北海道移住の仕事探しは50代でも選択肢が豊富!自治体のサポートあり!

北海道に移住したいけれど、50代で仕事がみつかるのか、と考えてしまいますか?

農業、食品加工業では50代歓迎の仕事が多く、住み込み可や住居費補助などがあるので、50代で仕事を探す方の背中を推してくれますよ。

移住者向けの支援制度や助成金などで積極的に迎えようとする体制がある自治体ならお金面の不安が少なく移住できるのは嬉しいですね♪

記事の後半では、北海道自治体をご紹介しますので、アクセスして情報収集を始めてみることをおすすめします。

北海道移住は前もって調べなくてはならないことが多く、是非ともこちらの情報をお役立てください。

北海道の冬といえば雪ですね。雪で一番困るのが滑ってしまうことで、運が悪いと骨折などのケガにつながります。

今回ご紹介しますのは、雪道専用に作られた滑り止めがしっかりしている男女兼用ブーツで、北海道が初めての方も安心です。

移住体験ツアーや移住体験住宅などで実際に北海道に行かれる際のお供にどうぞ!

北海道移住の仕事探しは50代も選択肢豊富♪

北海道移住で仕事があるのか、と心配の50代向け求人は未経験者歓迎も多く、選り好みをしなければ仕事を得られる可能性は高いです。

北海道の主幹産業は農業で、農産物加工業を目的にして探していくと多くの求人があり、応募サイド有利だと気付くことになりますよ。

移住をきっかけに、季節別に異なる仕事をする、未経験でも就ける求人に応募など選択肢を増やすと、仕事が決まりやすくなりますね。

多くの体験を重ねて来ているので成果を活かす仕事をするのが50代、というのが一般的なイメージですが、北海道は少し違います。

初めての仕事をしてみるのに50代は遅すぎるわけではない、という土壌の北海道ですから、未経験の仕事にも就きやすいですね。

移住と未経験の仕事、という二つの未知を楽しめるのなら、移住がよい転機となり、北海道の毎日をバラ色に感じられますよ♪

北海道で仕事をする場合、夏は農家のフォローアップ、冬はスキー場ホテルの客室係という感じで働く方も多いです。

つまり、季節別の仕事に就くというスタイルで働く50代の方、ということですね。

季節ごとに仕事を変えるのは、マイナスの、不安定のイメージでしょうか。

しかし、来年もよろしく、という感じで次の仕事にシフトするので、毎年安定しているという仕事形態です。

季節に密接した仕事ですと、季節季節の北海道の自然と触れ合いながらの毎日になるので移住した北海道を満喫できますよ。

北海道の主幹産業は、農業、林業、漁業という一次産業で、一次産業は慢性的に人手不足なので50代以上向け求人も多いですよ。

農業、漁業が盛んということは、農産物、海産物の加工会社の求人も多く、未経験者歓迎も高いので、こだわりがなければ就職できます。

北海道企業の求人は、遠方からの就労を見据えて着任するのに必要な交通費や引っ越し代金を支給してくれる求人先も多いですよ♪

沢山ある求人の中から選ぶのは大変、と思われたら、移住先を定めてから、という手順もいいでしょう。

移住相談住宅などがあり移住者支援の手厚い町に出向いて移住先の見当をつけてから応募するとよいですね。

自治体職員
2020年新型コロナウイルス対策開始以来制限されていますから、事前によく確認しましょうね。

北海道移住の仕事探しに朗報!住み込みや住宅助成金など

寮費無料、夫婦カップル入寮可、即入寮可、住居費補助7割まで、など、遠方からの就労に優しいのも北海道求人の特徴です。

絶対に北海道に移住しようと決めたわけでなくとも、住み込みという気軽さで就労してみるのがおすすめです。

その仕事や北海道がご自身に馴染むのかどうか、じっくりとみていけますね。

北海道移住を本格的に考える場合に1番気になるのが仕事だと思います。

住み込みの仕事ですと金銭的負担が軽い形の北海道生活スタートの実現が可能です。

住宅をご自身で探していただくと、敷金礼金3ヶ月分部屋代などの出金が必須となりますね。

けれども、住み込み寮費ゼロですと、そういう負担が一切ありません。

ということは、もしその仕事がご自身に合わなくて辞めてしまうことになっても、後戻りしやすいですね。

自治体職員
北海道移住というのは勇気ある一歩なので、まずは負担なく始められる仕事から、ということですね。

住み込みの仕事なら物価が安い北海道で貯金も可能に♪

住み込みの仕事なら、都会生活では無理だった貯金もできますし、寮費無料、住宅費7割補助という求人があるのも北海道ならではです。

北海道の物価が全国平均よりも安いというのも、移住開始を決断する大きな理由になっていますよ。

2016年、小売物価統計調査によると、都道府県別消費者物価地域差指数ランキングで、平均100に対して北海道99.2となっています。

消費者物価地域差指数というのは、全国の物価水準を100とした場合の地域差を表したものです。

全国よりも北海道のほうが物価が安いことがわかりますね。

大都市札幌が入って99.2ですので、北海道の地方都市や町に住んだ場合には全国水準より物価が安いと実感することになりますね。

さらに、実際に移住した方々は、野菜やお米を地域の方々がくださるので、食費負担が少ないという喜びの声をあげていらっしゃいます。

食費無料、光熱費無料などが寮費無料に上乗せになる仕事を選べば、生活費負担が少くなります。

その結果、都会では不可能だった貯金ができるというメリットもありますよ。

北海道求人は、費用負担ゼロというだけでなく、家具家電付きというものが多いので、はじめの一歩を出しやすいですね。

年収だけでなく、必要経費の出費を考えると、現状よりも毎月数万円を浮かすことができます。

そうやって貯金額が増えることもあるようですから試算してみましょうね。

住み込みや家財道具付き寮ではない求人に応募すると、北海道の新たな住まいの契約に関する経済的な負担だけではすみませんね。

北海道で仕事が決まるまでの現地滞在費や新たな住居で使用する家電、寝具、家具の購入ばかりではありません。

引っ越し代金なども負担しなくてはならないわけですから、数十万円の負担になります。

多額を負担して北海道に移り、後にその移住を後悔するようになる可能性はあります。

負担したその金額にこだわるあまり後戻りを選択できなくなると困りますね。

移住してみて合わないと感じたら後戻りすることで、充実した毎日を取り戻せるかもしれません。

住み込みの仕事ならお金の負担が少ないスタートなので、もし移住を後悔するようになればこだわりなく後戻りできますね。

北海道移住の仕事探しなら歓迎体制の自治体がおすすめ!

北海道移住のための仕事探しは一般的な求人のほかにも、移住者を歓迎してくれる自治体の地域おこし協力隊に応募、という道もあります。

地域おこし協力隊の仕事がピンと来ない場合、ほかの求人に応募して「気にいったところに住むための仕事」をゲットしましょう。

北海道には179の市町村がありますが、全ての市町村が他の地域からの移住者を歓迎する体制にあるわけではありません。

あなたが移住したいと考えて北海道での仕事を決めて実際に移住してみたことを想像してみましょう。

「本当は来てほしくなかった」という接し方をされたら毎日の暮らしが残念ですね。

そうならないためには、移住者を歓迎する体制が整っている自治体の中から移住先を選ぶことをおすすめします。

自治体職員
地域おこし協力隊は月額報酬や住宅助成金を得ながら、その地域の振興に尽力する仕事です。
その地域に後継者不在の事業がある場合、事業後継の検討が応募条件の地域おこし協力隊もありますね。

地域起こし協力隊について問い合わせ、移住相談支援員と連絡を取り合うことをおすすめします。

相談しているうちに仕事の紹介につながった例もあるので、気になる自治体を先ず探してみましょう。

地域おこし協力隊応募で今後の移住者のために尽力

地域おこし協力隊募集をしている自治体は歓迎体制なので移住しやすいです。

また、移住を果たした体験をもとに自身も地域おこし協力隊員になった例が多いです。

地域おこし協力隊について理解するには、実際にアクセスして具体的な内容に触れるのが1番ですよ。

移住検討の際、「北海道移住のすすめ」という、自治体を超えて連携している移住促進活動チームが頼りになります。

移住・関係人口促進のための「SMOUT」(移住コーディネーター参加アプリ)にアクセスすると有意義な情報を得られますよ。

地域おこし協力隊に応募してみたいということで連絡をとると、詳しい情報を教えてもらえるのです。

地域おこし協力隊について知ることは、その土地の産業構造を知ることにつながります。

こうして、あなたの北海道での仕事を具体的に思い描けるというメリットがあります。

移住するに当たって仕事の青写真を描くことができると、「住む」ことの具体的な構想も組み立てられますね。

まずは、SMOUTで情報を得て、気になった町や市にアクセスして、移住支援相談員とのパイプを作りましょう。

あなたを歓迎したいスタッフがいろいろ考えて、あなたに寄り添った方法を提案してくれますよ。

移住支援相談員の横のつながりから得られる有意義な情報

移住支援員との連絡は、あなたが最良の移住に着地するために最も効率よい解決方法となります。

あなたが北海道移住への期待を伝えると、横のつながりでの貴重な情報から、あなたのベストな移住先を提案してもらえますよ。

北海道でなぜ仕事を探すのか、といえば、北海道を生活の基盤にしたいからその地での仕事を決めたいということですよね。

移住支援員は、先ず仕事が定まらないと移住は先に進まないと心得ています。

ネット検索とは違った視点での仕事探しの提案もしてくれますよ♪

移住というのは結婚と同じで、ビビッと来た町があったら積極的にそこに連絡を取るとよい、と移住支援相談員はよく言います。

移住体験を持つ移住支援員が多く、ビビッときたことが決め手となり移住したという体験から、そんなアドバイスが出てくるのですね。

自治体職員
移住したいのかどうか、どこに住んでみたいのか、は主観なので、ほかの誰かが判断できることではありませんね。

移住先として興味のある地域にアクセスして移住支援員に話をすると、沢山の貴重なアドバイスがかえってきますよ。

移住希望先の支援員さんと話すと、「あなたのケースならあちらの町がよいですよ。」と、よりピッタリの移住先を紹介してくれます。

移住者を歓迎したい自治体が横のつながりをしっかりともち、情報共有してくれているからこのように嬉しい体制が整っているのですね。

移住支援員は移住相談者さんの第一の友人となって、移住相談者さんの有益な人達と引き合わせてくれる、という例もありますよ。

北海道で快適な移住生活を開始するには仕事探しと移住先探しのバランスが大切なのです。

北海道への移住や定住を果たした方々は、沢山の自治体に問い合わせ、比較検討することで、実際に訪れる地が定まったといいます。

移住体験ツアーや移住体験住宅は、2020年の新型コロナウイルス対策開始以来、事前のお問い合わせが必要です。

実際に北海道に足を運ぶと決まったら、是非とも防寒タイプ滑り止め付きの、こちらのブーツをお役立てくださいね。

北海道移住で仕事が順調なら定住を視野に入れられる!

自治体職員
移住支援相談員の多くが、他の地域から仕事を探して北海道移住を果たした体験を持つので心強いですよ。

北海道に定住することを決心した方の多くが、移住してみて北海道が性に合っていると実感した方です。

北海道に移住して仕事面での不安が解消されたことで定住の決心がかたまった方が多いですよ。

失敗しない定住に備えて移住の段階でいろいろ体験し、後戻りのことも視野に入れて定住を考えることが大事ですね。

北海道定住を決めた方の多くは、北海道内の各地に住んでみて一番気に入ったところを定住先にしています。

そこで、北海道移住で具体的な暮らしはどうなのか、3つの市町村の例をご紹介して参ります。

北海道3つの市と町のご紹介
1,北の湘南!雪が少なく比較的暖かくて札幌まで車で2時間の伊達(だて)市

2,JAPOWで世界から雪の高評価を得ているニセコ町

3,摩周ルビーで東京ディズニーランドを魅了!弟子屈(てしかが)町

それぞれの町がどんな魅力をもっているのかをお伝えしていきますね。

北の湘南!雪が少なく温かい伊達(だて)市

北海道の中では冬が比較的温かく雪も少ないので暮らしやすいです。

買い物は市内で充分間に合い、必要なら札幌まで2時間アクセスの伊達(だて)市なら移住しやすいですよ。

中央市街地ならスーパー、ドラッグストアも徒歩圏内にあり、100円ショップ、服飾セレクトショップが市内にあります。

北海道移住に車が必須という認識ですが、伊達(だて)市の市街地に暮らすなら、車無しでも日常の買い物には困りませんね。

せっかくの北海道生活で冬を楽しみたいなら、車で40分のニセコ町でスキー、スノーボードで充分エンジョイできますよ。

冬でも野菜を栽培できる伊達市なら、道の駅に並ぶ野菜「わさび菜」などの新鮮野菜を冬にも楽しめますよ♪

北海道のほとんどの地域では、冬になるとビニルハウスを解体します。雪の重みでハウスが潰れてしまうからです。

雪の少ない伊達(だて)市は、冬にもビニルハウスで葉物野菜を作る農家が多く、道の駅に新鮮野菜がならぶので喜ばれています。

伊達(だて)市は、宮城県仙台市旧伊達藩の人々が移り住んだという歴史があります。

そのご縁から、東日本大震災で被災した宮城県亘理町のいちご生産者が伊達(だて)市に移りいちご栽培を始めました。

その品種は「すずあかね」という洋菓子店向け夏秋どりで、スーパーには並びませんが、道内の洋菓子店で使われています。

地元の果樹や果樹加工品が、地元ばかりでなく各地の商品として活躍しているという誇りも、北海道移住のだいご味かもしれません。

自治体職員
比較的冬が暖かく雪も少なくて札幌まで車で2時間。ということは、初めて北海道暮らしをするのによいところですね。

JAPOWで世界から雪の高評価を得ているニセコ町

JAPOWを求めてこの地に移住した外国人が人口の1割を占めるニセコ町は、町の除雪作業が徹底されています。

アパートやマンションなど集合住宅に住んでいれば、ほとんど除雪作業の必要がありません。

JapanとpowderでJAPOWと呼ばれ、世界から冬に集まるばかりか、住んでしまった外国人までいるという魅力的な町です。

パウダーみたいにふわふわの雪なので、車を走らせているうちに積もった雪は飛んでいってしまいますよ。

とはいえ、ウインタースポーツに向いているということは雪が多いということですし、雪かきは当然必須ということですね。

雪かきは、ほとんどの一戸建てが専門の業者さんに依頼して除雪していて、自力でされている方はあまりいらっしゃいません。

一番多い時期は、とても素人の手では負えない積雪になるからです。

ニセコ町に3軒のスーパーがあって毎日の買い物には困りません。

家電量販店が必要な場合は、みなさん週末に、車で40分の伊達(だて)市に出かけています。

自治体職員
ウインタースポーツで有名なニセコ町ですが、尻別川のラフティングで夏も楽しめるんですよ。

摩周ルビーが東京ディズニーランドに!弟子屈(てしかが)町

弟子屈(てしかが)町のブランドいちご「摩周ルビー」は温泉地熱で栽培され年間を通して収穫できます。

「摩周ルビー」は、東京ディズニーランドのスイーツに活用されるほど信頼の高いブランドです。

川湯温泉の貢献は、弟子屈(てしかが)町自慢の産業、いちご栽培にとどまるわけではありません。

酸性度が高く殺菌効果に優れているので、新型コロナウイルスオミクロン流行以前は感染者ゼロだったのです。

マンホールから湯気が立ち上り、道路に湯気の柱の列が並ぶのが日常の風景である弟子屈(てしかが)町は、温泉の町の代名詞ですね。

観光客に人気のスポットの身近に暮らしながらも、日常の買い物も便利な弟子屈(てしかか)町での生活はメリットいっぱいです。

弟子屈(てしかが)町内にスーパー3軒ドラッグストア2軒と毎日のお買い物は便利です。

大きな町へ買い物に行きたくなれば、釧路(くしろ)も北見(きたみ)も車で1時間でいけます。

わざわざ買い物するために1時間もかかるだなんて不便だな、と、首都圏に住んでいると感じますよね。

確かに、都会のごみごみした街を渋滞というストレスに耐えながら運転するのは苦痛ですよ。

北海道の雄大なストレスフリーの道をドライブするのは快適でおおいにいやされますよ♪

ドライブといえば、弟子屈(てしかが)町の道の駅、摩周温泉で摩周ルビーのジュースが飲めるばかりではないのです。

その日収穫された北海道独特の、ちょっと珍しい野菜が道の駅に並ぶので注目です。

自治体職員
観光で訪れたい地に住むのって、毎日旅行地にいながら仕事もこなしているということで、羨ましいですね。

まとめ

  • 北海道は人手不足が続いている仕事で50代への求人もかなりあり、選り好みしなければ就職できる
  • 住み込み寮費無料や住宅費7割支援をしてくれる求人先も多く、50代が安心して応募できるばかりでなく、後戻りもしやすい
  • 北海道への移住者を歓迎する自治体にアクセスすると、移住支援員経由で仕事が見つかるケースもある
  • 失敗しない定住に備えて移住の段階でいろいろ体験し、後戻りのことも視野に入れて定住を考えることが大事

今回は、北海道移住を検討して仕事を探している方にお役立ちの情報をお伝えいたしました。

50代になると求人が減るイメージですが、移住してみて冷静に考えるのによい年代ですね。

もし合わないと気付いたら、後戻りして元の生活に戻れるのも50代ならではなので、50代のうちにチャレンジするのがおすすめですね。

北海道移住といっても、勇気ある一歩ですから、先ずは現地に足を運んでみないと、先のことが決められませんよね。

でも、冬の北海道を訪ねるとなると雪道で滑ってしまうのが心配ですね。

そんな心配はこちらのブーツに預けちゃってくださいね。滑り止め付き防寒男女兼用ブーツですから安心ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です