100均のボタン電池は使っても大丈夫?破裂や発火の危険性は?

子供のおもちゃや小型の電子機器には欠かせないのは、ボタン電池ですね。

量販店で買うとちょっと高いけれど、最近は100均でも売っています。一般的なボタン電池は300円~500円です。

100円で購入出来たとしたら、かなりのお得感がありますね。

でもいざ購入しようとすると…100均のボタン電池はちゃんと使えるの?発火したり、破裂したりしない?

そんな不安がよぎりませんか?ボタン電池は、身近な電化製品に使用するケースが多いですから、安全性は一番気になる点ですよね。

この記事で、100均で購入できるボタン電池への不安と疑問を解消してください。

100均で買えるボタン電池の種類は?


ボタン電池は、内部構造の違いによって多くの種類があります。100均で売っているボタン電池は以下の2種類が主流です。

ボタン電池の主な種類
アルカリボタン電池(LR)

    小さくてハイパワー。様々な小型機器で使用出来ます。電卓、キッチンタイマー、腕時計等、特に多くの機器で使われている電池です。

リチウムボタン電池(CR)

    電圧がLRの約2倍(3.0V)。ゲーム、カメラ、ラジオ、リモコンなどの一般機器で使用されます。

一般的には、用途が広い「アルカリボタン電池(LR)」を選択するケースが多いようです。

ゲームやラジオなど、より強い電圧が求められる場合は「リチウムボタン電池(CR)」が適しています。

機器によっては、使用出来るボタン電池の種類が指定されている場合もあります。

まずは使用したい機器に応じて、100均でどちらを購入するかを決めて置いた方が良さそうですね。

 

 

100均ボタン電池と大手メーカー品の違いは?

 
100均のボタン電池と、大手メーカー品では性能に違いがあるのでしょうか?

100均ボタン電池の生産国は、中国等の国外であることがほとんどです。安く販売しているのですから当然とも言えますね。

大手メーカー品と比べ、100均のボタン電池が極端に容量や寿命が短いということは無いようですが、やはり電圧の安定等に性能の差が出るようです。

従って、お気に入りの時計の交換に使用するなど『長持ちさせたい』という期待がある場合は大手メーカー品の方が良いです。

一方で、電卓やキッチンタイマーなど、こだわりがなく取りあえず電池の交換を優先させたい場合は100均のボタン電池で十分に対応できます。

 

 

100均ボタン電池の事故例はある?


電池は電子機器に使用するものですから、100均の安いボタン電池を使用することで突然発火したり、機器が破損してしまったりしないか?という不安がありますね。

100均でボタン電池を購入する際の一番重要なのは、この「安全性」です。

実際、100均の店頭でボタン電池を手に取っても、「使っても大丈夫なんだろうか…」と不安がよぎり、棚に戻してしまう…そんな経験はありませんか?

いくら100均の商品でお得だからって、事故が起こりやすいのでは困りますね!

安心してください。大丈夫です!電池は「正極」「電解液」「負極」「公称電圧(V)」にそれぞれの規格が定められており、規格に達していないボタン電池は市場に出回りません。

100均の安いボタン電池であっても、規格を守って販売されているため、大手メーカー品と比べて発火しやすい破裂しやすい、という事はありません。

一方で、100均でも大手メーカーでも関係なく、ボタン電池は取り扱いを誤ると発火や破裂事故に繋がるため、取り扱いには注意が必要です。

【ボタン電池の事故事例】

  • ボタン電池をいくつかまとめて袋にしまっていたところ、発火したようで袋に焦げ跡がついていた
  • ボタン電池の交換を行うため、ドライバーで電池をつついて取り出したが、手に取ったところ破裂した。眼に破片が入った他、指先にも怪我をした
  • ボタン電池の劣化により、内部に水素ガスが発生しており、ドライバーを使って電池を取り出す際に電池を破損させたため、破裂事故に繋がった
  • ボタン電池を三個繋げて使用するタイプの玩具であったが、古い物と新しい物を混ぜて使用したため、古い電池が過放電状態破裂したものと思われる

上記のようなボタン電池での事故を防ぐために、以下の2点に注意しましょう。

  • むきだしの状態で重ねて放置しない
  • 古い電池と新しい電池を一緒に使用しない


また、電池は電子機器にセットする前でも、電極を素手で直接触ることでゆるやかに放電し、電池の容量が減ってしまいます。

扱う時は可能な限り、ゴム手袋のように電気を通さない物を装着して触ると安心ですね。

 

 

まとめ

  • 100均のボタン電池は『取り敢えず電池の交換を優先させたい』と考える場合に問題なく利用出来る
  • 「アルカリボタン電池(LR)」「リチウムボタン電池(CR)」のどちらを購入するか決める
  • ボタン電池の適切な保管と使用方法を守り発火・破裂事故を未然に防ぐ

コスパ抜群の100均のボタン電池ですが、種類や大手メーカーとの違いを知って、賢く日常生活に取り入れて行きたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です