※当サイトは広告を利用しています。

車が買えないのは半導体のせい!?高い理由や買う方法を徹底解説

半導体不足などの車が買えない原因や、車を手に入れる方法について解説していきます。

こんな悩みはありませんか?

  • 車が買えないのはどうして?
  • どうして車の値段が高いの?
  • 車が買えたときにやっておくことはある?

半導体不足や納車時期が遅い話題はテレビでもよく目にしますよね。

そこで、車が買えない原因や買う方法について調べてみました!

この記事でわかること
  • 車が買えない理由は「半導体や部品不足」が原因
  • 車の値段が高い原因は「物価が高い」など2つ
  • 車を買ったときは「内外装のチェック」「任意保険に入る」などすることが4つある

それでは、車が買えない理由や買う方法などについて詳しく解説していきます!

車を買ったときにあると便利なこちらのごみ箱はいかがですか?

おもり付きで倒れにくいので車が買えないときにも洗面所や机の下など、車のなか以外でも使い道はたくさんありますよ。

通販で買うとポイントもついて、お得に買いものができるのでおすすめです!

カーメイト 公式オンラインストア
¥1,426 (2023/10/14 15:24時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

車が買えないのは半導体不足などが原因

この間、車を買おうとしたけど納期も遅くて買えなかったんです。

納期が遅くなっているのは、半導体や部品の不足が原因ですよ。

半導体が不足していることが原因で、車の製造せいぞう需要じゅように追いつかず納期が遅くなっています。(2023年10月現在)

納期が遅くなり買えない人も多いようですが、「2025年ごろには納期遅れが解消するだろう」という意見もありますよ。

私も去年車を買おうと販売店舗に行ったとき、「納期がいつになるかわかりません」と言われて買えなかった車がありました。

半導体が不足している原因は2つあります。

半導体不足の原因
  • コロナの影響で生産を中止していたため
  • 車や電子機器など半導体の需要が増えたため

<コロナの影響で生産を中止していたため>

コロナの影響で車の需要が減ったことにより車メーカーが車の生産をストップしたため、半導体メーカーが半導体の生産をストップしました。

しかし、車の需要が回復したころ一気に車メーカーが車を生産し始め、その生産に半導体メーカーが追いつけず半導体不足になったと言われています。

私も去年車を買ったとき、店員さんから「半導体不足」という言葉をたくさん聞きましたし、実際に納期が遅くてほしかった車を買えませんでした。

半導体不足が原因でほしい車が買えない状況になった方は、結構いるようです。

<車や電子機器など半導体の需要が増えたため>

半導体は、車だけでなくパソコンやスマートフォンなどの電子機器にも多く使われています。

コロナの影響でテレワークをする人が増え、パソコンなどの電子機器の需要が一気に上がりました。

その需要に半導体の生産が追いつかず、半導体不足になりました。

車のドライバーアシスト機能など性能がアップしたことで多くの半導体や部品が必要になった、という理由もありますよ。

車だけではなく電子機器などの影響も受けているのですね。

各メーカーで、フルモデルチェンジをした車が多くなったのも原因のひとつです。

車の納期遅れが解消する目処はいつなのか解説!

車の納期遅れが解消するのは、2025年ごろではないかと言われていますよ。

半導体不足が解消する目処はたっていませんが、この問題を対処する動きが見られているようです。

半導体不足に対処する動き
  • 車メーカーと半導体メーカーが生産量を調整
  • 半導体製造工場の拡張や新設

<車メーカーと半導体メーカーが生産量を調整>

車メーカーと半導体メーカーが協力して、生産量を調整する動きがあるようです。

車と半導体のバランスがよくなると、半導体不足も解消していきそうですね。

<半導体製造工場の拡張かくちょうや新設>

半導体の需要に追いつくためにもともとある製造工場を拡張したり、新しく建てたりしている動きがあるそうです。

半導体の製造場所を増やすことで生産量が増え、車の需要に追いつくかもしれませんね。

車の納期が遅いときの対処法を紹介!

車の納期が遅くて買えないときは、「中古車を買う」「在庫車を買う」などで対処できますよ。

対処法
  • 中古車を買う
  • 在庫車を買う
  • 買う時期をずらす

いま車を買うと納期が半年から1年かかることが一般的になっていますが、待てないときは以下の方法もぜひ検討してみてください!

<中古車を買う>

納期が短い車種で乗りたい車がないときや、いま使っている車が古くなり燃費が悪いときは中古車を買う方法もありますよ。

「登録済み未使用車」は、新車に近い状態の車なので新しい車がほしい方や新車が高くて買えない場合はおすすめです。

しかし、補助金や減税の制度が適用されなかったり初めての車検時期が早かったりする場合があるのでしっかり確認しましょう。

それでも納期が早く、新車に近い状態の車が手に入れられるのはうれしいですよね。

新車を買うまでのつなぎとして中古車を買う場合は、走行距離が長い車などが値段も低くおすすめですよ。

中古車を買うときは、買う目的を明確にしておくといいですね。

<在庫車を買う>

販売店によっては、在庫が残っており納期が2~3ヶ月の車を買える場合があります。

グレードや色にこだわらないという方にはおすすめですよ。

とにかく車がほしい!という方にもピッタリですね。

<買う時期をずらす>

ボーナスの時期や年度末は買う人が多くなり、車の需要が高くなるため納期が遅くなる場合があります。

車の需要が高まる時期をずらして、発注をすると納期が早くなる可能性がありますよ。

買い方次第で納期を短縮できるのはうれしいですね。

車が高いから買えない?理由と安く買う方法を解説

「物価や人件費が高い」などの理由から、車の値段も高くなっている状況です。

車の値段が高い理由
  • 物価や人件費が高い
  • 車に新しい性能技術が使われている

<物価や人件費が高い>

スーパーや飲食店などで、物価が高い話題はニュースでもよく目にしますよね。

それは車にも影響しており、車をつくる部品や材料の物価が高くなり車本体の値段も上がっています。

また、部品をつくる工場などで人手が不足しており人件費が高くなっていることも影響していますよ。

<車に新しい性能技術が使われている>

カメラやレーザー、運転アシスト機能など最近の車は性能技術がとても高いですよね。

その性能技術が使われていることにより、車の値段が高くなっています。

2021年11月以降に販売される車に関しては、自動ブレーキなどといった衝突事故を軽減する装置をつけることが義務付けられています。

そのため直接的に車の値段が高くなっていますよ。

今後も値段が下がる見込みがないという意見もあるので、購入プランをしっかり立てる必要がありますね。

車が買えなくてストレスを感じているときは、こちらの記事が参考になりますよ。

ストレスの解消法を具体的にくわしく説明していますよ。

車が高くて買えないあなた!安く買う方法を紹介

車を安く買う方法は「新古車や中古車を買う」「オプションを最低限にする」など4つありますよ。

安く買う方法
  • 新古車や中古車を買う
  • オプションを最低限にする
  • 決算時期に買う
  • 軽自動車を買う

<新古車や中古車を買う>

新車に比べて新古車や中古車は値段が下がっているため、車が高くて買えないと思っている方でも予算内の車が見つかる可能性がありますよ。

新古車はナンバー登録をしただけで手放された未使用の車で、中古車市場に出回っていることも多いですよ。

「長く乗れる車を安く手に入れたい」という方には、新古車がピッタリかもしれませんね!

ただ、新車の納期が遅く中古車の需要が上がっているため店舗や車種によっては安く買えない場合があるので注意しましょう。

また、グレードの高い中古車もあるので本革のシートやバックヒーターなどの機能がついた車や好きな車種を買える可能性がありますよ。

街中で見かける中古車販売店の車も「これが中古車!?」と思うくらいとってもきれいですよね。

私は車を見るのが好きなので、中古車販売店の前を通るとつい見入ってしまいます…。

<オプションを最低限にする>

新車を買うときはバックモニターや本革シートなどのオプションをつけられますが、たくさんつけると高くなってしまいます。

「本当に必要なオプションなのか?」をしっかり考えて必要最低限にすることで、車の値段をおさえられますよ。

ETCやフロアマットのオプションは後付けができるので、発注後に必要になったときや中古車を買ったときにもつけられますよ。

後付けできるオプション
  • ETC搭載
  • フロアマット
  • リモコンエンジンスターター

逆に純正ナビや本革シートなど後付けできないオプションもあるので、発注前にしっかり考える必要があります。

後付けできないオプション
  • 純正ナビ
  • 本革シート
  • 安全装備
  • バックモニター
  • サンルーフ
  • スマートエントリーシステム
  • ドアミラーの自動格納

車種によって異なるので、店員さんに確認しておくと安心ですね。

<決算時期に買う>

3月と9月は決算時期であり、販売店舗が次年度に在庫を持ちこさないために、車を多く売りたい時期です。

決算時期以外に買うより、値引き交渉しやすい場合がありますよ。

月末までには登録する必要があるので、車庫証明や住民票などの必要な書類は早めに準備しておく必要があります。

また、人気の車種や在庫がない車種については早めに店舗で相談しておくと安心ですよ。

<軽自動車を買う>

軽自動車は普通車よりも本体価格が安いので、予算内で車が買える場合があります。

税金や車検代金なども普通車より安く、ランニングコストも抑えられますよ。

軽自動車はコンパクトなので小回りがきく上に、安全装備もしっかり備えられているため安全に運転できますよね。

私の知り合いにも、運転しやすいという理由で普通車から軽自動車に切り替えた人もいますよ。

ただ、乗車できる人数が限られていたりエンジンが普通車より弱かったりするので使う目的によっては軽自動車が合わない場合があります。

車を買ってなにをするのかを明確にしておくと安心ですよ。

車を買う方法を紹介しましたが、実際に車が買えたらするべきことについて次の章で紹介しますね。

家族が乗るためミニバンを検討している方は、安く買う方法について解説しているこちらの記事もとても参考になりますよ。

車を買ったらすること4つ!おすすめアイテムも

自分に合った車の買い方が見つけられそうです!車が買えたときしておいたほうがいいことはありますか?

まず最初は内外装のチェックや任意保険に加入するといいですよ。

車を買ったらすることは「内外装のチェック」「任意保険に加入する」など4つあります。

車を買ったらすること
  • 内外装のチェック
  • 任意保険に加入
  • 慣らし運転
  • ETCセットアップ

とくに初めて車を買う方は、車を買ったあとなにをすればいいのか悩みますよね。

それではくわしく説明していきます!

内外装のチェックと任意保険に加入をしよう

車を買ったら、まず初めに内外装にキズや汚れがないかチェックと任意保険に加入をしましょう。

車を買ったらすることの中で、とくに重要な部分です!

下記でくわしく解説していきますね。

<内外装のチェック>

つい外装ばかりに目が行きがちですが、内装のキズや汚れのトラブルも意外と多いのです。

時間がたってから見つけても、保証の対象にはなりません。

販売店舗との関係を悪くしないためにも、初めにチェックすることが大切です。

私は車を買ったとき、店員さんが一緒にキズや汚れのチェックをしてくれましたよ。

内外装のチェックと一緒に、追加したオプションがきちんと整備されているかの確認もしましょう!

<任意保険に加入>

車を買ったときには必ず「自賠責保険じばいせきほけん」へ加入しますが、追加で任意保険に加入しましょう。

万が一人に被害を与えてしまった場合、自賠責保険だけでは保証しきれないときがほとんどです。

事故を起こさないことは前提ですが、「絶対に起きない」と言い切れません。

任意保険に入れば自分を守ることにも繋がるので、任意保険には必ず加入しましょう!

また、保険料は免許証の色や車種、保険会社によって異なるのでしっかり考えて保険会社を選びましょう。

慣らし運転とETCセットアップも大事!

新しい車の感覚に慣れたあとにガソリンを入れて慣らし運転をするのと、高速道路を走る予定がある方はETCのセットアップをしておきましょう。

車種や車の利用目的によってする必要があるかどうか変わります!

<慣らし運転>

最近は慣らし運転の不要な車種がほとんどですが、輸入車やMT車は慣らし運転をするよう指示がある場合がありますよ。

車種によって慣らし運転走行距離は異なりますが、慣らし運転は1,000~1,500km程度走行しましょう。

一般的な慣らし運転の方法は下記になります!

  • エンジンの回転数を3,000~4,000rpm以下に抑える
  • 「急」がつく急加速や急ブレーキ、急ハンドルをしない
  • 高速走行を控える
  • 一般タイヤは80km/h以下で100km以上走行、冬用タイヤは60km/h以下で200km以上走行する
慣らし運転が終わったあと、もしくは1ヶ月点検のときにオイルとオイルフィルターの交換をしましょう!

<ETCセットアップ>

高速道路に乗って遠くへ行く予定がある方は、あらかじめETCをセットアップしておくといいですよ。

販売店でセットアップしてくれるところもあるので、設定してくれるか店員さんに確認すると安心です。

ETCで高速道路を走ると、料金を割引してくれるところがほとんどなのでランニングコストを抑えられます。

また、料金所でお金を支払う必要がなく手間もかからず楽ちんですよ。

車を買ったらすることがわかっていると、スムーズに買う手続きができるので安心ですね。

車を買ったときにあると便利なものを紹介

車を買ったときに「スマホホルダー」「ドライブレコーダー」があると便利ですよ。

あると便利なもの
  • スマホホルダー
  • ドライブレコーダー
  • 日よけシールド
  • ウェットティッシュ
  • ごみ箱

<スマホホルダー>

運転中にハンズフリーで通話をする方や携帯でマップを見る方におすすめです。

アームを伸ばして角度調整ができる商品やマグネットで固定する商品などたくさんの種類がありますよ。

自分にあったスマホホルダーで安全に運転をしましょう!

<ドライブレコーダー>

トラブルや事故を記録し証拠として活用できるので、最近はとくに必要性が高くなってきています。

また、ドライブレコーダーがあると駐車中のトラブルの予防にもなりますよ。

私の乗っている車にもドライブレコーダーをつけていますが、一度みてみると前後の車両ナンバーを確認できるほどきれいに映っていました。

万が一の備えとして、ドライブレコーダーを付けておくと安心ですね。

<日よけシールド>

とくに夏は、直射日光をあびた車のなかはすごく暑く、ハンドルやシートベルトも熱くなっていて触れないこともありますよね。

外に駐車するときに、日よけシールドをつけておくと直射日光から守れて熱くなるのを防げるのでおすすめですよ。

<ウェットティッシュ>

車のなかで食べ物を食べるときや、買いものから戻ってきたときにサッと手が拭けるウェットシートもとても便利ですよ。

また、車が少し汚れたときにも拭けるので活躍する場面はたくさんあります。

ハンドルが汚れるを防ぐために、私は車のなかに常にウェットシートを置いていますよ。

長期間使わなかったり、使ったあとに閉めていなかったりするとすぐに乾燥してしまうので注意が必要です!

<ごみ箱>

車のなかでは意外とごみが出るので、ごみ箱があるととても便利ですよ。

床に置くタイプや壁に取りつけるタイプのものがあり、車の形に合わせて選べますよ。

通販や車のアクセサリー専門店で買えるので、ぜひチェックしてみてください!

車のなかのごみ箱にこちらの商品はいかがですか?

スイングするふたは開いたままにもできるので、たくさんごみを捨てられますよ。

おもり付きなので、ガタガタの道でも倒れにくいポイントもうれしいですね。

カーメイト 公式オンラインストア
¥1,426 (2023/10/14 15:24時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

まとめ

  • 半導体が不足していることが原因で、車の製造が需要に追いつかず納期が遅くなっている
  • 「2025年ごろには納期遅れが解消するだろう」という意見がある
  • 「物価や人件費が高い」などの理由から、車が買えないほど値段が高くなっている
  • 車を買ったらすることは「内外装のチェック」「任意保険に加入する」など4つある

半導体が不足していて車が買えない原因や安く買う方法、買ったあとにすることなどについて解説しました。

半導体不足や値段が上がって車が買えないなかで、この記事を読んだあと少しでも早く・安く車が買えたらうれしいです。

車を買って安全に楽しくドライブしましょう!

ドライブ中に食べたお菓子の袋や、手を拭いたウェットティッシュなどを入れるのにこちらのごみ箱がおすすめですよ!

ふたが付いているので、気になるにおいも抑えられます。

コンパクトサイズで場所を取らないのもうれしいですね。

カーメイト 公式オンラインストア
¥1,426 (2023/10/14 15:24時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA