メルカリで振込申請できないのは本人確認が完了していないせいかも!?

メルカリで売上げたお金を振込申請して使いたいのに、申請が完了できないと、せっかく稼いだのに意味がないですよね。

実は、振込申請ができないのは、アプリの本人確認登録がされていないからかもしれません!

メルカリがサービスを開始してから、セキュリティが強化されたり、売上金の振込期限が変わったりと、サービス内容を改訂している点がいくつかあります。

久しぶりに商品が売れて売上金を振込申請したいのに、申請しても完了できなかったあなたは、新しいセキュリティ強化策に対応できていないかもしれませんよ!

メルカリで振込申請ができない理由や、本人確認の登録方法、振込申請方法を詳しくご紹介します!

これを読んで本人確認が完了すれば、メルカリの売上金を使えずに困ることは無くなりますよ!

 

 

メルカリで振込申請ができないときは本人確認をチェック!

メルカリの売上金を口座へ振込申請したいのに、申請ができないと困ってしまいますね。

調べてみたら、本人確認しなくても振込申請できるって書いてあるサイトがあったよ。

セキュリティ強化のため、メルカリでは本人確認が徹底されるようになりました。

そのため、以前は本人確認登録をしていなくても振込申請ができていたようですが、最近では本人確認をしないと申請ができなくなっています。

さらに、本人確認をしていないこと以外にも、振込申請をできない理由があるようです。

 

振込申請をするには本人確認が必要!

私もメルカリガイドのQ&Aを調べてみましたが、本人確認しなくても振込申請ができると回答しているものがいくつかありました。

しかし、初めて振込申請をする場合など、全く本人確認ができていない状態では、本人確認を登録をしなければならないようです。

ここで言われている本人確認とは、「アプリでかんたん本人確認」のことだと思われます。

過去に銀行口座登録が完了している場合は、それまでの実績から振込申請をすることができるようです。

振込申請までしなくても、支払い用銀行口座を登録する場合にも本人確認を完了している必要があるので、本人確認は登録しておいた方がいいですね。

また、本人確認登録をしたのに申請ができない場合は、登録が完了していない場合や審査結果が不承認になっているという可能性もあります。

本人確認を登録しても、審査結果が通知されるまで2、3日かかります。

振込申請のために慌てて登録するのではなく、事前に登録しておくと良いですね!

本人確認の審査結果が不承認になっている場合も、振込申請ができないので、本人確認が完了しているか確認しましょう!

本人確認が完了は、マイページで簡単に見ることができますよ!

アカウント名の下に評価の星があります。その後ろに「✓本人確認済」とバッジがついていれば登録完了です。

一度開始した本人確認はキャンセルすることができないため、振込申請・支払い用銀行口座の登録をする場合は、本人情報登録を完了させてから手続きするようにしましょう。

購入者
本人確認がされている出品者さんから購入する方が安心できる!

友人からの意見でもありますが、購入者ユーザーのなかには、本人確認されている人から購入すると決めている方もいるようです。

本人確認登録をすることで販売促進にもなりそうですね!

メルカリを始めたばかりだったり、以前からメルカリを使っているけど振込申請が初めてという場合は「アプリでかんたん本人確認」から登録をしましょう。

 

アプリでかんたん本人確認の登録方法

キャッシュレス決済、メルペイを導入するにあたり、メルカリでは2020年9月より本人確認の強化が行われています。

本人確認をすることで、悪意のある第三者から財産を守り、これまで以上に安心して安全なメルカリを利用してもらうための対策だそうです。

売上金を不正利用されないためにも、セキュリティが強化されたってことだね!

本人確認の実施対象者は、「アプリでかんたん本人確認」が済んでいない全てのユーザーです。

メルペイのチャージやアプリでの振込申請を行う際には、この本人確認が必須となっています。

以前、銀行口座接続による本人確認が完了しているユーザーも対象となっており、アプリでの本人確認が済んでいないとメルペイのチャージもできません。

「アプリでかんたん本人確認」は、Webサイトからの申し込みができないので、アプリから登録をする必要があります。

登録は、「マイナンバーカード読み取り形式」と「自撮り形式」のどちらかで行います。

登録にあたり、本人確認書類を次のうちどれか一つを用意してください。

本人確認書類

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 在留カード
  • 日本国パスポート(2020年2月以降発行されたものは2021年8月現在利用できません)

本人確認書類の住所が最新でない場合は、上記に加えて補完書類が必要となります。

住所の補完書類例

  • 公共料金の領収書
  • 国税または地方税の領収書
  • 納税証明書
  • 社会保険の領収書 

本人確認書類が用意できたら、スマホのアプリから本人確認登録をしてみましょう。

マイナンバーカード読み取り形式 自撮り形式
「メルペイ>使い方>本人確認>設定をはじめる」より申込みを開始
本人確認書類を「スピード本人確認」マイナンバーカードを選択 本人確認書類を「他書類で本人確認」
署名用電子証明書のパスワードを入力 使用する本人確認書類を選択
スマートフォンでマイナンバーカードを読み取る 自分の顔と本人確認書類を一緒に画面に入れ、説明に沿って自撮りで撮影する
本人情報入力画面で必要情報を入力
4桁のパスコードを設定する

補完書類が必要な場合は、上記に加えて補完書類の撮影が必要になります。

いずれも画面での案内があるので、安心して登録を進めてくださいね。

こうして比べて見ると、マイナンバーカード読み取り形式の方が撮影する内容も少なく、手軽にできそうですね。

私は、マイナンバーカードを作っていないので、自撮り形式で登録しましたが、こちらもとっても簡単でしたよ!

正面、横顔、顔を動かすなど、撮影する内容が多くありますが、画面に表示される指示通り撮影するだけで登録がさくさく進められます。

ただ、自撮りで顔やカードを撮影するので、画像のブレだったり、背景に気をつけたりと準備が必要です。

私は一度登録しようとして、すっぴんを撮影するのが嫌で後日やり直したのですが、私のように気になる方はメイクも準備に入りますね(笑)

しかし準備ができてしまえば、登録するために画像を撮影したり、必要事項を入力したりしても10分とかかりませんでした。

ここまで完了したら、あとは登録完了の通知を待つだけです!先ほど説明したとおり、登録完了までは審査が必要なため、数日かかります。

いつ振込申請やメルペイを使いたい状況になっても大丈夫なよう、メルカリを始めたら「アプリでかんたん本人確認」をやっておきましょう。

セキュリティが強化されたことで、より安心してメルカリを利用することができるようになりましたね!

 

本人確認をしたのに振込申請ができない理由は?

メルカリの売上金を振込申請できない理由には、次の5つが考えられます。

振込申請ができない理由
  • 氏名と口座情報が一致しない
  • 氏名のフリガナを全角カタカナで入力していない
  • 氏名のフリガナを間違って登録している
  • 氏名もしくは口座名義に空白(スペース)が入力されている
  • 小文字表記による相違

<氏名と口座が一致しない>

何年も使用していると、メルカリに個人情報を登録した時と姓が変わっている場合がありますよね。

メルカリだけでなく、振込口座の名義が旧姓になっている場合も考えられます。

振込申請をする際は、現姓で登録されている本人名義の口座を登録しなければなりません。

氏名と口座情報が相違していると、振込申請時にエラーが発生します。

銀行口座の名義は姓が変わった際の手続きとして後回しにされがちですが、クレジットカードや公共料金などの支払いが滞る場合もあるので、速やかに変更してください。

名義を変更してない口座があるかもと不安に思ったら、この機会に確認しておきましょう!

登録時の氏名、振込口座情報に相違がないかよく確認して申請してくださいね。

<氏名のフリガナを全角カタカナで入力していない>

氏名のフリガナは全角カタカナで入力します。

ひらがなや漢字、空白、記号などの入力がないか確認してみましょう。

「ニ」が漢数字になっていたり、「ベ」がひらがなで入力されているなど、パッと見ただけでは気づきにくいものもありますよ。

一度入力したものを消して、確認しながら再度、入力を試してみましょう。

<氏名のフリガナを間違って登録している>

濁点や半濁点がついていなかったり、母音で伸ばす音のフリガナが間違って登録されている場合があります。

例えば、「ヤマザキ」が「ヤマサキ」、「オオキ」が「オウキ」など、普段漢字を変換しやすいように入力していると、間違って登録してしまっているかもしれません。

<氏名もしくは口座名義に空白(スペース)が入力されている>

ミドルネームなどで、スペースの入力が必要な場合でも、氏名と振込口座ではスペースを省いて入力しなければなりません。

姓と名で別々の入力ボックスになっているので、入力ボックス内にスペースが入らないようにしましょう。

<小文字表記による相違>

氏名、口座名義ともに、小文字は小文字のまま入力しましょう。

本人情報が「ヤマダ リョウ」なら、口座名義も「ヤマダ リョウ」と全てを一致させて本人確認登録をします。

小文字で入力しても、振込の際は大文字に変換されるので、間違えて振り込まれる心配はありませんよ!

上記5つの方法を試しても振込申請ができない場合は、メルカリ事務局に問い合わせしてください。

問い合わせでメルカリ事務局が必要としていることは以下、二つの情報です。

  • エラーページに表示されている、エラーメッセージの文言
  • エラー内容を確認できるスクリーンショット

どうしても申請ができない場合は自分で悩まず、事務局に相談してくださいね。

私も何度か事務局に問い合わせなどの相談をしたことがあるのですが、文面だけのやり取りでも丁寧に対応してくれるので安心ですよ!

 

 

メルカリの振込申請方法を確認!

メルカリの売上金は、ポイントとしてメルカリ内で商品を購入する際に使用したり、メルペイの残高としてキャッシュレス決済で使用こともできます。

これらを現金として受け取るためには振込申請が必要となります。

振込方法には、アプリの場合とWebサイトの場合と方法が2つあります。

どちらの方法から申請する場合でも、振込先口座は本人名義である必要があるので、口座名義の確認をしてから手続きするようにしましょう。

 

アプリでの振込申請方法

アプリの場合も、Webの場合も振込手数料200円がかかります。

手数料を引かれた金額が口座に振り込まれるので、あまり頻繁に申請をするともったいないかもしれないですね。

アプリの場合
  1. 「メルペイ>振込申請」をタッチ
  2. 振込先の口座情報を入力する→【次へ】
  3. 口座情報を確認→【はい】
  4. 「振込申請金額」に金額を入力
  5. 「お急ぎ振込」の【選択してください】から利用の有無を選択
  6. 【確認する】をタッチ
  7. 申請内容を確認後【振込申請をする】をタッチ

「振込申請」は、メルペイタブの下部にあります。少し見つけにくいですが、慌てず探してくださいね。

「アプリでかんたん本人確認」をされている場合は、Webサイトからの振込申請、残高履歴、振込申請履歴の確認をするこができません。

アプリで登録したら、さまざな申請、確認をアプリですることになります。

「振込申請金額」は手数料200円を含めた金額を入力してください。

例えば、1,000円が振り込まれるように申請するならば、振込申請金額は1,200円となります。

また、「お急ぎ振込」を利用すると200円の追加料金がかかるので、手数料の合計は400円となります。

メルペイ残高を振込申請する場合、ゆうちょ銀行以外はお急ぎ振込の選択は不要です。

お急ぎを選択する場合は気持ちも焦っているかもしれないので、注意して金額入力をしてくださいね!

 

Webサイトでの申請方法

Webサイトの場合
  1. マイページ>売上・振込申請>振込申請をして現金を受け取る
  2. 振込先口座情報を入力→【次へ】
  3. 「振込申請金額」に金額を入力
  4. 【確認する】をクリック
  5. 申請内容を確認後【振込申請をする】をクリック

Webサイトでの振込申請をする場合は、アプリで選択できた「お急ぎ振込」の項目がないので、お急ぎを指定することができないようです。

Webで振込申請をする方が手順は少なく感じますが、実際にはアプリもWebも振込申請の方法は変わらないように感じますね。

アプリで本人確認登録すると、Webでは振込申請ができません。

普段使っているものが、使い慣れていて一番簡単に申請もできるので本人確認登録する段階でどちらを使用するか決めておきましょう!

 

 

メルカリには振込申請期限がある!

メルカリでの売上金を振込申請するには、売上金を取得してから180日間という期限が設けられています。

この申請期限の180日を過ぎると申請されていない売上金は、登録している銀行口座へ自動的に振込が行われます。

しかし、銀行口座の登録がされていない場合は売上金が失効してしまうので、注意が必要です。

メルカリがサービスを開始して以来、売上金の有効期限は変動しているため、あなたが覚えてる情報は古いかもしれませんよ!

 

売上金は振込期限を超えると無くなってしまう!

2021年8月現在では、売上金の有効期限は取得した日から180日間となっています。

以前の有効期限は365日とより長かったり、90日とかなり短かったこともありました。

売上金申請期限の詳細
サービス開始~2017年12月3日 365日間

2017年12月4日~2018年9月26日 90日間

2018年9月27日~2021年8月現在 180日間

2018年9月以降は、売上金取得日から180日間となり3年の間変更がありません。

メルカリとしてもちょうど良い期間として落ち着いたのかもしれませんね。

再度変更される可能性もあるので、久しぶりに売上金を取得したら振込申請期限も確認しておきましょう!

振込申請期限が近づくと、アプリからは通知がくるよ!

アプリでは振込申請期限が近づくと通知されるので、通知設定をオンにしたり、アプリ内のお知らせを見逃さないようにしたりすることで申請漏れを防げますね!

口座登録をしなくても、売上金をメルペイ残高としてチャージすることで、メルカリの購入にも売上金を使うことができますよ!

口座振込は手数料がかかるので、私はいつもメルペイにチャージして使っています。

メルペイが使えるお店をよく利用するのならばチャージがおすすめだと思います!

もし、口座登録をしていても自動振込がされなかった場合や、売上金が失効してしまった場合は、口座登録や修正をしたうえで、速やかにメルカリ事務局に連絡しましょう。

 

売上金の振込スケジュールを確認

売上金の口座振込は「振込スケジュール」に基づき行われています。

振り込まれるまでの日数が、「ゆうちょ銀行」と「ゆうちょ銀行以外」で異なるため、よく確認しておきましょう。

はじめに、ゆうちょ銀行以外を利用した場合のスケジュールを説明します。

振込申請が完了した曜日 振込日
0:00~8:59の申請 9:00~23:59の申請
月曜日 火曜日 水曜日
火曜日 水曜日 木曜日
水曜日 木曜日 金曜日
木曜日 金曜日 月曜日
金曜日 月曜日 火曜日
土曜日 火曜日 火曜日
日曜日 火曜日 火曜日

土日は休業日なので、その間の申請は月曜日申請分の前に処理されるようですね。

振込申請完了日から振込日までの間に祝日や年末年始を挟むと、振り込まれるまでの日数が休日分だけ延びることになるので、余裕をもって申請しましょう。

続いて、ゆうちょ銀行を利用した場合の日数を確認します。

振込申請が完了した曜日 振込日
0:00~8:59の申請 9:00~23:59の申請
月曜日 木曜日 金曜日
火曜日 金曜日 月曜日
水曜日 月曜日 火曜日
木曜日 火曜日 水曜日
金曜日 水曜日 木曜日
土曜日 木曜日 木曜日
日曜日 木曜日 木曜日

ゆうちょ銀行を利用する場合は、ゆうちょ以外の銀行を利用する場合よりも日数が必要なようですね。

振込申請完了日から振込日までの間に祝日や年末年始を挟むと、振り込まれるまでの日数が休日分だけ延びることになるのはゆうちょ以外の銀行と同じです。

ゆうちょ銀行の口座を利用する場合、貯蓄口座は振込先口座として利用できないと公式ガイドに記載されています。

振込日当日の何時に振込が完了しているかは、金融機関によって異なるため、メルカリ事務局からの回答を得ることができません。

振込が完了したら、その日の夕方以降にアプリ内で通知がされるのでそちらを確認するか、指定した銀行口座の通帳記入をするなどして確認しましょう。

振込日当日に急ぎで振込内容の確認が必要な場合は、振込口座の取引明細を確認する必要があります。

振込申請履歴は、アプリでもWebサイトでも「振込申請履歴」から確認することができますよ!

 

 

メルカリの売上金は振込申請とメルペイチャージはどちらがお得?

メルカリの売上金には、銀行口座への振込申請をして現金化、メルペイへチャージ、メルカリ内でポイント購入という3つの使い道があります。

どうやって売上金を使うのが一番お得なんだろう?

結論から言うと、あなたに合った使い方が一番お得感を得られます!

3つの使い道にはそれぞれメリットデメリットがあります。

ポイント購入は、メルカリでのお買い物に利用できるものでさまざまなポイント活用方法と変わらないので、今回は省いて説明します。

残る2つの使い道、振込申請とメルペイチャージについて比較してみました。

それぞれのデメリット
<振込申請のデメリット>

  • 振込申請には本人確認が必要で、申請してから振り込まれるまで日数がかかる
  • 振込手数料が200円かかる

<メルペイのデメリット>

  • メルペイが使える範囲でしか使えず導入店舗が少ない
  • 利息が発生しない
  • QR決済を利用した際のポイント還元がない(キャンペーンを除く)

振込申請の場合は、手数料がもったいないと感じてしまいますね。

メルペイでは利用可能店舗が他のキャッシュレス決済に比べて少ないので、利用したい店舗が対象となっているか確認する必要があります。

それぞれのメリット
<振込申請のメリット>

  • 現金化されるので、利便性が高い
  • 貯金や投資をすることで利息が発生しお金が増える
  • 他の還元率が高いキャッシュレス決済にチャージすることで、ポイントがより多く貯まる

<メルペイのメリット>

  • 手数料なしで売上金からチャージできる
  • iD決済ができる
  • 定額払いが利用できる
  • キャンペーンを利用すると特定のお店で高い還元率でポイントが返ってくる

手数料を気にしないのであれば、振込申請で現金化した方がさまざまな支払いで利用できることは一番のメリットですね。

他のキャッシュレス決済にチャージすることで、お得に買い物をすることもできそうです。

メルペイでは手数料がかからずチャージできるので、利用可能店舗が生活圏内にあれば便利だと思います。

私は、メルペイにチャージして売上金を使っています。

売上金を含めずに、お金の管理をしているため、メルペイが使えるお店に行くならば売上金で支払うことで補助金の役割で利用しています。

売上金が多くあり、手数料を気にせず家計の助けにしようと思ったら振込申請。

売上金は少ないが、使えるお店へ行ったときに使ってちょっとお得感を味わうならメルペイ。

私はこのように使い分けると、お得に売上金を活用できると思います!

他のサイトやYouTubeなどでも、さまざまな勧め方がされていますが、ぜひそれぞれのメリットを活かして自分なりのお得な使い方を探してください。

 

 

まとめ

  • メルカリの振込申請ができないのは、本人情報の入力が間違っているか、本人確認が完了していないから
  • メルカリの売上金を振込申請するには、本人確認が必要
  • メルカリでは本人確認を強化しており、登録が完了していないと売上金を移行することができない
  • メルカリの振込申請は、アプリからとWebサイトからと2つの方法からできるが、アプリの簡単本人確認が完了している場合はアプリからしか申請できない
  • メルカリの売上金には振込期限が取得日から180日間と定められている
  • メルカリが口座振込するのにスケジュールが決まっており、数日間必要となる
  • 口座振込をする際には、ゆうちょ銀行とそれ以外の銀行とで日数が異なる
  • 振込申請とメルペイチャージではそれぞれメリットがあり、自分に合った方法を利用するべき

自分が使わなくなった物でも、捨てるほど状態が酷くないものならば、他に必要としている人に使ってもらいたいですね。

そうして販売して得たお金を少しでも家計の助けにできることは、メルカリが多くの人に利用されているメリットだと思います。

メルカリでの振込方法をよく確認して、売上金を次のお買い物に役立てましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です