qrコードでメール送信できない時の対処法!コードを自作する方法も!

「qrコードは読み取れたのに、何度試してもメール送信ができない」とお困りのあなた。

何度も試したり、ネットで調べたりと手間がかかりますよね。

とくにiPhoneでは、qrコードのメール送信ができないとよく聞きます。

それはiPhoneは空メールが送れない仕様になっているのが原因。

文字を入力してメール送信すると解決することが多いのですよ!

Androidの場合は、インストールしているアプリがメール送信に対応していないという事もあるそうです。

今回は、qrコードのメール送信ができないお悩みから、返信メールが来ない時のお悩みまで解決いたいします。

知るとすぐに解決できる可能性が高いので、是非試してみてくださいね!

あわせて、qrコードを自分で作成する驚きの方法も解説します。魅力たっぷりのqrコードの世界を堪能してください♪

 

 

qrコードでメール送信ができないときの解決方法

qrコードを読み取ってあとはメール送信をするだけ、というところで送れない…。

あと一歩なのになんで!?とキーと頭に血が上ったことがあります(笑)

その時はリンク先にメールをして、登録をしてもらいましたが…。

調べてみると、メール送信でつまずく場合、iPhoneユーザーが多いとのこと。

なぜiPhoneだと、できないの?

iPhoneは「件名」もしくは「本文」に何もないと、メール送信できない仕様になっているそう!

しかし解決方法は簡単。「件名」か「本文」のどちらかに、文字を入れるとメール送信ができることが多いのですよ!

さて、どんな文字を入れるのかご説明しますね。

 

スペースを入力

「件名」か「本文」のどちらかに、スペースを入れます。たったこれだけで、解決することがあるそうですよ!

スペースを入れると、何か文字が入ったと認識されて送れるのでしょう。簡単すぎですね♪

しかし、スペースを入れても空メールだと認識されない場合もあるので、その場合は次を試してください。

 

任意の文字を入力

「件名」か「本文」のどちらかに、「あ」など、任意の1文字を入力して送信。

私も以前できなかった時、一文字だけ入力して送ったらできました。

「あ」だけ入れてふざけていると思われないかな…と少し不安でしたが、問題ありませんでしたよ♪

 

jtと入力

それでもできない場合、「件名」か「本文」に、「JT」もしくは「jt」と入力します。

この方法は、パソコンに詳しい人のブログにありました。

jtとは、モクモクするJTと関係があるの!?と疑ってしまいましたが、関係なさそうでした(笑)。

奥の手の「jtコマンド」らしいです。そしてこれでほとんどが解決するようなので、すごいですよね。

 

パソコンで送り直す

少し面倒ですが、パソコンから送り直す方法もあります。

宛先をパソコンに直接入力して、メール送信をすれば、空メールは送れるそうですよ!

今までqrコードは、読み取ったスマホからでしか送信できないと思っていたので、新しい発見です♪

解決方法が意外と簡単でびっくりしたわ。しかしアプリに問題はないの?

qrコードの読み取りにアプリを使っている場合は、アプリに問題があることも…。次にご説明しますね。

 

qrコードでメール送信ができないアプリの解決方法

qrコードを読み取るのに、あなたはカメラを使っていますか?それともアプリですか?

アプリの場合、アプリにメール送信機能がついていない場合もあるそうなのです。

読み取ってURLを見ることはできるけど、登録をする時などのメール送信機能はついていない、ということですね。

その場合は、メール送信機能がついたqrコードのアプリをインストールして、解決できる可能性大です!それでは、以下を見ていきましょう。

 

メール送信機能がついたqrコードアプリを使う

「メール送信機能がついていないqrコードアプリがあるの?」と思いますよね。

メール送信機能がついていないものは、あまり有名でないものや、昔のアプリという可能性もあります。

qrコードを読み取るアプリはたくさんありますが、メール送信機能がついているおすすめアプリをご紹介しますね。

<iPhone>

QRコードリーダー for iPhone

<Android>

Yahoo! QRコードリーダー

<共通>

クルクルQRコードリーダー

クルクルQRコードリーダーは、読み取る以外に色々な機能も満載で驚いてしまいました。

連絡先画面からqrコードを作成したり、地図のqrコードを作成したりもできるのですって!時代についていけません(笑)

読み取りも正確でスピードもとても早いらしいので、インストールして損はなさそうです♪

次は、私が今まで知らなかったことで、あなたとシェアしたい情報です。

 

アプリを使わずqrコードを読み取るには?

ひと昔前までは、qrコードのアプリをインストールしないと読み取りができませんでしたよね。

しかし「ios11以降、または一部除くAndroid」では、カメラ機能にqrコードがついているものが多いので、アプリがなくても読み取りができるのです♪

実は私、今までこのことを知りませんでした。ラインの中にあるqrコードリーダーを使っていたのですが、たどり着くまでに手順が多くて面倒でした。

カメラでできるなら、そうしたい!と、実際に私のスマホで試してみると…。

写真を撮る時のように、ただ映すだけでqrコードにリンク先が表示されました!簡単極まりない!

今まで知らずに面倒なことをしていた自分は一体…。

しかもAndroidではホームボタン(下にある□のマーク)を長押しして、GoogleアシスタントのGoogleレンズ(四隅に点のマーク)でもできましたよ。

ラインで友達追加をする時、qrコードで読み取るのも、ラインのアイコンを長押しするとできました。

qrコードに色々な機能がついていることに、驚きを隠せない私でした(笑)。

これで解決方法は完璧ね!

さて次は、やっとこさメール送信をしたのに、「返信メールがこない!」時の対処法です。

 

 

qrコードをメール送信したのに返信メールがこない時

qrコードをメール送信したのに、返信メールが来ない時もありますよね。

「私、送ったっけ?」という一瞬記憶喪失になった気分になります(笑)。

しかし返信メールが来ない時は、迷惑メールボックス入っていることが多いのです。

迷惑メール設定をしている場合は、返信メールがきちんと届くように、事前にチェックしておきましょうね。

迷惑メールボックスに入れないためには、どうしたらいいの?

では迷惑メールの設定を変更する方法を、会社別に解説しますね。

<docomo>

  1. 「受信リスト設定」を押す
  2. 「設定を利用する」を押す
  3. 「登録済メールアドレス・ドメイン」または「登録済転送元・メーリングリストアドレス」を押す
  4. 「さらに追加する」を押す
  5. アドレスを入力
  6. 「確認する」→「設定を確認する」で設定完了

<Softbank> 

  1. 「My Softbank」ページ
  2. 「メール設定ボタン」を押す
  3. 「迷惑メール対策」を押す
  4. 「許可するメールの登録」を押す
  5. アドレスを入力
  6. 「次へ」→「登録する」で設定完了

<au>

  1. 「迷惑メールフィルター トップ」ページ
  2. 個別設定で、「受信リストに登録/アドレス帳受信設定をする」押す
  3. 受信リスト設定で、「必ず受信」にチェック、キーワードにアドレスを入力、「完全一致」を押す
  4. 「有効」→「変更する」→「OK」で設定完了

どの会社も、設定を変更すればできます。これでqrコードのメール送信をしたあとの、返信メールのお悩みは解消です♪

迷惑メールは昔いっぱい来ていた記憶があるけど、迷惑メールフィルターのおかげで今は一向に来ていません。

便利な一面で、このような不便なこともありますよね。これは仕方ないと割り切りましょう!

ちなみにauの場合、迷惑メールフィルターで拒否されたメールは確認できないそうなので、先にチェックしておくといいですね。

docomoやSoftbankで迷惑メールフォルダが見当たらない場合は、設定で表示できるそうですよ。

qrコードのメール送信をしたあと、返信メールについても少し気にすると、後で余計なお悩みが減るかもしれません♪

 

 

qrコードでメール送信するのに自分で作成する方法

先ほどqrコードをメール送信するのに、自分で作成できると書きましたが、どのようにして作るのか気になったのでやってみました。

qrコードを作成する無料アプリをダウンロードしたら、とても簡単にできました!

作成するメリットは何?

商売をされている場合は、qrコードアプリでテンプレートを作っておくと、手間が省けるのです。

お客さんが問い合わせや注文時にメール作成をする、というハードルが一気に低くなりますね!

qrコードを読み込むだけで、定型文の入ったメールが簡単に送信できるようになるよ!

個人での使い方は、例えばアドレスのqrコードを作成すると、読み取ってもらうだけでアドレス登録をしてもらえます。

とても簡単で、しかも魅力がたっぷりなのです♪実際にアプリを使って、メールとアドレスのqrコードを作ってみたので、手順をご紹介しますね。

 

メール送信画面のqrコードを自作する方法

qrコードを読み取るだけで、すぐにメール送信画面を立ち上げるこの技。自分で作成ができるなんて、驚きです。

qrコードなのでアクセスしやすく、テンプレートも出来上がっているのでとても便利ですよ♪早速手順をご紹介しますね。

「QRのススメ」サイトの中にある、「メール作成用QR」を押します。

受け付ける「アドレス」、「件名」、「本文」を入力します。今回は、応募の受付にしてみました。

「作成する」を押すと…。無事できるのでしょうか!?ドゥルルルルル…。

ババーン!できましたよ。ものの1秒でqrコードが表示されました。

これでOKなのですが、ここからはワンランクアップの方法♪なんと、qrコードがアレンジできるのです。

下にアレンジ方法が表示されているので、選ぶだけ。今回は、ドットを青色、背景を薄ピンクにしてみました。

ドドン!無機質なqrコードが可愛らしくなりましたよ。少しアレンジするだけで、多くの人の目をひくこと間違いなしです♪

応募や注文の受付、アンケートなどの定型メールでの受付に力を発揮できるので、是非作成してみてください。

もちろん空メールも作成できるので、手放せないアプリになることでしょう。

次は、商売していない私も利用したい、アドレスを自作する方法のご紹介です♪

 

アドレスのqrコードを自作する方法

アドレスを交換する時、手順が多くて地味にストレスではないですか?

とくに、交換の機会が多いとなおさら。仕事上や、4月の新しい出会いがある時もですね。

qrコードでアドレスを作成しておけば、「私のメールアドレスはこちらです」、とわざわざ作成しなくてもいいのですよ♪

先ほどと同じ「QRのススメ」というサイトから、今度はアドレス登録をしてみたので、手順をご紹介します。まずは「アドレス帳登録用」を押します。

「名前」、「アドレス」、「電話番号」、「住所」などが入力できるようになっています。

伝えたい情報のみ記入したらOKです。記入したら、「作成する」を押します。

qrコードが作成されました。相変わらず早い。一番最初から作成まで、ものの1分でできてしまいましたよ!

 

作成したものはスマホの写真に入っていたので、いつでも取り出せて便利そうです。

「本当にできるのかな?」と疑ってしまい、友達側として読み取ってみました(笑)。qrコードを読み取ると「連絡先情報」が表示されます。

押すと、先ほど作成したアドレスがすぐに保存されました!

簡単すぎて、簡単という言葉しか出てきません…(笑)。この方法さえ知っておけば、スマートなアドレス交換ができますよ♪

その他にも、「地図作成」や「Wi-Fi簡単登録」など色々あり驚きの連続です。

先ほどqrコードのアレンジをしましたが、「デザイン付き」にすれば、イラストや文字を入れることもできますよ♪

今回は、「qrのススメ」というアプリで作りましたが、「メーラー起動QRコード」でも無料で簡単に作成できます。

こちらはメール作成専用になっているので、用途に合わせて選んでくださいね♪

どちらも自分で簡単に無料でqrコードを作成できるので、あなたも是非活用してみてくださいね♪

 

 

まとめ

  • qrコードのメール送信ができない時の解決方法は、以下の4つ
  • 「スペースを入力」「任意の文字を入力」「jtと入力」「パソコンで送り直す」という方法がある
  • アプリの問題でqrコードのメール送信ができない場合は、メール送信機能がついたqrコードアプリを使用
  • iPhoneなら、「QRコードリーダーfor iPhone」、Androidなら、「Yahoo!QRコードリーダー」、共通のものとして、「クルクルQRコードリーダー」がある
  • qrコードは、アプリを使用しなくても、カメラ機能で読み取りができるものが多い
  • qrコードのメール送信はできたけど返信メールが来ない場合は、迷惑フォルダにある可能性があるので、設定を変更しよう
  • qrコード無料作成アプリ「QRのススメ」や「メーラー起動QRコード」を使えば、qrコードを自分で簡単に作成できる

qrコードのメール送信ができない問題は、解決しましたか?

ご紹介した方法で無事に解決することを祈っております。

あわせて、qrコードの自作も是非試してみてください。きっと新しい世界が広がるはずですよ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です