※当サイトは広告を利用しています。

ラップはどこで買うのが安い?くっつかない原因の解明や代用品も必見!

ラップはどこで買うのが安いか?についてご紹介します。

ラップを購入する際、こんなことを考えたりしませんか?

  • ラップはどこで買うのが安いの?
  • 安いけれど、しっかりくっついて使えるラップはあるかな?
  • ラップの代わりになるようなものはどんなものがあるのだろう?

ラップは私たちの生活とは切っても切り離せない存在ですし、満足のいく品を見つけたいですよね。

そこで今回は、「ラップはどこで買うかのが安いか?」を始めとしたラップに関する情報を調べてみました。

この記事で分かること
  • ラップを安く買える場所には、スーパーや100均がある
  • コストと密着度のバランスが良いのは「塩化ビニル樹脂」
  • ラップの代わりになるものとしては、シリコンラップやみつろうラップがある

それでは、ラップはどこで買うのが安いか、おすすめ情報をご紹介いたします。

(記事の内容は2024年1月時点の情報です。)

いつも使っているラップを、なるべく安くまとめ買いできたらうれしいですよね。

ストックを持っておくと、いつでも安心して過ごせますね。

楽天やAmazon、Yahooショッピングで取り扱いがあり、ポイントを貯めることもできますよ♪

ケース・フィルムのWhiteBang
¥1,389 (2024/01/18 17:58時点 | Yahooショッピング調べ)

ラップはどこで買うのが安い?4選!

ラップはどこで買うのが安いか、その答えとして、スーパー、100均、ドラッグストアもしくはネットショップが挙げられます。

ラップはどこで買うのが安い?
  • スーパー
  • 100均
  • ドラッグストア
  • ネットショップ

ラップを使わない日はない!と言っても過言ではないくらい、ラップは生活になくてはならない存在です。

皆さんはいつも、どこでラップを買っていますか?

日々のルーティーンになっていると、改めて購入場所や購入方法を見直す機会はないものですよね。

そこで今回は、ラップをどこで買うのが安いのか、商品比較も交えてご紹介していきます。

価格など、私がリサーチした時点での情報であって、今後変動する可能性があります。

スーパーは価格も種類もバラエティ豊富

スーパーでの1m単位での最安値としては、西友で販売されている「キッチニスタラップ」(22㎝タイプ¥5/m、30㎝タイプ¥5.44/m)があります。

一口にラップと言っても、スーパーではさまざまなメーカーや価格帯の商品を取りそろえています。

同じ商品でもスーパーによって価格の幅があるので、より安いスーパーで手に入れたいですね!

<主なスーパーと商品一覧>

店名商品名価格(税込)1mあたり価格
西友
(オンラインスーパー)
旭化成ホームプロダクツ サランラップ22cm×50m¥349¥6.98
旭化成ホームプロダクツ サランラップ30cm×50m¥470¥9.4
クレハ NEWクレラップ 22cm×50m¥382¥7.64
クレハ NEWクレラップ レギュラー 30cm×50m¥492¥9.84
キッチニスタラップ 22cm×50m¥250¥5
キッチニスタラップ 30cm×50m¥272¥5.44
イトーヨーカドー
(オンラインスーパー)
旭化成ホームプロダクツ サランラップ22cm×50m¥382¥7.64
旭化成ホームプロダクツ サランラップ30cm×50m¥503¥10.1
クレハ NEWクレラップ 22cm×50m¥382¥7.64
クレハ NEWクレラップ レギュラー 30cm×50m¥503¥10.1

100均は圧倒的に安い商品がそろっている

100均での1mあたりの最安値は、Seriaの30㎝タイプの「キッチンラップ」で、なんと¥2.44/mです!

22㎝タイプの最安値も、キャン★ドゥの「無添加ラップ」「食品保存ラップ」の¥3.66/mがあります。

100均でもラップの取り扱いは複数あり、全体的にリーズナブルな価格帯の商品が多数あります。

100均でもさまざまなラップが用意されていることがわかりました。

<主な100均と商品一覧>

店名商品名価格(税込)1mあたり価格
キャン★ドゥ食品保存ラップ 22cm×40m¥110¥2.75
食品保存ラップ 30cm×30m¥110¥3.66
旭化成ホームプロダクツ サランラップ 22cm×15m¥110¥7.33
宇部フィルム 無添加ラップ 22cm×30m ¥110¥3.66
宇部フィルム 無添加ラップ 30cm×20m ¥110¥5.5
seriaまるき キッチンラップ 30㎝×45m¥110¥2.44

ドラッグストアは少し割高感があるが激安商品も

ドラッグストアでの1mあたりの最安値は、マツモトキヨシの「リケンラップ」(22㎝タイプ¥3.6/m、30㎝タイプ¥3.82/m)があります。

ドラッグストアの取り扱いを見てみると、スーパーや100均に比べて、同じ商品では割高感があります。

商品によっては激安商品もあるので、的をねらって買えば安く手に入れられます。

「ラップだけを買いにドラッグストアに行く」というより、何か別の買い物と一緒に購入するのも良さそうです。

<主なドラッグストアと商品一覧>

店名商品名価格(税込)1mあたり価格
ココカラファイン旭化成ホームプロダクツ サランラップ22cm×50m¥416¥8.32
旭化成ホームプロダクツ サランラップ30cm×50m¥526¥10.52
クレハ NEWクレラップ 22cm×50m¥438¥8.76
クレハ NEWクレラップ レギュラー 30cm×50m¥548¥10.96
マツモトキヨシ旭化成ホームプロダクツ サランラップ22cm×50m¥415¥8.3
旭化成ホームプロダクツ サランラップ30cm×50m¥525¥10.5
クレハ NEWクレラップ 22cm×50m¥370¥7.4
クレハ NEWクレラップ レギュラー 30cm×50m¥491¥9.82
リケンテクノス リケンラップ たっぷりラップレギュラー 30㎝×100m¥382¥3.82
リケンテクノス リケンラップ たっぷりラップレギュラー 22㎝×100m¥360¥3.6

ネットショップはキャンペーンがねらい目!

ネットショップでの1mあたりの最安値は、Amazonで販売されている22㎝タイプの「NEWクレラップ」(¥11.24/m)、30㎝タイプの「無添加ラップ」(¥4.31/m)です。

送料もかかるため割高になりがちですが、キャンペーンなどで掘り出し物のように安い価格帯の商品を見つけることもできます。

他の生活用品などと一緒に購入することで送料も抑えられるでしょう。

また、ネットショップでは、まとめ買いができます。

何十本という単位でも購入できるのはとても助かりますよね。

<主なネットショップと商品一覧>

店名商品名価格(税込・送料込み)1mあたり価格
Amazon旭化成ホームプロダクツ サランラップ22cm×50m(3本セット)¥1,480¥14
旭化成ホームプロダクツ サランラップ30cm×50m(3本セット)¥1,890¥12.6
クレハ NEWクレラップ 22cm×50m(4本セット)¥2,248¥11.24
クレハ NEWクレラップ レギュラー 30cm×50m(4本セット)¥2,765¥13.8
宇部フィルム 無添加ラップ 30cm×50m(5本セット)¥1,078¥4.31
キッチニスタラップ 30cm×50m(3本セット)¥1,218¥8
楽天旭化成ホームプロダクツ サランラップ22cm×50m(3本セット)¥2,677¥17.8
旭化成ホームプロダクツ サランラップ30cm×50m(3本セット)¥2,159¥14.4
クレハ NEWクレラップ 22cm×50m(3本セット)¥2,022¥13.48
クレハ NEWクレラップ レギュラー 30cm×50m(3本セット)¥2,248¥14.9

ラップを使いがちな炊き立てご飯の保存ですが、実はラップよりも良い方法があることをご存じでしょうか?

気になる方は、こちらの記事もチェックしてみてください♪

安いラップのくっつかない問題を検証!

安いラップって、くっつかないイメージがあって不安…。

安く購入した後も、しっかり使えるラップと活用方法を探してみましょう!

しっかりくっつくコスパの良いラップの違いは素材に鍵あり!です。

安いラップを買えたとして、「ラップがしっかりくっつかない」なんてことになったらどうしよう…と不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。

安いけれどしっかりくっつくコスパの良いラップとして「塩化ビニル樹脂」製のものがあります!

食品ラップに使われる素材は大きく分けて3つあります。

<ラップの素材と特徴一覧>

ポリ塩化ビニルデン塩化ビニル樹脂ポリエチレン
密着度◎(よくくっつく)〇(くっつく)△(はがれやすい)
酸素・水の透過性◎(通しにくい)△(通しやすい)
耐熱温度140℃
(加熱調理に良い)

130℃
(加熱調理も可)
110℃
(加熱NGの場合も)
適した使用法・肉・魚などの生鮮食品
・ニオイ移りしやすいもの
・加熱調理
・野菜や果物
・残ったおかずの蓋替わり
・野菜や果物
該当するラップ・クレラップ
・サランラップ
・キッチニスタラップ
・リケンラップ
・宇部ラップ
・キッチンラップ

実際私も「ラップを買ったのは良いけれど、全然くっつかない!」なんてことが今まで何度もありました。

ここでは、安いお値段におさえつつ「ラップがしっかりくっつかない」ということが起きないラップの探し方をご紹介しましょう。

ポイントとなるラップの素材について、それぞれの特徴を「くっつきやすさ」をメインに比較してみます。

素材による特徴をふまえて、用途によって使い分けられたら、ラップを無駄なくコスパ抜群に活用できますね!

ポリ塩化ビニルデンは最も密着度が高い

ポリ塩化ビニルデンは、密着性が高くもっとも「しっかりくっつく」ラップです。

酸素・水分を通しにくいという特徴を持っているので、肉・魚の生鮮食品や長期保存品、ニオイうつりが心配な発酵食品の保存などに適しています。

ただ、その機能性の分、価格は高めの傾向にあります。

具体的な商品は「サランラップ」や「クレラップ」です。

私自身も、経験上最もストレスなく使えたラップはこの種類のラップでした。

塩化ビニル樹脂はコストと密着度のバランスが良い

先ほどのポリ塩化ビニルデンに次いで密着性が高く、「くっつかない」問題が起こりにくいのは塩化ビニル樹脂のラップです。

器にしっかりと密着して、中身がこぼれるのを防いでくれます。

ポリ塩化ビニルデンに比べれば水や酸素を通しやすくなるため、長期保存というよりは、通気性を好む野菜や果物の保存に適しています。

具体的な商品は「キッチニスタラップ」や「リケンテクノス リケンラップ」です。

ポリエチレンは安い代わりに密着度は弱い

ポリエチレン製のラップは値段が安いですが、密着度は低く「ラップがくっつかない」問題が発生しやすいと言えます。

安い価格帯のラップに多く見られるポリエチレン製のラップは、水や酸素を通しやすいので、長期保存やニオイ移りしやすいものには適していませんが、野菜などの保存に適しています。

ただ、密着性には劣るので、ラップがしっかりくっつかない…ということが起きやすいかもしれません。

お値段や使い勝手によって、ラップを使い分けてみると良いですよ♪

ラップの代わりにはシリコンラップやみつろうラップ

ラップの代わりになるものとして、シリコンラップやみつろうラップが挙げられます。

ラップを切らしてしまったりして、急にラップの代わりが必要!となることは誰しも少なからずあるでしょう。

また、ラップのように使えつつ、ラップと違って繰り返し使えるものがあれば良いと考えたことはありませんか?

これからラップの代わりとして使えるものをご紹介いたします。

ラップの代わりになるもの
  • シリコンラップ
  • みつろうラップ
  • その他(保存容器、ポリ袋、クッキングシートなど)

シリコンラップは100均でも手に入る

シリコン素材でできており、しっかりひっぱれば伸びもよく、耐熱性で、プラスチックのラップと同じように使える食品用ラップです。

ラップと同じように使えつつも、洗って繰り返し使えます。

現在ではさまざまな形状のものがあり、100均でも購入可能です。

私も以前シリコンラップを使ったことがありますが、食品の一時的なカバーや冷蔵庫での保存など、多岐にわたって使用できました。

みつろうラップは天然素材で食品にも地球にもやさしい

布にみつろうを染み込ませてつくるみつろうラップは、シリコンラップ同様に水で洗って繰り返し使えます。

繰り返し使えるのでゴミも減らせますし、天然素材であるため、食品に直接触れても安心です。

熱には弱いので加熱調理には使えませんが、野菜や果物の保存などには適しているでしょう。

その他にも保存容器やポリ袋などがおすすめ

「急にラップがなくなってしまった!」というようなときに使えるものとして、保存容器やポリ袋、クッキングシートなどが挙げられます。

まず、保存容器は容器の特性次第で加熱調理まで可能です。

特に、ご飯などは専用の保存容器があるくらいなので、ラップ以外にも保存容器を使ってみるのも良さそうです。

実は私も、炊き立てのご飯に関しては専用の容器を使っているのですが、とてもおすすめです♪

ポリ袋は野菜や果物の保存に向いており、耐熱性のポリ袋であれば、加熱処理にも対応できます。

耐熱性のポリ袋を使った加熱調理のレシピも多数あり、私も挑戦したことがありますが、簡単においしく調理ができました!

クッキングシートは耐熱性があり、油分や水分にも強いので、おにぎりを包むのにうまく使えます。

アルミホイルもラップの代わりに使えますが、電子レンジでは使用できないのでご注意ください!

ラップの代用品としても使えるポリ袋ですが、実はとっても使えるアイテムなんです!

ポリ袋の活用方法にご興味がありましたら、こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

まとめ

  • ラップをどこで買うのが安いかについては、スーパーや100均など4選
  • コストと密着度のバランスが良いのは「塩化ビニル樹脂」を使ったラップ
  • ラップの代わりになるものは、シリコンラップやみつろうラップなど

今回は、ラップをどこで買うのが安いかについて、コスパ比較や代用品の情報も交えてご紹介しました。

使わない日はないくらい生活に欠かせないラップですが、意外と「どこで買うのが安いのか?」比較してみる機会は多くないかもしれませんね。

今後、あなたのお買い物の参考にしていただけたら幸いです♪

「しっかりくっつく」ラップの代表格と言えばコチラ!

毎日使うものだからこそ、使い勝手の良いものを選びたいですよね。

3本まとめて購入できるので、ストック切れの心配もありません。

ケース・フィルムのWhiteBang
¥1,389 (2024/01/18 17:58時点 | Yahooショッピング調べ)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA