※当サイトは広告を利用しています。

100均にクリップ外しは売ってる?損せず愛車をカスタマイズしよう!

突然ですが、クリップ外しまたはクリップリムーバーや内張りはがしといった工具をご存じですか?

じつは、これらの工具は車のカスタマイズや修理時に、クリップという部品を外すために使われる、専用工具です。

「ヘッドライトカスタムに挑戦したい!一通りの工具は揃っているけれど、バンパーのクリップを外したい場合は、クリップ外しを買わないとダメなの?」

「使用頻度が高くないし、安く済ませたいけれど、100均にクリップ外しは売っている?身近な物や100均の商品で代用できるならそれも知りたい!」

とお悩みの方にぜひ見ていただきたい!現役自動車整備士を夫に持つ私が、アドバイスを受けつつ、100均に通いつつ♪損せずクリップを外せる方法を調べてみました!

 

 

100均にクリップ外しは売っていない

残念ながら、ダイソーやセリアといった100均にはクリップ外し、内張りはがし、といった車体部品を外すという専用用途の商品は、売られていませんでした。

100均はその特性上、商品の入れ替わりが激しく、ある程度売れる商品しか販売を続けることができないため、ただでさえ使用頻度が低い専用工具は置いていないようです。

また、ピン抜き、釘おこしといったクリップ外しに近い形状の商品も過去には売られていましたが、現在は見かけません。

しかし、代用品になる商品は購入することができます!

 

 

100均の商品でクリップ外しの代用が可能!そもそもクリップ外しとは?

車のクリップを外すには、クリップ外しが必要ってことは知っているけどそもそもどこで売ってるの?値段はどのくらいかな?

まずは、そんな疑問を解消していきましょう。

 

クリップまたは、カークリップとは?

自動車メーカーによって各部品の名称は異なりますが、主にバンパーや内装の固定に使われている部品です。

クリップ外しが必要となるのは主に、リベットタイプと呼ばれるクリップで、中心のピンをこじるようにして持ちあげ、ロックを解除する必要があります。

 

クリップ外しとは?値段はどのくらい?

クリップ外しは商品によってクリップリムーバー、内張りはがしという名称で売られていて、その名の通りクリップを外す専用工具です。

クリップ外し(クリップリムーバー)

一般的にクリップ外しといえば金属製で、先端がY字になっている物を指す場合が多いです。

Y字の先が広く平たくなっているので力が分散され、部品を傷つけにくく、テコの原理を使って簡単に中心のピンを浮かせることができます。

価格は、一般的なもので400円~2000円の間で購入可能。

内張りはがし

もし外したいパーツが内装の場合、クリップ外しより内張りはがしがオススメです。

パネル等の隙間に差し込んで浮かせることができる、ヘラのような形状です。

他にも、狭い部分に使いやすい細長い形状の物や、ドアステップ等の大きなパーツを取り外したい時に使いやすい、幅広タイプの物もあります。

外したいパーツによって使い分ける必要があるため、内張りはがしは3種類~10種類のセットになっている商品が多いです。

価格は、単品では400円ほど~種類が多いセットになると3000円ほどになる商品もあります。

金属製クリップ外しと樹脂製内張りはがしのセット

中には、上記2種類をセットにした物も各メーカーから販売されています。

セット商品の中には、それぞれを単品で買うより安い物もあり、初心者の方には特におすすめです。

価格は800円で購入できるものもあれば、10000円を超えるプロ仕様のものまで様々。

また、販売されている場所は、カー用品店や、ホームセンター。セット商品で価格が安い物は、主にネット通販で売られていることが多いです。

もっとお得に手に入らないかなぁ?とりあえずネットを見てみよう。
なになに?マイナスドライバーで、クリップ外しの代用…?

 

 

100均のマイナスドライバーでクリップ外しの代用は危険!

マイナスドライバーでクリップが外せるってネットに書いてあったよ♪前に100均で買ったドライバーがあるし、早速クリップを外してみよう!
夫(自動車整備士)
はいストップ。マイナスドライバーをクリップ外しの代用品にするのはおすすめしないよ。最悪の場合、車もクリップも傷つくからね。
えー?簡単に外してる動画もあるよ。形も似てるし!
100均のマイナスドライバーだとダメなの?
夫(自動車整備士)
100均に限らずマイナスドライバーは専用工具ではないからね。特に普段から工具の扱いに慣れていない人ほど、大変なことになるんだ。

 

マイナスドライバーを代用することのデメリット3点

クリップ外しの代用品としてよく紹介されているマイナスドライバーですが、安易に代用品として使ってしまうと、大切な愛車を傷つけてしまう恐れがあります。

特に、以下の3点に注意が必要です。

1.テコの原理で言うところの支点が無い
単に引っかけて下方向に力を入れ、浮かせるのではなく、自分の手先の感覚でピンを浮かせていくことになるので、
力の入れ具合によっては思わぬ方向に手が滑ってしまう危険がある。

2.先端面積が小さく、鋭利
少しの力でも、かかる圧力は大きく、特に樹脂製のクリップを割ってしまいやすい。

3.狭い場所など、角度によってはクリップの隙間に入らない
マイナスドライバーの代用では、斜め方向からピンの隙間に差し込んでいく必要があるが、車体の場所によっては広さが無く、斜め方向から入れられない。
た、確かに、手が滑って塗装部分に傷でもついたらショック!!