※当サイトは広告を利用しています。

カーナビはどこで買うのが安い?タイプ別おすすめと取り付け場所も紹介

カーナビはどこで買うのが安いのか、おすすめのカーナビタイプと取り付け場所について紹介します。

こんなお悩みはありませんか?

  • カーナビはどこで買うのが安いの?
  • 一番安いカーナビはどのタイプ?
  • カーナビはどこで取り付けられるの?

カーナビを探したり、どこが安いのかを調べたりするのは大変ですよね。

そこでカーナビを安く買える場所や取り付けについても調べてみました。

この記事で分かること
  • カーナビはネット通販サイトなど4つの場所が安い
  • カーナビはポータブルタイプが安い
  • 取り付けは、カー用品店が安くておすすめ

カーナビを安く買う方法についてさらに詳しく説明していきますね。

どこで買うのが安いのかゆっくり店舗を回って選んでいる時間がない!

今すぐカーナビが欲しい!というあなたは、楽天市場などの通販サイトで買いませんか?

ポイントが貯まるのでお得に買うことができますよ

カーナビはどこで買うのが安い?家電量販店など4選

カーナビはどこで買うのが安いのかな?

安い店舗など4か所ご紹介しますね!

カーナビは家電量販店の通販サイトなど、4つの場所が安くておすすめですよ♪

カーナビが買える4つの場所
  • 家電量販店
  • カー用品店
  • ホームセンター
  • ネット通販サイト

道を案内してくれるカーナビは最近では必要不可欠なものになりつつあります。

そんなカーナビはどこで買うのが安いかと迷いながら探すことも多いのではないでしょうか。

カー用品店や家電量販店、通販サイトと様々な場所で見かけるため、悩んでしまいますよね。

私もカーナビについて分からないことが多かったので、調べてみました!

どこで買うのが安いのか、どのような場所で売られているのか詳しく紹介していきます。

家電量販店は大手メーカーの取り扱いが豊富

家電量販店は電気製品に特化しているため品揃えが豊富です。

家電量販店
  • ノジマ
  • ケーズデンキ
  • ビッグカメラ
  • ヨドバシカメラ
  • ヤマダ電機

家電量販店はカーナビを実店舗だけでなく、公式のサイトでも取り扱っています。

大手メーカーであるパナソニックやデンソーテン、ユピテルといったものも置いてあり、品揃えが豊富ですよ。

いろんな商品を見極めてから選びたいあなたは、家電量販店がおすすめです。

各メーカーの公式サイトには「オープン価格」としか書かれていないため、家電量販店の店舗ごとに値段が違う点に注意しましょう。

最新でなくてもいい、もっと安く買いたいというあなたは型落ち商品を狙ってみませんか?

型落ち品ならばコスパに優れていて、ドライブレコーダーが内蔵されているものやバックモニターがついているものなど様々なオプションがあり種類も豊富です。

型落ち品が数千円で売られていることもあり、運がよければ激安価格で手に入れられることがあります。

私は以前型落ちのカーナビを買いましたが、最新より安いのに機能がそこまで劣っていると感じることもありませんでした。

車の購入量が増える2~3月はカーナビの需要も増えるため、値引きされやすいそうです。

そこを狙って安く販売するお店が増えるのでこの時期を狙って買うのもよいでしょう。

各店舗ごとの値段を調べ比較してから安いものを買うといいですよ。

また、家電量販店の通販サイトは店舗よりも品揃えがよく、価格も安いのでおすすめします。

家電量販店へ行って実物を見たうえで、家電量販店のネット通販サイトで購入する方も多いようですよ。

カー用品店は知識豊富なスタッフに相談できる

カー用品店は自動車関連の商品を全て取り扱っているので、行けば取り付けなどの悩みも解決できます。

カー用品店
  • オートバックス
  • イエローハット
  • ジェームス

カーナビを取り扱っているのは、車検も受け付けている大手チェーンのカー用品店です。

カーナビだけではなく、ドライブレコーダーやバッテリー、タイヤ、オイルなど様々あります。

また、その場で購入したカーナビと取り付けをセット価格でお得にすることも可能です。

ですが、すぐ取り付けというわけではなく予約が必要なので注意してください。

カー用品店はカーナビを取り付けしてもらえるほかにも知識が豊富なスタッフに相談ができるので安心感があります。

どこの店舗でもカーナビが絶対置いてあるので事前に詳しく調べなくても大丈夫です。

スタッフに相談しながら、カーナビの実物と機能などを見て選べるのがうれしいですよね。

ホームセンターでも買えるので近所のお店をチェック

ホームセンターという身近な場所でも、安く買える可能性があるためチェックする価値ありです。

ホームセンター
  • ビバホーム
  • カインズ
  • ナフコ
  • コメリ
  • DCM
  • コーナン

ホームセンターはカー用品やバイク用品のコーナーでカーナビを販売しています。

ですが、全ての店舗にカーナビが置いているわけではないので、カーナビを取り扱っている店舗か確認してから行くとよいでしょう。

売っているカーナビは安い値段のものが多いようです。

カー用品専門店ではないため、どこのメーカーのカーナビか確認して買う必要があります。

ホームセンターではカイホウジャパンやエンプレイス、エイ・アイ・ディー、ユピテルと言ったメーカーのものが置いてあるそうです。

また、専門知識を持っているスタッフが少ないため、ホームセンターで購入する際はカーナビについての知識をしっかり身に着けておきましょう。

ネット通販サイトで買うと家に届いてポイントが貯まる!

ネット通販サイトはポイントが欲しい、仕事が忙しくて店舗に行けない、そんなあなたの強い味方です!

ネット通販サイト
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング
  • Amazon

ネット通販サイトはポイントが貯まるので、カーナビという価格が大きい買い物をする際にうってつけだと思いませんか?

今まで貯めたポイントを使いお得に買えるといううれしい利点があります♪

また、買いに行く手間がなく自宅に直接届くので、仕事で忙しくて店舗に行けないあなたはネット通販サイトを利用するのがおすすめです。

ただ、実物を見て買うことができないため、使い勝手などが確認できないというデメリットがあります。

その代わりに購入者のレビューを見られるという点がネット通販サイトの強みだと言えるでしょう。

使いやすいカーナビを選べたり一番人気のカーナビを買えたりと購入者の視点でよりよいカーナビを選ぶことができます。

カーナビを安く買える場所を4つ紹介しました。

カーナビを選ぶ際、画面サイズやオプション、設置方法などをしっかり考えて買うことが大事です。

新しいカーナビを試すためにも、ドライブしながら旅行はいかがでしょうか?

下記の記事では東北へドライブ日帰り旅行について紹介しているのでぜひ参考にしてくださいね!

カーナビで安いのは2DINタイプ!ポータブルも紹介

安い価格で手に入るのはポータブルタイプのカーナビですが、内蔵のなかでは2DINタイプも機能とコスパのバランスがよくおすすめです!

カーナビにはインダッシュ型とオンダッシュ型の2つの型があります。

またその型のなかでも、振り分けられたタイプがあるので紹介しますね。

インダッシュ型
  • 2DINタイプ
  • 1DINタイプ
  • フローディングタイプ

インダッシュ型とは内蔵するタイプの一般的なカーナビのことを言います。

オンダッシュ型
  • ポータブルタイプ

場所を選べて取り付けやすいオンダッシュ型は、価格も安く今現在ナビがついていないあなたにぴったりです。

私も、カーナビにはそれぞれのタイプがあり、なにが違うのか分からなかったので、調べてみました。

これからその型とタイプについて詳しく説明していきます。

2DINなどのインダッシュ型が一般的

インダッシュ型とは車のダッシュボードに設けられたスペースに収まる内蔵型カーナビのことです。

その中でも2DINタイプと1DINタイプとフローディングタイプの3つがあります。

どれも内蔵型のため配線を隠すことができ、見た目がすっきりしていておしゃれです。

今からその3つのタイプについて説明していきます。

〈2DINタイプについて〉

カーナビでダッシュボードに内蔵する一般的なタイプです。

2DINタイプは車種によってはポータブルタイプよりも画面サイズが大きく、オーディオプレイヤーなどの機能もあります。

Bluetoothスピーカーを使用するときは車に内蔵されたスピーカーを使用して音楽を楽しめますよ。

配線なども収納できるため見た目がすっきりするのも特徴です。

また、一般的とされる理由として機種によっては価格が安いこともあげられます。

見やすさと機能のバランスがいいカーナビを買いたいあなた、2DINタイプの7インチがおすすめですよ。

〈1DINタイプについて〉

普段はダッシュボードに画面が収納されており、使用するときに画面がせり上がって表示するタイプのカーナビです

別名はインダッシュタイプといい、軽自動車などに取り付けられることが多いですよ。

2DINと違うところはサイズが小さいところ。

2DINが設置できない車種に乗っているあなたにおすすめします。

ダッシュボードの中にデータを格納している場所があるので、画面だけ見える状態です。

そのためすっきりとしたシンプルなデザインが多く、カーナビを設置するスペースがない車に適しています。

〈フローディングタイプについて〉

画面を外にはみ出させることで大画面をどんな車種にでもつけられるようにしたタイプのカーナビです。

画面を外にしたことで内蔵部分は小さくでき、2DINタイプと1DINタイプのいいとこどりしたような形になっています。

画面は上下左右に動かせるスイングディスプレイなので道をしっかり確認したいときに運転席側にむけられます♪

画面サイズは大きなものを選べるため、人気の8~9インチを選ぶ方が多いようです。

私の友人が最近フローディングタイプに買い替えましたが、やはり大画面で見やすいところが気に入っていると話していました。

操作がしやすいカーナビを選びたいならば、フローディングタイプの画面サイズ10インチをおすすめします。

ポータブル式のオンダッシュ型は安くて手軽

ダッシュボードの上に取り付けられて、位置も自由に変えられるカーナビのことです。

オンダッシュ型は主にポータブルタイプのことをさし、今ナビがついていないけどこれから取り付けたいあなたにおすすめします。

取り付けの費用もオンダッシュ型の方が安いです。

ポータブルタイプについて説明していきますね。

〈ポータブルタイプについて〉

取り付けが簡単で、場所も自由に選べるタイプのことをいいます。

内蔵型であれば道をチェックする際首を動かす必要がありますが、ポータブルは視線を動かすだけで視界に入るので安心です。

このタイプは画面のサイズも小さく、軽自動車でも存在感がちょうどいいと評判です。

また、簡単に取り外しや持ち運びができるので、さまざまな車で使用できるのが嬉しいですよね。

持ち運びしたいあなたは、画面サイズが5インチのものが運びやすくてよいでしょう。

ダッシュボードやフロントガラスに設置ができるうえに、機種によっては非常に安い商品もあるのでカーナビ初心者におすすめです。

また、自由に付け替えたいあなたはポータブルタイプのカーナビを選ぶとよいでしょう。

カーナビについて、2つの型と4つのタイプについて紹介しました。

2DINタイプとポータブルタイプは機能面に少し差がありますが、わずかな差があるだけでどちらも安いです。

あなたが欲しい機能などを重視して選べるよう、簡単にカーナビの機能について紹介しますね。

カーナビの機能
  • Bluetooth機能
  • バックモニター
  • ドライブレコーダー連携
  • 地デジ内蔵
  • VICS機能
  • 地図更新機能
  • 音声操作機能
  • ハンズフリー
  • ハイレゾ対応
  • 自動地図更新機能

こんなに機能が搭載されている物もあると知り、驚きました。

私は、あおり運転などのトラブル時に助かるドライブレコーダー連携機能がとてもいいと思いました。

これからカーナビを買うあなたは、これらの機能を重視して選んでみてくださいね。

ナビはどこで取り付ける?安くすむ方法を紹介

カーナビは自分で取り付けるのが安いですが、ハードルが高いあなたにはカー用品店のセット価格がありますよ!

買う商品を決めたら、次にカーナビはどこで取り付けるか悩んでしまいますよね。

そこでカーナビはどこで取り付けられるのか、その金額やメリットデメリットについて詳しく調べてきました。

取り付ける方法取り付け価格
ディーラーで取り付ける15,000円~20,000円
カー用品店で取り付ける15,000円~30,000円
整備工場で取り付ける15,000円~20,000円
出張サービスで取り付ける15,000円~20,000円
自分で取り付けるカーナビ本体代金のみ

インダッシュ型とオンダッシュ型で取り付け価格が違うため値段のふり幅がありますよ。

どちらが安いのかというと、取り付けやすいオンダッシュ型の方が価格は安くなります。

〈ディーラーで取り付けてもらう場合〉

あまり車に詳しくない、新車も購入するあなたはディーラーがおすすめです。

ディーラーとはトヨタやスズキ、日産と言った大手の車メーカーと特約店契約をした正規販売店のことです。

ナビはどこで取り付けるかで一番に思いつくのはディーラーだと思います。

メリットは純正のカーナビを取り付ける場合、手厚い保証と機器に接続する時の相性を気にせずに安心して任せられるところです。

デメリットはカーナビ本体の価格が高く、自分で購入したカーナビを持ち込むと断られる場合があることです。

新車を買う際はカーナビ本体の価格と取り付け価格が割引されることもあります。

〈カー用品店で取り付けてもらう場合〉

カー用品店でカーナビを買ったその場で取り付けられるので手間が少なくおすすめですよ。

メリットはその場で購入したカーナビと取り付けをセット価格でお得に取り付けできることです。

購入したその場で取り付け予約が可能です。

また、セールなど時期によって割安の価格でカーナビを購入できます。

デメリットは購入したカーナビ取り付けの予約がいつになるか分からないことです。

混み合う時期であれば、1ヶ月待ちということもあるそうです。

ほとんどのカー用品店ではカーナビを持ち込むとセット価格よりも割高なので注意してくださいね。

〈整備工場で取り付けてもらう場合〉

街の整備工場でも取り付けが可能で持ち込みのカーナビに対応してもらえることが多いですよ。

ほかの店舗から安く買えたカーナビや譲ってもらったカーナビなども持ち込めるので、費用を抑えたい方にはおすすめします。

デメリットは整備工場によって技術レベルや接客レベルが大きく違うことです。

行きつけの整備工場があるあなたは、不具合が起きたときの対応も含めて相談してくださいね。

〈出張サービスで取り付けてもらう場合〉

自宅までカーナビを取り付けに来てくれる「出張取り付け」を行っている会社もあるので、チェックしてみてください。

メリットは自宅で取り付けられることです。

持ち込みの取り付けが可能で、カーナビ本体を安く買えば取り付けもあわせて費用を安くできます。

デメリットは整備工場と同じように安心して任せられるところを探すのが大変なことです。

過去の実績や料金表などをリサーチするとよいでしょう。

〈自分で取り付ける場合〉

自分で取り付ければカーナビ本体の価格のみですみます。

オンダッシュ型のカーナビならば、配線作業が初めてでも取り付けることが可能です。

インダッシュ型についてはダッシュボード部分のケーブルを引き出す作業や配線の作業など難しい作業があります。

車内に傷をつける可能性や途中で作業が分からなくなって結局持ち込み費用が発生することもあるので注意が必要です。

車の配線作業に慣れていないあなたはプロに依頼することをおすすめします。

ナビはどこで取り付けるのか、5つの方法を紹介しいました。

カーナビを付けた次は、気になる女性を誘って日帰り旅行の計画をしていませんか?

下記の記事では気になる女性を日帰り旅行に誘って、脈ありにする方法について紹介しているので要チェックですよ!

まとめ

  • カーナビは通販サイトなどの4つの場所で安く買える
  • ポータブルタイプのカーナビが安い
  • 自分で取り付けることで、費用を安くできる

カーナビをどこで買うのが安いのか、タイプ別のおすすめや取り付け場所についても紹介していきました。

この記事でどこで買うのが安いのか紹介したなかから、お得に手に入れられることを祈っています♪

これからカーナビを買うあなたの参考になると幸いです。

カーナビをどこで買うのが安いのか悩みたくない。

近場でカーナビを売っているお店がないと悩んでませんか?

ポイントが貯まるので楽天市場などの通販サイトがおすすめですよ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA