※当サイトは広告を利用しています。

iPadをどこで買うと学生はお得?Appleの学割や中古製品についても紹介

学生はiPadをどこで買うといいのかについてご紹介します。

大学や専門学校、予備校に通うあなたはこんなことを思ったことはありませんか?

  • iPadってどこで買うといいのかな?
  • Apple Storeの学割について詳しく知りたい
  • 中古のiPadってどうなのかな?

学生はなにかとお金が必要なので、iPadを少しでもお得に購入したいと思いますよね。

そこで、iPadをどこで買うといいのかや学割についてご紹介します。

この記事で分かること
  • iPadは通信キャリアや家電量販店、Apple Storeなどで販売している
  • 現行モデルはApple Storeで購入すると学割があるため、学生は安く購入できる
  • 中古やApple認定整備済製品では旧モデルがお得に購入できる

それでは、これから詳しく説明していきますね!

iPadをパソコンの代用として使いたいと考える方も多いですよね。

こちらのキーボードがあればワイヤレスで軽量なので、iPadと一緒に持ち運び外でもレポートや課題の作成ができますよ。

デザインもかわいく、使いやすいとクチコミでも人気です。

iPadをどこで買うか学生編!購入場所4つ紹介

iPadが欲しいんだけど、どこで買うといいの?

学生A子
学生A子

Apple Storeや通信キャリアなどがあり、あなたに合った場所で買うといいですよ。

iPadは通信キャリアやネット通販、家電量販店でも購入できますが、どこで買うか悩んでいる学生のあなたはApple Storeで購入するのがおすすめです。

iPadはパソコンよりも持ち運びやすく、スマホよりも画面が大きいので、持っていると外出時も作業ができて便利ですよね。

iPadを購入できる場所は主に4カ所ありますよ。

iPadを購入できる場所
  • 通信キャリア (ドコモ、au、ソフトバンク)
  • ネット通販(楽天やAmazon、Yahooショッピングなど)
  • 家電量販店
  • Apple Store(店舗、オンライン)

それぞれの特徴についてご紹介します♪

<通信キャリア>

大手通信キャリアのドコモ、au、ソフトバンクではiPadも販売しています。

通信キャリアでは、iPadのみでインターネットも接続できる「セルラーモデル」という種類を購入できますよ。

携帯電話を契約し使用するのと同様に、どこでもインターネットに接続できます。

そのキャリアでのインターネット契約が必須であり、iPad本体とインターネット代金を支払うため、価格が高く感じるかもしれませんね。

しかし、キャリアでは初期設定をしてくれたり、様々なサポートがあったりするので、初めてiPadを購入するあなたには安心ですよ。

私も1台目を購入するときは、初期設定などが不安だったので、通信キャリアで購入しました。

<ネット通販>

Amazonや楽天、Yahooなどのネット通販や家電量販店で購入できるiPadは「Wi-Fiモデル」と呼ばれる、インターネット契約がないモデルです。

別途インターネットを契約しないといけないので、自宅のインターネット回線を利用したり、ポケットWi-Fiなどを用意したりする必要があります

購入時には商品本体の代金だけでいいので、出費を押さえられますよ。

ネット通販で購入するメリットはポイントがつくことです。

ポイント目的で食品や雑貨などを特定のサイトで購入するあなたは、iPadも同じサイトで購入するとポイントをたくさん貯められます。

それぞれのサイトでポイントアップキャンペーンなど独自のイベントを開催しているときに購入すると、さらにポイントが貯まりますね。

私は楽天ポイントを貯めているので、楽天スーパーセールやお買い物マラソンなどのときに買うとお得になりそうだと思いました。

<家電量販店>

家電量販店では店舗独自のポイント還元やポイントで支払いができるので、家電量販店をよく利用するあなたはお得に購入できそうですね。

もし、大学入学と同時に一人暮らしを始める学生のあなたは、電化製品を購入したポイントでiPadも購入できるかもしれませんよ。

<Apple Store>

iPadはAppleの商品であることはご存知ですよね。

Apple Storeの店舗では商品がたくさん展示され、試しに触れたり、商品に詳しいスタッフに相談したりできます。

そのため、複数の選択肢からギガ数や使用目的などあなたにピッタリな商品を選べますね。

オンラインショップでも、商品の詳細を確認でき、オンラインでサポートスタッフに相談ができるようですよ。

また、格安SIMでiPadを利用したい場合、SIMフリーのiPadはApple Storeでしか購入できません。

Appleでは学割制度があり、安く購入できるので、どこで買うか悩んでいる学生のあなたはApple Storeで購入することをおすすめします!

Apple Storeで買うと、周辺のアクセサリー類も一度にそろえられるのがいいですね。

Appleの学割について詳しく解説しますね。

Appleの学割での購入方法やさらにお得な情報も

Apple Storeで買うのが一番いいってどういうこと?

Apple Storeでは学生割引があり、安くiPadを買えますよ。

Appleでは「Apple Store for Education」という学生や教員などに向けた学割制度があり、Apple Storeで購入した場合のみ学割で購入できます。

現行モデルは、ネット通販や家電量販店だとポイントを使ってお得に購入はできますが、商品自体が割引されることは、ほぼありません。

「Apple Store for Education」ではiPadやMac Bookなどの現行モデルがなんと、約6%〜10%の割引価格で購入できますよ!

レポート作成に便利なキーボードや、絵を描くのに便利なタッチペンなどのアクセサリー類も学割の対象になります。

そして、驚いたことに、学割制度の対象は学生だけではないのです!

Apple Store for Educationの対象者
  • 大学、高等専門学校、専門学校の学生、大学受験予備校生
  • 上記の教育機関への入学許可を得て進学が決定した生徒
  • 大学受験予備校に在籍する学生
  • 小・中・高・大学・専門学校の教職員
  • PTAの役員として活動中、もしくは選出され活動が決定した方

次の進学先が決まっていれば高校生でも対象となり、学生だけでなく、教員やPTA役員も対象というのがうらやましいですね。

上記の対象者に該当がいとうする学生の両親が、代理で契約し購入することもできますよ。

親が子どもに入学祝や就職祝いでプレゼントするのもよさそうですね。

https://twitter.com/kumate2san/status/1701137964083151130

学割の対象者や購入方法と注意点

学割での購入方法は、公式サイトのオンラインショップかApple Storeの店舗で購入するのみです。

学割はApple Store以外の購入場所で適応されないので注意してくださいね。

オンラインショップは身分証明書の提出はありませんが、「UNiDAYS」という学生・教職員向けストアを利用するための会員登録が必要です。

Apple Storeが近くになくても、オンラインショップでも学割価格で購入できるのがありがたいですね。

店舗での購入方法は、学割の対象だとわかる証明書を提出する必要があります。

身分証明書とみなされるもの
  1. 学生…学生証や入学許可証(合格通知は不可)
  2. 教員…雇用こよう契約書など
  3. PTA…手書きではない自身の名前が記載された役員名簿

店舗で購入するときは身分証明書を忘れないようにしてくださいね。

学割を利用したいあなたには、購入方法以外で注意点が2つありますよ。

ひとつめは、「学割で1年に購入できるiPadは2台まで」です。

Mac Bookなど商品によって購入できる台数は異なりますが、iPadやアクセサリー類は年間2つまでと決められています。

3台目以降は通常価格で購入はできますが、学割価格では購入できません。

毎年4月に購入可能台数はリセットされますよ。

ふたつめは、「購入して1年以内は利益を上乗せして転売できない」です。

これは現行モデルが品薄となった場合などに、高額で転売されるのを防ぐためです。

一般的には自分用に1台あれば十分だと思うので、上記2点には当てはまらないと思いますね。

お得にiPadが買えるキャンペーンがある

Appleでは学割以外に、毎年「新学期応援キャンペーン」として、Appleギフトカードなどで還元されるキャンペーンが行われています。

2023年は2月2日~4月10日まで行われ、特典は対象のiPadを購入するとAppleギフトカード19,000円分がもらえるという内容でした。

また、Appleでは新年の初売りセールも行われ、Appleギフトカードが還元されるようですよ。

どちらも毎年実施されているようなので、iPadがすぐに必要な状況ではなければ、キャンペーン時期に購入するとさらにお得ですね。

ネット通販でAppleギフトカードを購入し、ポイントも貯めながら学割を利用する方もいるそうですよ。

Appleギフトカードを楽天で購入するとき、買えない場合もあるようです。

こちらの記事を読んでおくと、楽天でAppleカードが買えない理由や対策が分かって安心して購入できますよ。

iPadを安く買うのは中古や整備済製品もおすすめ

新品じゃなくていいから、とにかく安く買う方法が知りたいんだけど…。

安く買う方法は中古のiPadがおすすめですね。

「旧モデルでもいいからもっと安く買いたい」というあなたは中古販売店やApple認定整備済製品などがおすすめです。

中古のiPadが買える場所は、フリマサイトや中古販売店などがあります。

フリマサイトでは専門の人が修理や点検をしていないこともあるので、不良品が混ざっている場合もあり注意が必要ですよ。

そのため、直接目で見て店員にも確認できる中古販売店で買うことをおすすめします。

中古販売店で買う場合、外観以外で確認したほうがよいことは主に3つあります。

中古販売店で買うとき確認すること
  • 発売された年代やiPadの型
  • 保証期限
  • 付属品

<発売された年代や型>

安さばかりに着目し、旧モデルを購入すると使えない可能性もあります。

年代の古いものを購入するとバッテリーがあまり残っていなかったり、最新のアプリが利用できなかったりする場合がありますよ。

発売から3年以内のiPadを選ぶといいようです

せっかく買ったiPadが使えなかったら、中古でも悲しいですよね。

<保証期限>

Appleのメーカー保証は1年で切れるため、中古で販売されているiPadはメーカー保証が切れているものも多いでしょう。

しかし、中古販売店では独自の保証をつけている場合もあるので、店舗の保証があると安心して購入できますね。

<付属品>

iPadの新品には充電アダプター(20W)とUSB-Cケーブルが一緒についてきます。

中古品はそれらがない場合もあるので、そのときは別に購入する必要がありますよ。

また、外箱がない場合もあります。

付属品が不要なあなたは、ついていないものを選べば、もっと安く買えそうですね。

これら3つの注意点を自分で確認することで、中古商品でも長期間使用できますよ。

中古以外でやすくなる方法は整備済製品がある

中古販売店以外でiPadを安く買う方法は「Apple認定整備済製品」や「Amazon整備済製品」を選ぶことです。

「Apple認定整備済製品」とは、初期不良などで戻ってきた商品をAppleで修理や点検をして安く販売しているものをいいます。

また、型落ちした商品を認定整備済製品として販売している場合もあるそうですよ。

「Amazon整備済製品」も同様にAmazon独自で整備しているiPadなどの製品を安く販売しています。

Amazonはappleの正規販売店であるため、整備済製品も扱っているようですね。

販売されている量も少なく人気なので、整備済製品が気になるあなたは、こまめにサイトを確認するといいですね。

私も、今度iPadを買うときは中古販売店や整備済製品を確認してみようと思います。

中古商品や整備済製品が安く手に入ると、余った予算でタッチペンなどのアクセサリー類も購入できますね。

中古のiPadが安く買えるとはいえ、学生のあなたはお金に余裕がないですよね。

こちらの記事を読んで、お金を稼ぐ方法や物欲を押さえる方法について学ぶといいですよ。

まとめ

  • iPadは通信キャリアや家電量販店などで購入できるが、どこで買うか悩む学生はApple Storeで購入するのがおすすめ
  • 「Apple Store for Education」は学生やその教員などに向けた学割制度であり、Apple Storeで購入した場合のみ学割で購入できる
  • 旧モデルは中古販売店やApple認定整備済製品などで購入するのがおすすめ

iPadは持っていると便利なものですが、価格を考えると購入するか迷いますよね。

どこで買うか悩んだとき、あなたが欲しい商品によって買う場所を選ぶとお得に購入できますよ。

お得にiPadを手に入れて、楽しい学生生活が送れることを祈っています♪

iPadだけでなくスマホでも文章を打つとき「キーボードがあればな…」と思うことはありませんか?

どこで買うか迷ったとき、ネットだと貯まったポイントを使って安く購入できますね。

こちらのキーボードは小さいのにタイピングがしやすく、「買ってよかった」とクチコミでも評価が高いですよ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA