※当サイトは広告を利用しています。

物置はどこで買うのが安い?設置費用や収納のポイントも徹底解説! 

物置はどこで買うのが安いのか、設置費用や収納のポイントまでご紹介します!

「物置が欲しい」というそこのあなた、こんなお悩みはありませんか?

  • 物置はどこで買うのが安いのだろう?
  • 物置の設置費用はどのくらい?
  • 物置には何を入れる?

物置は高い買い物なので、少しでもお得に購入したいですよね。

そこで、どこで買うのが安いのか、設置費用や収納のポイントを調べてみました!

この記事でわかること
  • 物置を安く買えるのはホームセンターやネット通販
  • 物置本体のほかに必要になる費用は、サイズにもよるが60,000円前後
  • 物置に入れるものは「かさばるけど必要なもの」

それでは、物置をお得に買えるお店を詳しく紹介していきますね。

安くて収納力のある物置が欲しいあなたには、こちらの物置をおすすめします♪

丈夫に作られていてカギも付いているので、安心して外に置けますよ!

ネットで買うとポイントを貯められるので、大きな買い物はネットショッピングがおすすめです♪

物置はどこで買うのが安い?ホームセンターや通販がおすすめ

物置はどこで買うのが安いですか?

ホームセンターやネットが安くておすすめです!

物置をどこで買うのが安いのか知りたいあなたには、ホームセンターやネットでの購入をおすすめします!

どこで買うのが安いのか
  • ホームセンターのオリジナル物置
  • 大型通販サイトのセール期間中に購入
  • 中古の物置(注意が必要)

ホームセンターやネット通販ではかなりの確率で物置のセールをしていて、割引されて販売されています。

定価で販売されているほうが珍しく、30%前後で割引されていて、中には半額まで割引されているものもあります♪

また大型通販サイトのセールもお得に買え、ホームセンターと大型通販サイトではどちらもお得です。

物置を買えるところはたくさんあるので、どこで買うのが安いのか迷いますよね。

そんなあなたは「設置を自分でするのか」「今セールをやっているのか」などを考えて購入方法を決めてみてはいかがでしょうか。

まずは、ホームセンターごとのおすすめポイントを紹介していきます。

物置をお得に購入するならホームセンターがおすすめ

ホームセンターで安く買えるおすすめの物置は、カインズとコメリ、コーナンの商品です!

各ホームセンターのオリジナル物置は、メーカーの物置と比べて約2割ほど安いことが多いです。

そのうえで、年末セール・決算セール・展示入替セールなどで割引されていることが多いので、かなりお得ですよ♪

ホームセンターで購入するとその場で設置工事の予約ができ、本体価格と別に+約3~7万円でしてもらえます。

なので「自分で設置するのは不安」というあなたにおすすめです。

なかには、設置工事費用込みの価格で販売されている場合もありますので、購入するときは設置工事費が含まれているかの確認をしましょう。

各社の似たようなサイズのオリジナル物置を調べてみました!

オリジナル物置価格表

店舗 価格 間口(mm) 奥行オクユキ(mm) 高さ(mm)
カインズ 38,800円 1,054 500 1,600
コメリ 27,800円 900 450 1,800
コーナン 19,580円 890 470 1,620

※2024年1月現在

サイズは多少異なりますが、カインズは他社に比べて高めでした。

カインズはバリエーションが豊富で、反対に一番安いコーナンでは物置の種類の少ないのが特徴です。

なのでサイズやデザインにこだわりがあるあなたには「カインズ」。

とにかく安い物置が欲しいあなたには「コーナン」。

どちらも大切な要素というあなたには「コメリ」がおすすめです。

実際に目で大きさを確認したり、触れて強度を確認したりできるのもホームセンターのいいところですよね♪

そしてお得に買うにはセールの時期も重要ですので、各社のセールが開催される時期とおすすめのポイントを紹介します。

〈カインズオリジナル物置〉

カインズオリジナル物置は「サンキン」「ダイケン」「タクボ」という物置メーカーの旧型物置のカラーリングを変更したものです。

「グラッセ」という商品名で販売しています。

そしてセールが予想されるのは、8月の中間決算時期と、2月の総決算時期です。

11月末にはブラックフライデーを行っているので、その時期もおすすめですよ♪

「グラッセ」は物置の製造で有名な3社の旧型の商品なので、質がいいのにとても安いのです!

ただ、購入から設置まで1カ月~2カ月前後かかるので、お急ぎのあなたは注意が必要です。

組み立ては簡単で初心者でも組み立てられる設計になっていますが、もちろん有料で設置工事も行ってくれます。

そしてデザインはシンプルなものから、ディズニーの柄のおしゃれな物置まであります。

サイズもコンパクトサイズから大きなサイズまで種類が豊富ですよ♪

私もカインズでディズニーのおしゃれな物置を見たとき、驚きました!

もちろんカインズオリジナル物置以外にも、「イナバ」や「タクボ」などの物置も購入できます!

〈コメリオリジナル物置

コメリのオリジナル物置は、カカオブラウンまたはインディゴグレーという色で、シックで落ち着いたデザインが特徴です。

そしてセールが予想されるのは、9月の中間決算時期と、3月の総決算時期です。

ほかの2社に比べても、大人かわいいおしゃれなデザインが多い印象ですよ。

積雪地用と一般地用の2種類から選べるので、積雪の多い地域でも安心ですね♪

組み立て費、アンカー施工セコウ費、ブロック代が込みで販売されているので、自分で組み立てることはできません。

組み立て、アンカー施工もお願いしたいというあなたには、購入後に工事の心配のいらないコメリがおすすめですよ!

奥行の深い商品が多く、たくさんものを収納したいあなたにおすすめで、写真では自転車を収納してました!

〈コーナンオリジナル物置

コーナンのオリジナル物置は種類が少ないですが、かなり価格が安いです。

そのため、物置にデザイン性を求めない場合はコーナンがおすすめです。

ただ、価格がかなりやすいので「物置にデザイン性は求めない」という場合はコーナンをおすすめします。

オプションで設置工事を選択することもできますし、自分で設置をすることもできます。

ただ自分で設置するのは危険が伴うので、おすすめできません。

設置工事をコーナンで注文すると、サービスを付けてくれるようなのでお得ですよ♪

大型通販サイトのセール期間中に購入するのもお得

Amazon、楽天市場、Yahooショッピングの大型セールの期間中ならお得に買えておすすめです。

ホームセンターと同様に、定価の30%前後の値引きをした状態で売られています。

さらにポイントを貯められるので、大きなお買い物は特にネットショッピングがお得ですよ♪

ただ、自分で設置工事をしなければならないものも多いので、注意が必要です。

工事込みの価格か、工事のオプションをつける必要があるのかなどの確認をしてくださいね♪

自分で設置する場合は、店舗より安くポイントも付くので、ネット通販のほうがお得ですよ!

楽天市場は、購入画面にオプションの選択画面が出てくるので、わかりやすくておすすめです。

また、通常時に購入するのもお得ですが、セール期間を使えばさらにお得に購入できますよ。

今回は各通販サイトの最もお得な大型セールを紹介します。

各通販サイトの大型セール情報

サイト名 セール名 時期
Amazon プライムデー 7月
楽天市場 スーパーセール 3月,6月,9月,12月
Yahooショッピング 超PayPay祭り 11月

それではさっそくセール内容を見ていきましょう♪

〈Amazonプライムデー〉

「Amazonプライムデー」は年に1回、7月中旬に2日間のみ開催される大型セールです。

しかしこのセールを活用するには、プライム会員にならないといけないので、会員ではない方にはブラックフライデーがおすすめです。

ブラックフライデーは11月末に行われるセールで、プライムデーの次にお得なセールですよ♪

Amazonで販売されている物置は、組み立て式で自分で組み立てなければいけないものが多いので、注意をしてください。

口コミを見てみると「簡単に組み立てられた!」という声も多いので、組み立て自体は難しくないようですよ。

〈楽天スーパーセール〉

「楽天スーパーセール」とは年に4回、3の倍数月(3月、6月、9月、12月)に開催される楽天市場の一番お得なセールです。

なんとセール中は各商品200万点以上が半額以下という大特価で販売されます!

さらには楽天ポイントもたくさん貯まり、最大44.5倍も貯まりますよ。

そして「お買い物マラソン」というセールは毎月開催されるので、楽天スーパーセールと組み合わせるとかなりお得です。

楽天市場の物置は購入画面でオプションを選択ができ、設置工事やアンカー工事を追加できます。

ですので「自分で組み立てるのは不安」というあなたにおすすめです。

楽天市場でのセールのお得な情報は、以下の記事で詳しく紹介しているので、お買い物の際にぜひ参考にしてくださいね♪

〈Yahoo超PayPay祭り〉

「超PayPay祭り」とはYahooショッピングでのお買い物で、PayPayのポイントがたくさん貯まるお得なキャンペーンです。

「超PayPay祭」ではPayPay残高やPayPayあと払い、PayPayカード、PayPayカードゴールドの4つの支払い方法が対象です。

そのほかのクレジットカードでは対象外になるので注意してください。

さらに「ペイペイジャンボ」というイベントは、PayPayでお買い物したとき、自動的に最大全額還元の抽選が行われます。

なんと1等は支払い金額の全額が戻ってきますよ!

2等は決済金額の5%、3等では決済金額の0.5%が戻ってきて、4回に1回の頻度で1~3等が当たるので、ぜひ挑戦してみてください。

私も何度か当てていますが、効果音が独特でかわいいですよ♪

物置も設置工事費、アンカー工事費込みをオプションで選択でき「自分で組み立てるのは不安」というあなたにおすすめです。

中古を購入するときは粗悪品に注意!

中古品を購入するときは、大きい傷や、扉が閉まらないなどの不具合はないかの確認をしましょう。

「メルカリ」や「ジモティ」というサイトで販売されています。

物置を購入する際中古品は一番安く買えますが、汚れや傷などが多いので、理解したうえで「とにかく安いものが欲しい」という場合はおすすめです。

「メルカリ」より「ジモティ」のほうが安く、「ジモティ」は「いらなくなったものを譲る」というコンセプトから0円から買えます。

出品も多いですが、売れるのも早いようなので、欲しい商品を見つけた場合は、早めの入札をおすすめしますよ♪

私も「ジモティ」で家具を頂いたことがありますが、不具合なく使えています。

ただ中古の売主によっては粗悪品ソアクヒンの可能性もあるので、注意しましょう!

物置の設置費用はいくらくらいかかる?

設置費用はいくらくらいかかるの?

60,000円前後の費用がかかりますよ!

物置は本体価格のほかに、設置費用が60,000円前後必要です。

物置の設置に必要な費用
  • 本体価格
  • 組み立て費用:30,000円前後
  • ブロック代:6,000円前後
  • アンカー工事費用:20,000円前後
  • 水平工事費用:5,000円前後
  • 工事車両運送費:0円~
  • 階段荷上げ代:0円~

本体価格以外の設置費用は自分で組み立てる場合はかかりません。

しかし、自分で行うと水平にできず扉が閉まらなかったり、隙間スキマが開いたり、不具合に注意が必要です。

業者に頼むとプロの職人さんに任せられるので「自分で組み立てるのは不安」というあなたにおすすめです♪

それでは、各料金がいくらくらいなのか詳しく見ていきましょう。

〈組み立て費用〉

組み立て費用は物置の大きさや商品によって異なります。

小さい物置では10,000円で組み立ててもらえるものもありますが、高さが2,000mm前後の一般的な物置でしたら、30,000円前後のものが多いです。

なかには、はじめから組み立て費用、工事費用込みの物置もあるので、購入するときは費用が含まれているか確認してください。

〈ブロック代〉

物置の下のブロックは物置と地面の間を開けることで、通気性を良くし湿気を防ぐことができます。

通気性を確保することで、サビの対策や中のものを湿気から守ります。

また水平を調整するのにも有効です。

住宅の敷地シキチ内は水たまりができないように傾斜を付けているケースが多いので、水平を調整する必要があります。

物置の大きさによって必要ブロック数は変わりますが、だいたい6個ほど必要になるでしょう。

ホームセンターでもネット通販でもブロックの必要数が書いてあるので参考にしてくださいね♪

ブロック代は6個セットで6,000円前後のものが多く、ブラックなどの色がなブロックは高めの価格です。

ホームセンターやネットで物置を購入するときに、オプションで工事を追加するとブロック代をサービスしてくれるところもあるようですよ!

〈アンカー工事費用〉

アンカー工事費用とは物置の転倒防止工事のことで、強風や地震などで転倒しないよう、地面に固定する工事です。

地面が土、砂利の場合、物置の四隅にモルタルを流し込み固定します。

コンクリートの場合はアンカーボルトを入れるための穴をあけ、ボルトを締めて固定します。

アンカー工事の相場

土、砂利 15,000円前後
アスファルト 20,000円前後
コンクリート 5,000円前後

ただアンカー工事は素人には難易度が高いので、業者に依頼することをおすすめしますよ。

安全対策はもっとも重要なのでアンカー工事は必ず施工セコウするようにしましょう♪

〈水平工事費用〉

水平工事費用は物置を水平に保つための工事です。

水平でないと、扉がうまく閉まらなかったり物置に隙間ができたりするので、こちらの工事も行うことをおすすめします。

土、砂利 0円~
アスファルト 5,000円前後
コンクリート 5,000円前後

住宅の敷地内は水たまりができないように傾斜を付けているケースが多いので、一度業者に水平か確認してもらい、必要であれば工事を行ってくださいね♪

〈工事車両運送費、階段荷上げ代〉

工事車両運送費は2t車やワンボックスカーを敷地内に駐車できない場合の搬入ハンニュウです。

設置場所までの搬入中に階段が7段以上ある場合は階段荷上げ代の搬入費がかかります。

費用は駐車場所から設置場所までを100m以内と仮定すると8,000円前後です。

有料駐車場を使用する場合も、駐車料金を支払わなければならないので注意が必要です。

搬入時は十分な駐車スペースを確保しておきましょう♪

自分で組み立てたほうが安いのかな?

物置は簡単に買い替えられないので、なるべく業者さんにお願いしましょう!

倒れてしまったり、扉が閉まらなかったり不具合が起きて買い替えるほうが費用がかかります。

「正確な設置費用がいくらくらいか不安」というあなたは一度ホームセンターに見積もり依頼をしてみてください♪

自分で組み立てたい場合は、安全に気を付けて作業してください。

下水マスや水道の元栓あるのところに設置すると、もしものときに不便なので、避けるようにしましょう。

以下の記事は、水道の元栓の場所や注意点について解説している記事ですので、ぜひ参考にしてくださいね。

戸建ての物置には何を入れる?収納のポイントを紹介

物置に入れるものは、「タイヤ」など6つ、入れてはいけないものは、「食料品」など4つあります。

戸建ての物置に入れるもの
  • タイヤ
  • 釣り竿などの趣味の道具
  • 自転車、バイク
  • 日曜大工用品
  • ポリタンク
  • 園芸用品

物置に入れるものは「必要だけどかさばるもの」「外で使うもの」がメインですね。

私の家でも、冬のスタッドレスタイヤやスコップなどの園芸用品を収納していますよ。

何を入れるか迷う場合は、家の中で使うことがないものを考えてみましょう。

物置に入れてはいけないもの
  • 食料品
  • 衣類
  • 書類
  • 火気のあるもの

物置は高温多湿になるので、温度や湿気に弱いものは入れないほうがいいです。

私は子供のころ、物置の暗く狭いセマイところが、秘密基地のようで気に入っていましたが、かなり蒸し暑かったことを覚えています!

食料品は腐りやすいのはもちろん、虫や動物を寄せ付けるのでおすすめできません。

衣類や書類も湿気により菌が繁殖しますので、室内で保管しましょう♪

そして火気のあるものは安全面を考えて絶対に入れないようにしましょうね。

衣類や書類なども入れたい場合は、換気口のついた通気性のいい物置もあるようなので、ご検討ください。

せっかく戸建てなら物置がないともったいない!

戸建てのいいところは、敷地シキチ内を自由に使えることろですよね。

せっかくスペースが余っているなら、物置を設置してかさばるものや外で使うものを収納してはいかがでしょうか♪

何を入れるか迷う場合は、自転車置き場として使用するのもおすすめです。

失敗しない物置の選び方5選!なにを収納するかが大切

失敗しない物置の選び方を5選紹介します!

失敗しない物置の選び方5選
  • 収納したいものを想定して選ぶ
  • 置き場所を決めてから選ぶ
  • 防犯面で選ぶ
  • 耐久性で選ぶ
  • 使いやすさで選ぶ

まずは、何を収納したいのかを明確メイカクにしたうえで物置を購入することで「思っていたものと違う」ということを防げますよ。

それではそれぞれの選び方を詳しく見ていきましょう♪

〈収納したいものを想定して選ぶ〉

あなたが何を入れたいかによって、高さや奥行オクユキも違いますし、通気口が必要かどうかも関係してきます。

例えば自転車やバイクを収納したい場合は、ガレージ付きの物置か、収納できる奥行のある物置を選ぶ必要があります。

大人用自転車のサイズはJIS規格で決まっていて、前輪タイヤの先から後輪タイヤの先まで1,900mm以下です。

なので自転車を収納したい場合は、奥行が2,000mm前後あると安心ですね♪

衣服や書類など湿気に弱い物を入れたい場合は、通気口がある物置がおすすめです。

そのほかにも何をどのくらい入れるのか想定して、物置のサイズをご検討ください。

〈置き場所を決めてから選ぶ〉

置き場所によっては「買った物置が入らない!」とならないよう、先に決めておくことが重要です。

敷地シキチ内の余っている隙間スキマに物置を設置する場合、作業スペースを15cmほど考慮して物置を購入するといいでしょう。

作業スペースがないと物を出し入れできません。

さらには給湯器の排気口付近は、排出されるガスで物置の塗装トソウがはがれる可能性もあるので、避けましょう。

ただ戸建ての近くに設置すると、物置を踏み台に2階から侵入されるケースもあるのでご注意ください。

物置を使うときに、どこに置くと安全で便利かを想像して設置場所を決めてくださいね♪

〈防犯面で選ぶ〉

犯罪面ではほどんどの物置はカギ付きなので安心ですが、さらに防犯強度を上げたい場合は2重ロックなどをご検討ください♪

また物置にたどり着くまでの経路にセンサーライトを設置すると防犯対策になるのでおすすめです。

私の家も玄関先と物置に向かう経路にセンサーライトを設置していますよ♪

物置には高価なものを収納するのはおすすめできませんが、収納する場合は防犯カメラを設置するのも効果的です。

ダミーの防犯カメラでも十分防犯対策になりますよ。

〈耐久性〉

台風や地震などで破損しないよう耐久性も重要です。

積雪地帯にお住いの場合は、積雪対策をされている物置が必要ですし、衣服や植物を入れるのであれば、断熱仕様の物置が必要です。

防水加工の施された物置は全部の地域の方におすすめです♪

私の家の物置も防水加工の施された物置を使用していますが、快適に使えていますよ!

〈使いやすさで選ぶ〉

物置は扉の間口や開き方もさまざまで、「全面開口タイプ」「2枚扉タイプ」「引き込み式扉タイプ」などあります。

何を入れるかを考えるのと同時に、使いやすさも想像してみてくださいね♪

なるべく間口の大きいものを選ぶと、取り出しがスムーズで便利ですよ。

設置位置にあわせて、右開きか左開きかも確認しておきましょう。

物置を買うときは、使うときの状況を想像して選ぶといいでしょう。

余裕があれば収納の方法なども考えておくといいですよ!

私は何も考えず収納していて、必要なものを奥に収納してしまい、取り出しに大変な思いをしたことがあります。

そうならないためにも以下の記事では、きれいに収納できる収納術を紹介していますので、参考にしてください。

以下の記事のほかにもこのサイトではたくさんの収納に関する記事がありますので、ぜひ見てみてくださいね♪

まとめ

  • 物置を安く買えるのはホームセンターやネット通販
  • 物置本体のほかに必要になる費用は、サイズにもよるが60,000円前後
  • 物置に入れるものは「かさばるけど必要なもの」入れてはいけないものは「湿気に弱いもの」

物置を買う方法はたくさんあるので、「どこで買うのが安いのかな…」と迷ってしまいますよね。

「とにかく安いものがいい!」「いや、やっぱりデザインも大切だな…」など、あなたがどんな物置をほしいのか考えてみてくださいね♪

この記事が、物置をどこで買うのが安いのか悩んでいるあなたにとって参考になれば幸いです♪

物置をどこで買うのが安いのか悩んでいるあなたには、ネットショップからの購入をおすすめします。

ネットショップはポイントが貯まるので、大きな買い物ほどお得に購入できますよ!

こちらの商品は安いうえにカギも付いているので安全面も安心です♪



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA