※当サイトは広告を利用しています。

哺乳瓶はどこで買うのが安い!?おすすめや選び方についても徹底解説

この記事では、哺乳瓶はどこで買うのが安いかなどをご紹介します。

哺乳瓶を買いたいあなたは、こんなお悩みはありませんか?

  • 哺乳瓶はどこで買うのが安いの?
  • おすすめの哺乳瓶はなに?
  • 選び方は何をポイントにしたらいい?

ベビー用品は必要なものが多く、できれば安く購入したいですよね。

そこで、必須である哺乳瓶はどこで買うのが安いかなどを調べてみました。

この記事でわかること
  • 哺乳瓶は西松屋で、150mlの容量で安くて614円から購入できる(2024年1月時点)
  • ピジョン母乳実感の哺乳瓶は、乳頭混乱を防ぐことができるため、おすすめである
  • 哺乳瓶の選び方は「使うシーン」に合わせて、自宅用にはガラス瓶を、外出用にはプラスチック瓶を買うといい

さっそく、どこで買うと安いのかを一緒に確認していきましょう。

お店に見にいくのがむずかしいというあなた!哺乳瓶は、ネット通販でも購入できますよ♪

ベビー用品をそろえるとき、一緒に哺乳瓶も見てみませんか?

人気のピジョン母乳実感シリーズが、2点セットになっており、お得に買えますよ。

哺乳瓶はどこで買うのが安いか徹底調査!

出産をひかえてて…。
哺乳瓶ってどこで買うのが安いの?

どこで買うのが安いのかまとめていますので、紹介していきますね!

哺乳瓶はホームセンターヤマキシや西松屋、楽天での購入をおすすめします!

赤ちゃんが生まれると必ずと言っていいほど必要な哺乳瓶。

できるだけお得に購入したいけれど、やっぱり赤ちゃんが安心して使えるものを選びたいですよね♪

今回は主に新生児が使用する80ml~160mlの哺乳瓶を、店舗別に最安値を調査してみました!

順番にご紹介していきますね。(2024年1月時点)

アカチャンホンポで哺乳瓶はいくらで買える?

アカチャンホンポでは、880円から買うことが出来ます。

ホームページには出産準備リストがっているなど、ママが欲しい情報を提供してくれるアカチャンホンポでの最安値を調査しました。

80ml 120ml 150ml 160ml
ピジョン
2,530円
ピジョン
1,122円
チュチュ
880円
チュチュ
1,870円

1番安く買えるチュチュベビーの商品は、新生児から卒乳まで、飲み口のサイズアップが不要なのでとてもお財布にやさしい商品です。

西松屋では哺乳瓶はいくらで買える?

西松屋は、614円から買うことが出来ます。

私の中でベビー用品と聞いたら、西松屋の名前が1番に浮かびます。

友だちの出産祝いで何度もお世話になったので、早く調べてたらよかったなと思っています(笑)


80ml  120ml  150ml 160ml
取り扱いなし ピジョン
1,098円
チュチュ
614円
ピジョン
2,594円

値段で出産祝いを決めたのですが、高ければいいって問題ではないですね。

西松屋でもチュチュベビーがお得に買えるみたいです!

ベビーザらスでは哺乳瓶はいくらで買える?

ベビーザらスでは、1,199円から買うことが出来ます。

トイザらスは知っていましたが、ベビーザらスもあったことにびっくりしました。

公式サイトでは、期間限定価格や値下げ商品、5のつく日はポイント3倍などあるのでお得に買い物ができますね。

80ml 120ml 150ml 160ml
ピジョン
2,499円
ピジョン
1,199円
ヌーク
1,919円
ピジョン
2,599円

そんなベビーザらスでは、ピジョンの母乳実感シリーズが1,199円で手に入れることができます♪

ドラッグストアでは哺乳瓶はいくらで買える?

ドラッグストアは、1,100円から買うことが出来ます。

たくさんあるドラッグストアの中で、今回1番安く売られていたマツモトキヨシでの価格をご紹介します。

80ml 120ml 150ml 160ml
取り扱いなし 取り扱いなし ビーンスターク
1,100円
ピジョン
2,970円

マツモトキヨシで1番安く売られていたのは、ビーンスタークの哺乳瓶でした。

ビーンスタークの哺乳瓶は、「そしゃく力」を育て、離乳食りにゅうしょくへの移行がスムーズにできるようにと、小児歯科医と共同で開発された商品です。

そんな哺乳瓶が1,100円で購入できるのはうれしいですね♪

ホームセンターでは哺乳瓶はいくらで買える?

ホームセンターは、809円から買うことが出来ます。

ホームセンターもたくさんありますが、今回は1番安くで販売されていた、ヤマキシの価格をご紹介します。

80ml 120ml 150ml 160ml
ピジョン
1,889円
ピジョン
809円
取り扱いなし コンビテテオ
1,234円

生活品だけではなく、ベビー用品も置かれているのはうれしいですね。

通販サイトでは哺乳瓶はいくらで買える?

通販サイトは、945円から買うことが出来ます。

ネット通販もたくさんありますが、1番安い値段で書かれていた楽天の価格でご紹介します。


80ml 120ml 150ml 160ml
ピジョン
1,800円
ドクターベッタ
2,750円
チュチュ
945円
ピジョン
2,140円

それぞれ表にしてみると、どこで買うのが安いかわかりましたね!

上の表でもたくさん名前があがっていたピジョンですが、新生児ママのあいだではとても人気な商品のようです。

ピジョンのほかに、どんな種類の哺乳瓶がおすすめなのかも、合わせて次の章でご紹介しますね。

哺乳瓶のおすすめ商品5選をご紹介

新生児ママのあいだでは、ピジョン母乳実感の哺乳瓶がとても人気です。

そこで今回は、ベビー用品の品揃えが豊富な西松屋で、哺乳瓶について調査しました!

ピジョン母乳実感の哺乳瓶を含めて、おすすめ5つご紹介していきます。

<ピジョン 母乳実感耐熱たいねつガラス160ml>

母乳とミルクの混合栄養にしたい方におすすめです。

ピジョンの母乳実感シリーズは、「自然に飲める」を追求した設計で、赤ちゃんが生まれながらに持つ自然な口の動きで飲むことができます。

今後母乳だけにしたい赤ちゃんも、混乱することなく飲んでくれるアイテムなので、大変人気なようです♪

消毒方法:電子レンジ〇、煮沸〇、薬液消毒〇
価格:西松屋オンラインストア価格2,594円
<ピジョン 母乳実感 哺乳瓶 80ml>

母乳だけではちょっと足りないとき、ミルクの少量足しに80mlの哺乳瓶もおすすめです♪

西松屋オンラインショップでは取り扱いがないようですが、楽天では1,180円で購入できますよ。

<スマートエンジェル 広口ガラス哺乳瓶 160ml>

スマートエンジェルとは、西松屋のプライベートブランドです。

西松屋の開発チームが安全と機能性をとことん追求し、買いやすい価格で提供しているそうです♪

ベビー用品が豊富ほうふな西松屋独自のアイテムはママに寄り添った商品なのでしょうね。

消毒方法:電子レンジ〇、煮沸〇、薬液消毒〇
価格:西松屋オンラインストア価格944円

< チュチュベビー 150ml>

赤ちゃんが吸う力に応じてミルクが出る量をコントロールする、スーパークロスカットの飲み口が使われています。

スーパークロスカットについては次の章でも詳しく解説しますね。

丈夫なシリコーンゴム製であり、チュチュの飲み口はサイズアップ不要と便利です♪

ただし、使用により劣化しますので、定期的に交換する必要があります!

消毒方法:電子レンジ〇、煮沸〇、薬液消毒〇
価格:西松屋オンラインストア価格614円

<ヌーク(NUK)プレミアムチョイススリム哺乳瓶 250ml>

ヌークの哺乳瓶は、母乳で育っている赤ちゃんでも戸惑わずにミルクが飲めると評判です。

持ちやすい形のボトルであり、広口タイプなので調乳も洗浄も楽にできるデザインになっています♪

外出時のモレを防止する中ぶた付きなので、かばんに入れてても安心です。

消毒方法:電子レンジ〇、煮沸〇、薬液消毒〇
価格:西松屋オンラインストア価格966円

<チューボ おでかけ用哺乳ボトル 4個入>

最大目安量250mlの使い捨て哺乳ボトルです。

消毒してあるので、外出先でも衛生的に使用できるところがいいですね♪

使い切りタイプなので、一度使用した哺乳ボトルは破棄はきし、繰り返し使用しないよう注意しましょう。

価格:西松屋オンラインストア価格1,098円

以下の記事では、お出かけするときに活躍する、エルゴベビーの抱っこひもについて紹介しています。

ぜひのぞいてみてくださいね♪

エルゴはどこで買うのが安い?ダッドウェイや試着できるお店を解説!

西松屋で売られている、哺乳瓶のおすすめを5つご紹介しました。

おすすめがわかっても、どのように選ぶといいか悩みますよね。

次の章では、哺乳瓶の選び方についてご紹介していきますので、一緒に確認しましょう。

哺乳瓶の選び方についても解説♪

哺乳瓶は「使うシーン」に合わせて、自宅用にはガラス瓶を、外出用にはプラスチック瓶が便利です。

今回は哺乳瓶などの選び方についてご紹介していきます。

どんな哺乳瓶がいつどんな役割を持つのか、最初はわからなくて不安ですよね。

まずはボトルの素材についてご紹介していきます。

ボトルの素材
  • ガラス製
  • プラスチック製
  • トライタン製

では、ボトルの素材3つそれぞれ詳しく説明していきますね。

<ガラス製>

ガラス製のボトルは、傷がつきにくく衛生的で長持ちします。

重さがあるため自宅用として使用するのがおすすめですよ。

<プラスチック製>

軽くて持ち運びしやすく、落としても割れにくいため、ガラス瓶と逆に外出用としておすすめです。

<トライタン製>

ガラスのような透明感とプラスチックのように割れにくく、合成樹脂で作られています。

トライタンは有害な化学物質を含まないので、安心して使用できます。

瓶の口は広いので洗いやすく、キレイに保てますが、電子レンジでの消毒はできません

生活パターンに合わせて購入されるといいですね♪

次に、赤ちゃんの口に直接ふれる、1番大事な飲み口の選び方もご紹介します。

飲み口の素材
  • シリコンゴム
  • 天然ゴム
  • イソプレンゴム

飲み口の素材についても、それぞれ説明していきますね。

<シリコンゴム製>

匂いがなく丈夫で劣化れっかもしにくい素材で、お手入れも簡単です。

やや硬めな素材のため、哺乳力が弱い赤ちゃんや、母乳を飲んでいる赤ちゃんは嫌がることもあります。

<天然ゴム製>

素材が柔らかいので、哺乳力が弱い赤ちゃんにもおすすめですよ。

しかし、ゴム特有の匂いがするため、嫌がることがあるかもしれません。

<イソプレンゴム製>

シリコンゴムと天然ゴムの中間のような素材で、シリコンゴムより柔らかいです。

イソプレンゴム製の商品も、ゴム特有の匂いが少しするため、嫌がることがあるかもしれません。

病院や産院で口にしていた同じ素材のものを買うと、失敗が少ないといわれていますよ。

そうすることで、赤ちゃんの乳頭混乱も防ぐことが出来ますよ!

さらに、哺乳瓶の飲み口の穴には形状の違いもあることを知っていましたか?

私は知らなくて、穴の形にも色々あるんだなと今回調べててわかりました。

それでは、一緒に確認していきましょう。

飲み口の穴の形状
  • 丸穴:Oタイプ
  • スリーカット:Y型
  • クロスカット:X型

こちらも、それぞれ詳しく解説していきますね。

<丸穴:Oタイプ>

哺乳瓶を傾けたら自然にミルクが出るため、新生児や哺乳力の弱い赤ちゃん向きです。

<スリーカット:Y型>

哺乳力によって出るミルクの量が変わります。

哺乳力がついてきた生後2〜3カ月以降の赤ちゃん向きです。

<クロスカット:X型>

赤ちゃんのお口の動きに合わせて切り込みが開きミルクが出る仕組みになっています。

吸う力によって出てくる量が変わるので自分で飲む量を工夫できるよう促すことができます。

離乳食が始まって、果汁を飲ませるような場合に向いていますよ。

ちなみに、ピジョン母乳実感ではシリコーンゴムという材質を使用しており、誤って飲み込んでしまったとしても吸収されずに排泄されるそうです!

歯が生えてみちぎってしまっても安心ですね♪

乳頭混乱とは

哺乳瓶のミルクは飲んでも、母乳での授乳は嫌がる状態のことを言います。

哺乳瓶のほうが母乳に比べてラクに吸うことができるため起こるそうです。

吸う力の弱い赤ちゃんや、体調を崩している赤ちゃんにみられやすいです。 

今回、哺乳瓶はどこで買うと安いのかや、選び方などをご紹介しました。

購入した後は実際にどう管理したらいいのか迷いますよね。

消毒方法についても調べましたので一緒に確認していきましょう。

哺乳瓶のおすすめ消毒方法3選も

時短で消毒したいなら洗剤を使った薬液消毒がおすすめです。

育児をしながら家事は大変ですが、赤ちゃんの衛生面にも気をつけたいですよね。

今回は哺乳瓶の消毒方法について3つご紹介します。

おすすめの消毒方法
  • 薬液消毒
  • 煮沸しゃふつ消毒
  • 電子レンジ消毒

それぞれ、くわしくご紹介しますね。

<時短できる薬液消毒>

専用の薬液に哺乳瓶を漬け込むだけのなので、短時間できちんと消毒できます。

つけ込んだまま保管できて、ミルクを作るときに取り出すだけなのでお手軽です。

しかし、人によっては独特の塩素臭えんそしゅうが気になる場合もあります。

薬剤は洗剤Milton(ミルトン)が人気なようです。

楽天で確認したところ1000ml、1,236円で購入できます。

ミルトンの1回使用料はキャップ2杯(約50ml)を水4Lで薄めて使用するため、1000mlだと20回分使用できますよ!

交換は24時間を目安にしたらいいので、1本で20日間使用できる計算になります。

毎月1.5本使用すると考えると、1,800円ほどで家事が楽になると思うとお得な感じがします。

<衛生面が気になるなら煮沸消毒>

煮沸消毒は、鍋で沸かしたお湯の中に哺乳瓶を入れて消毒する方法です。

薬剤が必要ないため安全性が高く、特別な道具も用意しなくていいので手軽にできます。

ただ、お湯を沸かす手間がかかるのはデメリットな部分です。

哺乳瓶・飲み口・キャップの素材によって耐熱温度は違うので、取扱説明書を確認する必要があります。

<手軽に消毒したいならケースに入れて電子レンジ消毒>

洗った哺乳瓶を、専用のケースに入れて電子レンジで加熱し消毒する方法です。

同時にほかの家事も行えるため、短時間で手軽に消毒できます。

お湯を沸かす手間や薬剤による危険性はありませんが、専用のケースを購入する必要があります。

また、哺乳瓶の種類や素材によって、使えない場合があるので注意しましょう。

ピジョンの哺乳瓶であれば、ピジョン専用の消毒容器を購入すると問題ないですね。

楽天でピジョンの専用容器を検索したところ、「顆粒かりゅうタイプの除菌料40回分」「専用の容器」「消毒はさみ」の3点セットで4,339円でありました。

セットで購入することで、消毒液や専用の容器を探す手間をなくし、お得に購入することができますね!

以下の記事では、消毒後の哺乳瓶はどこに収納するかご紹介しています。

ぜひのぞいてみてくださいね♪

育児と家事の両立は大変だと思うので、時短方法など事前に確認し準備しておくと、少し心に余裕が持てそうですね。

まとめ

  • 1番安い哺乳瓶は西松屋で、150mlの容量が614円で購入できる
  • ピジョン母乳実感の哺乳瓶は、乳頭混乱を防ぐことができるためおすすめである
  • 哺乳瓶は、自宅用にはガラス瓶を、外出用にはプラスチック瓶を買うと便利である

今回、哺乳瓶はどこで買うのが安いのかなどをご紹介しました。

出産をひかえているママはなにかと出費が重なるので、できるだけ費用をおさえて、ベビー用品をそろえたいですよね。

「哺乳瓶はどこで買うのが安いのだろう…」と迷っているあなたは、ぜひ参考にしてくださいね♪

哺乳瓶はどこで買うのが安いか迷っているあなたへ、ネット通販だと自宅でゆっくり値段を見ながら選べますよ。

ベビー用品はたくさん揃えるものがあるので、歩いたり、持ち運んだりと大変ですよね。

ネット通販は自宅まで届けてもらえるし、ポイントも付くのでお得に買うことが出来ますよ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA