※当サイトは広告を利用しています。

喪服をどこで買うか40代メンズ店舗選びのコツやその他アイテムも紹介!

今回は喪服をどこで買うのかお悩みの40代メンズのために店舗選びのコツを紹介していきたいと思います。

こんな悩みはありませんでしたか?

  • 喪服はどこで買えばいいのか?
  • 喪服を安く買う方法はあるのか?
  • どういった喪服を選んで買えばいいのか?

そこで40代メンズ用の喪服をどこで買うのか?

その他にもお役立ちな情報を調べてみました。

この記事で分かること
  • メンズ用の喪服は洋服の青山やイオンなどで買える
  • 喪服は元々が高い物だが20,680円から買える
  • 喪主か参列者かでマナーにそった喪服を選んで買うこと

これから40代メンズ用喪服をどこで買うのかについて、さらに詳しくご紹介していきます。

どこで買うのかどうしても迷うという方やどうしても店頭に行けないという方はこちらはどうでしょうか?

自分のサイズさえ分かっていればネットでも購入可能ですので是非見てください。

楽天では購入できないのでAmazonやYahooなどでお求めくださいね

喪服はどこで買うのか40代メンズおすすめのお店8選

40代メンズ用の喪服ってどこで買うの?

紳士服の専門店やショッピングモールで買えるよ!

メンズ用の喪服は洋服の青山やAOKI等のスーツ専門店やイオン、KASHIMAYA等で買えます。

喪服が買える主なお店!
  • KASHIMAYA
  • ORIHICA(オリヒカ)
  • SUIT & SUIT(スーツ&スーツ)
  • コナカ
  • 洋服の青山
  • スーツのAOKI
  • イオン
  • ユニクロ

40代になると代謝が落ちて体型が変わってくるので「昔買ったメンズ用の喪服が着られなくなった!」という方は多く、買い替えをする方はかなりいます。

仕事など付き合いがある男性は葬儀参列も多く、また40代は代謝が落ちて体型も崩れやすくなり50~60代になるとお腹が出てきてしまうのが一般的なんだそうです。

メンズ用喪服選びに大切なのは「サイズ」と「デザイン」。

そんな中で一番迷うのはどこで買うのか?ということです。

40代メンズ用の喪服をどこで買うのかという疑問を解決するためにも、それぞれのお店を次で詳しく紹介していきますね。

〈KASHIMAYA〉

高品質でリーズナブルな価格のオーダーメイドな紳士服をオンラインで完結に作れ、「年齢・体型・身長・体重」を入力すると自分にぴったりのサイズを提案してくれる。

さらにオーダーなのに最短1週間で納品してくれ、150種類以上の素材やカラーがあります。

デザインのバリエーションも豊富でジャケットは2型、パンツは4型から選ぶことが出来るところも魅力なお店です。

〈ORIHICA(オリヒカ)〉

メンズ&レディースのビジネスカジュアルブランドで幅広い商品を取り揃えています。

社会人に必須の礼服は特殊な加工を施した生地を使用していてナノレベルの染色剤を使って繊維の奥深くまで濃い黒に染め上げています。

背中の裏地がなく背抜き仕様になっているため、オールシーズン着用可能で長く着用することができる魅力的なスーツを作っているお店です。

〈SUIT & SUIT(スーツ&スーツ)〉

高品質なスーツを取り扱っており、ここでも冠婚葬祭のフォーマルなスーツが手に入ります。

WEB限定としてお得な価格帯で喪服を取り扱っていることも特徴です。

〈コナカ〉

紳士服売上業界3位のコナカは「すべてを品質から」をテーマに掲げる紳士服専門店です。

素材や機能を重視したスーツを売っていて、他のブランドと比較すると割高ではあります。

低コストでウール100%の素材のため葬儀マナーを守りつつオールシーズン着用できるデザインのフォーマルを販売しています。

ベーシックなデザインのためトレンドや時代に流されず、長く着用できることもポイントです。

〈洋服の青山〉

販売数世界一を誇る紳士服メーカーで全国展開もしており店舗数が多いお店。

シルエットがスマートで見た目もいいので、どのシーズンでも使える喪服やワイシャツや靴、ベルトなど一式が揃うのが魅力的です。

またシングル・ダブルが用意されていて、自分の体型に合うスーツを見つけやすいのもポイント。

2着買うと2着目から割引があったりと様々なキャンペーンがあるのもいいです。

〈スーツのAOKI〉

他の店舗より品揃えが豊富で喪服の種類やサイズが多いお店です。

40代になって体型でお悩みの方はサイズの種類も豊富なここがオススメです。

喪服だけでなくワイシャツや黒ネクタイ、ハンカチ等一式揃います。

2枚目半額のスーツの下取り割引キャンペーンというものを期間限定でやっていて40,000円以上の礼服が20,000円割引で買えることもあるそうです。

〈イオン〉

フォーマルスーツ専門店とプライベートブランドを取り扱っている店舗があります。

葬儀に必要な一式は揃えることができますが、スタッフに専門知識に詳しい人があまりいないので自分でしっかり調べてから購入する必要があります。

ここも喪服だけでなく一式揃うのでマナーに自信があるならばこちらで購入するのもいいかもしれません。

〈ユニクロ〉

ユニクロは普通のカジュアルな服を売っている場所で全国展開はしているので買いに行きやすいとは思います。

ストレッチウールジャケットとストレッチウールパンツという上下が喪服変わりとして着ることができるのです。

ユニクロでは一式を揃えることはできません。

注意してほしいのがユニクロのこのセットは略礼服と呼ばれるものだということです。

詳しくはのちに説明しますので頭の片隅にいれていただけたら嬉しいです。

このように様々なお店があり、特色も様々でした。

また、スタッフの専門知識の差もあるようなので自分の知識に自信がない方は洋服の青山やスーツのAOKIなどが良いかと思います。

買った喪服を長くキレイに保つためにこちらの記事もあわせて読むと良いですよ。

喪服が安いメンズ店舗を比較!レンタルも

一番安いメンズの喪服はSUIT & SUIT(スーツ&スーツ)で売られている商品です。

ひとつ前で店舗について詳しく説明しました。

今回はその中からメンズ用の喪服の安い価格だけを比較していきたいと思います。

店舗名価格
KASHIMAYA シングル上下仕立て価格:ポリエステル混 ¥44,000~(税込み)
            ウール100%   ¥55,000~(税込み)
ORIHICA¥31,900~(税込み)
SUIT & SUIT¥10,450~(税込み)
コナカ¥30,890~(税込み)
洋服の青山¥20,900~(税込み)
スーツのAOKI¥39,900~(税抜き)
イオン¥20,680~(税込み)
ユニクロ¥23,890(税込み)

各店舗のメンズ用喪服の安い金額のみ書きだしました。

これらは喪服の値段のみでワイシャツや黒ネクタイ、靴などは含まれていません。

一式を揃えようとすると、この金額を越してしまうので注意してください。

他にも喪服を購入せずにレンタルするという手もあります。

喪服や礼服はいざという時に必要です。

それ以外の時にはクローゼットの奥に眠っていることが多いし、また必要になるのはいつも突然だからクリーニングに出す暇がない。

急な状況で綺麗な喪服・礼服を準備するならレンタルが一番だと言えます。

〈Cariru BLACK FORMAL〉や〈礼服レンタル.com〉という喪服レンタルショップがあり、レンタル料は大体7千円から1万円程度です。

喪服のレンタルのメリットは購入するよりもレンタルする方が料金が安いことです。

有名ブランドの喪服も安く利用することができ、小物や靴もセットで借りることができます。

単身赴任中などに急な葬儀参列となると手元に喪服がない場合もあるため、そういう方がレンタルがすることが多いそうです。

デメリットは借りる機会が多い場合は費用が高くなりコスパも悪くなることです。

レンタル店が近くになかったり、今すぐ着たい喪服のデザインやサイズがないこともあります。

喪服購入と喪服のレンタル、どちらがお得かというと状況によって変わってきます。

葬儀に参列する回数が増えている場合ならば、長期的に見ても喪服は購入するべきだと思います。

ですが、そもそも参列する機会が少ない場合はレンタルのほうが安くつく場合もあります。

しっかりと自分の状況を見てどちらにするか選んでいただけたらと思います。

喪服はアイテムも含め一式レンタルすることが可能なので、「喪服をそこまで使わないなぁ」と思っているあなたはこれを機に一回利用してみるのも良いかもしれません。

喪服を買うなら何を買ったらいいですか?

喪服は3種類あるので喪服を買うなら、今から説明する格式の用途に従って買えばいいですよ!

喪服は「通夜なのか葬儀なのか」、自身が「遺族側なのか、一般参列者なのか」により、着用すべき格式が変わってきます。

なので、喪服を買うなら何を買ったらいいかは格式さえ分かれば簡単ですし、お店に行ってもスムーズに購入が進みます。

それでは種類について説明していきたいと思います。

では、どういった喪服なのか説明していきます。

〈正礼服〉

黒のモーニングコート、ベスト、黒のズボンというスリーピーススタイルです。

スリーピースはズボンにサスペンダーを付けるのが一般的です。

40代になると喪主を務めるケースもあるので一着は持っておくと助かるかもしれません。

また、昼はモーニングコートですが、夜は通常のジャケットに変えます。

〈準礼服〉

ブラックフォーマルと言われるスーツがこれにあたります。

注意しなければならないことはスリーピースを選ばないということ。

なぜなら、万が一喪主の方がスリーピースの喪服を着ていた場合、スリーピースのブラックフォーマルを着ていた自分(参列者)の方が格式が上になってしまうからです。

なので、ツーピースタイプを選ぶことが基本です。

〈略礼服〉

突然の訃報を受けたときや当日出先で準喪服を準備できなかったときに着るのが略喪服といわれる服装です。

急な弔問や三回忌以降の法要などで一般参列者が着る服で礼服ではないところがポイントです。

あえて選ぶ際は比較的地味なスーツを着用しましょう。

ここからは喪服を買う上で大事な事をお伝えしていこうと思います。

まず、5年以上着られるものを選ぶこと。

略礼服も正装になり、そんな服を毎日着ることはないでしょうがやはり失礼があってはいけないのでしっかりしたものを選ぶのが大事です。

次にサイズ調整が可能なものを選ぶこと。

日常的に着るものではないので、いざ着る時になって体型が合わないこともあります。

少し調整が出来れば着られるのならばそれに越したことはありません。

なのでウエスト部分にアジャスターが物などを選び調整できるものにしましょう。

最後に高すぎないものを選ぶこと。

略礼服は正礼服とは違って値段がやや安価ですから、安すぎず高すぎないものを買うのがベストといえるでしょう。

昔は喪主や喪主にかかわる遺族は正礼服が主流だったようですが、最近は準礼服の人が増えているそうです。

葬儀に出る場合は一般的な準礼服を着るのが良く、また喪服を買うなら何を買ったらいいかと購入を迷う際も準礼服を選ぶと間違いはありません。

買った喪服を長くキレイに保つためにこちらの記事がおすすめです!

喪服とは別に必要なアイテムを7つ紹介

葬儀に参列する際は、黒ネクタイなど7つのアイテムが必要です!

  •  ツヤのない黒の革製の内羽根・ストレートチップが最適です。
  • 靴下 黒の無地でミドル丈のものが良い。
  • ベルト ツヤのない革製で装飾がないシンプルなものを選ぶ。
  • ワイシャツ 綿100%の白無地が最適です。ビジネス用を着る際は柄がないか確認の上着ることと襟の形にも気を配らないといけないので気を付けること。
  • ネクタイ 黒無地の光沢がないものを選ぶと良い。
  • 数珠 数珠にはメンズ用とレディース用があるので注意。あと、「略式」と「宗派別の本式」の2種類があって基本は「略式」で大丈夫。
  • 袱紗 紺や黒、グレーなどの弔事用の袱紗を用意すると良い。

このように必要なものがあり、それぞれ決まった色などがあるので注意して購入してください。

あと、アクセサリーは結婚指輪を除き基本的にNGです。ネクタイピンもアクセサリーになるためしっかり外しておきましょう。

女性にはこの一式の中にバッグが入り、基本バッグは金具や装飾、ツヤがない片手で持てるセカンドバックを選ぶと良いそうです。

喪服はあるけど、小物やネクタイ、ワイシャツなどがないといった場合はドン・キホーテやしまむらがおすすめです。

しまむらはメンズの喪服はありませんが、レディースはありシャツやネクタイなど揃えることができます。

ドン・キホーテには喪服はありませんがそれ以外なら揃えることが出来るので店舗によっては24時間営業しているそうなので買い忘れたとしても安心です。

まとめ

  • 40代メンズの喪服はKASHIMAYAや洋服の青山、イオンなどで買うことができる
  • 安く買うならばSUIT & SUITが良いが喪服の着る機会が少ないならばレンタルが良い場合がある
  • 喪服には3種類あって準礼服であればマナー違反にならない

このように40代メンズの喪服選びは大変ですが一式揃っているお店が多く、マナーに則ることができればどこで買うのかと苦労することもないと思います。

参加する場や立場をしっかり理解してそれに沿った40代メンズの喪服を選ぶことが大事になってくるので、どこで買うのかしっかり見極めていきましょう。

正装をするというのは故人に対する礼儀であり、故人の家族に対して礼節を守ることに繋がります。きちんとした格好で故人を悼んで欲しいと思います。

どこで買うのかどうしても迷うという方やどうしても店頭に行けないという方はこちらはどうでしょうか?

自分のサイズさえ分かっていればネットでも購入可能ですので是非見てください。

楽天では購入できないのでAmazonやYahooなどでお求めくださいね



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA