結婚式がめんどくさいからやりたくない理由4選と解決策!男女別に紹介

この記事を読んでいるあなたは、「結婚式がめんどくさいからやりたくない…」と思っているのではないでしょうか。

結婚式がめんどくさいからやりたくない理由は「準備がめんどくさそう」など4つあり、「段取りを明確にする」などの対処で解決できることがあります。

ある調査によると、結婚式をしないで結婚を報告しただけという人は35.7%います。

あなたも結婚式を挙げるか挙げないか迷って決断して、後悔したら残念な気持ちになりますよね。

そうならないために、めんどくさいからやりたくないという理由をリサーチして自分たちはどうするのか、しっかり判断できればいいと思います。

どうしても式を挙げたくないけど思い出を残したいあなたはこのドレスを着てフォトウェディングを行ってはいかがでしょうか♪

フォトウエディングだけを行う場合にもこのドレスで、素敵な思い出が残せると思いますよ。

このドレスは楽天のみで販売されているので、下の赤いボタンから選んでくださいね!

結婚式がめんどくさいからやりたくない理由と解決策!

結婚式がめんどくさいからやりたくない理由は、「お金がかかる」「準備が面倒」など4つあります。解決策もお教えします!

めんどくさいと曖昧な否定ではありますが、やりたくないという本当の理由があるはずです。

本当の気持ちを知らないことはどんなときでも悲しい気持ちになります。

「やりたくない」本当の理由によって解決策が変わってきますよね!

あなたが結婚式をやりたいと思っているなら、本当の理由を知って説得できたら相手も納得できると思いますよ♪

相手が「結婚式がめんどくさいからやりたくない」と言い出した時の説得の仕方を理由別に紹介していきますので、参考にしてみてください。

結婚式にかけるお金がもったいない

「結婚式がめんどくさいからやりたくない」という本当の理由には、結婚式にかけるお金がもったいないと相手が思っている場合があります。

結婚式にかかるお金は、平均324.6万円と言われています。

こういった大きなお金を使うときにはこれだけの費用を払う不安から「結婚式をやりたくない」と不安になる人は多いです。

結婚式にかける「お金がもったいない」と感じる理由はさまざまのようです。

「貯金がない」「新生活のためにお金を使いたい」「これだけの費用をかける価値を感じられない」などの理由を挙げる方が多いです。

相手が「結婚式にかけるお金がもったいない」と思っている人には以下のような考え方を伝えてみましょう。

<解決策1:自己負担額という考え方を伝える>

実際には、ゲストからいただけるご祝儀や両親からの援助などがあります。

全額を二人の貯金でまかなわなければならないわけではないということを伝えることが必要です。

うまくやりくりすれば、自己負担額100万円以内で結婚式ができるパターンもあります。

<解決策2:結婚式の方法によって費用が変わることを伝える>

少人数結婚式やフォトウェディング、挙式のみの結婚式などもあります。

結婚式のスタイルを変えれば費用が変わるということを伝えなければなりません。

気に入ったスタイルがあることや、費用負担が少なくなることで、「50万円くらいでできるなら…」と結婚式に前向きになってくれるかもしれませんよ♪

結婚式の準備が面倒で時間がなかなかない

結婚式をするとなると、式場探しから予算はいくらか、誰を招待するのかを決めなければなりません。

他にも、おもてなし料理や引出物はどうするかなど、結婚式の準備は時間もかかりますし神経を使うものです。

そのため「準備が面倒だ」「準備の時間がない」と結婚式の準備をめんどうだと思う人も多いです。

時間や面倒だという理由で反対されるのは、もったいないですよね。

明確なスケジュールを提示することと、段取りを目に見えるようにすることを提案してみるとよいかもしれません。

<解決策1:準備が必要なことやスケジュールを説明する>

「準備が大変そう」というだけで結婚式をやりたくないと言っている場合もあります。

結婚式までの具体的なスケジュールと、自分たちが結婚式に向けて準備しなければならないことを説明みると良いでしょう♪

具体的なスケジュールとやることが明確になれば、相手も面倒という気持ちが軽くなると思います。

しっかりと説明してみることが大切になると思いますよ!

<解決策2:結婚式までの段取りを目に見える形にする>

結婚式までの段取りをざっくりとまとめると以下のようになります。

  • 結婚報告
  • 挨拶婚約
  • 結婚指輪の準備
  • 顔合わせ・結納
  • 入籍の手続き
  • 結婚式のイメージを膨らませる
  • 候補の式場選び
  • フェア参加

たしかにこれを見ると、「大変そう」「面倒だ」と思ってつらくなりますよね。

ですが、「結婚式準備ノート」を準備している業者もあり、それに沿って進めていけば準備が進められるというサービスを提供しているので安心です。

まずはこの必要な準備を相手と共有してみることから始めてみませんか?

ゲストに負担をかけるのが申し訳ない

「ご祝儀を出してもらうのは申し訳ない」「遠方からわざわざ足を運んでもらうのは避けたい」など、ゲストの負担を考えている可能性もあります。

その結果「結婚式はめんどくさいからやりたくない」と言っているのかもしれません。

せっかく祝福してくれる大切な人たちがいるのに「申し訳ない」と思っていてはもったいないですよね。

あなたたちを祝福したいと思っている家族や友人、同僚など少なからずいることでしょう。

<解決策1:ゲストの祝福する喜びがあることを知ってもらう>

主催者側としてゲストのことを考えると、「ご祝儀を出してもらうのは申し訳ない」「遠方からわざわざ足を運んでもらうのは避けたい」と思いますよね。

ですが、ゲスト目線に立ってみるとどうでしょうか?

確かに準備やお祝儀で負担に感じることもありますが、大切な人の結婚を祝う場があるということはゲストにとって幸せなことです。

ゲストと一緒に結婚という一大イベントを祝う場があることはお互いに幸せなことだと思います。

それをわかってもらえれば、結婚式を前向きに考えてくれるかもしれませんよ♪

呼べるゲストがいない

誰を読んだらいいのか、どんな関係性の人まで読んだらいいのか悩んだ結果、「結婚式はめんどくさいからやりたくない」と思う人もいると思います。

また、そもそも呼びたい人がいなかったり、呼べる人がいなかったりという理由で結婚式を躊躇(ちゅうちょ)する人もいますよね。

「呼びたい人がいない」と断念してしまうのは、残念な気持ちになりますよね。

最近は規模を小さくしたり、家族などだけで行ったりなどさまざまな方法がありますので提案できれば相手も前向きに考えてくれるかもしれません。

<解決策1:ゲストを絞った結婚式を提案する>

  • お互いの両親や親近者だけに絞った結婚式にする
  • ごく親しい人だけを招待する結婚式
  • 2人だけのフォトウェディングやリゾートウェディング

「ゲスト数が少ないのは恥ずかしい」「上司を結婚式に招待しないなんて」といった考えも今は昔と比べると少なくなってきています。

周りの目を気にせず、「親族まで」「親しい友人まで」などとラインを決めてゲストをリストアップするのも有効ですよ♪

結婚式がめんどくさいと思う女特有の理由5選!

結婚式は「女が主役」のような捉えられ方をされがちですが、「招待する人の選別がめんどくさい」「準備が大変そう」という理由でめんどくさいと思っている女性もいます。

結婚式は人生における一大イベントで大切であるからこそ、費やす費用や時間も膨大になります。

花嫁に関しては、式の準備やリハーサルだけではなく、ブライダルエステに通う場合だってありますよね!

「結婚式は女の憧れ」とも言いますが、めんどくさいと思っている女性もいるのです。

それを理解してもらうのは相手の気持ちもありますから、とても難しいことかもしれません。

結婚式がめんどくさい女性が感じている理由をまとめましたので、相手もこれから紹介する気持ちがあるかもしれませんので参考にしてみてくださいね♪

招待する人の選別がめんどくさい

「結婚式に呼ばれた」「結婚式に呼ばれなかった」と女友達の中で話題にあがると正直めんどくさいこともありますよね。

人数の兼合いなど事情があったとしても、今後の人間関係に少なからず影響してきます。

私も事情があったとしても自分だけ呼ばれなかったということがあり、少し残念な気持ちになったことがあります。

その気持ちがわかるからこそ、招待する人の選別がめんどくさいと感じる人がいるようです。

結婚式をやる意味が見いだせない

客観的に自分の結婚式について考えたときに、「花嫁姿を見せたいと思わない」「個人的なイベントをみんなに祝ってもらう意味がわからない」と思うのがこのタイプです。

普段着ることのない衣装を着て、みんなに見られるというのを好まない人もいますよね。

「目立つのが苦手!」と思う人にとっては結婚式というイベントはかなり厳しいもので、想像しただけで緊張してしまうようなシチュエーションです。

このような理由から「結婚式がめんどくさい」と思う女性もいます。

しかし、人生で数少ないウェディングドレスを着るという機会ですから、もったいないという気持ちもあるかもしれません。

思い切って、みんなの前で披露するとみんなも喜んでくれると思いますよ!

結婚式までの準備が大変そうだから

「結婚式という儀式は素敵なものだと思っているが、準備が大変そう…」と思っている女性も多いです。

「忙しくて残業をして帰った日に、テーブルに置くカードをその日までに製作しなければならずに困った」

「結婚式の準備で彼と喧嘩した」などというエピソードも聞きますよね。

そんな話を聞いていたら、結婚式って準備が大変そうと感じてしまいます。

特に結婚式の準備が原因で彼と喧嘩するなんてことがあれば、悲しい気持ちになります。

仕事にプライベートにと忙しくしている女性は多いですから、準備が大変そうという理由でやりたくないと思う人もいます。

妊娠中など式を挙げるのが難しい状況だから

結婚式を挙げるのが難しい状況だから、やりたくないと思う人もいます。

特に妊娠中でつわりがひどい状況下にある女性は、結婚式どころではありませんよね。

また新郎新婦のどちらかが再婚という場合は、一度お祝儀をいただいていることを気にして結婚式をあげられない、という人もいます。

さまざまな事情がありますから、状況に応じて結婚式をあげるかどうかは決める必要がありますね。

マリッジブルーで結婚式をやりたくない

元々結婚や結婚式が楽しみだった女性でも、準備で忙しくなるにつれて結婚式、または結婚自体がゆううつになることもあります。

こういった状態のことをマリッジブルーと言い、意外と先輩花嫁たちが多く経験している状況です。

環境の変化が原因なので、気分転換をするなど落ち着いて対応することが大切になってきます。

パートナーと相談して気分転換をしたり、友達の力を借りたりして環境の変化に順応していきましょう。

結婚式がめんどくさいと思う男特有の理由3選!

結婚式がめんどくさいからやりたくない理由として「自分のためじゃないから」「費用がかかるから」と思っている男の人は少なくありません。

男にとって結婚式の位置づけはだれかのためにやるものであって、決して自分のためではないという意見もあります。

結婚式をやりたくない男性の割合は52.8%とも言われています。

この結果からわかることは、大半の男性が結婚式に向けての気持ちが後ろ向きということですね。

結婚式をやりたくない男の人が結婚式をやる理由は、「親のため」「彼女のため」が多い意見です。

せっかく結婚式をやるのに他人のためで、他人事として式をあげるとしたら少し寂しいような気がしますよね。

結婚式がめんどくさいと思っている男の人の理由について、紹介していきます。

結婚式の主役は女であって男は主役じゃない

結婚式の主役は花嫁ととらえられがちですし、目立つのも花嫁であることが多いです。

子供っぽい理由ですが、主役じゃないことを気にしてしまうのも男心。

さらに結婚式では両親やゲストをもてなすホスト側になってしまうのも大変な役割ですよね。

主役じゃない、ホストとしてもてなすのは大変と考えるとついついゆううつになってしまうでしょう。

このような理由から、ネガティブなイメージを抱いてしまう男の人も少なくありませんので、その気持ちを分かってほしいと思います。

新郎新婦の二人が主役になれる結婚式を準備していくと解決すると思いますよ!

結婚式をやりたくないのは意見が通らないから

結婚式の食事を選ぶときに、このようなことがあったというエピソードがあります。

新婦に「洋食と和食どっちがいい?」と聞かれて、「洋食がいいと思う」と答えたところ、「いや、私は和食がいいと思う」と勝手に決められたということです。

普段の会話でもありそうなことですが、「じゃあ俺に聞くなよ」と思ってしまいますよね。

こういったことがあると、決定権をすべて新婦にもっていかれると男の人は思ってしまいます。

結婚式がめんどくさいのは披露宴が原因

結婚式がめんどくさいと思う理由として、「披露宴がめんどくさい」という意見もあります。

披露宴は盛大にゲストをおもてなしすることが求められるために、準備が大変なことや相手とケンカしてしまうこともあります。

膨大な時間とお金をかけて、披露宴をやることに意味を感じられないと意見もありますので、納得いかないまま披露宴を行うのは気がのらないですよね。

結婚式がめんどくさいのは披露宴を行うことで気がのらない場合は、他の方法もありますから紹介していきますね!

結婚式がめんどくさい時は挙式だけを行う方法もある!

結婚式がめんどくさいと思うのは、「準備が大変そう」「費用がかかる」との理由があげられますよね。

そんな結婚式がめんどくさいと思うあなたは、挙式だけを行うのもありです!

挙式だけだとゲストの人数も少人数で済みますし、人選にも困ることが少ないです。

また盛大な披露宴を行わないため、費用が最小限に抑えられることもメリットです。

挙式だけ、または挙式+食事会などの方法がありますので、紹介していきますよ♪

披露宴がめんどくさい場合は少人数の挙式を行う

結婚式はゲストの人数が少なければ少ないほど楽になります。

そのため「準備が大変そう」と悩んでいる二人には、家族婚、親しい友人のみにゲストを絞った少人数での結婚式がおすすめです。

「準備が大変そう」など、悩みが一つ解決すると気持ちが軽くなりますよね。

挙式のみを行ったり、挙式+食事会を行ったりする方法がありますので、楽に行うことができます。

披露宴ほど盛大な場を設けなくても良いですし、アットホームな雰囲気になるため、目立ちたくない派のふたりにも合ったスタイルですね!

どうしても結婚式をやりたくないというあなたはフォトウエディングで思い出を残すのはどうでしょうか?

人気のドレスですので、選んでみると撮影時にテンションがあがりますよ!

このドレスは楽天のみで販売されているので、下の赤いボタンから選んでくださいね!

ゲストの選別がめんどくさい人はリゾートウェディング

リゾート地で行なうリゾート婚も、実は「準備が大変そう」「招待する人の選別がめんどくさい」という悩みを持った人に合う結婚式のひとつです。

結婚式がめんどくさい人がここで解決する悩みは、ゲストの選別がめんどくさいことです。

リゾート婚は、家族だけや新郎新婦ふたりだけといったスタイルが当然のように行なわれていますので、会社関係者や友人を呼ばないことを負い目に感じない方法です。

リゾートで挙式のみまたは軽く食事会も兼ねて行うことができ、人数が限られている分、ゲストへの気遣いに対する負担が軽減されます。

まとめ

  • 結婚式がめんどくさいからやりたくない理由は、「お金がかかる」「準備が大変そう」など4つある
  • 「自己負担という考え方」「ゲストが喜んでくれる」などと考えると結婚式がめんどくさいからやりたくないということは解決できる
  • 女の人が結婚式がめんどくさいからやりたくないと思う特有の理由には、「妊娠中ということ」「招待する人の選別がめんどくさい」など5つある
  • 男の人が結婚式がめんどくさいからやりたくないと思う特有の理由には、「主役じゃない」「意見が通らない」など3つある
  • 結婚式がめんどくさいのは披露宴が原因の場合は、少人数でのウェディングやリゾート婚がある

結婚式がめんどくさいからやりたくないと思うのには、ちゃんとした理由がありましたね。

新郎新婦の2人が納得できない結婚式だとそれがゲストにも伝わってしまい、快くお祝いできない結婚式になってしまいます。

女性や男性特有の理由もありますので、お互いが納得する結婚式を計画して、ぜひ素敵な結婚式をあげてください!

結婚式がめんどくさいと思っていたあなたには、お手軽に思い出を残せるフォトウェディングがおすすめです。

このドレスは楽天のみで販売されているので、下の赤いボタンから選んでくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。