝儀袋を置く
  2. 右の角をとり、中央に折り込む
  3. 続いて下側、上側の順に折り込む
  4. 最後に左側を折って包み、つめを留める

私は普段のバックが黒なので、それでいいかなと思っていたのですがタブーな素材だったので、礼服と一緒にバックも購入しました。

礼服と一緒に必要なものが分かりましたね!

黒以外での持ち物だと、ご遺族にも失礼にあたりますので、持ち物まで注意しましょう。

では、準備が整ったら袱紗の中には不祝儀袋をいれますが、お金の相場や包み方のマナーも気になりませんか?

相場や不祝儀袋の選び方など、調査したので解説していきますね。

不祝儀袋へ包む相場や選び方など

故人さまが友人や知人、同僚であり自分が20代の場合は1万円ほど、30代であれば1万円から3万円ほどが相場です。

年代別に包む金額の相場は異なっているようですので、表にしてご紹介します。

20代 1万円ほど
30代 1万円から3万円ほど
40代以上 3万円から5万円ほど

私の場合は義実家の不幸で家族葬だったのですが、香典こうでんはいらないと言われました。

しかし、気持ちなので1万円受け取ってもらいました。

香典とは

「霊前に供える金銭や品物のこと」をいいます。

ご遺族のお葬式の負担を、お互いに力を添えてたすけるという意味から、一般的にお金を包むようになりました。 

親族の意向による場合もあるので、相場は、はっきりは決まっていないようです。

包むとき必要な、不祝儀袋の選び方についてもご紹介します。

私は当日、急いでいたのでコンビニで購入しました。

コンビニにも3種類ほどあり、何を選ぶといいかわからず用途の表記を見て購入したのですが、色々マナーがあったことを知りおどろいています。

まず、宗教や宗派によって使用する不祝儀袋、表書きがちがうので注意しましょう。

仏式 霊前れいぜん 御佛前ごぶつぜん お香典こうでん お布施ふせ

※ご霊前は浄土真宗じょうどしんしゅうの場合は使用しません。
神式 玉串料たまぐしりょう お供物料くもつりょう ご霊前
キリスト教式 花料はなりょう ご霊前
無宗派式か宗派がわからないとき ご霊前

水引にも選ぶとき、マナーがありますので一緒に確認していきましょう。

<水引>

結び切りかあわじ結びのものを選びます。

固く結ばれた解くのがむずかしい結び方です。
「繰り返すことのないように」「今回一度で終わる」という意味を持ちます。

蝶結び・花結びは、「不幸を重ねる」「病気を繰り返す」という意味になってしまうので注意しましょう。

<水引の色>
水引の色は基本、白黒または黄白を選びます。

水引ひとつでも間違えると失礼になるので、しっかり確認して選びましょう。

不祝儀袋の準備が整ったので、つぎは書き方についてご紹介します。

まず、表書きは悲しみの涙で墨が薄れるとして、薄墨で書きます。

毛筆で書くのが礼儀ですが、筆ペンやサインペンでもかまいません。

表書きよりもやや小さめに氏名を書くのがマナーです。

氏名を書く際、2名以上書くときの書き方もあるので説明しますね。

1名の場合 短冊の中央に書く
連名の場合(2人) 連名の場合は、年長者順に右から書く
連名の場合(3名以上) 右に代表者の名前を書き、左側に「外一同」と書き添える

別紙に、全員の名前を上司、年長の順に右から左に並べて書く
社名が入る場合 社名は、名前よりやや小さめに書き、次に代表者の名前を書く

私は今回夫婦で参加したのですが、2名書く際に順番があると知らず、今さら大丈夫だったか不安になっています。

あまり参加しないからこそ、マナーについて復習しておく必要がありますね。

つぎに、中袋の書き方もご紹介します。

表に旧漢字で書き、裏に住所と氏名を書きます。

旧漢字も一緒に調べましたので表にまとめました。

私は旧漢字を書くとき、普段書き慣れていないので練習したあとに書きました。

中袋は基本1枚しか入っていないので練習して書くことをおすすめします。

不祝儀袋の準備が整ったらお札をいれて準備完了です。

お札の入れ方にもマナーがありますので、最後にご紹介します。

<お札の入れ方>

お悔やみのときに新札を入れると、いかにも用意していたようなので避けると言われております。

新札が気になるなら、折り目を付けてから入れるといいです。

封を開けたときに、人物の顔が裏向きで下部にくる様に入れましょう。

<多当の合わせ方>

悲しみを流すという意味で、上側の折り返しを上に重ねます。

不祝儀袋の選び方や書き方などご紹介しました。

下の記事では、お墓参りや仏壇に必要な仏具についてご紹介しています。

写真つきで細かく書いてあるので、ぜひのぞいてみてくださいね。

お葬式へ参加することがなかなかないため毎回マナーについて不安になるかと思います。

そんなときはこの記事を思い出してくださいね。

まとめ

  • 女性用の礼服は楽天で購入するとお得に手に入る
  • 選び方はセミフォーマルを意識して購入する
  • 黒のバックやパンプス、数珠などが必要

女性用の礼服はどこで買うといいのか、選び方などをご紹介しました。

あわてて購入すると、私みたいに値段が高くついてしまう可能性もあるので、早めに準備しておくことをおすすめします。

女性用の礼服はどこで買うといいのか、選び方や持ち物などを確認しておくと安心ですね♪

店舗が近くになくて、どこで買うといいか悩んでいるあなたに、こちらの商品がおすすめです

自分に合った予算やデザインなど、ご自宅でゆっくり選ぶことができます♪

ネット通販だと、ポイントも貯まりますので次のお買い物もお得になりますね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA