※当サイトは広告を利用しています。

ヘアアイロンはどこで買うのが安い?おすすめの商品や選び方も徹底解説

ヘアアイロンはどこで買うのが安いのかなどについて紹介していきます。

ヘアアイロンを安く買いたいあなた、こんなお悩みはありませんか?

  • ヘアアイロンはどこで買うのが安いのかな?
  • 安くておすすめのヘアアイロンが知りたい
  • 高いヘアアイロンと安いヘアアイロンの違いはなに?

ヘアアイロンは女性だけでなく、最近は男性にも必需品となってきているので、どこなら安く買えるのか気になりますよね。

そこで、ヘアアイロンを安く買える場所などについて詳しく調べてみました!

この記事でわかること
  • ヘアアイロンはドンキやキャンドゥ、ネット通販などで安く買える
  • ヘアアイロンのおすすめ商品はSALONIAなど4選
  • 高いヘアアイロンと安いヘアアイロンはプレートの違いなど3つ 

ではさっそくヘアアイロンはどこで買うのが安いのか詳しく説明していきますね。

ヘアアイロンを使い続けると、髪が傷んできてしまいますよね。

このヘアウォーターをアイロンの前に使えば、髪を熱から守り、潤いまで与えてくれます♪

店舗での販売は少ないですが、ネットだとすぐに買えるのでおすすめです。

ヘアアイロンはどこで買うのが安い?

ヘアアイロンはどこで買うのが安いのか気になるな。

それならドンキやキャンドゥなどでかなり安く売ってるよ♪

ヘアアイロンはドンキやキャンドゥなど1000円以下で買えますよ。

また、ネット通販や家電量販店であればセール時期に合わせれば安く買えます。

私自身どこで買うのが安いのか気になっていたので、キャンドゥで買えるのが1番驚きました。

最安値はなんと500円以下で買えるところもありましたよ。

他にも多くの場所でヘアアイロンは購入することができるので詳しく紹介していきます。

ヘアアイロンを購入できる場所
  • 家電量販店
  • ネット通販
  • スーパー
  • ディスカウントショップ
  • 百貨店
  • バラエティショップ
  • ホームセンター 

家電量販店に置いてあるイメージは強いですが、最近ではスーパーでもヘアアイロンを置いているところがあるようです。

キャンドゥやドンキに格安のヘアアイロンがある

家電量販店など以外でも、100円ショップのキャンドゥやドンキなどでかなり安いヘアアイロンを置いているそうです。

なんと税込550円とかなり格安価格で販売されており、私も欲しくなってきました!

また、ドン・キホーテでも同じく税込500円のヘアアイロンが売っているようです。

https://twitter.com/tano_shi_mo/statuses/1652517395330920448

こんなにお手軽に可愛いヘアアイロンが買えてしまうのには驚きです。

そして最安値のサンキューマートではなんと税込429円でこのストレートアイロンが買えるそうです。

色味も可愛いのにこの価格には驚きですよね♪

ネット通販や家電量販店はセールの時期がお得

ブラックフライデーや、新生活応援キャンペーンの時期などはネット通販や家電量販店でセールが開催されます。

ネット通販や家電量販店でセールの時期などを狙うと、メーカーによっては通常よりかなりお得に買えるのでおすすめですよ♪

楽天スーパーセールやYahooプレミアムセールなど大きなセールがあるときは特に要チェックですね。

定期的にセールは開催されますので、ヘアアイロンを安く買えるチャンスをお見逃しなく♪

髪の毛をしっかりくしやコームなどで整えてからアイロンをしたいあなたは、こちらの記事も参考にしてみてください。

保存版!100均のヘアブラシや櫛(くし)、コームはセリアがおすすめ!?女子力UP厳選10選

ヘアアイロンの大人気おすすめ商品を4選

ヘアアイロンのおすすめ商品は、SALONIA(サロニア)など4つあります。

ヘアアイロンのおすすめ商品4選
  • 大人気のSALONIAストレートヘアアイロン
  • Vidalsassoonのマイナスヘアストレートアイロン
  • SALONMOONのミラーイオンストレートアイロン
  • mod’s hairのカーリングアイロン

先ほど1番格安のものは紹介したので、今回は5000円前後とお手頃価格で、さらに人気の商品を厳選してきました。

安いのに、設定温度が高めだったりマイナスイオン効果がついていたりと人気となる理由が盛りだくさんです♪

私もすごく気になるので、紹介していきますね。

マイナスイオン機能がある大人気のSALONIA

SALONIA(サロニア)はカラーバリエーションが豊富にあり、マイナスイオンが出るので髪の毛が痛みにくいヘアアイロンです。

最高温度が230℃まで上がり、電源を入れてから30秒以内に立ち上がるのも人気の理由ですよ。

特に人気の種類は、「SALONIAストレートヘアアイロン」です。

このクオリティで税込3828円とかなりお得で、楽天年間ランキング2018家電部門第1位にも輝いているほどの名品なのです。

ネットなどでは、セールの時期に合わせるともっとお得に買えることもありますよ。

価格税込3828円
設定温度120℃〜230℃
サイズ15mm・24mm・35mm
プレートの材質チタン

Vidalsassoonのマイナスイオンストレートアイロン

Vidalsassoon(ヴィダルサスーン)の「マイナスストレートアイロン」は、毛先のアレンジがしやすいヘアアイロンです。

価格が税込4180円と低価格なのに、マイナスイオン機能が付いています。

マイナスイオン効果で、髪の毛をサラサラでツヤのある仕上がりにできるのでおすすめですよ♪

価格税込4180円
設定温度140℃〜200℃
サイズ15mm・24mm
プレートの材質セラミック      

SALONMOONのミラーイオンストレートアイロン

SALONMOON(サロンムーン)の「ミラーイオンストレートアイロン」はストレートだけでなく緩いカールも作れます。

また、チタンプレートを採用しているので、髪の毛へのダメージが少なく滑らかにクセを伸ばせます。

価格も税込3890円と、かなり安いのに髪の毛の仕上がりが良いので口コミでも評価はかなり高めですよ♪

潤いのあるまとまった髪の毛に仕上げることができるのでおすすめです。

価格税込3890円
設定温度80℃〜230℃
サイズ15mm・24mm
プレートの材質チタン

mod’s hairのカーリングアイロン

mod’s hair(モッズヘア)の「カーリングアイロン」は熱伝導がいいアルミニウムを使っているので簡単にカールが作れます。

また、スイッチをつけてから45秒で使えるようになるので、忙しい朝にはピッタリですね。

価格も税込3850円と低価格です。

海外でも利用可能なので、出張先や旅行先などでも使えるのがいいですよね♪

価格税込3850円
設定温度120℃〜200℃
サイズ25mm・32mm・38mm
プレートの材質アルミニウム

まだまだ種類はたくさんありますが、かなり人気のものを厳選して紹介しました♪

どれも安いのに、仕上がりよくできるので迷ってしまいますね。

高いヘアアイロンと安いヘアアイロンの違いは何ですか?

ヘアアイロンって価格が高いものと安いものでかなり変わってくるけど、何が違うのかな?

それはプレートの違いのほかに、3つほどあるから紹介するね♪

高いヘアアイロンと安いヘアアイロンの違いは、プレートの質が違うなど主に3つの理由があります。

高いヘアアイロンと安いヘアアイロンの違い3つ
  • プレートの素材の違い
  • ダメージケア機能がついているかの違い
  • コードがついているかの違い

安いヘアアイロンだと数千円ですが、高いヘアアイロンだと数万円と桁が変わってくるので手が出しづらいですよね。

私は安いものをずっと使っていて、そろそろ高いものに新調しようと思っていました。

しかし、何でこんなに価格の違いがあるのかずっと不思議で仕方ありませんでした。

ただ、たまに泊まるホテルなどで、高いヘアアイロンを使うといつもより髪の毛がとてもサラサラになってまとまるのです。

では何の違いでここまで差があるのでしょうか。

また使い勝手に差がどれだけあるのかも気になりますよね。

詳しく調べてきましたので、さっそく紹介していきます!

髪の毛と接する部分のプレートの素材が違う

ヘアアイロンで1番大事と言ってもいいほど、このプレート部分の違いは重要です。

髪の毛に直接接する部分であり、このプレートの材質によって仕上がりに大きな違いが出てきます。

材質メリットデメリット
チタン・耐久性があり、長期間使える。
・摩擦が少ないので、髪の毛へのダメージが少ない。
・熱伝導がよく、短い時間で高温にできる。
・材質の原材料が高いため、ヘアアイロン自体も高い商品が多い。
テフロン・摩擦が少ないため、髪の毛へのダメージが少ない。
・原材料が安価なので、ヘアアイロン自体も安く購入できる。
・耐久性が低く、プレートのコーティングが剥がれやすい。
・コーティングが剥がれたものを使い続けると髪の毛を傷めてしまう。
セラミック・熱伝導がよく、短い時間で高温にできるので、朝の時間に追われている時などはおすすめ。
・摩擦しやすく、髪の毛にダメージが残りやすい。
・高級な材質を使用しているため、ヘアアイロン自体の価格が高くなる。

髪通りがいいものは摩擦が少ないので、髪へのダメージも少ないそうです。

人気はチタンの材質ですが、価格が高くなってしまいがちなので、購入するか迷う人も多いと思います。

安さを第一に求めるなら、テフロン素材がおすすめですよ♪

髪の毛へのダメージケア機能がついているかの違い

ヘアアイロンを使用するときのダメージケアがあるかどうかでも値段が変わります。

ヘアアイロンは髪の毛に熱を加えることで髪の毛を整えますが、その結果髪の毛表面のキューティクルを剥がしてしまいます。

それにより髪の毛内部の水分も減ってしまい、ダメージを与えてしまった結果、パサついてしまうことがあるようです。

しかし、そのダメージを少しでもケアできるような機能がついた商品もたくさん出てきています。

ダメージケアになる機能は例えば以下の3つです。

  • スチーム機能
  • マイナスイオン機能
  • 遠赤外線機能

〈スチーム機能〉

まず、スチーム機能がついているものは、ミストがヘアアイロンから噴出されるので髪の毛に潤いを与えることができます。

しっとりとした柔らかい髪の毛になるため、静電気や乾燥からもダメージを守ってくれますよ。

髪の毛のダメージが気になるあなたにはこのタイプがおすすめです。

〈マイナスイオン機能〉

次に、マイナスイオン機能は、静電気から出るプラスイオンとマイナスイオンが中和してダメージを抑えてくれます。

静電気が髪の毛から発生しなくなると、広がりを抑え、キューティクルのあるまとまった髪へと仕上がります。

実際に私はマイナスイオンが出るヘアアイロンを使っていましたが、髪の毛はかなりまとまる印象がありました。

〈遠赤外線機能〉

最後に遠赤外線機能は、育毛効果や抜け毛を抑える効果があります。

髪の根本からケアできるので艶やかな髪の毛に仕上げることができるのです。

髪の毛が傷んでくると抜け毛も多くなり、気になってきますよね。

髪の毛をアイロンしながら頭皮ケアできるのはとてもいいなと思いました。

ヘアアイロンにコードがついているかどうかの違い

ヘアアイロンにコードがついているのかコードレスなのかの違いです。

自宅で使用する場合はコードがついている方をオススメします。

充電切れの心配がなく温度のムラも少ないので使いやすいですよ。

旅行先などで使用する場合はコードレスがオススメです。

ホテルなどでコンセントが空いていなかったり、見つけられなかったりしたときでもすぐに使えますよ。

その代わり、コードタイプに比べるとパワーが落ちてしまいますので注意が必要です。

旅行に行くときにヘアアイロンをしまうケースが必要だと感じているあなたにはこちらの記事もおすすめです。

耐熱ポーチは100均でも買える!コスパ抜群のヘアアイロンケースも公開

まとめ

  • ヘアアイロンはドンキやキャンドゥ、ネット通販でかなり安く買える
  • ヘアアイロンのおすすめ商品は、「サロニア」など4つ
  • 高いヘアアイロンと安いヘアアイロンの違いは、プレートの質が違うなど3つ

今回はヘアアイロンはどこで買うのが安いのかなどについて紹介しました。

私自身も毎日ヘアアイロンを使っているのでどこで買うのが安いのかを詳しく知ることができてよかったです。

あなたが使いやすくて安いヘアアイロンを、ぜひ探してみてくださいね♪

朝起きたときに寝癖がついていると、ヘアアイロンをする前に髪の毛を整えたりしなければいけなくて大変ですよね。

ヘアアイロンをどこで買うのが安いかわかったあなたには、このヘアウォーターもおすすめです。

朝のスタイリング時間が通常の半分になるだけではなく、Amazonや楽天だとポイントも貯まりますよ♪



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA