部活に行きたくないとストレスがつらいときの解消法6選!原因も紹介!

部活に行くストレスがつらくて、行きたくないけど解消法はないかな?

部活に行きたくなくてストレスを感じることはありませんか?

部活に行きたくないストレスがつらい場合の解消法は「原因を探る」「人に相談する」など5つありますよ!

あなたはどんな理由で部活に行きたくないのか、改めて考えてみることも大事です。

今まで頑張ってきたのに、理由がわからないまま、部活に行きたくないと言い続けて辞めてしまうのはもったいないですよね。

部活に入った当時の気持ちはどんな気持ちだったでしょうか?

「新しい体験にワクワクする」「上手くなって大会上位を目指すぞ!」などとさまざまな気持ちで入部したと思います。

部活に対してプラスのイメージを持てるようになれたら、学校も楽しくなると思いますよ♪

まずは自分がどんなストレスを感じていて、部活に行きたくないのか分析することも大切です。

マインドマップを使用して自分自身の心と向き合ってみましょう♪

Yahoo!ショッピングでは中古のみの取り扱いですので、新品が欲しいあなたはAmazonか楽天をチェックしてくださいね。

部活に行きたくないストレスの解消法6選!

「部活に行くストレスが辛い!」というあなたはストレス解消方法が足りていないかもしれません。

部活に行きたくないストレスを解消する方法を「原因を探る」「人に相談する」「視野を広げる」など6つ紹介しますよ♪

部活に行きたくないストレスを解消できずにパンクしてしまったら辛いですよね。

ストレスがたまることもあると思いますが、うまく自分のストレスと向き合って、解消して心を健康に過ごしましょう!

部活に行きたくないストレスの原因を探る

部活に行きたくないストレスの原因を探ることも効果的な手段の一つです。

自分の心の内をすべて書ききってすっきりすることも大事ですよ♪

あなたが悩んでも解決しないことを考え続けていては、時間の無駄になっていそうで不安ですよね。

そうならないように、ストレスを書き出すときはマインドマップでストレスの原因を探ることがおすすめです。

自分のストレスと向き合って、すべて書いて解消する方法もありますから、自分に合った解消方法を選んでいきましょう。

マインドマップでストレスの原因を探ってみたいと思ったあなたはこの本がおすすめです。

部活に行きたくないと思うストレスの原因を探って解決するべきですね♪

Yahoo!ショッピングでは中古のみの取り扱いですので、新品が欲しいあなたはAmazonか楽天をチェックしてくださいね。

先生や友人など信頼できる人に相談する

ストレスの解消は人に話したほうが効果的なことも多いです。

人は渦中にいると視野が狭まってしまい、ストレスの原因を探ることも解決することもできなくなってしまいがちです。

誰かに自分の悩みを聞いてもらうことによって、自分だけでは考えられない解決法が見つかることがよくあります。

また、「人に話す」ということだけでもストレス発散になります。

話すことで「気持ちを放つ」ことができるので、気持ちの発散ができることがあります。

悩みをため込みがちだというあなたは、信頼できる親や先生、友人に打ち明けてみると良いです。

身近な人だと他の人に漏れないか不安という場合は、スクールカウンセラーに話してみると安心だと思います。

スクールカウンセラーはプロですから、他の人に漏れたりすることはないので安心ですよね。

今の部活以外に視野を広げてみる

競技を続けたい、でも部活は続けたくない、という場合は学校の部活にこだわる必要はありません。

例えば、「バスケットボールは続けたい、でも部活に行きたくない」といったようなこともあって迷うことがありますよね。

そんな状態にあるのなら、部活以外で同じことができないかを考えましょう。

合わない部活を続けてストレスを増やし続けるよりも、部活以外で同じ活動をすることがプラスになることもあります。

学校外での活動、地域での活動は交友関係を広げるチャンスにもなりますから、積極的にチャレンジしてみると良いでしょう。

自分にとって心地のよい居場所が複数あれば、どこか一か所でストレスを感じていても、別の場所でそれを感じさせない楽しみを得ることもできます。

狭い視野にとどまらず、広い視点で柔軟に考えて行動を起こしてみましょう。

没頭できる趣味など自分なりのストレス解消法を見つける

部活に行きたくないストレスで辛いなら、自分なりの発散方法を見つけるのも一つの手段です。

没頭できる趣味や予備校など、部活以外のストレス発散方法を見つけてください。

例えば、「好きなアイドルを推す」「カラオケで思いっきり声を出す」「予備校で部活とは違う友達と交流する」などはいかがでしょうか。

部活をしているときは、部活のことを考えることが当然ですが、部活をしていないときまで部活のことを考えていてはストレスが溜まってしまいますよね。

部活をしていないときは、趣味や他のことを考えて楽しい気分になることもとても大切なことです。

部活に行きたくないストレスで辛いときは、自分なりの発散方法でストレスを発散してみてくださいね♪

体がつかれているなら一時的に部活を休む

肉体的に疲れていてストレスになっている場合は、一時的に部活を休みましょう。

身体と心は一体だと言いますから、肉体的に疲れていたらストレスになってしまうものです。

勇気を出して、一時的に部活を休むという選択肢を取ることも大切です。

疲れていたり、なんとなくモチベが低い場合に長時間練習しても得られるものは少ないです。

加えて、集中できていないと怪我をする恐れがあります。

怪我をしてしまっては日常生活にも支障がでてしまって更に辛いですよね。

私も部活を思い切って休んでみると、体力が回復するだけでなく、部活自体が新鮮に感じて楽しくなったことがありましたよ♪

どうしても行きたくないなら部活をやめる

部活に行きたくないストレスが爆発しそうな場合は、思い切ってやめてしまっても良いと思います。

部活を続けて心を壊してしまうようなことがあれば、悲しいことなので、そうなる前に自分の心を守りましょう。

部活なんてなんの強制力もなければ、責任もありませんし、たかが部活です。

「成績に響く」と考える人もいるようですが、実績として扱われるのはポイントのようなもので小さなものです。

塾に行く、勉強する、遊びに行く、家のお手伝いをする、そういったように他にやることを見つけて、放課後を自由に過ごせばよいのです。

部活に行きたくないのは怖いから?理由や原因を8個紹介!

部活に行きたくない理由は、「人間関係がうまくいかない」「下手でレギュラーになれない」「他にやりたいことができた」などがあります。

部活に行きたくない理由として怖いということを相談している人もいます。

大切な日に休んでしまったことがきっかけで、明日の部活に行くのが怖いです。 顧問や先輩たちからの目が怖いので行きたくないです。

部活に対してやる気はあるけれど、先輩が怖いなどがあると部活にいけなくなってしまっては悲しいですよね。

「部活に行きたくないのは怖いからなのか?」よくある理由について紹介していきますよ♪

先輩や顧問との人間関係がうまくいかない

顧問や先輩たちが怖いなどの理由があると休みたくなります。

小学校の時には全員とため口で年の差など感じたこともなかったのに、中学校から始まるのが「先輩・後輩」の上下関係です。

尊敬できる先輩がいたり、憧れの先輩がいたりすると、部活も頑張れてやりがいや部活の楽しさにもプラスに働くこともありますよね。

ですが、怖い先輩や相性の合わない先輩がいると部活に行きたくないストレスになります。

そんなときはまずは「自分の挨拶や態度を見直す」ということをしてみるのはいかがでしょうか。

もしあなたが先輩とうまくいっていないと感じているのなら、「あいさつをきちんとする」「部活を一生懸命やる」を見直してみるとよいです。

同じチームメイトでも先輩に気に入られている子もいると思いますので、その子をよく観察していいところを見つけてみるのもいいですよ!

レギュラー入りできないなど頑張っても結果が出ない

部活に行きたくない理由の中には「下手だから」「下手だと怒られるから」という声があります。

このように部活に行きたくない理由が下手だからと、あなたも同じ気持ちになったことが1度はあると思います。

「中学1年生や高校1年生で技術でついていけない」ということは当然ありますが、私も入部当初は悔しい気持ちになったことがあります。

ですが、技術は突然上達したり、最初から上手かったりする人はいません。

もしあなたが辞めたくないと思っていて、技術を向上させたり場合は、地道に努力をするしかありません。

毎日誰よりも早く来てシュートを1本でも多く打つ、練習後みんなが休んでいる間にトレーニングをする、など人より練習をすることが大切です。

練習した分は無駄ではなく、絶対にあなたの実になりますから地道な努力を続けてみてはいかがでしょうか。

部活に行きたくないのが下手だからというあなたは、頑張ってうまくなる努力をするしかないですよ♪

部長など役職のプレッシャーがある

部長や副部長などの役職をしている人はプレッシャーで行きたくないということがありますよね。

部長や副部長をしていたら、顧問の指示を全員に伝えなくてはいけなくなり、嫌われ役をかってでないといけない場面もあります。

そのせいで部員から陰口を言われていることに気が付いたりすると苦しいですよね。

また部長や副部長は部員全員をまとめて同じ気持ちに向けなければならない役割もあります。

みんなをリードしていくという役割は学生でも大人でもプレッシャーのかかることです。

プレッシャーを感じている場合は、そのプレッシャーを先生や顧問に話してみると楽になります。

周りの大人の今まで部活の経験からアドバイスできることがあると思いますよ!

今の部活の他にやりたいことができた

他にやりたいことがあり、部活に行きたくないと思うケースもあります。

具体的な例としては、受験勉強に専念することや地域のボランティア活動に参加することなどがあると思います。

うまく両立してこなすことも考えられますが、そうではなく、一つの方に強い魅力を感じていて、部活をやめて注力したいと考える人もいるようです。

そういう時は一度冷静になって考えてみることも大切ではないでしょうか。

やめた場合にはデメリットも少なからずあり、例えば、部活が受験勉強の息抜きになっていた場合は、精神的なゆとりを持ちにくくなりストレスになるということもあります。

デメリットを明確にしたら、やりたいことを開始するメリットと比べて、どうするのが自分にとって最も良いのか判断することが大切なことです。

けがや病気で思うように部活に打ち込めなくなった

けがや病気で部活に打ち込めなくなり、意欲がなくなることも部活に行きたくないと思う原因の一つです。

これまで活躍していたのに、けがや病気が原因で打ち込めなくなるケースも少なくありません。

治るまでの間にライバルたちとの差がつき、競争しようとする意欲が失われると、続けていく意義を見出すのが難しくなってしまいます。

選手を続けるモチベーションがなくなってしまったら、マネージャーに転向するなど違った視点でチームをサポートしていく選択肢もあります。

しかし、選手として頑張ってきたのに突然支える側に回るというのは、精神的にきつい部分もありますよね。

ケガや病気の経過を見ながら、どうしていくのが自分にとっていいのか考えてみましょう。

週6などで活動日数が多くて忙しいこと

「部活の活動日数が多くて他の習い事の時間がなくて厳しい」ということもありますよね。

部活に専念する人にとっては部活の活動日数が多いことは良いことかもしれませんが、他のことも頑張りたい人にとっては時間のやりくりが難しいですよね。

そういうときは、部活の日を変えることは難しいので習い事の日を変更するなどして解決する方法がありますよ!

部活も習い事も頑張りたい、というあなたは調整してみてはいかがでしょうか。

他の部活が良さそうにみえること

活動していく中で今の部活が自分に合っていなかったなどで、他の部活が良さそうに見えることがありますよね。

「他の部活が良さそう…。」と思いながら続けていくのはストレスになって残念ですよね。

そういうときは、なぜこの部活に入ったのか?をもう一度考えてみると良いです。

私の場合は、今のスポーツや文化活動がやりたいのか、気の合う仲間と一緒に活動していきたいのか、自分が大切にしたいことなどを考えてみました。

部活に入った理由やきっかけが分かると、答えが出てすっきり解決しました。

今の部活を続けるのか、新しい環境に身を置くのか、答えが出ると良いですね♪

なんとなくいやなど原因が不明

原因がわからないけど、なんとなく部活に行きたくないということもあります。

そういうときは、悩みやいやなことを書き出してみて、原因を探ってみることが大切です。

いやな原因がわからないままになっているのは、不安でもやもやしてしまいますよね。

自分のストレスと向き合って、すべて書いて発散する方法もありますから、自分に合った発散方法を選んでいきましょう。

部活に行きたくないならモチベをあげよう!メリット5選

ここまで部活に行きたくないと思う理由について解説してきました。

しかし「部活に行きたくないけど、辞めたくない」といった声もあります。

ここではモチベを上げるための部活を続けるメリットの「体力、精神力がつく」「目上の人との接し方や社会のルールが身につく」など5つ紹介していきますよ!

あなたも部活に行きたくないけど、辞めたくないと思ったことが1度はあると思います。

でもなんとなく続けていてはモチベがあがらないので、とても残念な時間になってしまいますよね。

そうならないために続けるメリットも一緒に紹介していきます。

部活を続けるメリット!あなたも理解して続けてみて

部活を辞めたくないという気持ちに加えて、部活を続けるメリットが分かったほうがモチベが上がりますよね。

あなたが迷っているなら、部活を続けるメリットを参考にしてみてください。

部活を続けるメリット5選
  • 体力、精神力が身に着く
  • 目上の人との接し方や社会のルールが身につく
  • 時間の使い方が上手くなる
  • ストレスやエネルギーの発散になる
  • 交友関係が広がったり、友達付き合いがうまくなったりする

体力をつけるための練習や試合で我慢が必要な場合を想定して鍛えるために、体力や精神力が身に付きます。

日々の練習でランニングや筋トレを行うことで体が強くなることは間違いないでしょう。

また部活では先生や先輩とも接する機会があるため、目上の人との接し方が身に付きます。

部活をしながら、勉強や家の手伝いをする人もいるでしょう。

うまく時間を作る工夫をして生活するようになるので、自然と時間の使い方がうまくなることも期待できますね!

身体を使ったり、頭を使ったりすることでエネルギーを発散しますよね。

好きなことであれば、モチベがあがってストレス発散になることも期待できますよ♪

部活では色んな人と協力しながら活動していくので、交友関係が広がったり、友達付き合いがうまくなることも期待できます。

このようなメリットも抑えて部活を続けると実になっていくので自身に繋がって嬉しいですよね!

「部活を辞めたくなくて続けたい」と思っている人は参考にしてみると良いですね。

部活を辞めたくない理由は!?

部活に行きたくないけど、辞めたくないと思っている理由としては以下のことが多いです。

部活を辞めたくない理由
  • 部活の活動やスポーツ自体が好き
  • 高校や大学のスポーツ推薦を受けるために続ける必要がある
  • チームメイトと仲良くしたい
  • 大会で結果を残したい

上の理由の中にあなたが部活を辞めたくない理由もあるでしょう。

「人間関係は難しいけど、活動は好き」「高校や大学のスポーツ推薦を受けるために続ける必要がある」

「練習はきついけどチームメイトと励ましあえる関係が好き」「今は結果は伴っていないけれど、次の大会では結果をのこしたい」

といったような気持ちがあるのではないかと思います。

目的が明確である場合は、辞めたくないという気持ちに従ったほうが良いですよ!

まとめ

  • 部活に行きたくないストレスがつらい場合の発散方法は、「原因を探る」「先生・友人・親・カウンセラーなど信頼できる人に相談する」などがある
  • 部活に行きたくないストレスが発散できない場合は、部活を休む、部活をやめるなどの選択肢もある
  • 部活に行きたくない理由や原因は「人間関係がうまくいかない」「下手・レギュラー入りできない・頑張っても結果が出ない」など6つが挙げられる
  • 部活に行きたくないけど辞めたくないときは、メリットを知ってモチベを上げることが可能
  • 部活を辞めたくない理由を考え直してみると、部活を続ける選択肢も見えてくる

部活に行きたくないとストレスを感じている人は、まずはどんな理由でいきたくないのか分析する必要があります。

そのストレスと向き合って、自分がどんなことでストレスを感じて、どう改善していけるのか考えることが大切です。

部活のメリットを考え、自分の心と向きあい部活も学校生活も楽しんでくださいね!

部活にいきたくないと思ったときには、まず初めにマインドマップでストレスの原因を知ることが効果的です。

ストレスの原因を知り、解決できるように考えていきましょう!

Yahoo!ショッピングでは中古のみの取り扱いですので、新品が欲しいあなたはAmazonか楽天をチェックしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。