キャンプに行きたくない妻を説得する方法と嫌な理由をご紹介!

家族でキャンプに行きたいが、妻に「行きたくない」と言われて悩んでいませんか?

何回話しても「行きたくない」の一点張り、そもそも話をあまり聞いてもらえない、なんてこともあるのではないでしょうか。

妻を説得するためには、キャンプの楽しさを伝える必要があります。

グランピング施設を利用したり、温泉施設があるキャンプ場を利用したりすることで準備などの手間なくバーベキューなど楽しめます。

キャンプの魅力を伝え、説得する方法をご紹介します。

また、妻がキャンプに行きたくない理由として、手間がかかることや虫が嫌いなことなどがあります。

キャンプに行こうと誘うだけでなく、行きたくない理由をちゃんと聞くことが大切です。

考えられる、キャンプに行きたくない理由を紹介するので参考にして見てくださいね♪

手間がかかることが嫌なあなたの妻も、このテントなら設営が簡単で手間がかからないので嫌がらずキャンプに行ってくれるかもしれません。

一人でも簡単に設営できて、日光を90%遮ってくれるので夏でも快適です。

そして、紫外線も99.99%カットしてくれ、日焼け防止にもなるのであなたの妻にも喜ばれるでしょう。日焼けが嫌な女性を説得したいなら、このテントがおすすめですよ♪

キャンプに行きたくない妻を説得する方法

家族みんなでキャンプに行きたいのに、妻が「行きたくない」と反対して困っていませんか?

そもそも、なんでそんなにキャンプに行きたいのか、魅力がわからない。

そんな女性も多いので、あなたの妻を説得するためには、キャンプの楽しさを知ってもらうしかありません。

キャンプに対するネガティブな印象を無くすために、工夫できることを5つ紹介します。

キャンプに興味を持ってもらう工夫
  • まずはキャンプではなくグランピングに行く
  • テントではなくキャンプ場の宿泊施設を利用する
  • 温泉が近くにあるか併設されているキャンプ場に行く
  • キャンプフェスに行って音楽も一緒に楽しむ
  • 星空を眺めたり焚き火をしたり楽しい体験をする

まずはキャンプではなくグランピングに行く

キャンプに行きたくない理由として、テントなどを準備することが大変だから嫌、という意見があります。

キャンプに行くまで、食事の材料やキャンプ道具を準備することも億劫でしょう。

前日や朝から、荷物を準備して、キャンプ場についてからもテントを立てて、キャンプを楽しむためには準備が必要です。

そのキャンプの準備が嫌な場合は、テントの設営や食事の準備が必要ないグランピングに行ってみましょう。

グランピングはすでにテントやコテージが準備されており、バーベキューの食材や器具を全部揃えてくれているところも多いです。

準備してあると、家から準備して持っていく必要がなく楽ですね。

グランピングならおしゃれだし行ってみたいと思えますね!

バーベキューや焚き火などのキャンプの魅力を知ってもらうきっかけとしておすすめです。

テントではなくキャンプ場の宿泊施設を利用する

テントでは眠れないから行きたくない、そう思う女性も多いんです。

テントの中で寝袋に入って寝ることもキャンプの楽しさではあると思います。しかし、家のベッドよりは寝心地が悪いですよね。

せっかくの休みに疲れが溜まるから、キャンプは行きたくない

眠れないこと、疲れが取れないこともキャンプに行きたくない理由の一つです。

テントで寝ることが嫌な時は、キャンプ場に併設されている宿泊施設を利用してみましょう。

綺麗なベッドがあり、快適に過ごすこともできるので妻や娘など女性には喜ばれるでしょう。

温泉が近くにあるか併設されているキャンプ場に行く

キャンプは入浴できないイメージの人も少なくありません。汗をかいたり、バーベキューの匂いがついたり、女性としては入浴できないのはつらいと感じてしまいます。

しかし、キャンプ場によっては温泉が併設されている場所もあるんです。

外での活動は楽しい反面体力を使うので、疲れを癒す目的でも温泉は最適です♪

みんなでバーベキューをして、温泉に入ったら気分も良くなって楽しいと思ってもらえるのではないでしょうか。

キャンプフェスに行って音楽も一緒に楽しむ

キャンプフェスはキャンプと音楽フェスを一緒に楽しめるものです。

テントを貼りのんびり過ごしながら、バンドの生演奏を楽しむことができます。

キャンプフェスは基本的に食べ物を販売しているので準備する必要はありません。

音楽好きの妻ならば、テントの中でゆっくり過ごすキャンプならではの楽しみを実感するきっかけとして良いでしょう♪

星空を見たり焚き火をしたり楽しい経験をする

キャンプの楽しい部分だけを体験してみると、考えが変わるかもしれません。

最近は自宅でもキャンプを楽しむ人が増えています。

テントなどがなくてもバーベキューなど楽しめます。

別にバーベキューとか好きじゃないし。

そんな人もマシュマロを焼いたり、アヒージョを作ったり想像しているバーベキュー以外のおしゃれな楽しみ方も豊富なのでぜひ試してみてください。

星空を見ながら夫婦でゆっくり話すのもキャンプの魅力でしょう。移動や準備の手間を省き、自宅などで楽しむこともおすすめですよ。

キャンプに行きたくない妻を説得するNGな方法

やってはいけない妻への説得方法は「他の人と比べること」と「子供のためにすべき」と押し付けることです。

あそこのお家はよくキャンプに行く、と言われると比べられているようで気分が良くありません。

また、子供のために、と言われると私なら「子供のためになることを嫌がるのはダメな親ってこと?」と責められている気持ちになってしまいます。

親なら少しの我慢は当たり前、ではなくあなたの妻の苦痛も理解しようとして上げてください。

キャンプに行きたい気持ちを伝えるだけではなく、ちゃんと行きたくない理由を聞くことが大切ですよ。

キャンプに行きたくない理由4選をわかりやすくご紹介!

キャンプに行きたくないというのは、ただ興味がないだけではなく、虫が嫌いなことや準備が大変などの理由がある場合もあります。

キャンプに行きたいことを一方的に伝えるだけでなく、理由を聞くことも大切です。

キャンプに行きたくない理由として代表的なものを4つご紹介するので参考にしてみてください。

キャンプに行きたくない理由
  • 虫が嫌いだから屋外での活動を長時間したくない
  • 準備や移動が大変でキャンプに行くことが億劫
  • テントでは眠れないので疲れが取れないから嫌
  • お風呂がないことやトイレが汚いなどの衛生面

虫が嫌いだから屋外での活動を長時間したくない

キャンプに行きたくない理由で一番多いのが「虫が多いこと」です。

虫刺されはつらいですし、そもそも虫が苦手な人も多く嫌な印象を持たれてしまうでしょう。

キャンプに行きたいならば虫対策を十分する必要があります。

さまざまな虫対策グッズが販売されているのでぜひ探してみてください♪

また、夏などの虫が多い時期を避けることも良いでしょう。夏のキャンプは虫が多い以外にも、暑く日焼けしやすいなどの問題もあるのでおすすめしません。

準備や移動が大変でキャンプに行くことが億劫

キャンプは持っていくものが多いため、行く前から準備に時間がかかります。また、遠いキャンプ場に行く場合は朝早くに家を出る必要があるでしょう。

「せっかくの休みの日に早起きすることがつらい」と思い、キャンプに行きたくないと感じてしまいますよね。

キャンプは子供の教育にもいいから、行った方がいいよ。準備お願いね。

なんて、言い方をされてしまうともやもやしてしまいます。

キャンプに一緒に行ってほしいならば、準備は積極的に行ってください。

準備は全部自分がやるからキャンプに行かない?

このように言ってくれると、少し気持ちが変わるかもしれませんよ♪

行く前の準備やテントの設営など積極的に行いましょう!

準備が楽になる、設営や片付けが簡単なテントがあります。コールマンのテントは一人でも簡単に組み立てることができ、とても人気です。

また、紫外線も99%カットしてくれるのであなたの妻にも喜ばれるでしょう。

日光も遮断してくれ、暑い日のキャンプにおすすめなので、あなたの妻が準備を嫌がるならば、この設営が簡単なテントをおすすめします!

テントでは眠れないので疲れが取れないから嫌

テントで眠れないことが嫌だと思う人も少なくありません。テントの中で、寝袋を使い寝ることはテントの醍醐味ではありますが、寝心地はイマイチですよね。

キャンプをするとただでさえ、屋外での活動で体力が奪われてしまいます。

私なら普段から家事や子育て、仕事と忙しいのに休みの日まで頑張らなければいけないのか、と辛くなってしまいます。

疲れるキャンプに行くくらいなら温泉でゆっくりしたい。

そう考える女性も多いでしょう。こういう時は寝袋などの寝具にこだわるのも良いですよ。

また、キャンプ場の宿泊施設を使用するのもおすすめです。

宿泊施設ならきれいなベッドがある場所も多いので、ゆっくり眠れて疲れも取れるので魅力的ですね♪

お風呂がないことやトイレが汚いなどの衛生面

お風呂がないことや、キャンプ場のトイレが汚いことも女性としては気になります。

特にバーベキューなどをすると汗をかきますし、そのままでは不快感があり嫌な気分になってしまいます。

温泉施設があるキャンプ場もあるのでぜひ検討してみてください。

また、トレイが綺麗かどうかも重要です。清掃が行き届いているキャンプ場も多いと思いますが、多くの人が使う場所ですので汚れていることも多々あります。

事前情報としてトイレやお風呂について調べてみてください。

女性は生理などがあり体調面でも考慮する必要がある

キャンプをする上で準備や衛生面以外に体調面も考慮してほしいのです。

どうしても、生理などで突然体調を崩してしまうことがあります。周期で予想はできてもずれてしまうことがあり、キャンプの予定に重なってしまうことも考えられます。

その場合、頭痛や腹痛でキャンプに行きたくないと思ってしまうでしょう。

「ずっと約束してたのに、直前に行きたくないなんて」と怒らず、体調を心配してあげましょう。

生理だとトイレも頻回になりますし、お風呂も温泉も利用することが難しくなってしまいます。

体調面も考慮する必要があることを理解していてくれると女性に喜ばれるでしょう♪

キャンプに行きたくないと子供に言われた時の対処法!

せっかく妻を説得できても、子供から「キャンプに行きたくない」と言われると困ってしまいますね。

子供がキャンプに行きたくないと思う理由は、先ほど説明したような理由とほとんど同じです。

虫が嫌、お風呂やトイレが綺麗じゃない、なんて理由がありました。

しかし、虫が嫌でもキャンプが好き、という子供も多いのが事実です。

虫が嫌いでも、キャンプの魅力を伝えれば、興味を持ってもらうことができます。

子供が魅力に感じるキャンプでの体験を3つ紹介します!子供がキャンプを好きになれば、妻もつられて好きになってくれるかもしれませんよ♪

子供にとってのキャンプの魅力
  • 一緒に料理や火おこしをしてキャンプを楽しんでもらう
  • 花火など子供が楽しめる遊びを取り入れる
  • キャンプアニメなどで興味を持ってもらう

一緒に料理や火おこしをしてキャンプを楽しんでもらう

キャンプの中で一番の魅力は親子で一緒に料理や火おこしをすることです。

特に火おこしは普段することができない体験なので興味を持つ子も多いです。

普段は火遊びをすると怒られるので、とても新鮮に感じるでしょう。

火の危険も教えながら、いつもできない体験ができることがとても魅力です♪

花火など子供が楽しめる遊びを取り入れる

子供も楽しめる遊びを取り入れましょう。特に花火は人気です。火を使う遊びは、遊ぶ場所を選ぶのでいつでもできません。

子供にとって花火は少し特別な遊びなのではないでしょうか。

他にも、川で釣りをしたり、自然の中で遊べるレクリエーション施設が楽しめたりするキャンプ場もあります。

普段はできない、自然の中で遊ぶ楽しさを知ると、キャンプを好きになってくれるでしょう。

キャンプアニメなどで興味を持ってもらう

今はゲームなどが好きでインドアな子供が増えています。

「キャンプに行こう」と言われてもどういう楽しみがあるのかわからない人も多いです。

家でゲームしてた方が楽しいから行きたくない。

そう思う子供に興味を持ってもらうためにはアニメなどが有効です。

「ゆるキャン△」など、キャンプをテーマにしたアニメがあります。

「ゆるキャン△」はソロキャンプを始め、さまざまなキャンプの楽しみ方を知ることができるのでおすすめですよ。

まとめ

  • キャンプに行きたくないという妻を説得するためには、キャンプの楽しみを知ってもらうことが必要
  • キャンプの魅力を伝えるためにはグランピングや宿泊施設の使用などがおすすめ
  • 星空を眺めたり、焚き火をしながらゆっくりしたり、キャンプならではの楽しみを知ってもらうと良い
  • 温泉が近くにあるキャンプ場や温泉が併設されているキャンプ場も女性にとって嬉しい
  • あなたの妻がキャンプに行きたくない理由は、虫が嫌、準備が大変、テントで寝られないから、お風呂やトイレの衛生面が気になるなどがある
  • 子供がキャンプに行きたくないという時は、花火や火おこしなど普段できない体験を一緒にすると楽しめる
  • キャンプの楽しさを伝えるためにアニメなども有効

家族とキャンプに行きたいのに断られると悲しいですよね。どうしてキャンプに行きたくないのか、まずは聞いてみてください。

そして、嫌な原因を取り除くと、少しはキャンプに興味を持ってもらえるでしょう。

あなたの妻や子供にキャンプの楽しさを伝え、一緒に楽しめるよう参考にしてみてくださいね。

キャンプにおすすめの、準備が簡単なテントを紹介します。一人でも簡単に設営や片付けができ、準備の手間が省けます。

また、日差しや紫外線をカットしてくれるので暑い日のキャンプや日焼けが気になる方にもぴったりです。

ぜひ、あなたの妻がキャンプの準備が面倒と言っていたらこのテントを使ってみてください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。