※当サイトは広告を利用しています。

iPad Proはどこで買うのが安い?一番安いモデルや買い替え年数も必見!

この記事ではiPad Proはどこで買うのが安いかなどを紹介します。

iPad Proを買いたいあなたは、こんな悩みがありませんか?

  • iPad Proはどこで買うのが安いかな?
  • iPadで安いモデルはどれかな?
  • iPad Proの寿命は何年くらいかな?

いざiPad Proを買おうとして少し調べてみると、さまざまな場所で販売されており、どこで買うのが安いか判断が難しいですよね。

そこでiPad Proが安く買える方法や周辺知識について徹底的に調べました!

この記事で分かること
  • iPad Proを安く買う方法は「中古ショップ」など5選
  • 2024年1月現在、Appleで一番安く買えるモデルは「iPad(第9世代)」
  • iPad Proの使用期間の目安は3年

それでは、さっそくiPad Proはどこで買うのが安いかという点から確認していきましょう!

iPad Proをお得に買いたいあなたには、2022年に販売された11インチのiPad Proを通販で買う方法がオススメです。

256Gならかなり容量があるので、動画を残したり編集したりできますね♪

Amazonや楽天、Yahooで買えばポイントもガッツリ貯まり、お得ですよ!

iPad Proはどこで買うのが安い?5選

iPad Proをどこで買うのが安いかというと、Amazonなどオススメが5選あります。

iPad Pro安く買う方法5選
  • 中古ショップ
  • Amazon
  • 楽天
  • Yahooショッピング
  • Apple

私もiPad Proが欲しいと思ったときに、さまざまな場所で販売されており、どこで買うのが安いのかなかなか判断できませんでした。

できるだけお得に安心して買える方法で手に入れられたら、とてもうれしいですよね♪

安く買える方法を1つ1つ詳しく確認して、あなたに合った買い方を見つけましょうね!

中古ショップなら予算内に収めて購入できる

中古ショップで購入するメリットとしては、新品よりも安く手に入るなどのメリットがあります♪

<中古ショップで買うメリット>

  • 新品よりも安く手に入る
  • 状態や性能を見たうえで、価格を抑えて購入できる
  • 中古ショップによって、保証が付く場合がある

メリットも多い一方で、在庫状況が読めないため、欲しいモデルやよい状態のiPad Proがいつでも手に入るわけではないことに注意が必要です。

またiOSを搭載とうさいしているApple製品特有ですが、購入するiPad Proがサポート期間の対象であるかという点も確認しておくと安心です。

2022年頃から続く円安の影響もあり、iPadを含むApple製品は定期的に値上げされているので、安く手に入れられる中古の存在は本当にありがたいですよね。

状態や性能で価格が変わるため、自分の予算に応じて選択しましょう♪

Amazonは定期的なセールやキャンペーンでお得に買える

Amazonは定期的にセールやキャンペーンを行っており、ポイント還元も含めて安く買える点が魅力です。

<Amazonで買うメリット>

  • ポイントアップキャンペーンやセールの開催頻度が高い
  • Amazonのポイントを使ったり、貯めたりできる
  • 即日発送も可能
  • Appleの正規販売店になっているので安心
  • クレジットカード払いだけでなく、キャリア決済など複数の支払い方法から選べる

Amazonといえば、11月頃に開催されるブラックフライデーなど、さまざまなセールやポイントアップキャンペーンがあり、安く手に入れやすいイメージですよね。

iPad Proは値が張る商品であるため、ポイント還元が大きい時期に購入できれば、お得感が増しますね♪

支払い方法も選べる幅が広いので、とっても助かりますが、もし分割払いを選択した場合は分割手数料がかかるので注意しましょう。

私はAmazonでよく買い物をしますが、AmazonがAppleの正規販売店であることは初めて知りました!

高額な商品なので、信頼のおける販売元から購入できたら不安を打ち消せますよね。

ちなみに、Amazonで販売されている整備済製品はApple正規販売店の商品ではないため注意してくださいね。

楽天は定期的なセールに加えポイント還元率が魅力

楽天も定期的なセールの開催など、お得に買えるタイミングが多いですよ。

<楽天で買うメリット>

  •  年4回(3月、6月、9月、12月)開催される楽天スーパーセールやお買い物マラソンなど、セールやキャンペーンの頻度が高い
  • さまざまな楽天のサービスを利用しているなら、さらにポイント還元率が高い

私も通販サイトのなかでは楽天を一番使っていますが、楽天スーパーセールやお買い物マラソンの前は、事前に欲しいものを買い物かごに入れておきます。

買い物かごに入れていたものが楽天スーパーセールで割引になったり、お買い物マラソンでポイント還元が高くなったりしていると、とてもテンションが上がります(笑)

ただし、人気商品の場合は買い物かごに入れたままにしていると、売り切れとなって買えないこともあるので注意が必要です。

セールやキャンペーンが開始されたら、すぐに購入完了の手続きを済ませましょう!

ちなみにセール開催の際はだいたいショップ買い回りも開催されており、iPad以外にも商品を購入するとポイント還元率が上がるのでねらい目ですよね♪

Yahooショッピングは年末大感謝祭などがねらい目

YahooショッピングはAmazonや楽天ほど頻度は多くありませんが、年末大感謝祭などのセールやキャンペーンをたびたび実施しています。

<Yahooショッピングで買うメリット>

  • イベントが開催されていると11%程度のポイント還元がある
  • 年末大感謝祭や超PayPay祭、Yahooお買い物リレーなどのセールやキャンペーンを年に数回、不定期に開催
  • 限定クーポンなども充実している

iPad ProなどのApple商品もセール対象となるのは、すごいです♪

超PayPay祭とYahooショッピングのイベントがうまく重なると、さらに割引が効いてうれしいですよね!

Amazonや楽天同様、買いたいと思ったときにすぐに買わないと、セールやキャンペーン期間中はすぐに売り切れてしまうので気をつけてください。

Appleの公式サイトに勝る安心はなし♪

iPad Proを安心して買いたいならば、大もとであるAppleの公式サイトに勝るものはないですよね♪

調べてみるとAppleでも学割など意外に安く買う方法があると分かり、驚きました!

<Appleで買うメリット>

  • 認定整備済製品ならより安く買える
  • 買い替える場合は、元のiPadの状態がよくて下取りに出せるとその分安く買える
  • Apple Gift Cardをポイント還元される楽天やAmazonで購入し、そのカードでiPadを購入できる
  • 教職員や学生は学割や、2~4月頃に開催される「新学期を始めようキャンペーン」を利用できる

Appleで認定整備済製品が販売されていることは知っていましたが、分からないことも多くまだ買ったことはありません。

今回よく調べてみると、初期不良でAppleに戻ってきた商品について、再整備や点検をして販売しているもので、ほぼ新品の商品(新中古)であることが分かりました。

Appleが直接整備や点検をして販売しているものなら安心ですし、何より完全な新品よりも安く買えるのはうれしいですよね!

しっかり1年の保証も付いているので安心して買えますね。

ほかにも下取りに出して値引きを適用したり、あらかじめ楽天やAmazonで購入したApple Gift Cardを使って買ったりという技も使い、ぜひお得に買いたいですね。

貯まっているAmazonや楽天ポイントを使ってApple Gift Cardを購入できるので、とてもお得な気分です♪

また、学割が利用できれば1割ほど安く買えるので、家族に学生がいたらぜひ割引を適用してゲットしましょう♪

ちなみにApple公式サイトから教育割引のページに行くと買えますよ。

さらに2~4月頃には「新学期を始めようキャンペーン」が開催されて、対象のiPadを買うとAppleギフトカードがもらえるんです!

もちろん学割も効いて、ダブルでうれしいですよね♪

私も自分の子どもがもう少し大きくなって買うタイミングが来たら、キャンペーンや学割をぜひ利用したいと思います。

学生のあなたは安く買える場所としてAppleの学割以外にもキャリアでの買い方などを詳しく紹介しているこちらの記事もぜひ参考にしてください♪

iPad Proは性能がよい分、少し価格も張りますよね。

どこで買うのが安いか分かったところで、次の章ではほかの安いモデルと比較してみたので、紹介しますね!

iPadで一番安いモデルはiPad第9世代

2024年1月現在、Appleで一番安いモデルはiPad(第9世代)です

Appleで販売中のiPadについて、モデルの価格などを比較してみました!

<iPadのモデル比較>

モデル画面サイズチップ定価(税込)
iPad(第9世代)10.2インチA13 Bionic49,800円~
iPad(第10世代)10.9インチA14 Bionic68,800円~
iPad mini(第6世代)8.3インチA15 Bionic78,800円~
iPad Air(第5世代)10.9インチM192,800円~
11インチiPad Pro(第4世代)11インチM2124,800円~
12.9インチiPad Pro(第6世代)12.9インチM2172,800円~

iPad(第9世代)はminiよりも画面サイズは大きいものの、ほかと比べてもかなり価格を抑えた一番安いモデルになっています。

私は調べるまでiPadが4種類も販売されているとは知らなかったので、とても驚きました!

iPadの主な4種類
  • iPad Pro
  • iPad Air
  • iPad
  • iPad mini

前の章で紹介したProに加え、AirやシンプルなiPad、miniの違いは名前だけではなかなか判断がつきませんよね(笑)

iPadのストレージ容量が価格を大きく左右するので、本当に自分に必要な容量をしっかり考えてから購入したいですね。

いつも容量が足りなくなるあなたは、容量が足りない原因や増やし方について紹介しているこちらの記事もぜひ参考にしてください♪

一番安いモデルが分かったところで、次の章では種類別の違いを確認してみましょう♪

iPadの4種類の違いは画面サイズや性能の高さ

iPadの4種類は画面サイズや性能の高さが異なるため、価格の差があります。

それぞれの性能の違いを詳しく確認していきましょう!

イラスト関連や動画の撮影・編集には”iPad Pro”がオススメ>

iPad Proは画面サイズがほかのモデルと比べて大きいことに加えて性能の高さもピカイチなので、イラスト関連や動画撮影・編集にもオススメです。

iPad Proの性能が高くてパワーもあると言われるのは、同じくAppleの人気商品であるMacBookと同じM2のチップが搭載とうさいされているからです。

別売りのMagic keybordも買えば、MacBookの動きにかなり近しいものとなりますね♪

顔認証機能であるFace IDにも対応している点も、ポイントが高いですよね!

<軽量にも関わらず性能の高い”iPad Air”>

iPad Airの特徴は何といってもその軽量さ♪

性能としては標準のiPadとiPad Proの真ん中くらいと言われている中で、性能を保ちながら軽量なのはすごいですよね?

ビジネスシーンで外出や出張が多い方もほかの荷物の邪魔にならないようにさっとしまえるので、とても便利です。

iPad Proほどの性能はありませんが、音楽や動画、アプリをよく使われるあなたには十分な性能があり、オススメですよ!

iPad AirもMagic keybordを取り付けられて、キーボードで作業を進めたいあなたにも向いていますね♪

<コストパフォーマンスに優れた”iPad”>

iPadは機能が低いと思われがちですが、一般的な使い方をする分には十分な機能が取りそろえられています

画面のサイズも、iPad(第10世代)であればiPad Air(第5世代)と同等なんですよね♪

価格を抑えつつ日常使いに困らないiPadを求めているあなたには、全体のバランスがよいiPadがオススメです!

<片手で持てて便利な”iPad mini”>

iPad miniはiPhoneよりも少し大きいくらいの画面サイズとなっており、片手持ちができるモデルです。

iPhoneの画面サイズは文字をゆっくり読むには少し小さいなと思うことがありますが、iPad miniであれば、画面が少し大きくて軽いため電子書籍なども楽しめそうです!

優雅な時間を過ごすお供としては最適な相棒ですね。

また子どもが持っても重くないので、子ども用として活用されている方もいるようです。

ここまで4種類のiPadを紹介してきましたが、予算や使用方法を考えながら、あなたに最適なiPadを見つけてくださいね♪

iPad Proは何年で買い替え?目安は3年

iPad Proは何年で買い替えかというと3年が目安と言われています。

使用頻度や使用方法によっても異なりますので、3年というのはあくまで平均的な耐用年数となりますよ。

買い替えを見極めるポイント
  • iOSサポート期間の終了
  • バッテリーの状態
  • 修理対応の期間終了

それでは何年で買い替える必要があるかを見極めるために、詳しく確認していきましょう!

<iOSサポート期間の終了>

iOSサポート期間はiPad Proの買い替え時期を考える目安の1つです。

iOSのサポート期間は、モデルの販売開始から大よそ5年程度となっており、サポート期間が終わると、最新バージョンに対応できなくなってしまいます。

最新のiOSにアップデートできなくなると、iPad Proの機能の不具合などが解消されず、うまく使えなくなる可能性もありますね。

購入する際は、いつから販売されているモデルかということもしっかり確認するとよいですね!

<バッテリーの状態>

とくに注意して確認したいのは、バッテリーの状態です。

フルで充電をしてもすぐにバッテリーが切れてしまったり、バッテリー容量が80%を切ったりしていたら、不便が生じてくるのでそろそろ買い替えの時期かもしれません。

iPadのバッテリーは1,000回充電を繰り返すと、バッテリー容量が80%程度になってくるので、毎日1回充電するとたしかに3年程度が寿命ですよね。

ちなみにバッテリーはAppleで交換してもらえるため、もし弱ってきていたら、まずは交換してみるのも手ですね!

<修理対応の期間終了>

Appleでは、次の機種の販売開始から大よそ7~8年程度で前の機種の修理対応を停止しているようです。

修理対応の対象外となってしまうと、万が一壊れた際に手が打てなくなってしまいますよね。

iOSのサポート期間と同じく、何年から販売されているモデルであるかをしっかり認識したうえで購入しましょう!

iPad Proを長持ちさせるヒケツは充電の方法など3つ

iPad Proを少しでも長持ちさせたいあなたは、充電方法を工夫するなどのヒケツ3つを実行しましょう!

iPad Proを長持ちさせるヒケツ3つ
  • 充電方法を工夫する
  • なるべく節電する
  • 衝撃から守る

長持ちさせるヒケツを実行すれば、何年で買い替えかを気にせず長く愛用できそうですよね♪

それでは、3つのヒケツを詳しく見ていきましょう。

<充電方法を工夫する>

充電回数が多いと、それだけバッテリーへの負荷がかかります

そのため、できるだけバッテリーが0%に近づいた状態のときに充電するようにして、充電回数を極力減らしましょう

私は心配性でついついこまめに充電をしていたので、今日から1日の充電回数を減らすように気を付けようと思いました(笑)

一方、長期でiPad Proを使わない期間があるときには、充電が0%だとバッテリーへの負荷がかなり重くなります。

そのため、バッテリーを50%くらいになるように充電してから保管しましょうね。

<なるべく節電する>

節電するには、「使わないアプリを削除する」などの方法があります。

<iPad Proの節電方法>

  • 使わないアプリを削除する
  • 機内モードや低電力モード、省データモードにする
  • 画面の明るさを落とす

アプリをたくさんダウンロードしていると自動でバックグラウンド更新がされるなど、気がつかない間にバッテリーを消費してしまいます。

まずはアプリを削除するとともに、iPad Proを使っていない時間帯は機内モードや低電力モード、省データモードに切り替えて、更新機能などを制限してしまいましょう。

また、もう1つ簡単な方法として画面の明るさを落として少し暗くすることも有効です♪

節電によって充電頻度を減らし、大切なiPad Proを長持ちさせましょう!

衝撃から守る>

iPad Proは精密機器のため、衝撃が加わることで、ダメージを与えてしまいます

できるだけ丁寧に扱うことももちろんですが、衝撃から守ってくれる専用のケースに入れれば、大事なiPad Proが守れますよ!

耐衝撃性があるものとしては、強化したプラスチックからなるポリカーボネート素材や、弾力によって衝撃を逃してくれるシリコンや本革などのソフト素材がオススメです。

iPad Proは値が張るため、手に入れられたらできるだけ長持ちさせて使い続けられるように、対策を打っていきましょう♪

まとめ

  • iPad Proはどこで買うのが安いかというと、「中古ショップ」「Amazon」「楽天」など5選
  • 2024年1月現在、Appleで一番安く買えるモデルは「iPad(第9世代)」である
  • iPad Proの使用期間の目安は3年である

iPad Proはどこで買うのが安いか、iPadのモデルの違い、iPad Proの寿命などについて紹介しました。

iPad Proを手に入れたら、動画編集などがサクサク進められるので、とても爽快そうかいですよね♪

あなたが無事にiPad Proを手に入れて、好きな作業に打ち込めることを心からお祈りしています!

iPad Proはどこで買うのが安いか探しているあなたは、通販での購入がオススメです!

とくにAmazonはAppleの公式代理店なので、安心して購入できますし、在庫も豊富です♪

楽天やYahooは、Appleの公式代理店ではないので1色しか扱いが無かったり、在庫も少なかったりしますが、少し価格を抑えて購入できますよ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA