50代独身男性が楽しみを見つけて活き活きする秘訣を徹底検証!

孤独を感じている50代独身男性はどうすれば楽しみながら人生をおくれるのだろう、と不安に感じていらっしゃいますか。

そういう寂しさを感じつつ過ごしているのはあなただけではありません。持て余している時間を楽しみに変えてしまえばよいのです。

50代独身男性は、趣味の活動に参加したり、スポーツをしたりすることで、楽しみを見出している方が多くいらっしゃいます。

その背景には、独身仲間の輪がひろがってきたという意識があるようです。

50代独身男性生涯未婚率(今までに1度も結婚した経験の無い人の割合)は、現在20%を超えています。

2022年現在までの約30年間で2倍以上に増えたということで、50代男性が独身でいるのは、割と一般的なことになりました。

今回は、そんな50代独身男性の暮らしをのぞいてみたいと思います。

ゆとりある日々の過ごし方で悩んでいるようでしたら、あなたにはどんなことが向いているのか、新しい楽しみを開拓してみましょう。

新しいことを始めて見る時、検索するデバイスを新しくして、気持のお引っ越しから始めませんか。楽天1位のこのタブレット、とってもコスパがよくておすすめなんです。

50代独身男性の楽しみは趣味とやり残しへの再挑戦

50代独身男性は、多かれ少なかれ、独身で暮らしていく不安を抱えています。そんな男性達の心の支えとなる「楽しみ」の背景は、「豊かさ」だといえるでしょう。

豊かなお金と時間が、50代独身男性を趣味やスポーツ、かつて成し遂げずに終わってしまったことへの再挑戦、へといざなうようです。

人生100年時代、といわれて久しくなり、50代は人生の折り返し点だという受け止め方も浸透してきました。また、家族がいない寂しさの代わりに、時間がたっぷりあります。

50代独身男性は成人してから30年以上、楽しみとは何かを色々体験して来て、楽しみ方のベテランです。

では具体的に、50代独身男性はどのような楽しみ方をしているのかご一緒にみてみましょう。

経済力という強みを活かした50代独身男性の楽しみ方に、家族がいる男性は、うらやましー、と、ため息が出てしまうかもしれませんね。

50代独身男性のごく代表的な楽しみ方、リッチなものから一般的なものまで、5選をお伝えしておきますので、参考になさってくださいね。

50代独身男性の楽しみ方5選
  • ゴルフや登山やテニスなど、ちょっと贅沢なイメージのスポーツ
  • 写真撮影したり動画編集をしたりしてSNSへ投稿
  • 料理
  • 映画鑑賞
  • 若い頃に挫折したことに再挑戦

あなたも気になったものはありましたか?それぞれどのように楽しまれているのかをご紹介しますね。

ゴルフや登山などの贅沢なイメージのスポーツ

ゴルフやテニスは、自己流に素振りなど繰り返しても上達せず、ゴルフのレッスンプロやテニススクールのインストラクターの指導で腕が上達します。

つまり、スポーツとして極めていこうとすると結構費用がかかるわけですが、50代独身男性なら、特に心配なく続けることができます。

また、登山となると、ウエア、スパイク、アイゼン、ザック、トレッキングポールなど、登山に最低限必要なものを揃えるだけで相当な費用になります。

費用について悩むことなく、自分の興味あるスポーツを楽しめるのが50代独身男性の強みだね。

このように経済的にゆとりがないと難しいスポーツも、50代独身男性にとっては特に問題ないもので、思い立ったら直ぐに始められ、スポーツが新鮮な毎日を与えてくれます。

写真撮影や動画編集という作品をSNSへ投稿

カメラも、良質な映像を追求すればするほど機材や付属品に費用がかさみますが、作品としては満足のいくものが仕上がってきます。

Facebookやtwitterに作品を投稿するだけでなく、発信した動画のファンとつながっていくなど、趣味が新しい人の輪を作ってくれるという楽しみもありますね。

健康管理という実益と趣味もかねた料理

栄養バランスに配慮した食事で健康に良い食事を続けるためにも、外食費で余計な出費となるのを防ぐためにも、料理にはまる50代独身男性は多いようです。

料理動画やレシピ本を参考に毎日の食事を作ることにとどまらず、ワインや日本酒の各銘柄にあったメニュー料理をあみだす50代独身男性もいるといいます。

50代のうちに料理の腕をみがいておくことは、健康不安が出てくる60代以降の備えとしても理想的ですね。

映画やドラマを自宅で好きな時間に鑑賞

インドア派の50代独身男性は、映画や動画見放題のVOD(ビデオオンデマンド)を活用している人も多いようです。

VODは、マイナー作品や名作ドラマも鑑賞できて、サービスに満足しない人はいない、といいます。

益々教養が深まって、話題の範囲がひろがっていきそうですね。

若い頃に挫折したことに気持ちを一新して再挑戦

人間だれしも、自分ならこの道で成功して、ひとかどの人物として名を残したい、と夢をいだいたことがあると思います。

とはいえ、それこそ食べていくのでせいいっぱいな若い世代は、夢の途中で挫折してそのまま諦めて日々の仕事と暮らしに追われてしまいます。

けれども、50代独身男性は色々な意味でゆとりがありますから、自分の夢の実現のために必要な学びは何かを見極め第一歩から歩みだすことだって出来るのです。

正しく導いてくれそうな指導者のもと、専門知識を習得して、夢を現実にするわけです。

例えば、自慢の料理を多くの人に振る舞って喜ばせたいなら、本業のほかに飲食店調理場での副業をもち、調理師免許取得を目指すことだって出来るのです。

免許を取得して、晴れて自宅改造の隠れ家レストランを始められたら、沢山の人を自分の料理で喜ばせられますね。

50代独身男性は、家庭という幸福に憧れつつも、独身の強みである時間とお金を自己投資に活かせる、とフレキシブルに考える方が多いようです。

50代独身男性が孤独を感じる瞬間と克服法をご紹介

家庭をもっている50代男性なら、我が子の就職、結婚、など、家族と暮らす幸せに恵まれながらも、その幸せをかみしめる余裕がないほどあわただしいものかもしれません。

そういうあわただしさが全く無い50代独身男性の暮らしは孤独だろうというイメージかもしれませんが、現状の生活スタイルを変えたくない、という考え方もあります。

独りの生活スタイルが定着し、今から誰かと一緒に暮らすストレスの方が孤独の寂しさを上回るのではないかと考え、孤独を埋める楽しみをみつけに行く人は多いようです。

しかしながら、なかには孤独で悩んでいる50代独身男性もいて、やはり暗い部屋に帰宅する毎日は寂しいようですね。

では、どんなときに50代独身男性は孤独を感じるのでしょうか。

50代独身男性が孤独を感じる瞬間
  • 会社主催の運動会やBBQで家族にほほえましくサービスしている同僚を目の当たりにした時
  • 冠婚葬祭などで親類縁者が集まった席で自分だけ連れ合いがいなくて目立った時
  • 同窓会のかつての旧友達が家族の話で盛り上がるなか、自分だけ話の輪に入れなかった時
  • 体調を崩して寝込んでしまい、頼る人がいなくて心細かった時
  • 病気やケガ、人間ドックなど、入院の際に、周りは家族が付き添ったり見舞いにきたりしているのに、自分だけは誰も訪れてくれなかった時

やはり、一人でいて全く孤独を感じないというわけにもいかないようですね。

では、孤独を感じた50代独身男性は、孤独を克服するためにどんなことを実践しているのでしょうか。

次は、そのあたりのことをご一緒にみていこうと思います。

50代独身男性の孤独を克服する方法
  • 料理教室や英会話教室、ビジネススクールなど、学べる空間に足を運んでみる
  • テニス、ゴルフ、社交ダンス、登山など、仲間と取り組むスポーツを始める
  • ウォーキングや囲碁など趣味のサークルに参加してみる
  • ボランティア活動に参加してみる
  • 婚活を始めてみる

50代独身男性は、家庭をもっている男性からみると羨ましいようなゆとりの生活をしていて幸せいっぱいに思えますが、当事者にしかわからない悩み、はあるものです。

50代独身男性が孤独を感じる瞬間があるのだということは既にお伝えしました。では、孤独を感じる時、50代独身男性ならどんな行動をとるのでしょうか。

孤独というのは、ひとによって感じ方がまちまちですし、趣味によって行動の方向も分かれますが、人との関わりを求めて出かけていく、ということは共通しています。

料理教室や英会話教室など学べる空間に足を運んでみる

学びの場なら、同じ志をもった仲間と出会えますし、若い世代と交流することだってできます。

なかには、仕事で使ってきた英語を学びなおしてTOEICスコアを伸ばして翻訳の職を得るという実益をかねた学びを実践する人もいるとききます。

50代ならではの賢明な歩み、といったところでしょうか?ただ寂しがってばかりいるのでなく、ほかにも活かしていくなんて、素敵ですよね。

テニスやゴルフなど仲間と取り組むスポーツを始める

テニス、ゴルフ、社交ダンス、登山など、仲間と取り組むスポーツを始めることで孤独を克服している50代独身男性も多くいますよ。

適度な運動は、健康のためによいばかりでなく、まだまだいける、という自信回復にもつながるよ。

身体を動かすことで、生活習慣を見直す良い機会にもなるので、理想的ですね。

新たに開拓する趣味も視野に入れてサークルに参加

ウォーキング、美術館巡り、カメラ、俳句、囲碁、将棋、カラオケなど、サークルは多岐にわたっていて、どこが自分に向いているか決められないという人もいるようです。

趣味なので、必ず続けなければならないということもなく、興味あるサークルから始めてみて、しっくりこない場合はほかにあたってみるという感じの方もいます。

趣味はもっていないけれど仲間を増やしたい、という方が集まる、食事やピクニックの会もあるので、積極的に探してみるとよいですね。

いくつかのサークルを体験して、自分にあったサークルで仲間を増やしていくのはたのしいでしょうね。

体験を活かせそうなボランティア活動に参加してみる

地域の子供たちに絵本の読み聞かせをする、音楽祭開催スタッフ、子どもイベントの見守り、悩み相談サイトの相談ボランティアなど、ボランティアの種類は沢山あります。

50代独身男性ならではの豊富な経験とゆとりある時間を活かして社会貢献することで、新たな自分発見にもつながる素晴らしい時間の使い方ですね。

独身の不安を一発解決できるよう婚活を始めてみる

仕事もそれなりに究め、こざっぱりした住まいに独りでいると、やはりパートナーがいてくれたら、と真剣に考えることもあるようですね。

結婚相手とめぐりあって、50代独身男性を思い切って卒業してみるのも良いかもしれませんね。

何か新しいことに挑戦する時、何もかも一新して始めてみるとわくわくするものです。そんなワクワク、このタブレットに手伝ってもらいましょう!

タブレットなら、持ち運びが楽なので、新しく仲間入りしたサークル活動のお供として便利!みんなが欲しい情報をいちはやくゲットして人気者に!

50代独身男性の悲惨を回避しようと実践する婚活や決断

50代独身男性は、それなりに寂しさを感じる人もいて、悲惨だな、という気持ちになることもあるようですね。

悲惨だと感じるのはずっと独りでいることの不安からなのですから、婚活をふくめ、今後一人っきりにならないための対処法を考える50代独身男性も多いですね。

50代独身男性のうち、独身であることに不安を感じる、が60.4%、今後機会があれば結婚したいと考えている人が60.8%と、ともに60%を超えています。

ものごとの受け止め方は、その人その人によって異なり、50代独身男性でもパートナーを求めない人も半数近くいるのですね。

しかし、半数を超える人は独身を悲惨な状況だと受け止め、行動を起こしてみるようです。

悲惨な状況は、変化させて悲惨でなくすればよいだけ、そんなポジティブさが明るい明日につながるのでしょうね。

50代独身男性は結婚相談所を活用して真剣に婚活!

50代独身男性は自身の今後が悲惨に思えるから結婚相談所にすがる、という趣旨ではなく、人生経験豊かだからこその選択といえます。

50代独身男性は、恋愛の円熟した形として結婚というのが理想とは考えず、真剣に結婚を考えている女性が集まっている結婚相談所に赴く場合が多いようです。

50代独身男性なら人生経験が豊かなのに、結婚相談所に行く必要があるのだろうかと不思議に感じますか?

餅は餅屋、ということわざの通り、何事も専門家に任せるとスムーズに運びます。それを心得ているからこそ、50代独身男性は結婚相談所で婚活をするというわけです。

結婚は相手のあることなので、結婚カウンセラーのアドバイスのもとで婚活することで、成婚率アップや成婚までの期間の短縮につながっているようです。

ただ、50代独身男性の多くが、ご自身の長所を相手に伝えるのがあまりお上手ではないのですね。

もし、女性にそのようなことがすんなり伝わるように振舞えたら、必ず素敵なパートナーと結ばれると思います。

50代独身男性の魅力や特徴については、後ほど改めてご紹介しますね。

ずっと独身で女性の扱いに慣れていない、というだけで素敵な女性とのご縁を逃すなんてもったいないですね。

結婚相談所の専門家の力を上手に使って、最良のパートナーと出会っていただきたいものです。

ずっと独身でも高齢者施設入居検討で孤独は回避できる

パートナーとの安定した家庭が望めないのなら、高齢者施設のことを計画的に考えればよいわけです。

結婚は、なによりもご縁あって成り立つものですから、結婚相談所に赴いたりマッチングサイトを活用したりした全員が成功する、というわけではないかもしれませんね。

けれども、だからといって50代独身男性の人生は悲惨だ、なんて思う必要はありません。身体に体質のちがいがあるのと同じで、人生にも生きていくスタイルの違いがあります。

婚活が思うように進まなかったのなら、悲惨、どころか、益々明るい人生にしよう、と様々なことを見直してみる良い機会だととらえればよいわけですね。

異性のパートナーと一緒にいることだけが人生の潤いだとは限らない、と心得ているのが50代独身男性というものです。

パートナーが見つからないときの対処法の1つが有料の高齢者施設への入居です。

えっ!?施設?それこそ悲惨以外のなにものでもない!とんでもない!

と思ってしまいますか?ところが、現在の施設は、かつての施設とは趣が全く違うのです。

これまでは、行き場を失った高齢者が暮らしているイメージでしたが、現在の高齢者施設はドンドン進化していっています。

たとえば、多世代共生施設の場合、一つの建物内に保育園、賃貸住宅、自立棟と介護棟の介護付き有料老人ホームがあります。

自立棟ワンルームマンションでは、入居しているホームの住人が、朝、1階のボードに在室の表示をしに来なかった場合にスタッフが部屋まで確認に来てくれるところもあります。

確認以外にも、24時間呼べばいつでもスタッフが部屋に来てくれるという点がマンションとちがうところですが、そうでなければ全く普通のマンション暮らしというわけですね。

色々な施設が集まっているので、ホーム入居者の共有スペースを保育園の園児がお散歩していて、大きなおウチ、のイメージなのも魅力的です。

寝たきりになってしまったら、在宅介護サービスをいれた自立棟生活か、介護棟生活かを選択する仕組みになっています。

普通のマンションの自由な生活と万が一の場合に備えての安心とが、一緒に手に入るわけですね。

定年前にこのような施設への入居を計画しておき、入居して万が一の場合の心配を一切なくしておいて、定年後の就職先に施設から通う、というスタイルになってきました。

つまり、孤独死などの心配がない状況にしておいて、施設という終の棲家から出勤したり、趣味のサークル活動にでかけたり、という生活スタイルなのです。

施設によっては、入居しながら施設のスタッフとして勤務することもできます。

大企業に勤務していたダンディーな男性がスタッフとして立ち回るだなんて、ほほえましいですね。

77歳のスタッフもいるのだといいますから、元気なうちはずっと働いていられるのもメリハリのある生活を送れますよね。

50代独身男性は、こういう老後をしっかりと見据えた準備にふさわしい年代だといえるね。

そして、なによりも知っていただきたい50代独身男性の特徴を最後の章でお伝えしておこうと思います。

この特徴をしっかりとかみしめて、上手に女性へアピール出来ると婚活成功率もアップすると思います。

50代独身男性の特徴は包容力や幅広い知識など主に5つ

ここでは、あなたも気付いていない50代独身男性の特徴として代表的なものは経済力や包容力、幅広い知識など5つといえるでしょう。

50代独身男性の魅力ある特徴
  • 経済的な豊かさ
  • 相手の気持ちと立場を尊重出来る包容力
  • 自由に楽しみに没頭できるため知識が幅広い
  • 理性を保った振舞いやありのままの相手を受け入れる心の余裕
  • 幅広い趣味から広がる人間関係

それではそれぞれ詳しくご紹介していきますね。

自由にできるお金がある経済的豊かさ

50代独身男性の特徴の1つには、お金の使い方を自分だけの判断で決定でき、貯蓄や投資で資産を増やすことが簡単にできます。

経済的にゆとりがあると、やはり同じように資産のある知り合いが増えていき、効率的な投資商品やお手頃価格不動産投資物件の情報が入ってきます。

すると、いまある資産を基にさらに増やしていくのも簡単ですね。

資産があって希望に満ちているばかりでなく、将来性のある人脈にも繋がるという意味でも、経済の豊かさは、人生の強みですね。

相手の気持ちと立場を尊重出来る包容力

50代独身男性は、どんな場面でもあわてず対処出来る余裕を備えています。

想定外のことも冷静に受け止めていける、ゆったりとかまえた心の豊かさは、包容力という、若い世代の男性には難しい魅力をかもしだします。

包容力があると、周囲から一目置かれ、多くの人にたよられる存在となり、それを見ていた周りの人々が集まってくるという良い循環につながります。

心の豊かさは、もっと沢山の豊かさを吸い寄せてくれる強力な武器ですから、50代独身男性に楽しみが集まってくることにうなずけますね。

自由に楽しみに没頭できるため知識が幅広い

家庭のある男性の場合、家族と暮らす幸せの分、自分の時間が殆どないのが現状ですね。けれども、50代独身男性の時間は自由です。

50代独身男性は時間の使い方を自分で決定してよいので、自分の楽しみのためばかりでなく、疑問点について深く調べ、知識を積み上げています。

私の知人で家庭をもっている男性の話なのですが、我が子の大学進学について友人に相談したところ、とても的確なアドバイスがもらえて助かった、と話してくれました。

その友人というのが50代独身男性で、独身の彼はもともと読書好きなので、時流の話題を新聞やネットで読むのが好きなのだそうです。

受験期の冬、外出も控えめになるため自宅で読み物を楽しみにして過ごすことが多く、その男性は受験や進学についてもなかなかよく知っているのだそうです。

大学進学には、いわゆる入学試験を受けないで合格を手にする方法があることや、苦労して入学試験で入る大学が就職に有利とは限らない、など、細かい知識があるそうです。

自分に子供がいないから、脳への情報インプットを客観的にし、偏らない有意義な情報をもっているからよく受験や進学の相談を受けるよ。

単に時間にゆとりがあるということばかりでなく、客観的立場でいられる、というのも50代独身男性だからこその強みといえるわけですね。

そして、知識があるからといって自分からひけらかすようなことをせず、頼りにされたときにだけ出し惜しみせず、知識を有効活用するとよりスマートさがありますよね。

理性的な振舞いやそのままの相手を受け入れる心の余裕

人間、生きていると感情的になってしまうこというのはどうしてもあるものですが、50代独身男性は落ち着いています。

騒いだり相手を責め立てたりしたからといって状況が良くなるわけでもないとわかっているのでなんでも落ち着いて判断し、大変なことはグッとのみこむという理性は素敵です。

若い男性ですと、急に意見を変えたり自分自身の感情のコントロールができなかったりするものですが、50代独身男性は懐が深いのです。

幅広い趣味から広がる人間関係

趣味というと、お金をかけずに楽しめるものも沢山ありますが、中には服装や道具をそろえると何十万円単位必要になる趣味もあります。

資産豊かな50代独身男性の場合、お金のかかる趣味に没頭することだって出来るわけです。

大人の遊び心で趣味に没頭することで、いわゆる趣味友達が増えたり、趣味で得た知識があらたな魅力として加わったりするのですね。

まとめ

 

  • 50代独身男性は、豊かさを背景に、スポーツ、SNSへ投稿、料理映画鑑賞、かつて挫折したことの再挑戦で楽しみを満喫している
  • 50代独身男性は、病気になった時などに孤独を感じることがある
  • 孤独を解消するために、仲間の作れるスポーツや学びの場、サークルやボランティア活動に赴くほか、婚活する50代独身男性もいる
  • 好きな女性と暮らすという楽しみのため、結婚相談所で適切なアドバイスを受けながら婚活する50代独身男性は多い
  • 婚活で成功しなくても、老人施設にいずれ入居するという人生の計画に変更することができる
  • 現代の老人施設は、自立できるうちは普通のマンション生活で、要介護になったら介護してもらえる、など、自由、安心、楽しみを一度に入手できる
  • 50代独身男性の特徴は、経済、こころ、知識、振る舞い、趣味が豊か
  • 50代独身男性の特徴のアピールポイントを女性につたえられれば婚活成功率がアップする

今回は、50代独身男性が孤独の寂しさの中にも楽しみを見出している様子をご覧頂きました。あなたの毎日と似ているところも多いかもしれませんね。

あなたの毎日が一層かがやかしいものになるよう、参考にしていただけたら幸いです。

あなたの人生を潤いあるものにしてくれるのは情報です。検索の速さがものをいう時代です。楽天1位のこちらのタブレットをお役立てください!

速く検索、しっかりと考えベストが見つかったら即ポチッと、には、持ち運びに便利なこちらのタブレットがおすすめ!Bluetoothでこの価格は嬉しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。