歯医者に行きたくないのは怒られるから?苦手な理由や対処法をご紹介!

歯医者に行くと歯磨きの仕方や放置してしまったなど怒られる経験はみなさんあるのではないでしょうか?

歯医者ってつい放置してしまって、虫歯になって痛い思いをするから余計に行きたくない。

ここでは患者のことを考えてくれて怒られない歯医者を探すことや治療前に要望を伝えることなど歯医者に行きたくない、怒られるから嫌だというあなたに対処法をお伝えします!

歯医者に通うのが少しでも楽になり、虫歯のない綺麗な歯を目指しましょう!

やはり歯医者は治療が怖い、痛い、また怒られるといった嫌なイメージがあり、行きたくないと思いますよね。

歯医者に行かないと虫歯や歯周病、他にも様々な病気の原因ともなります。

歯医者には定期的に通うのが1番とはわかっているものの、行動に移せない人は多いはずです。

歯医者に通うメリットはたくさんありますので、最後までご覧いただくと克服できるようになっているかもしれませんね。

歯医者できっと褒めてもらえるアイテムがあります!

デンタルフロスは歯ブラシで取れない歯垢も掃除ができて、歯医者で必ずおすすめされます。

これで歯医者に行って怒られることなく、逆に褒めてもらいましょう♪

歯医者に行きたくないのは怒られるイメージがあるから

歯医者に行きたくない理由はたくさんあるかと思います。

私が歯医者に行った際、まず歯磨きの仕方を聞かれ、やり方が違うと怒られる経験がありました。

他にも虫歯になるまでなぜ放置したのかと怒られることもあると思います。

このように歯医者に行きたくないのは怒られるイメージが強くあるからです!

そのようなイメージでは歯医者に行きたくないのは当たり前です。

今回は歯医者に行くと本当に怒られるのかについて調べました。

怒られない歯医者を探して不安をなくす

実際には怒られない歯医者も多く、口コミを見て信頼できる歯医者を見つけることが大切です。

患者に寄り添ってどのように治療していくかなど今後のことを考えてくれる自分に合った歯医者を探すことが最重要となりますね!

調べてみると今後の治療方針を一緒に前向きに考えてくれる病院が多いように感じました。

1人で悩まずにまずは相談だけでも対応してくれる歯医者が多く、不安な場合はまず相談のみで自分に合うか探してみるのも良い方法ですね!

初診時にもカウンセリングをしっかりと行なってくれる歯医者もあり、痛くない治療を目指している病院もありました。

カウンセリングもしっかりしてくれて、一緒に前向きに考えてくれると安心感もあるね!

自信を持って歯医者に行けるように歯の手入れをする

歯の手入れを日頃行なっていると治療に行くときの自信に繋がりますよね。

歯の手入れを行うことで、歯医者での健診の時も怒られることよりも逆に褒められることもあります。

誰でも褒められると頑張ろう、定期的に行こうと思えますよね。

褒められる為には、日々の手入れが重要となります。

自信を持って歯医者に行けるようになれば、行きたくないや怒られるイメージなどが改善されるかもしれません。

毎日気軽にできる歯の手入れをまとめてみたので、ぜひ実践してみて下さい!

歯の手入れ
  • 歯ブラシは1ヶ月での交換
  • ホワイトニングの効果もある歯磨き粉を使用する
  • 食後に口をゆすぐ
  • 歯1本1本を磨くイメージで歯ブラシをする
  • 歯磨き粉のゆすぎは少なめ
  • 歯ブラシだけではなくデンタルフロスも使用する

昼食時や間食時にも歯磨きをすることは結構負担になりますよね。

食後に水で口をゆすぐことは気軽にできるので実践してみようと思えますね。

歯磨き粉にはフッ素が含まれており、歯の再石灰化を促したり、菌が食べかすからの酸を生み出すのを抑制してくれたり虫歯予防の効果があります。

少し味が残るぐらいのゆすぎで虫歯予防になるので、試しやすいですね♪

歯の手入れをすることで、歯医者で怒られるのではなく褒められるようになりましょう。

歯医者に行きたくない理由は?時間とお金もかかる

歯医者に行きたくない理由は怒られるだけではなく、時間やお金なども関係しているようです。

行きたくない理由
  • 仕事が忙しいから
  • お金がかかるから
  • 治療が嫌いだから
  • 治療が怖いから
  • 悪いところはないと思っているから

社会人にとって通院は時間がかかり、面倒になることが多いですよね。

しかも歯医者となると通院は1回では済まずに何ヶ月も通院する必要が出てきます。

そうなると負担に感じてしまい、歯医者に行きたくない理由にもなります。

また、通院が数回も必要となるとその分の治療費もかかってきます。

風邪で内科に受診するよりも歯医者って1回の受診料が高い印象であります。

通院回数もあり、治療費も高い印象が行きたくない理由にもなりますね。

歯医者が怖いというイメージは子供の頃からついてしまっているので、なかなか払拭することが難しいですよね。

歯医者が嫌いで怖いから定期的に健診にも行かず、つい放置してしまうことで治療が長期化に渡るという悪循環が起こるわけですね。

歯医者側も怖いというイメージをなくす為に最近ではおしゃれで綺麗な病院が増えているようにも思います。

通いやすい雰囲気の病院を探すのも行きたくないと思うことへの軽減に繋がるかもしれませんね。

歯医者に行きたくない方は、ご自身での手入れが重要かと思います。

歯ブラシだけでは全ての歯垢が取れず、歯と歯の隙間からの虫歯になるおそれがあります。

そこでこちらのデンタルフロスを使用することで、歯医者に行っても治療がなく掃除だけで済むように手入れをしていきましょう♪

歯医者に行きたくないし苦手な場合の対処法をご紹介!

歯医者に行きたくないけれど、本当は定期健診を受けて虫歯がない綺麗な歯を目指したい!

そんなふうに思っている方も多いのではないのでしょうか?

できることなら、歯医者にストレスなく通える対処法を知って綺麗な歯を維持していきたいですよね。

私も実際に歯医者が嫌いで、定期健診に結局通い続けることができませんでした。

やはり歯医者にはできることなら行きたくないという気持ちが大きく、継続的に行くのも億劫になってしまいました。

今回はそんな歯医者嫌いな方も克服できる対処法についてご紹介します!

対処法をご覧いただき、歯医者に行きたくない気持ちが少しでも改善できるかもしれませんね。

歯医者で治療を受ける前に自分の要望を伝える

治療を受ける前に痛みに弱いことを伝えることで、痛みの少ない治療方法を提案してくれます。

また、少し痛みが出る治療であれば我慢せずに麻酔を使用するなど対処してくれることもあります。

歯医者での苦手なことやトラウマがあれば、それを伝えておくことで配慮してくれると思います。

私も痛みに弱く、歯医者がとても苦手な為、事前に痛くない治療をして欲しいと伝えたことがあります。

そうすると「痛くない?」と丁寧に聞いてくれますし、痛みが出そうな場合は麻酔も提案してくれました。

要望を伝えることで、ここの歯医者なら信用できるなと思うこともできました。

まずは自分の要望をしっかりと伝え、寄り添って治療してもらうことが解決策になりそうですね。

歯医者の音が苦手な場合は耳栓をすることもできる

歯医者独特の「キーン」という音、苦手な方も多いはずです。

歯の表面を覆うエナメル質を削る必要があるので、その治療を避けることは難しいようです。

その場合は苦手なことを事前に伝えておくことで、耳栓をしての治療も可能かもしれません。

ただし、治療中は医師からの説明や指示もあるので、完全に遮音することはできませんが、気持ちが少しは楽になるかもしれませんね。

少しでも不快感をなくし、安心して治療をする為に耳栓は良いアイテムかもしれませんね♪

静脈内鎮静法を使用してリラックスして治療ができる

静脈内鎮静法という処置があるのはご存じでしょうか?

静脈内に鎮静薬を入れ、心と体を少しリラックスさせて治療をする方法です。

半分眠っているような状態になり、歯医者への恐怖心や不安が強い方に使用されることがあるようです。

全身麻酔のように意識がなくなることはないので、治療中の医師の呼びかけに応じながら治療することができます。

リラックスして治療を受けることができる為、恐怖感や不安感が強い方にはとても有効な方法です。

ただ、静脈内鎮静法は保険適用外なので高額な治療費になってしまいます。

また半分眠っているような状態になる為、当日は車や自転車の運転ができません。

他にも当日の飲酒や激しい運動ができないなどの注意点がありますので、静脈内鎮静法を利用する際は医師との相談が必要となりそうですね。

しかし恐怖感が強く歯医者に行けずに虫歯を放置してしまうと他の病気での合併症の可能性もありますし、そのような方はこの方法が良いかもしれませんね。

歯医者に行きたくないと言う子供にはどうすればいい?

歯医者に行きたくないのは大人だけではなく子供にもあります。

子供が歯医者に行きたくないと言った時、どのようにすれば歯医者に行ってくれるか調べました。

子供への対処法
  • 歯医者に行く時間を午前中にする
  • 嘘をついて連れて行かない
  • 待合室では本やおもちゃでリラックスさせる
  • 親子で一緒に治療する
  • 治療後には褒めてご褒美をあげる

まず歯医者に行く時間帯は子供が体調の良い時間帯にすることが望ましいです。

昼寝の時間や空腹時には機嫌も悪くなってしまいますので、避けることをおすすめします。

また、嘘をついて病院に連れて行くと次回の治療時にはまた余計に行きたくないと思ってしまいますので、やめた方がいいでしょう。

なぜ歯医者に行く必要があるのか、子供が歯医者に行く意味を理解することも大切です。

1番効果的とされているのは、親子で一緒に治療することです。

お母さんやお父さんが先に歯の健診やケアを受けているのを先に見せることで子供の安心感に繋がります。

また親が受けているからという理由で子供も健診を受けようとするはずです。

親がまず見本を見せてあげることって大事!!

そして、治療後は頑張ったと褒めてあげたり、小さなご褒美があったりすると良いでしょう。

私は子供の頃、歯医者が嫌いでしたが今でも覚えているのは治療が終わった後に病院からシールが貰えました。

大人にとっては何でもないものかもしれませんが、頑張ったご褒美を貰えたことと達成感があったように感じます。

治療後のちょっとしたご褒美や達成感があると子供でも頑張れるものです。

対処法で子供が歯医者に行きたくない気持ちを少しでも緩和できたらいいですね。

まとめ

  • 怒られない歯医者や寄り添ってくれる自分に合った歯医者を探すことが大切
  • 歯医者の怒られるイメージを改善する為に日々の手入れをすることが大事
  • 歯医者に行きたくない理由は仕事で時間がないことや治療費が高いという点もある
  • 歯医者の治療前にトラウマや要望を伝えることで治療に配慮してもらう
  • 静脈内鎮静法でリラックスして治療を受けることができるが、保険適用外
  • 子供を歯医者に連れて行く時は嘘をつかずになぜ行く必要があるのか説明すること
  • 子供が歯の治療をする前に親が見本として見せることで安心感に繋がる
  • 歯医者に行きたくない子供には治療後のご褒美と達成感を与える

歯医者に行きたくない理由や対処法についてご紹介しました。

歯医者の定期健診に通うことで、治療も軽いもので済むので日々のケアをしっかりと行い、怒られるイメージを払拭したいですね。

歯医者の怒られるイメージが少しでもなくなり、歯医者に通うハードルが低くなればいいと思います。

日々の手入れで重要なデンタルフロスをご紹介します!

歯の隙間の歯垢を取ることで虫歯予防の効果も大きく、歯医者に行った時に怒られることはなく逆に褒められると思います!

毎日することで自信が持てる歯になりましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。