壁紙が破れてしまったら補修は100均でできる!!商品を大公開!!

あなたは部屋の壁紙が破れてしまったことはありますか?

模様替えや引っ越しの際に破ってしまったり、子どもやペットが破ってしまったりと色々なことがきっかけで破れる事がありますよね。

私の実家も、飼っている犬が留守番中に玄関で暴れて、壁紙が破れたことがあります。

壁紙が破れてしまったら補修しなくてはいけません。しかし、色々な道具が必要、自分ではできない、業者に頼んだら費用が高くなってしまう。など悩みが出てきてしまいます。

そんなあなたに朗報です!!壁紙の破れ補修は100均のグッズでできるんです♪

今回は、壁紙補修に使える100均の商品を大公開します。

しかも、きっとあなたが思っているよりも簡単に補修することができますよ。

100均のグッズで、あなたの家の壁紙破れを綺麗に復活させましょう!!

 

 

壁紙破れの補修は100均グッズで綺麗に復活!!

 

壁紙の破れを補修するグッズを100均に買いに行く前に、破れた大きさのサイズはしっかりチェックしておきましょう。写メを撮っておくのがいいかもしれません。

壁紙の補修用シートだけではなく、他のグッズを使っておしゃれな壁紙にできる商品もあわせてご紹介します♪

写メを撮っておくのがいいかもしれません。自分がどんな風に補修したいかを決めたら、100均へ向かいましょう。

 

補修用壁紙シート

100均には、補修用壁紙シートが売っています。約30cm×53cmでシールタイプの商品です。

私はセリアの店舗で見たのですが、色は現在白しかないようです。

補修方法は、最初に破れた部分の壁紙をカッター等でキレイに切り取ります。

この作業は、キレイな仕上がりにするための大事なポイントです。

その上から補修用壁紙のシートを貼り付けるだけです。シールタイプなので、すぐにできて、とても簡単です!!

カットをする際は、裏面にマス目が書いてあるので、その線に沿ってカットすれば真っ直ぐ切れます。

作業は簡単ですが、注意点がいくつかありますのでご紹介します。

補修用壁紙シートの注意点
  • 石膏ボード等の平らな面に使用する
  • 凹凸したところやザラザラしたところは使用不可
  • 土壁、浴室、家具や屋外等も使用不可

とは言え、家の壁紙を補修する分には問題はないので、ご安心くださいね。

 

リメイクシートやリメイクテープ

100均にはたくさんのリメイクシート、リメイクテープが売っています。

このリメイクシートやリメイクテープを使って、壁紙の破れを補修しましょう。

レンガ調や木目調、タイル調など、いろいろな種類があり、模様替えのアイテムとしても人気です。

リメイクシートのサイズは主に約30cm×80cm、約45cm×90cmです。

そんなに大きいサイズはいらないという場合は、リメイクテープがおすすめです。サイズは約6cm×2.3mです。

こちらも上記の補修用壁紙シートと同様シールタイプで、裏面にマス目が書いてあるので、とても簡単に使用することができます。

シートを貼る時のコツ
  • 貼りたい部分を乾いた布でよく拭く
  • リメイクシートの大きさは破れた部分より1cmほど大きめのサイズにする
  • 貼る時は、初めから直接貼る前にマスキングテープで仮留めをする
  • 裏の台紙は、マスキングテープで固定した部分から剥がす
  • 仕上げは定規や乾いた布を使って、空砲を取り除く

壁紙の破れた部分だけではなく、リメイクテープでラインをアクセントで入れたり、全面に模様を入れてリフレッシュさせるのもいいですね♪

これをきっかけにお部屋を素敵にDIYしてみましょう。

ちなみに私は、壁紙ではないのですが、余ったリメイクシートをダンボールに貼り、木目調のおしゃれなボックスに変身させました。

 

壁紙補修用パテ

「パテ」とは、くぼみや穴などを平らに埋める塗料の事です。

なんとこの商品も100均にあるんです!!コストパフォーマンスがいいと評判のようです。

この壁紙補修用パテを使い、壁紙の破れを補修しましょう。

こちらのパテは、サイズはスティックのりぐらいの大きさ、容量が約25gと小さく少なめです。

そのため、大きな破れを補修することは難しいですが、小さい破れにはおすすめで、仕上がりも自然な感じになります。

使い方としては、自分の指先や割り箸などにパテを出し、直接壁に塗ります。手についてしまいますが、おすすめは指先です。

またとても種類が豊富なのです。白壁、タイル、木材専用、クレヨンタイプなどがあります。

家の壁紙にあった色合い、素材も見つかるかもしれません。

この補修用パテのおすすめポイントは、小さな破れだけでなく、壁にできた穴を埋めることもできることです。

カレンダーや絵を画鋲で刺した跡を、自然に塞ぐことができます。実は私もこないだ100均で購入しましたが、簡単にできたのでおすすめです!!

100均は店舗により、品揃えが違ったり、商品の入れ替わりが激しかったり、取り扱いがなかったりと、なかなかお目当ての商品に出会うことが難しい時があります。

もし、お目当ての商品がないときは、店員さんに尋ねてみましょう。

 

 

壁紙が破れないように保護する方法を紹介!

壁紙を補修する方法をご紹介しましたが、できれば、壁紙が破れないようにするのが1番ですよね。

なんと、壁紙を破れないように保護する方法もあるのです。しかも、100均グッズで予防ができます!!

では、どのような商品で、壁紙を破れないように保護するのでしょうか?公開していきます♪

 

ひっかき傷防止シートを使用する方法

100均では、ネコの爪研ぎを防止する「ひっかき傷防止シート」が売っています。

こちらのひっかき傷防止シートで、壁紙を破れないようにすることができます。

しかし、こちらの商品はサイズが小さめなので、大きい箇所には向いていません。

柱など一部分を保護したい時や、お試しで使用するのに100均の爪とぎ防止シートがおすすめです。

大きいサイズが必要な場合はホームセンターに行くといいですよ。

マス目もあるので、カットしやすくなっています。その部分は壁紙が汚れることも、傷付けられることもありませんね。

 

リメイクシートで元の壁紙を保護する方法

100均のリメイクシートを使って、壁紙を破れないようにする方法もあります。

上記のように、自分の好きな模様の種類を買い、好きな範囲に貼りましょう。

タイル柄のリメイクシートを使うと、北欧風のおしゃれな部屋に模様替えすることもできます♪

おしゃれに模様替えができると、少しテンションも上がりますよね。

壁紙も破れる心配もなくなり、また模様替えやDIYとしても楽しむことができ、お得に感じますね。

 

壁紙をビニールクロスと養生テープで守る方法

100均にあるビニールクロスと、養生テープで壁紙を保護する方法があります。

ビニールクロスを破れて欲しくない部分の大きさに切り、養生テープで止めることで、壁紙を破れないように保護することができます。

全面に貼るのではなく、特に壁紙が破れやすい部分にビニールクロスを貼るのも一つの方法ですね。

また、自分で手作りするため、好きなサイズに調整できるところもおすすめのポイントです。

このような商品で保護することによって、壁紙が破れる事を防止することができます。

「補修は面倒くさい!」というあなたは、ぜひ検討してみて下さい。

 

 

壁紙の破れは賃貸でも補修はできる!

壁紙が破れてしまった時の補修方法や、壁紙の保護方法を紹介しましたが、それは賃貸でも同じようにして良いのでしょうか?

結論から言うと、賃貸でもどの商品を使うことができます。

私も賃貸に住んでいるので、どの商品も使えることを聞き、安心しました。

しかし、補修用壁紙シートやリメイクシートは、貼っても剥がせるタイプが多いですが、長期間貼っておくと剥がしにくくなることもあります。

そのため、剥がす際にうまく剥がすことができず、破れている部分が更に一緒に剥がれたりして、悪化することもあるかもしれません。

賃貸は退去時に原状回復が求められます。壁紙が破れて、一部張り替えをする場合は、1000円以下で収まることもあります。

もし補修用シートを貼る程度の破れならば、上から貼るよりも、これ以上破れがひどくならないようにビニールクロス等で保護する方法がおすすめです。

補修用パテは、上記にもあるように自然な仕上がりになるため、小さい破れには賃貸でもおすすめです。

賃貸で壁紙が破れてしまっても、100均の商品で綺麗に補修できますので安心してください♪

 

 

まとめ

  • 壁紙破れの補修は、100均の壁紙補修シートを使うと簡単にできる
  • リメイクシートを使うと壁が見た破れの補修だけではなく、おしゃれに模様替えもできる
  • ひっかき防止シートなどで壁紙が破れる前に保護をすると、防止策になる
  • 賃貸でも、100均の商品で壁紙の破れを補修することは可能
  • 賃貸の場合、商品によっては、壁の原状回復ができないこともあるので、使用方法を工夫する

いかかでしたか?とても簡単に、そして安く、壁紙は補修することができますね。

もし、今後壁紙が破れてしまった時は、放置するのではなく、すぐに100均へ向かいましょう。

また、補修が面倒な場合は、破れる前に保護することも一つの手だと思います。

商品によっては、DIYや造形まで幅広く活用できるので、是非100均で色々見て、購入してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です