※当サイトは広告を利用しています。

戸建ての給付金とは?新築や築10年以上でもらえるお金2023年最新!

戸建てを購入をするときにもらえるお金ってあるの?

すまい給付金などの給付金や、減税制度があるよ。

戸建ての購入とは大きな買い物なので、もらえるお金があるなら助かりますよね。

戸建てを購入したときにもらえるお金の一つに、すまい給付金という制度があります。

給付金のほかにも、減税制度や築10年以上で受け取れる火災保険など、もらえるお金ががありますよ。

この記事には、あなたが戸建てを購入する際に受けられる給付金情報が盛りだくさんです!

給付金情報を知らないと、受け取れるものを受け取れず損して過ごしてしまいますよ。

給付金とはどんな制度なのか情報を知っていれば、得した分で家具や家電などを購入できますね♪

公式HPでは難しい情報も簡単にまとめているので、参考にしてくださいね。

給付金に興味があるあなた、お金とはどんなものなのか改めて勉強したくはないですか?

お金についての知識には、節約や貯蓄、投資などがあって幅が広いですよね。

この「お金の超基本」には、お金についての役立つ知識がたくさんのっていますよ♪

戸建ての給付金とは?代表的な制度と対象の人や住宅も!

戸建てを購入するときの代表的な給付金とは、一定収入以下の人を対象に負担を軽減するすまい給付金という制度です。

2014年には5%から8%へ、2019年には8%から10%への消費税増税があり家計を圧迫しましたね。

戸建ては大きな買い物ですから、消費税が1%増えるだけでも数十万円増えてしまいます。

すまい給付金とは、消費税増税による住宅購入費の負担を軽減するために始まった制度です。

年収、購入する住宅の条件をクリアする人は、最大で50万円の現金を受け取れますよ。

50万円も受け取れると、増税で圧迫されていた家計が助かりますね♪

すまい給付金はどんな人でも受け取れるわけではありませんので、自分が対象となるかチェックしてみましょう。

すまい給付金の対象者は4つの条件をクリアしている人

すまい給付金の対象となるのは、収入や名義、住宅ローンの使用など4つの条件をクリアしている人です。

国土交通省によるすまい給付金の公式HPは少し難しかったので、簡単にまとめてみました♪

すまい給付金の対象者
  • 自分名義で住宅を購入し、実際に居住する方
  • 収入が一定以下の方(消費税10%の場合は775万円以下)
  • 住宅ローンを利用して購入する方
  • 住宅ローンを利用せずに購入する場合は50歳以上の方

自分が対象者になっていても、購入する住宅が対象でなければ給付金は受け取れません。

購入する住宅も、給付金支給の対象となるかチェックが必要ですよ。

すまい給付金の対象住宅は3つの条件をクリアしている住宅

すまい給付金の対象となるのは、増税後の購入、床面積、品質の3つの条件をクリアしている住宅です。

対象となる住宅
  • 消費税率8%もしくは10%が適用された住宅
  • 床面積が50㎡以上の住宅
  • 第三者の検査を受け、品質が証明されている住宅

人と建物は対象であっても、申請期間が終了していると給付金を受け取れません。

すまい給付金とは、いつ、どのようにして受け取れるのでしょうか?

自分が給付金を受けることができるのか、チェックしてみましょう。

すまい給付金は継続中!実施と申請方法は全国の窓口へ

すまい給付金の新規申請は終了していますが、すでに住宅を建てられた方で対象となる方はいます。

すまい給付金の実施期間と申請方法
〈すまい給付金の実施期間〉

  • 平成26年4月以降から令和3年12月31日までに引渡され入居が完了した住宅が対象
  • ただし、一定期間内に契約した場合は、令和4年12月31日までに引渡され入居が完了した住宅が対象

〈すまい給付金の申請方法 〉

  • 申請は住宅所得者がそれぞれ行う
  • 申請は全国の窓口か給付金事務局へ郵送

一定期間内に契約した場合は令和4年12月までに引き渡され入居が完了した住宅までが対象となりますね。

すまい給付金の支給対象であれば入居から1年間(当面は1年3カ月)、申請することができますよ。

これから戸建てを購入しようとしている人は、すまい給付金制度の申請ができないことがわかりました。

しかし安心してください、住宅を購入するときに受けられる補助は、ほかにもありますよ。

次の章では、これから住宅を購入する際に受けられる給付金などについて、説明しています。

給付金を調べていると、お金についてもっと知りたくなりませんか?

この「お金の超基本」を読めば、お金について詳しくなれますよ

いまさら人に聞けないというあなたも、お金の基本から学べます

戸建てでもらえる給付金2023年最新情報!新築なら必見!

2023年7月現在、戸建ての購入でもらえる給付金は、こどもエコ住まい支援事業など4つあります。

戸建ての購入で受けられる減税制度は、住宅ローンや固定資産税の軽減など5つあります。

これからマイホームを計画するあなたは、すまい給付金の申請ができないことがわかり、正直がっかりしませんでしたか?

戸建てを購入する際にもらえる給付金や受けられる減税制度は、すまい給付金のほかにもたくさんありますよ。

補助金や減税の制度を知っていれば、もらえるお金をきちんと受け取ることができます。

工務店やハウスメーカーの方にまかせっきりでは抜けがあるかもしれないので、自分でもどんな種類の制度があるのかチェックすることをおすすめします。

次に2023年に受け取れる、4種類の補助金をご紹介しますね♪

新築住宅の購入でもらえる給付金は4つ!

2023年に新築住宅を購入して貰える給付金はこどもエコ住まい支援事業など4つあります。

新築住宅の購入時にもらえる給付金
  • こどもエコ住まい支援事業
  • ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)補助金
  • 地域型住宅グリーン化事業
  • LCCM住宅整備推進事業

2023年7月時点

家を新築するなら、あたらしい家電や家具もそろえたい!

新築住宅を購入するときにお金がもらえると、とても助かります。

新築住宅を購入するときにもらえる給付金4種類について、詳しく説明していきますね。

<こどもエコ住まい支援事業>

新築住宅を購入する子育て世帯や若年夫婦世帯に向けた補助金制度です。

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー)レベルの高い省エネ性能を持つ住宅の購入が条件となります。

新築住宅では最大100万円、リフォームでは最大60万円の補助が受けられますよ。

予算期限は2023年3月31日~予算上限に達するまでなので、早めに申請しないと補助を受けられませんよ。

<ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)補助金>

ZEH、ZEH+、次世代ZEH+、次世代HEMSなど、高性能な住宅が補助の対象となります。

対象となる住宅であるかわからない方は、ハウスメーカーなどに確認しましょう。

高性能住宅と認定されると、最大100万円の補助が受けられますよ。

予算上限に達すると給付は終了するので、早めに申請しないと補助を受けられなくなってしまいます。

<地域型住宅グリーン化事業>

省エネルギー性能や耐久性に優れた木造住宅を、中小工務店で購入した場合に受けられる補助制度です。

国土交通省に認められた中小工務店でなければ、補助を受けることができませんよ。

国土交通省に採択された工務店かどうかは、工務店を検討する時点でチェックしておきたいポイントですね。

受け取れる補助金は最大150万円で、申請や受け取りは工務店が行います。

<LCCM住宅整備推進事業>

ZEH住宅かつ二酸化炭素の発生をおさえた住宅への補助金制度です。

ZEH住宅かつ二酸化炭素の発生をおさえた住宅という条件を満たすと、最大140万円の補助金を受け取れますよ。

支払い後の支給となるので、一旦は購入金額をすべて支払う必要があります。

新築住宅を購入するときにもらえる給付金は、4種類もありましたね!

これらの給付金以外にも、自治体独自の給付制度がある場合もあるので、ぜひ確認してみてください。

次に、2023年に利用できる5種類の減税制度をご紹介しますね♪

新築住宅の購入で受けられる減税制度は5つ!

2023年に新築住宅を購入して受けられる減税制度は、住宅ローンや固定資産税など、5つあります。

新築を購入する時に利用できるのは給付金だけでなく、減税制度というものもあります。

新築住宅の購入で受けられる減税
  • 住宅ローン控除
  • 登録免許税の軽減
  • 贈与税の軽減
  • 不動産所得税の軽減
  • 固定資産税の軽減

2023年7月時点

住宅は大きなお買い物なので、かかる税金は大きなものになります。

住宅本体にかかるお金じゃないならなおさら、できるだけ節税したいですよね♪

新築住宅を購入するときに受けられる減税制度5種類について、詳しく説明していきますね。

<住宅ローン控除>

住宅ローンを使用して、新築住宅を購入した方を対象としています。

1年あたり最大35万円、控除は最長13年間受けられます。

確定申告をしないと、住宅ローン控除は受けられないので注意が必要ですよ。

<登録免許税の軽減>

新築住宅や土地の購入には、登録免許税というものがかかります。

登記手続きの際に条件を満たす証明書を提出すれば、減税が受けられますよ。

<贈与税の軽減>

直系の家族からの贈与では、基礎控除額(110万円)を超えた場合には贈与税がかかります。

省エネ住宅であれば、最大1000万円までが非課税の対象になりますよ。

<不動産所得税の軽減>

住宅や土地を購入する際には、大きな所得税がかかりますね。

住宅と土地の両方に適用され、4%から3%へ減税されます。

都道府県の税事務所に書類を提出しなければ、減税は受けられませんよ。

<固定資産税の軽減>

固定資産税を軽減する措置は、2024年3月31日まで適用されます。

都道府県の税事務所に必要書類を提出することで、減税が受けられますよ。

新築住宅を購入するときに受けられる減税制度は、5種類もありましたね!

お金が必要になるのは購入時だけでなく、税金や修繕費など他にもいろいろあります。

もらえる給付金と受けられる減税の制度を、すべて活用しちゃいましょう♪

築10年以上の戸建てでもらえる給付金は火災保険! 

築10年以上の戸建てに住んでいるなら、95%もの方に火災保険の給付金がおりる可能性があります。

火災保険って、大きな災害の時にしか使えないんじゃないの?

大雨や雪、風による小さな被害にも使えるのよ。

戸建てに住んでいる人なら、ほとんどの方が入っている火災保険。

私はなんとなく火災保険に入っていて、なんとなく保険料を支払っていました。

火災保険は家屋の倒壊や浸水など、大きな損害時にしか使えないものだと思っていませんか?

大雨による雨どいのゆがみ、大雪による屋根のゆがみなど、生活に困らないレベルの損害にも適用されますよ。

火災保険の申請には写真などの証拠とともに、災害発生時の詳しい状況の報告が必要になります。

過去2年以内の災害による損害に火災保険は適用されるので、損害を見つけたら写真などを残しておきましょう!

火災保険申請業者に依頼をすれば、火災保険の適用になる修繕箇所があるか、すべておまかせで診断してもらえますよ。

自分で修繕箇所の確認をすると、大きな労力と時間を使うことになってしまいます。

火災保険申請のポイント
  • 築10年以上で対象の可能性が高い
  • 自分で申請するのは大変
  • 火災保険申請業者を利用しよう
  • 保険金は修繕につかわなくてもよい
  • 災害から2年以内に申請しよう

築10年以上の戸建てでは、95%もの方が火災保険の給付金の対象になります。

火災保険を申請して給付金がおりれば、平均104万円がもらえますよ。

まとめ

  • 戸建てを購入するときの代表的な給付金とはm一定収入以下の人を対象に負担を軽減するすまい給付金という制度
  • 2023年7月現在、戸建ての購入でもらえる給付金とは、こどもエコ住まい支援事業など4つ
  • 2023年現在、戸建ての購入で受けられる減税制度とは、住宅ローンや固定資産税の軽減など5つ
  • 築10年以上の戸建てに住んでいる場合、95%もの方に火災保険がおりる可能性がある

2023 年にもらえる戸建ての給付金には、すまい給付金以外にも、いろいろな補助や減税制度がありましたね。

住宅の購入を考えている方以外でも、築10年以上では95%もの方に火災保険がおりるというのはおどろきでした。

もらえるものはしっかりもらって、もらったお金で好きなものの購入や貯蓄など、ぜひ有意義に使ってくださいね!

お金をもらったら、有意義に活用したいと思いませんか?

この本は、人生100年時代に対応する、お金の教科書最新版ですよ。

節約や運用方法を学んで、最高の家づくりに役立ててくださいね♪



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA