※当サイトは広告を利用しています。

ダンベルはどこで買うのが安い?初心者の選び方やおすすめ商品も紹介!

ダンベルはどこで買うのが安いのか、選び方やおすすめ商品を紹介します。

トレーニングを始めて、筋肉UPやシェイプアップをしたいあなたに、こんな悩みはありませんか?

  • ダンベルはどこで買うのが安いの?
  • ダンベルは初心者は何キロから買うべき?
  • おすすめのダンベルが知りたい

ダンベルを調べると、種類も多くどこで買うのが安いのか迷ってしまいますよね。

いろいろなお店でフィットネスコーナーが増えており、トレーニングへの意識が高まっているのがわかります。

そこで、ダンベルを買えるお店や選び方について調べてみました。

この記事を読んでわかること
  • ダンベルはネットで買うとお得
  • 初心者のダンベル重量は、男性で5~10キロ、女性で2~3キロから始めるとよい
  • おすすめダンベルは「MOJEER」など7つ

ダンベルについて詳しくなって、最適なトレーニングを始めましょう!

見た目がオシャレで使いやすいダンベルセットはいかがでしょうか?

握りやすく、力を入れやすい設計なので、特にスポーツ初心者にはピッタリです。

Amazonの商品ページでは重量が選択性になっているので、ほしい重量をクリックして購入してくださいね♪

ダンベルはどこで買うのが安いのか徹底比較!

筋トレして体を引きしめたいけど、ダンベルってどこに売ってるの?

ネットやお店などいろいろな方法がありますよ♪

ダンベルはどこで買うのが安いのかというと、ネットや100均などです。

また、そのほかにもスポーツ店やダイソーなど、購入できるところは色々あります。

ダンベルを購入できる場所
  • ネットショップ
  • スポーツ店
  • 100均ダイソー
  • その他(量販店など)

ダンベルで体をきたえようと思っても、どこで売っているのか、どこで買うのが安いのかなど、意外とわからないですよね。

購入する際に、何を重視するかで購入したい場所も変わってくるのではないでしょうか?

どの購入方法にもメリットはあるので比較してみてくださいね♪

ポイント還元やクーポンでお得なネットショップ

ネットショップでは、ポイント還元やクーポンでお得に購入できます。

一番身近なのは楽天やAmazonなどのネットショップではないでしょうか。

だいたいの商品は実店舗よりネットのほうが価格が安くなっていますよね。

メリットデメリット
・ポイント還元やクーポンで安い
・自宅に届く
・レビューで判断できる
・実物を見たり触ったりできない
・送料がかかる場合がある

楽天では楽天スーパーセールやお買い物マラソン、Amazonではプライムデーなどに買えばさらにお得になりますよ。

どこで買うのが安いか悩んでいて、ポイントを貯めているネットショップがあるならそこで買うことをおすすめします。

ネットショップでは実物を見られないので、思ったより大きかったなど不満があるかもしれません。

レビューで評価がわかるので参考になりますよ!

耐久性が悪かった・可変式のダンベルで、重さを変えるのが大変だったなど、実際に使わなければ分からないことを知れるのでいいですね!

ネットで買う場合、ダンベルは重さがあり、送料がかかってしまうことがあるので注意しましょう。

ですが、自分でお店から重たいダンベルを持ち帰らなくて済みます。

2kgや5kgなら運べますが、10kgや20kgとなってしまうと自分で持ち帰るのはかなりキツいです。

家でゆっくり選んで、よりお得に、楽に買い物ができるのはネットショップですよ♪

専門の店員さんに質問できるスポーツ店

自分でダンベルを選ぶのが心配な方は、専門の店員さんがいるスポーツ店がおすすめです。

店員さんが、あなたの今の筋力やどの程度きたえたいかの目標を聞いて、最適な商品を提案してくれるはずです。

メリットデメリット
・実際に見て選べる
・詳しい店員さんがいる
・品ぞろえがよくないこともある
・持って帰らなければならない

店舗によって品ぞろえに差があるので、種類によっては取り扱いがない場合や、初心者向けのものよりも、経験者向けのものを多く取り扱っている場合もあります。

実際にダンベルを見てみたい人は、一度行ってみてもいいと思います。

フィットネスコーナーが充実してきたダイソー

100均のなかでもダイソーにはダンベルが売られています!

コロナ禍や健康志向が高くなってきたことで、100均にも自宅でフィットネスグッズがたくさん増えているのです。

ですが、1キロと2キロの軽量のダンベルのみなので、女性や軽いトレーニングがしたい人向けです。

メリットデメリット
・安くてお手軽
・シンプルでオシャレ
・重量は2キロまでしかない
・本格的なものではない

ダイソーのダンベルはグレーで形がオシャレなので、部屋に置いていても目立ちません。

2キロで550円(税込)なので、どこで買うのが安いかは、ダイソーがダントツかもしれません。

また、中に水を入れて使うウォーターダンベルも販売しているようです。

水の量を調節して重さを変えられ、持ち運びも楽なのでいいですね♪

トレーニングを続けられるか心配な人はダイソーから始めてみてはいかがでしょう?

私は三日坊主になりがちなので、ダイエット目的の際に、ダイソーのトレーニンググッズを買って続けられるようになってから、きちんとしたものを買いました。

本格的なものでなくていいなら、試しに買ってみてください。

そのほかダンベルの取り扱いがあるお店一覧

そのほかにもドン・キホーテやイオンなどのディスカウントストアや家電量販店でもダンベルを扱っているお店があります。

その他販売店
・ホームセンター
・家電量販店
・ドン・キホーテ
・イオン
・ニトリ 

ただ、店舗によって取り扱いがまちまちなのと、店員さんもダンベルに詳しくはないので、ネットなどで自分で調べてから買う必要があります。

ですが、身近なお店で購入できるのはいいですね。

なかでもドン・キホーテはダンベルの品ぞろえが豊富なのでおすすめです。

筋トレを始めたらプロテインは必須アイテムですね!

こちらの記事では、100均で買えるプロテインの容器を紹介しています。

ダンベルは初心者は何キロから買うべき?

どんなダンベルを何キロから買うべきかわからない…。

ダンベルの種類や選び方をお伝えします!

最初にダンベルを買うときは、男性なら5~10キロ、女性なら2~3キロから始めるとよいでしょう。

ダンベルにはいろいろな種類があって初心者はどれを買ったらいいかわからないですよね。

まず初心者は、効果的なトレーニングを安全に行うことを第一に考えてください。

特に女性の場合は、筋肉を大きくするよりシェイプアップが目的なことが多いので、軽めの重量設定で多くの数をこなすことをおすすめします。

ダンベルの種類と選び方を解説します!

ダンベルにはいくつか種類があるので、目的にあったものを選ぶ必要があります。

ダンベルは、筋肉を増やしたり、形成したりするのを助けてくれるアイテムです。

筋肉がつくことで、基礎代謝がよくなるので、ダイエットやボディラインのキープにも役立ちます。

ですが、しっかりと目的や自分の力にあったダンベルを買わないと、効果が得られないことがあるので注意しましょう。

<ダンベル選びのポイント>
重量
使用期間
形状

ダンベルを選ぶとき、以上の3つのことを目安にしてください。

<重量>

ダンベルの選び方で重量は最も大切です。

初心者が何キロから買うべきかは、最初にお伝えした通り、男性で5~10キロ、女性で2~3キロです。

その重量の中でも、筋肉を付ける・きたえるのが目的であれば、持ったときに少し重く感じるダンベルを選びましょう。

筋肉を付ける部位によって、負荷を調整する必要がありますよ。

腕などの小さい筋肉なら少し重い程度で十分です。

しかし、胸や背中、脚などの大きい筋肉を鍛える場合は、10キロ近くの負荷がなければ筋肉を刺激できません。

複数の部位を鍛えたい場合は、重さの異なるダンベルを買いましょう。

また、ダイエットやシェイプアップが目的であれば、ダンベルを持ったときに少し物足りなく感じるダンベルを選んでください。

<使用期間>

ダンベルは重さを変えられない「固定式」と重さを変えられる「可変式」があります。

固定式ダンベル<メリット>
・ウエイトを付け替える必要がない
・すぐに使える
・価格が安い
<デメリット>
・重量が変えられない
・複数の重さを買う必要がある
・数を買うとスペースを占領する
可変式ダンベル<メリット>
・用途に応じて重量を変えられる
・収納スペースをとらない
<デメリット>
・ウエイトの交換が面倒
・価格が高い

固定式のダンベルは、重量を変えることができないので、長期間トレーニングをして筋肉量が増えてくると、新しいものを買わなければなりません。

しかしデザイン性があって、価格が安いので、初心者やシェイプアップが目的であれば固定式で十分でしょう。

可変式のダンベルは高いですが、重量を変えて使用することができるので、長期間トレーニングをするならば、可変式を買うことをおすすめします。

何キロから買うべきか迷ったら、可変式なら重さを変えられるので安心です。

<形状>

ダンベルの握りやすさは、トレーニングのしやすさに影響します。

汗をかくと滑りやすくなるので、滑り止め加工がされているものを選びましょう。

ダンベルの種類特徴
アイアンダンベル・鉄でできている
・価格が安い
・落とすと床が傷つく
ラバーダンベル・アイアンダンベルの表面をラバーでおおっている
・持ちやすい
・床が傷つきにくい
ポリエチレンダンベル・アイアンダンベルの表面をポリエチレンで加工
・傷や音の軽減
・鉄のサビを抑えられる
クロームメッキダンベル・メッキ加工で光沢と高級感がある
・ジムによく置かれている
・サビを抑えられる
・騒音は抑えられない

初心者はラバーコーティングのダンベルがおすすめです。

トレーニングはやり方を間違えるとケガの原因になってしまうので、なんとなく買うのではなく、自分にあったダンベルを選んでくださいね。

筋力アップトレーニングに加えて、ジョギングで有酸素運動も取り入れたいあなたに、こちらの記事を紹介します。

初心者がジョギングを楽しく続ける方法が載っていますよ。

ダンベルのおすすめ7選!可変式と固定式も

選び方はわかったから、次はおすすめのダンベルが知りたい!

初心者でも使いやすいダンベルがありますよ♪

初心者におすすめのダンベルを「PROIRON」などから7つ紹介します。

ダンベルはたくさん売られているので、どれにしようか迷ってしまいますよね。

そこで、初心者が扱いやすいダンベルを調べてみました。

おすすめのダンベル
  • PROIRONソフトコーティングダンベル
  • Wout可変式ダンベル
  • NORTHDEER純鋼製ダンベル
  • MOJEER可変式ダンベル
  • MOJEER固定式ダンベル
  • FIELDOOR可変式ダンベル
  • LEADINGEDGE可変式ダンベル

可変式も固定式もあるので、選び方のポイントを意識しながら、自分にあうものを探してくださいね♪

PROIRONのおしゃれなソフトコーティングダンベル

PROIRONの固定式ダンベルは、カラフルでかわいらしいデザインです。

インテリアにもなじむ外観なので、人目にふれる場所に置いていても違和感がありません。

手触りがよく、握りやすい形状です。

価格
1キロ×2個:1,399円 1.5キロ×2個:1,680円 2キロ×2個:1,980円 3キロ×2個:2,780円 4キロ×2個:3,280円 5キロ×2個:4,580円 6キロ×2個:4,999円 8キロ×2個:5,480円 10キロ×2個:6,980円

ネオプレーンコーティングという表面が柔らかく、耐水性や耐久性が高い素材なので、汗で滑りにくくなっています。

六角形なので、転がらず安心できますね。

1キロ~10キロまで種類があるので、家族みんなで使えますよ。

バーベルとしても使用可能なWoutダンベル

Woutダンベルは、2.5キロ~10キロまで調整可能な可変式です。

女性から男性まで使用することができます。

また、こちらのおすすめポイントは連結シャフトがついており、バーベルにもなる点です。

https://twitter.com/dynam_00135/statuses/1709148284906791387

価格:3,480円

1つでさまざまなトレーニングができる優れモノです。

ポリエチレンダンベルなので、置くときも静かでマンションやアパートでも安心して使用できます。

高級感のあるNORTHDEER純鋼製ダンベル

NORTHDEERの可変式ダンベルは純鋼製でサイズが小さく、握りやすいダンベルです。

2.5キロ~7.5キロまで調整可能です。

価格:13,599円

使いやすいため、筋肉を適切に刺激でき、トレーニング効果の向上が期待できます。

専用ジョイントシャフトが別売りしていて、連結することでバーベルにもなるのです。

縦置き可能なので、収納時にスペースをとりません。

コンパクトな可変式ダンベルが欲しい人におすすめです。

安くてかっこいいMOJEER可変式ダンベル

MOJEERの可変式ダンベルは、バーベルにも変身し、いろいろなトレーニングができます。

2.5キロ~10キロまで調整可能です。

価格:3,999円(10キロ×2個)

水洗いも可能で、さびない素材を使っています。

冬でも手が冷たくなりにくいダンベルなので、グローブがなくても手が痛くなりません。

カラフルかわいいMOJEERの固定式ダンベル

握りやすい太さで、フィット感に優れたMOJEERの固定式のダンベルです。

外装は合成ゴムであるネオプレンを使用しており、劣化、損傷、摩耗に強いです。

耐久性があり頑丈なので、長期間の使用に適しています。

価格
1キロ×2個:1,299円 2キロ×2個:1,799円 3キロ×2個:2,599円 4キロ×2個:2,999円 5キロ×2個:4,299円 6キロ×2個:4,799円 8キロ×2個:5,299円 10キロ×2個:6,599円

カラフルな色がとてもかわいいダンベルです。

明るい気分で楽しくトレーニングできそうですよ♪

FIELDOORの可変式ダンベルは安全性が高い

FIELDOORの可変式ダンベルはプレートの固定が二重なので、安全性が高いです。

2キロ~10キロに調整可能です。

価格:3,850円

追加オプションにダンベルを連結できるシャフトやトレーニンググローブをお得に購入できますよ♪

シャフトのみで2キロあるので、それだけでもシェイプアップに使えます。

LEADINGEDGEの可変式ダンベルは初心者向け

調整がとても簡単で素早く交換できる、初心者向けのLEADINGEDGEの可変式ダンベルです。

4キロ、7キロ、10キロに調整可能です。

握りやすく、力が入りやすい設計なのでトレーニングに最適ですよ。

価格:4,400円

男らしい無骨なデザインでかっこいいですね♪

ポリエチレン加工なので、サビや床の傷を防いでくれます。

初心者~中級者向けなので、初めての可変式ダンベルにピッタリです!

まとめ

  • ダンベルをどこで買うのが安いのか迷ったらネットがお得
  • 初心者は、男性で5~10キロ、女性で2~3キロから始めるといい
  • おすすめダンベルは「MOJEER」など7つある

体をきたえることは、見た目が変わるだけでなく、健康にもよく、さらに精神が強くなることにもつながりますよね。

トレーニングを続けるには目標に向かって努力する気持ちと、行動力が大切です。

どこで買うのが安いか、どう選んだらいいかの悩みが解決したらさっそく行動してみましょう!

記事内でも紹介したPROIRONの固定式ダンベルを、ネットで購入してはいかがでしょうか?

どこで買うのが安いか迷っているなら、普段お使いのネットショップが、ポイントも貯まって、使えて、さらに家まで重いダンベルを運んでくれるのでおすすめです。

Amazonの商品ページでは重量が選択性になっているので、ほしい重量をクリックして購入してくださいね♪



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA